本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

北丸雄二氏と新たなる発見

5月21日(土)

 きっちり睡眠とって(といっても七時間だが)起床。雑用その他をこなしているうちに、あっという間に十一時半。あわただしく外出。今日はカミングアウト・コンサルタントのかじよしみ氏が主催する「北丸雄二講演会」に出席するのである。
 古本屋を覗きつつ徒歩で中野。オタクの聖域「中野ブロードウェイ」の地下で久々に名物のジャンボソフトクリームを食べたあと、会場である「中野ZERO」へ。告知をはじめた当初は、あまり参加者がいないのではないかと危ぶまれていたのだが、いざ蓋を開けたらかなりの大盛況であった。
 内容的なものについては『薔薇族』の連載のほうで書くが、この日、気づいたことがあった。以前、伏見憲明氏と桜丸氏の対談トークライブを「二人で符丁のキャッチボールをしているばかりで、一定以上の知識を持たない観客は切り捨てられてしまっている」とmixi日記などに書いたことがあったのだが(といっても、それはあくまで「昨今のゲイ識者たちが陥りがちな誤り」全般を語ったなかでの「一例」にすぎないのだが、氏は自分「だけ」を「個人攻撃」されていると誤読したらしく、烈火のごとく怒りまくっていた。しかし残念ながらそこまでこちらも物好き……というか暇ではないんだがね)、あれがこちらの認識の誤りであったことを知ったのだ。今日の北丸氏は「観客に向けて」話をしていたのだが、伏見氏たちはべつにこちらに対して話をしていたわけではなかったのだ。単に「仲良しふたりで井戸端会議をしていた」のに過ぎず、オレも含めて「集まった人間」というのは、いわばそれを「立ち聞きしていた」だけなのである。だから別に、自分たち以外の者にわからせてやる必要なんかは全然なかったのだ。「講演」の類だと思い、期待して行ってしまったこちらがそもそも間違っていたのである。伏見氏にはつつしんでお詫び申し上げたい。と同時に、氏の「観客を相手にしたトーク」というのを聞いてみたいのだが、どこかでやったりする予定はないのかなぁ。非常に興味あるのだが……。と、こう書くと嫌味のように取られてしまうかもしれないが、オレは氏の著書は、自主制作した『ぼくのゲイブームメント』から九割五分くらいは「買って」(←ここが肝心)持っているのだ。特にファンというわけではないけど、関心を持っていることだけは間違いない。
 終了後、かじ氏、おぐ氏、赤杉康伸氏らと北丸氏を囲んでの食事会。総勢八名と、ちょうどいい人数で、なかなか有意義な話がいろいろと聞けた。北丸氏から「あれ、狩人さんってゲイだったんだっけ?」と素で聞かれて驚く。オレは指向的にはゲイだが、文化的にはヘテロなので(ゲイコミュニティ(笑)とは三〇代後半までほとんど接触を持たなかったのだ)、「ほんとにゲイなんですか?」などとジョーク半分に訊かれることは多いのだが(最近はこちらもシャレで「いや、じつは違うんですよ」とか答えてるけどね)、真顔で言われたのは初めてである。あー、驚いた。オレはチンチン、めっちゃ好きですよ。
 八時、お開き。まだ早いので、かじ氏、おぐ氏とともに喫茶店へ。「困っちゃう人」のことなど色々と話しながら一〇時まで。一〇時半頃帰宅。なにやらとても疲れてしまい、十一時就寝。明日は六時起きして仕事しなくてはイカンぞオレ。 
スポンサーサイト
  1. 2005/05/22(日) 09:00:26|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

テープ起こし完成と映画ベストテン

5月20日(金)

 いつも通りに起床。朝食後、早々に「月光夜話」仕上げにかかる。昼過ぎ、ようやく完成。一時間五〇分のトークライブを文章化するのに延べ三〇時間を費やしてしまった。まだまだ慣れてないなぁ、この仕事。しかし月光氏の逸話満載の、かなり貴重な資料となるはずである。
 テレビ観ながら昼食。森口博子主演の昼ドラに、コント赤信号の小宮が假屋崎センセをモデルにしたとしか思えないキャラ(ご丁寧にロン毛のカツラまでかぶって)を演じていて大笑い。
 五時半、外出。vodafoneショップまで預けてあった故障ケータイを受け取りに。その後、二丁目へ。ヤボ用を足しているうちに七時半。待ち合わせ時間になる。今日は友人のおぐ氏と呑みの約束があるのだ。
 あおい書店で落ち逢い、「餃子の王将」で夕食。ラシントンパレス、ついに入口が封鎖される。しかし王将と隣のラーメン屋は相変わらずの営業を続けている。果たしていつ取り壊されるのだろうかココは。
 エロビデオ(つうかDVD)を買ってから八時、「タックスノット」。金曜ということで徐々に混みはじめ、一〇時をまわる頃には満席に。「自分にとっての映画ベスト10」というアンケートを依頼され、映画がなくても特に痛痒は感じない男としては、当初は「十本もあるかな????」と思ったものだが、書きはじめてみたらけっこう出てくるものである。最後には十本を軽く超えてしまい、どれを残そうか迷う始末。何を選んだかはここでは割愛するが(じつは何を書いたかハッキリとは憶えてません)、全部邦画だった、ということだけお知らせしておこう。おいおいタックスノットのファイルに加えられるだろうから、お近くの方は観にお行きなさい。
 おぐ氏と仕事の話、常連氏らと石原豪人(林月光)氏の話などしているうちに、時刻はなんと零時半。終電のあるおぐ氏とともにあわてて辞去。新宿の駅前でおぐ氏と別れて、徒歩で帰宅。とりあえずエロビ買ってきたんだから、と一発ヌイてから就寝。こういうのは縁起モノだから買ってきた日のうちに使っとかなきゃなぁオレ。
  1. 2005/05/22(日) 08:58:37|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。