本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

機転の利かぬ男と濃密な夜

7月10日(日)

 まずまずの時間に起床。『魔法戦隊マジレンジャー』、今週から恒例となった“六人目の戦士”が登場。マジレンジャーは久々の兄妹戦隊なので、六人目はひょっとしたら隠し子んなんかか? と思っていたのだが、そうではなかった。そりゃそうか。新キャラクター“マジシャイン”、演じている市川洋介という役者は『メンズクラブ』のモデル上がりだそうだが、なるほど、いかにもソレらしい。なんか沢村一樹と似たオーラを感じる。芝居のパターンも似ている。サテ、どのくらい化けるのか? 『仮面ライダー響鬼』にはまた久々に気色悪いシーンが。いいぞいいぞ、ガキどもにどんどんトラウマを植え付けるのだ。子どもはそういうものをいろいろと目の当たりにしながら大人になっていくのだ。オレらが『宇宙猿人ゴリ』とかに戦慄しながら成長してきたように。
 雑用をこなし、一〇時から原稿書き。正午、ものすごい蒸し暑さの中を外出。今日は先月、八王子のバー『Chez Stream』でお会いしたイラストレーター・とやまみーやさんの参加する官能画のグループ展が青山であり、そのオープニングパーティにお招ばれしているのだ。とはいえパーティは夕方から。ではなぜこんなに早く出るのかといえば、木曜日に行けなかった高田馬場の古本屋巡りをするのである。金曜日に荻窪エリアをまわったんだから別にいいじゃん、と健全なる皆様は思われるだろうが、病気の人間にそんな正論なんかは通じない。「それはそれ、これはこれ」なんである。
 馬場で数軒覗いたあと、山手線で原宿へ。フリマでにぎわう代々木公園を抜けて東急本店近くの某古本屋へ。久々に訪れたら、あまりにすさんでいて仰天。店全体がスカスカなんである。なんていうか、ホラ、たまにあるじゃない、「古書店」とは謳っているが、実態は「ちり紙交換で集まったクズ本をなんとなく並べてあるだけ」の店とか。あんな感じ。新宿や杉並にある系列店(チェーン展開してるのだ)は変化ないのに、なんでだろ? ひょっとして、ここから撤退するつもりなのか?
 公園通りを横切り(ディスカウント店“ナカヌキ屋”が閉店していた)、国道246の青山ブックセンターへ。例の倒産騒動以降、はじめて足を向けたのだが、特に変わった様子もナシ。こんなに変わらないまんまで良いのか? と他人事ながらやや心配になる。地上へ出るためのエスカレーター(店は地下二階にある)に乗り込もうとしたとき、誰かが「こんにちは!」と繰り返している。まさかオレに言ってんじゃないだろ、と思い乗ったとき、ようやくそれがオレに向けられていた言葉であったことに気づく。ヨシダヨシエ先生の若き恋人、菊池マリさんであった。ぼーっとしていたときに不意に呼び掛けられてしまったものだから、気の利いた返答が全然できない。「すいません、乗っちゃいました!」と愚鈍の極みのような言葉しか出てこない。欽ちゃんならばきっと「ダメ! マイナス二〇〇点」と採点することだろう。自分の機転のきかなさというものをつくづく思い知らされた出来事であった。アドリブに強い男なら、「先日はS-1氏がまたヨシダ先生にお世話になったそうで」くらいなことは言うだろう。「すいません、乗っちゃいました!」てアンタ。
 菊池さんにめちゃめちゃ失礼な対応をしたことを恥じつつ、裏原宿と呼ばれるあたりを抜けて、ブックオフの原宿店へ。最大規模、と店員が謳っているだけあってココは本当に売場面積が広い。ただ、あまり欲しいものがなく、収穫はゼロ。ただ単に涼みに入ったような感じであった。
 ブックオフを出て、竹下通りのロッテリアで一〇〇円シェイクを呑みつつ、約束の時間が来るのを待つ。四時半、本日の同行者であるイラストレーター・新井敏之くんとセミ書評家・おぐ氏と竹下通りの出口で落ち合う。沖縄時間とオカマ時間は世界標準時とは異なる時間軸にある、と世間では言われているが、オレと待ち合わせる人間は皆、時間厳守で来る。五分遅れる場合でも「遅れます」とメールをくれる。オレがそのあたりに極めて厳しい男だと知っているからだろうが、五分くらいならそんなに怒りはしないんだけどな。あまり怖れられてもねぇ。
