本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ブログ移行のお知らせ

明けましておめでとうございます。

唐突ですが、苗字や表記のマイナーチェンジは幾度かあれど、これだけは変えずに7年くらいも使い続けてきた「カルト」というペンネームを昨年末をもって返上し、本年1月1日付で新ペンネーム「竜 超(りゅう・すすむ)」を名乗ることにしました。詳細は発売中の『薔薇族』08年・冬号の後記に書いたのでそちらを「ご購読」いただきたいのだが、マア簡単に云ってしまえば、「“願掛け”として使っていた名前を、とりあえず願が叶ったようなので封印する」ということです。

併せて、こちらのブログが昨年のリニューアル以降使いづらくなってしまったこともあり、身辺雑記も「竜超の超竜」と改題し、 http://d.hatena.ne.jp/chouryuu/ へと移行しました。まだ補完せねばならぬ箇所も多々ありますが、とりあえずオープンはしていますので、ブックマークをよろしくお願いいたします。

05年春から御愛読くださった皆様には心より感謝いたします。これからは新ブログをよろしく!
スポンサーサイト
  1. 2008/01/18(金) 21:33:32|
  2. 告知|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:15

12月10日(月) 40年目の逆転勝利

【本日の一記】
 朝、「めざましテレビ」を観ていたら、こんな芸能ニュースが。

タレントの中川翔子さんが、水木しげるさん原作のアニメ「墓場鬼太郎」(フジテレビ系)に、猫娘の原型となった「寝子」役で出演することが明らかになった。
「墓場鬼太郎」は、水木さんが1950年代に貸本などで発表した妖怪マンガ。昭和30年代の高度経済成長期を舞台に、妖怪の目を通じて人間のおかしさや悲しさを描き、社会風刺的な要素が強く、アニメなどでヒットした「ゲゲゲの鬼太郎」の元になった作品。
中川さんは幼いころ、歌手で父の故・中川勝彦さんが「これを読まないと大人になれない」と「墓場鬼太郎」を買いそろえてもらったといい、「(鬼太郎役の)野沢雅子さんはじめ、声優の方々と一緒にお仕事ができるなんて、なんと幸せ者! マンガをくれた父もきっと喜んでくれると思います」と気合十分。大みそかの紅白出場に続き、父への恩返しができると大喜びだ。
 

イヤ、しょこたんのことはマアいいのだ。彼女がこういう仕事をするのはある意味、当たり前のことなんだから、特にどうということもない(笑)。感慨深いのは「墓場(の)鬼太郎」が深夜枠とはいえ地上波でテレビアニメ化される、ということである。
 以前に読んだ、最初のテレビ化を実現したフジテレビのプロデューサー氏(だったと思う)のうちあけ話によると、当時『少年マガジン』に連載されていたのを読んで「ぜひアニメにしたい!」と思ったものの、「そんなシンキくさい漫画、どこの企業がスポンサーにつくんだよ。いったいどんな商品が作れるんだ? “墓場ガム”か? “墓場チョコ”か?」といった具合に営業サイドから総スカンをくらってしまったという。しかしその後、『少年マガジン』のイメージソング集アルバムのために作られた鬼太郎の歌(誰でも知ってる「ゲ・ゲ・ゲゲゲのゲ」というアレ)の素晴らしさに営業マンたちも折れ、スポンサー獲得に乗り出したんだそうだ。その際、「だけど、さすがに“墓場”じゃ難しいから、もうちょっと明るいタイトルにしてくれよ」と懇願されて、「ゲゲゲの鬼太郎」と改題したんだトサ。
 かつては忌み嫌われたものが、40年という歳月を経てようやく評価された……この点にオレは感銘を受けたんである。もちろんそれには「ゲゲゲの鬼太郎」が着実に視聴率をあげ、60年代から00年代まで各年代ごとに一回ずつアニメが作られるほどの人気となったことがあるんだが、とにかく「反社会的」と云われていたものでも実績をキチンと積めば認められるようになる、というのはスバラシイではないの! もちろんメジャーになるばかりが全てではないが、「テレビ」という巨大マスメディアの鼻をあかしてやれたのは愉快ツーカイ怪物くん、である。
 マア、オレのやってる仕事がそこまでの評価をえられる可能性というのは限りなく低いんであるけどね。ふはっ!

