本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

唐沢対談と歴史的資料

6月3日(金)

 やや遅めに起床。半端な時間なんで朝食ヌキで仕事開始。唐沢・伊藤対談、とにかくヤバイ話とそのまんまでは使えない名前多すぎ! 実名であげたらすンごく面白いのだけれどそうもいかず、支障のある部分をすべてイニシャルに変える。それでもまだまだ面白く、含蓄があるんで、皆様、発売をお楽しみに(一部の保守派や原理主義者たちからはきっと相当な反発をくらうだろうが、それもまた楽しみじゃ、いひひひひ)。
 昼食を挟んで対談リライト続く。四時半頃になってようやく完成。しっかし今月は対談原稿に関わることが多いなぁ。
 出来上がったぶんの原稿をMOに入れて五時すぎ外出。天気、降りそうで降らない感じ。六時、上野・メディアソフト。今日は故・長谷川サダオ氏の特集のためのイラストチョイスを手伝いに来たのだ。来週のテレビ放映の話題の中で、外部デザイナーの女の子がいきなり「直腸にも宣伝してきました」とか言い出すのでたまげる。が、よく聞いてみると、「(ほかの出版社の)局長にも宣伝してきました」の聞き間違いなのであった。まぁ、いくらエロ出版社とばかり仕事してる子だって、そんな器官に宣伝はしないもんな。♪空耳アワ?。
 七時、撮影から帰社した編集S-1氏が倉庫から、長谷川氏のイラストが入っているであろう段ボールを持ってくる。開けてみると、これがとんでもない宝箱! 長谷川イラストはもとより、『薔薇族』創刊号の版下(印刷用の元版をつくるための原画のようなもの)やらグラビア写真がゴロゴロと。なんとまぁ物持ちのいい雑誌なんでしょうか。「これは貴重な歴史的資料だから別に分けて保管しといたほうがいいでしょう」と進言する。しかし、一〇代の頃、オカズとした使ったグラビアの元写真が見つかったのには驚いたわ。意識がスーッとタイムスリップしてしまった。
 ひと通りの作業が終わって、一〇時過ぎ、辞去。S-1氏ともども山手線で帰途に。新大久保で氏と別れて十一時帰宅。『バディ』編集部から連載原稿のゲラFAX、南陀楼綾繁氏から『彷書月刊』用のインタビュー日程の候補が書かれたメールがきていた。あと、『夕刊フジ』の記者氏から掲載記事のチェック用の文面も。しかし文字化けしていて読めないので「恐縮ですがもう一度送ってください」と返信。氏はこの日記をチェックしてくださっている模様。こういう人が増えて、ステレオタイプではないゲイの実態を非ゲイの人々に知ってもらえたら嬉しいところである。
 入浴後、仕事しようかと思ったのだがどうもかったるく、その気にならない。明日、五時に起きてやることにして就寝。今日は珍しいモンを見せてもらったなぁオレ。
スポンサーサイト
  1. 2005/06/04(土) 20:25:28|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

長者夫人コナンとポコポコおやじ

6月2日(木)