 四十五分頃、会場であるギャラリー“香音留(かおる)”へ到着。オープニングパーティは五時からなのだが、もうかなりの盛況ぶりであった。マスターの勝山氏以下、『Chez Stream』の常連メンバーも駆けつけていた(こないだの老会でオレを『だんだん、いかがわしくなってきてますね』と誉めてくれたT氏は開口一番『あっ、いかがわしい人がいる!』と。この日記を読んでくれての発言である)。とやまさんのご紹介で、出展者の方々と名刺交換。各社編集の方々の名刺もいただく。
 それにしてもこのグループ展、小さなギャラリーでのこじんまりとした展示であるのだが、かなり業界度が濃い。あとで聞いた話だが、とんでもなく高名なイラストレーター氏も来ていたらしい。オレは睦月影郎先生と名刺交換させていただく。オレの名を見て「おっ、カッコイイ名前ですね。本名ですか?」と訊かれたので、「いえ、ペンネームです」と。「そりゃそうか、ハッハッハ」と朗らかに笑われていた。今日いらっしゃるとわかっていたら、『ケンペーくん』(睦月先生が“ならやたかし”の変名で書かれている痛快漫画。現代に生きる憲兵が、街のろくでなしどもを殺しまくる良書である)を持ってきてサインしていただけば良かった、とちょっと悔やむ。
 六時すぎ、二次会の開かれる新宿まで電車移動。歌舞伎町ドンキ横のつぼ八へ。リイド社の編集の方から同社の意外な秘密(でもないんだろうけど別に)を聞かされたりしてちょっと驚く。“飲み放題”なのをいいことにガバガバやりながらいろいろ話をしていると、なにやら急に具合が悪くなった。肩甲骨から腰にかけての全域が、なんともいえない不快感で一杯になる。水分を取りすぎたせいかな、とトイレに行くが治らない。食い過ぎたせいか? と、とりあえず吐いてみるが(じつはオレには自由に胃の中のものを吐ける特技がある)やっぱり変わりない。具合はどんどん悪くなり、その場に寝たくなるほどに。すわオレを憎む誰かの生霊の仕業か!? とも考え、呪詛返しでもしてやろうかと思ったが、思い当たる人間があまりに多くて絞れない。と、そこへ救いの主が。たまたま同席していたアロマテラピストの佐久間晴美さんが、「よろしかったら診てさしあげましょうか」と言ってくださった。半信半疑でお願いすると、これが効くこと効くことと。「えっ、なんでこんなところを押すの?」と思うようなところを押すと、不快感が露骨なまでに消えていく。痛いんだけど気持ちいい。しばらく押されたり揉まれたりしているうちに、嘘のように全快してしまった。いやー、こういうのって初めて受けたがすごいもんだなぁ。作家の方がマッサージにハマっている理由がようやくわかった気がした。もっともオレなどが「マッサージにハマってます」などと言うと、きっと脳内に住んでいるおっかない人が「ケッ、まだまだチンピラのくせして、疲れ具合だけは売れっ子並みかよ」とかケチつけてくるんだろうなぁ。しかし売れてようが売れてなかろうが疲れはたまるのだ。こないだの京也ではないが、気の張りで抑え続けていた蓄積疲労がきっと過度のアルコール摂取によって噴出したんだろう。オレに“飲み放題”は危険である。ちなみに佐久間さんのURLはこちら(pksp.jp/hypnotic-moon/)。マジに効きます。疲れている方は出張をご依頼してみることをお勧めする。団体割引もしてくださる模様。リイド社の編集氏も太鼓判を押しておられた。
 一〇時お開き。時間がハンパなのでタックスノットへ行こう、と提案。新井くんは最初、ここまでで帰るようなことを口にしていたのだが、「でも、もう一回誘われたら断れないでしょうけどね」と言うので試しにもう一度誘うとホントについてきた。面白い男である。アルコールもジュース類も飲み過ぎたので、タックスではコーヒーをいただく。新井くんに、いま進行中の楽しい仕事の計画(まだ一般にはナイショ)を話し、協力を要請。案の定、快諾。その後、色々と雑談。零時を過ぎたので店を出る。小田急線沿線人のおぐ氏、西部新宿線沿線人の新井くんと別れ、徒歩で半頃帰宅。入浴後、メールなどをチェックしてから就寝。今日は貴重な初体験ができて良かったなぁオレ。
スポンサーサイト
  1. 2005/07/11(月) 20:15:06|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