【本日の告知】
◎「パフスペースの進退について」説明会を開催。12月18日(火)19時?21時(予定)パフスペースにて。「スペースについての説明、今の運営状況などの報告させていただく会を開きます。お申し込みはpafspace@pafspace.comまでお願いします」とのこと。
◎『薔薇族』07年春号、いよいよマジで残部僅少に。未入手の諸君はアセれ! いつまでもあると思うな親と『薔薇族』。
◎自力復刊『薔薇族』07年秋号、発売中! 直販店経由、もしくはオレからの手売りでもいいんだけれど、文学氏から買ってあげていただくと氏も喜ぶので、いちばん嬉しいです。

【本日の仕事】
◎『薔薇族』08年冬号DTP作業。
  1. 2007/12/13(木) 10:43:15|
  2. 告知|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

邪宗門ライブ、日程変更のお知らせとお詫び

皆様、たいへん申し訳ございません。

8月4日(日)に予定しておりました邪宗門トークライブなのですが、伊藤文学がその日、「開運!なんでも鑑定団」に出演することが急きょ決まりまして、日程を翌日の5日(日)に変更することとなりました。
「その日では行かれない!」という方もきっとおられるかと思いますが、そうした皆様には心よりお詫びさせていただきます。

5日でも大丈夫、という皆様はどうぞお気軽にお越しください。
予約ナシでOKなのですが、おおまかな参加者数を把握する意味から、伊藤文学まで参加表明メールをお出しいただけると助かりますです。
アドレスは下記の通りです。

bungaku@barazoku.co.jp

※たくさんのお運び、お待ちしております。前日のテレビ出演話などもきっと聞かれると思いますので、お楽しみに!
  1. 2007/07/27(金) 13:13:27|
  2. 告知|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

イベント/伊藤文学の談話室「祭」2

3月以来、久々の開催となりますが、伊藤文学氏を囲んで色々なお話をうかがうお茶会「伊藤文学の談話室“祭”in邪宗門」のパート2を8月5日(日)に行ないます!!

邪宗門とは、かの森茉莉さんが日々通っていたという下北沢の伝説の喫茶店。
そこで文学氏を囲んで、四方山話を楽しみます。
今回は自力復刊2号を読みながら、その裏話をあれこれ伺うという趣向。
すでにご購入済みの方はそちらを御持参下さい。
お持ちでない方は会場でお求め下さい。

会費は、お茶代実費+500円+『薔薇族』代という感じを考えております。(2号をお持ちの方はお茶代+500円のみです)頂いた会費は『薔薇族』発行のカンパと致します。

こちらは14:30ぐらいから待機している予定ですのでそれを目安にいらしてください。

会場はこちら。
「邪宗門 世田谷店」
東京都世田谷区代田1?31?1
TEL 03(3410)7858
(下北沢駅から徒歩13分)

以下、文学氏のブログより転載。

*********************************

『薔薇族』復刊2号刊行記念「伊藤文学・松下芳雄トークショウ」

いくつもの顔をもつ初期『薔薇族』の功労者、松下芳雄さんとのトークショウを、下北沢の馴染みの喫茶店『邪宗門』(森鴎外の長女である作家の森茉莉さんが毎日のように訪ね、仕事場にしていたことで有名な店。和物の骨董品が店内にあふれている)で開催します。

松下さんは戦後まもなく、NHK素人のど自慢大会で全国優勝して上京。しかし歌手への夢は果たせず、のちに初期の『薔薇族』に参加、いくつものペンネームを作って挿絵を担当。また小説や取材記事なども書き、レイアウトもし、映画評も書くはと、まさに八面六臂の活躍で、『薔薇族』発展の功労者といえる。その生い立ちも劇的で、どんな話が聞けるか楽しみだ!

  1. 2007/07/23(月) 19:29:25|
  2. 告知|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

【告知】七夕の夜、イベントします。

来る7/7の夜、文学氏主催のイベントが銀座にて開催されます!
私が司会進行をつとめる予定ですので、お暇のある方はどうぞお運びください。
面識のある方、ない方、どなたでも大歓迎です。
日本ゲイマスコミ黎明期の秘話を色々と聞けるチャンス! ……かも(笑)。


以下、文学氏のブログより。

『薔薇族』が廃刊になって、電話がかかってくることも少なくなり、また読者と出逢う機会もなくなっています。
4月には若い仲間の協力を得て、自力で復刊できたので、みなさんと親しく話し合える場を作ることにしました。
会場も銀座のレトロなクラブ。みなさんと楽しい時間をもてれば幸いです。
会場は新橋からの方が近く、スキヤ橋の方に向って、左側の歩道を歩き、車のヤナセの店の向い側のビルの2階です。
ぜひ、友人をお誘いの上、おでかけください。



七夕の夜に逢おう!
伊藤文学『薔薇族』創刊の頃を語る

7月7日(土) 18:00開演
銀座「ルイジアナママ」
中央区銀座7-3-13 ニュー銀座ビル1号館2F
03-3573-8830

会費/2000円(ワンドリンク付)
参加ご希望の方は7/5までに下記までメールでお申込みください。
bungaku@barazoku.co.jp
  1. 2007/06/18(月) 19:17:50|
  2. 告知|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。