 ワイドショーはまだまだ二子山関連。元夫人の藤田憲子が涙で声を詰まらせながら「三〇年分の幸せをもらった代わりに、三〇年分の苦しみもウンタラカンタラ……」と劇場版『銀河鉄道999』のメーテルみたいなこと(女王プロメシューム「娘のお前までも、私を裏切ったのか。永遠の美しさを与えたこの私を……永遠の命をお前に与えたこの私を……!!」メーテル「そして、永遠の苦しみも……くださったわ……!!」)を言っていた。その物言いがあまりにも芝居がかっていて(それも安っぽい村芝居)、途中から観た人間は二時間ドラマの再放送か何かだと思うんじゃないのか、とお節介ながら危惧。同時に、元身内の葬儀の場でこんなに自己陶酔できるこのヒトは、やっぱり根っからの女優なんだなぁ、と感心する。優れた女優かどうかは別の問題だが。
 今日も朝から夕方まで出仕事。途中、『女性セブン』を立ち読みしたら、『名探偵コナン』の作者・青山剛昌とアニメ版でのコナン役・高山みなみが結婚! という記事が。ネットのほうでも、以下のような記事が。
【人気アニメ「名探偵コナン」のコナン役で知られる声優高山みなみ(41)と、同アニメの原作者で漫画家の青山剛昌氏(41)が結婚していたことが1日、分かった。関係者によると、3月に高山が、青山氏に逆プロポーズ。高山の誕生日の5月5日に、都内の区役所に婚姻届を提出した。2人が出会ったのは10年以上前。青山氏の漫画が原作のアニメ「YAIBA」のアフレコ収録だったという。長く忘年会やイベントなどで顔を合わせる程度だったが、昨年1月ごろから交際に発展。映画を見に行くなど、デートを重ねるようになった。関係者は「お互いに少しずつ意識するようになったようです」と話す。2人とも大の巨人ファンということも、距離を縮める要因だったようだ。挙式・披露宴の予定はない。妊娠はしていない。高山はコナン役のほか、宮崎駿監督のアニメ映画「魔女の宅急便」のキキなどを担当する人気声優。「名探偵コナン」は94年から週刊少年サンデーに連載され、49作発表された単行本は1億部を超える大ベストセラーとなっている。】
 そうだ、高山みなみは初の青山原作アニメ『YAIBA』でも主演してたんだっけ。ずいぶん長いつきあいになるんだなぁ。とはいえ長者番付の漫画家部門トップとの結婚であるから、色々とやっかみ、勘ぐる連中も多いことだろう。「財産目当て!」とかいう声はきっと出続けることだろうさ。しかしまぁ、口さがない連中というのはどこの世界にもいるものだから、気にするだけバカである。原作者と声優、という組合せとしては『キャンディキャンディ』のいがらしゆみことアンソソニー役だった井上和彦という先例があるが(じきに別れたけど)、サテこちらはいかがなりますことか。
 ネットニュースには、さらにこんなものも。
【さらばウォーターボーイズ!瑛太主演で今夏に完結編──男子高校生がシンクロに打ち込みながら成長する姿を描き、映画&連ドラでヒットした「ウォーターボーイズ」のスペシャルドラマ「ウォーターボーイズ2005夏スペシャル(仮)」が、フジテレビ系で8月19、20日の2夜連続で放送される。主演は連ドラ第1弾に出演した瑛太(22)。同局では、「今作が見納め」といい、新ボーイズの華麗な水の舞から目を離せなくなりそうだ。平成13年に映画で公開されて以来、一昨年と昨年の連ドラ化ですっかり“夏の風物詩”となった「ウォーターボーイズ」。今回で足掛け5年となり一応の一区切り。ドラマは“完結編”として物語の舞台を南の島に移して展開する。主人公は、連ドラの第1シリーズに登場した瑛太演じる元唯野高校シンクロ部員・田中昌俊。大学生になり、ひょんなことから訪れた南の島で新ボーイズたちと出会い、島の夏祭りイベントであるシンクロ公演を一緒に築きあげていくという内容。瑛太は「皆さんに笑って泣いて感動してもらえるよう新しい作品を作っていきたい」と気合が入る。一方、新ボーイズに扮するのは、小出恵介(21)、平岡祐太(20)、俳優・柄本明の長男、柄本佑(18)らフレッシュな顔ぶれ。彼らを含む24人の新ボーイズは、7月上旬のクランクインを前に早くも合宿に突入。1日で25メートルプールを75往復するなど猛練習を重ねており、本番では力強い男の舞を見せてくれそう。】
 さらばウォーターボーイズ、なんていうと何やら競パン姿の若者たちが白色彗星帝国に特攻していくドラマを想像しそうだが(おたくジョーク)、フジテレビも引っ張るねぇ。よっぽど旨味のある企画なんだろう。そしてそれを主に支えているのはたぶんゲイたちに違いない、と思う。ただ、瑛太の競パン姿はパート1ですでに見慣れてしまっており、いささか新鮮味がなくなっているので、ゲイ視聴者たちの支持がどれだけ得られることか。彼らはおしなべてワガママなものなのだ。
 五時半頃帰宅。またまたネットニュースを見て抱腹。
【部下を酒席で1時間殴る 道開発局職員が懇親会で──北海道開発局農林水産部の課長補佐(42)が懇親会の酒席で部下の男性職員(24)の頭を約1時間にわたり殴り続け、札幌簡裁から暴行罪で罰金10万円の略式命令を受けていたことが2日、分かった。開発局や札幌・中央署によると、課長補佐は昨年10月、課の懇親会の二次会が開かれた札幌市の飲食店で、男性職員の頭などを拳で約1時間にわたり断続的に数十回殴った。男性の頭にはこぶができた。課長補佐は「酒を相当飲んでいて覚えていない」と話しているという。開発局は昨年11月、課長補佐を出先機関に異動させた。男性が昨年末、中央署に被害届を出していた。】
 わはははははははっ、笑っちゃ悪いがこれが笑わずにおられるかっ。まるっきり田村信の漫画みたいな世界ではないか。四十路のおっさんが息子みたいな歳の部下の頭を一時間もポコポコ殴り続けている図というのはかなりマヌケである。というか手が痛くならんのだろうか? しかも相手の頭には「こぶ」だって。ぎゃははははっ、たぶん当人は痛いんだろうが「こぶ」ってキミぃ、これほど深刻性の希薄な傷害もないわい。どこまでギャグ漫画な事件なんであろうか。そもそもネットで全世界へ配信するようなネタなんだろうか、これは。ひょっとしたみんなを笑わせるために載っけたのか? と勘ぐりたくなってくるようなニュースであった。
 入浴後、原稿書き(先々週の北丸雄二講演会の感想)を開始。そこそこ仕上がったあたりで、編集S-1氏からメールあり。日曜日の唐沢・伊藤対談のおおまかなテープ起こしが上がりました、とのこと。さっそくテキストを開くも、う?ん、これは露骨に「とりあえず起こしただけ」という感じである。かなり雑音の多い場所での収録だったため、聞き取り困難な部分がかなりあったのはわかるが、ずいぶんとまたアバウトな。家にたとえれば、柱だけ建ってる、という感じである。壁を塗り、屋根をつけねば人は住めない。
 ぽつぽつ始めるも、なかなか進まず。范文雀、ではなく半分弱ほどやったところで時刻は二時半過ぎ。草木も眠る丑三つ時である。いいかげん頭が煮詰まったので、草木と一緒に眠ることにする。今日は面白いニュースが読めて楽しかったなぁオレ。
  1. 2005/06/04(土) 00:05:30|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。