読みたくてウズウズと呑みつつまったり

7月9日(土)

 ほどほどの時間に起床。今日は夜から劇団フライングステージの石関準くんが遊びに来るので、昼のうちに原稿書きしておかねば。
 一〇時すぎに丸正へ昼食を買いに行った以外はずっと机にむかって……はいるのだが、すいません、『赤塚不二夫のことを書いたのだ!!』の続きが読みたくてたまらず、一〇分原稿書いては五分読み、また一〇分原稿書いては……というバカ大OB並みにおバカなことを繰り返してしまいました。いいかげんラチがあかないので仕事を中断し、気の済むまで読書に専念することに。……なのだけれど、ベッドに横になって読みはじめたらじきに意識が遠のき、いつの間にやら眠りにおちてしまった。せっかく読む時間を作ったというのに、まったくどこまでバカなんだろうかね。
 目覚めたあと、雑用いろいろ。そうこうしていると八時ちょっと前、石関くん来宅。いま現在、わが家へ足を踏み入れる人間は彼と京也しかいない。勿体つけているわけではない。単に本が氾濫していて、とてもじゃないが他人様を招き入れられる状態ではないのだ。よほど親しい相手じゃないと、シャイなオレとしては恥ずかしくて見せられない。でもまぁ、「部屋というのは、本がいたるところに積み上げられていたり、散乱したりしているもの」という認識を持っている方なら大丈夫なんで、その気になったらどうぞ。
 彼に頼まれて神保町から買ってきたレッサーパンダ・風太くんの写真集(タイトルは『風太くんのすべて』。なんか八〇年代のエロ本みたいなネーミングセンスだなぁ)を渡したあと、石関くんのお土産のビールを呑みつつ、『BSアニメ夜話』の録画を見つつ、まったりと過ごす。途中、昨日買った『QJr』に端を発するHIVに関するやや堅い話もしたが。あ、「結局、新人クンは誰に似てるのさ?」とも聞かれたなぁ。とりあえず暫定的なことを答えておいたが、まだ釈然としていない。うーむ……。
 雨の中、零時すぎに石関くんが帰ったあと、入浴を済ませ、読書タイム。しかしじきにまた眠くなり、一時頃就寝。今日は仕事したんだか、してないんだかわからねぇなぁオレ。
  1. 2005/07/11(月) 20:14:11|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

久々の荻窪ルートと電車男

7月8日(金)

 ややゆっくり目(それでも七時台だが)の起床。目覚める直前、とてつもなくクーダラナイ夢をみる。「ジャニーズJr.たちと『パタリロ』のミュージカルをつくることになって、その記者会見をする」というわが夢ながらアホらしさにあきれかえるような内容で、大丈夫かオレは、とやや心配になる。いったいオレはどんな願望を夢のなかで具現化したかったのだろうか?
 九時半、天気がいいので、昨日、出ばなをくじかれた古本屋巡りをしようと思い立つ。せっかくだから古書店密集地帯である中央線の阿佐ヶ谷?西荻窪をウォーキングすることに。最近多忙で、このエリアをまわるのもほんとうに久しぶりである。阿佐ヶ谷のブックオフを皮切りに、八店ほどまわったのだが、いやー、とにかく気持ちがいい。薄曇りで陽射しも弱く、温度も湿度も低いので歩きまわっても汗をほとんどかかない。絶好の散歩日和である。昼頃、小腹がすいたので途中にあった“SHOP99”で、賞味期限間近で二〇円引きになっているパンをふたつ買って食う。ディスカウント店の中でも、さらに値引きされたものしか買わないというのがいかにも貧乏人らしくていいなぁ。店に入って注文するくらいの金はもちろんあるのだが、若い頃の耐乏生活が長かった(学生時代はマジで昼飯代がなく、たとえではなく“腹を鳴らしていた”ものであった)ので、おっさんになった今でもどうも“外食”というものには一抹の後ろめたさを感じてしまうのだ。もっとも本代にはある程度まで糸目はつけんが(これも学生時代からの習慣。飯を切り詰めても本を買え)。ちなみにこの日の収穫はまぁまぁ。最近はさすがに置き場所がなくなってきているので、買い込む本の量を意図的に少なくしているので、以前の五分の一程度というところ。我ながら大人になったものよのぉ。
 西荻駅のホームに上がると、今まさに電車のドアが開いたところなのであわてて飛び乗る。なんともラッキーであった。二時半、帰宅。ひと休みして、昨日買った『テレビブロス』に目を通す。この時期恒例、前期ドラマの採点表がついているのだが、木村拓哉主演の『エンジン』に関して、こんな辛口評が。
【(前略)それにしても、この前がプライドでその前がグッドラックと、ユニフォームが違うだけで中身はいっしょ。キムタクなる俳優には役の造型もなければ陰影もなく、ただの着せ替え人形に過ぎないことを明瞭にしたドラマではあった。随所で見せる“自然な演技”とやらに、もはやダマされる馬鹿もいまい。あれしかできないだけなのだ。それでもいまだにこんな凡作に20%以上の視聴率を与えているんだから、日本国婦女子の判断力のなさは痴呆的。あきれるほかありません。】
 まがりなりにもテレビマスコミ誌で、まだまだ威光をはなつ天下のキムタク様にむかってここまで歯に衣着せぬ物言いができるとは、さすがはブロス! オレが目下「最もスゴイ雑誌」と賞賛する本だけのことはある。これこそが“健全”というものだ。クソみたいな仲間意識にしばられ、バカを「バカ!」、つまらないものを「つまらん!」と言えない風潮にあるゲイ社会にも、こういう健全性がもっと広まっていかなければいかんなぁ、とつくづく思う。そりゃまぁバカは「バカ」と言われても自分が「バカ」だとはわからないけど(だってバカなんだもん)、それでもとりあえず言っていかなければやっぱマズイっしょ。バカはすぐに増長するから。
 そのあと、昨夜録画しておいたドラマ版『電車男』の第一回を見る。「はぁ、フジテレビさんはオタクをこういう風に描きますか」という感じ。観ているとだんだん、秋葉原は「身近な異界」、オタクは「そこに生息する珍獣」という風に感じられてくる(洗脳?)から面白い。これは以前、二丁目を「近くて遠い魔界」、ゲイを「そこに巣食う魔物」というふうに描いた『同窓会』を観たときに抱いた違和感にも一脈通ずる。要するに視聴者は、安全な柵のむこうから対象(ゲイであり、オタクであり)を見物して笑い、最後には「あぁ、面白かった。やっぱりあいつらは自分たちとは別種の生き物なんだ」とおのれの健全性を再確認し、ホッとするのである。ケッ。世はいま“萌えバブル”などと言われ、おたくマーケットが拡大の一途を遂げていると聞く。それもまた、九〇年代前半の“ゲイブーム”とかいうものと似通っているなぁ。果たしてそのバブルはどのくらい続くのであろうか? ゲイのそれはかなり短かったけれど。
 ティケィマテリアル・K氏からケータイに着信。会員制ネットにつながらない事態に関する回答。ただいま調整をしていて、来週には復旧するとのこと。さらに、広告をうつための媒体選定を早くしてほしいとの催促。急ぎますので、とオレ。
 雑用すませ、夜は『スターウォーズ・エピソード2』を観ながら仕事。この作品はずっと観たかった。いや、違うな。正確には、これに“ドゥークー伯爵”役で出ているクリストファー・リ?が観たかったのだ。知らない人もいるかと思うが、リーという人はハマーフィルムのドラキュラ映画で一斉を風靡した俳優。彼の吸血鬼ぶりは当時のオレを震え上がらせたものであった。「もうとっくに死んでるだろ」と勝手に思い込んでいたのだが、まだまだ現役であると知ってビックリ! ドラキュラの天敵であるヴァン・ヘルシング教授役のピーター・カッシングは28年前の第一作『エピソード4』(ややこしいなぁ)に総統モフ・ターキン役で出ていたから、これで両雄揃い踏みというわけだ。こういうマニアっぽい遊びをするところを見ると、ルーカスってほんと、おたくだねぇ、とつくづく思う。ちなみに“ドゥ?ク?伯爵”っていうのも“ドラキュラ伯爵”のもじりっぽい気がするが、真相はいかに? 
 なんだか妙に疲れてしまい、仕事は中断。『赤塚不二夫のことを書いたのだ!!』の続きを読む。あぁ、面白すぎる。一時すぎに就寝。今日は久々に「古本屋へ行った!」という気がしたなぁオレ。
  1. 2005/07/11(月) 20:13:16|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

やらずの雨とゲテモノ映画

7月7日(木)

 定時起床。mixiメールを開くと、土曜日にエロビを送ってくださったイラストレーターのオーケンさんから「自分の出したゆうパックで、無事にお目覚めになられたようで良かったです」と。「カロリーメイトばかり食べると太りますからご注意ください」とも忠告してくださった。感謝。しかし最近のオレは“飯を食う”という行為に対する根本的な関心がどんどん薄れてきているのだ。オレがマトモなものを食うのは他人との会食の時しかない。病んでるなぁ。
 本日も夕方まで出仕事。『薔薇族』『バディ』も一段落ついたので、自分へのささやかなご褒美として、ちょっと帰りに寄り道して高田馬場の古本屋を数軒覗こうかと思っていたのだが、仕事場を出ると小雨が降りだす。雨をおしてまで行こうとも思わないので本日の計画は中止し、おとなしく帰ることにする。が、自宅近くの駅に着いた頃にはすっかりあがって晴れ間が覗いていた。チッ、不愉快。
 五時半帰宅。夕食(またもカロリーメイト)と入浴後、まぁ、せっかくまっすぐ帰ったんだから仕事でもすっか、とネット用の原稿を書いてると、七時ちょっと前、『薔薇族』のS-1氏からケータイにメール。昨日は「大丈夫です」との話だった特集ページ用の文章、やっぱりお願いします、とのこと。間一髪! 道草くってたら危ういところであった。してみると、あのやらずの雨は“仕事の神”の采配であったのか? 特集序文(なんの特集かはお楽しみ。九月号を買ってお知りなさい)、九時すぎに送信。これでホントに『薔薇族』八月号は終了である。
 南陀楼綾繁氏から、先日教えられた会員制サイトへアクセスしたんですが見られません、とのメール。確認すると、確かにつながらない。「先方に問い合わせてみます」と返信し、とりあえずwebマガジン用の原稿を送信しておく。
 テレビは洋画『フレディVSジェイソン』。ありていに言ってしまえば“ゲテモノ映画”である。スプラッターホラー界の二大スターをぶつけてみよう、という安直な企画。「あいつらが闘ったら、どっちが勝つのかなぁ」という誰でもが浮かべるであろう他愛ない疑問を大金かけて映像化した酔狂な一本である。くっだらないけど、でもまぁ、娯楽映画なんだから、それはまぁいいのかな。
 なんか疲れてしまったので仕事は十一時前に終了し、読書タイムへ。『ポパイの時代』、ようやく読了。オレは『ビックリハウス』や『話の特集』なんかに心酔していたガキだったんで、『ポパイ』に対する思い入れはほとんど無いのだけけれど、それでも“雑誌が新たな時代をつくる”という今ではまずあり得ないサクセスストーリーを功罪とり混ぜ様々な角度から聞かせてもらって、興味深かったし面白かった。小学生の頃からガリ版とかプリントゴッコとかを使って出版ごっこをしていたような生っ粋の“雑誌マニア”なんで、やっぱりこういう本には弱いのだ。
 で、続いての本は、これは先日買ったばかりの『赤塚不二夫のことを書いたのだ!!』武居俊樹・著。あちこちで、もうすでにけっこう話題になっている一冊だ。オレも、少年サンデーの『レッツラゴン』を読んでいた世代なんで、“武居”という著者名を店頭で見た瞬間、「あっ! クソ武居虫」と反射的に思った(注・著者の武居氏は小学館の元編集者で、赤塚センセイの担当を永いことしていた。『レッツラゴン』の中では“クソ武居虫”というキャラクターとして登場。ちなみにオレがあの漫画で印象的だったのは、“クソ武居虫”と、名フレーズ“男ドブス水島新司”)。衝撃的な書き出し(あえて言いません。知りたい人は買って読みなさい)から始まるこの本、いや????????、面白すぎて止まんない! ちびちび読んでいこうと思っていたのだが、もうちょっと、もうちょっとと読み進み、あっという間に半分。後ろ髪ひかれつつ、二時頃就寝。面白い本を読んでるときが、やっばり一番幸せだなぁオレ。
  1. 2005/07/11(月) 20:12:10|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。