本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

パラダイスとレインボー

8月21日(日)

 まずまずの時刻に起床。 早々に仕事をはじめるが、やはり能率は上がらず。シャワー浴びて三時すぎに外出。本日はセクシャルマイノリティの作家たちによるグループ展“Rainbow Arts”の初日なのだ(開催は八月二八日まで)。
 暑いので地下鉄西新宿駅のところから地上歩行を避け、ほとんど人通りのない都庁経由の地下道を通って西新宿エリアへ。途中、老舗ポルノショップ“パラダイス北欧”に久々に寄ってみて驚いた。以前は男女モノ混合の店(だからゲイショップではなくポルノショップと表記したのだ)だったのに、いつの間にかゲイ向け商品だけの品揃えに変わってしまっていた。また、真ん中に置かれていた商品棚も取り払われ、良く言えば「すっきりと」、悪く言えば「がらんと」したレイアウトになっている。以前のレイアウトは昭和から(少なくとも、高校生のオレが入店した四半世紀近く前から)ずっと変わらずにいたものなので、それが変えられてしまったことには一抹の淋しさを感じてしまう。「何かが終わった」とも思う。私事で恐縮だが、はじめて「他人に性的な意味あいで肉体に触れられ」、はじめて「ナンパというものをされた」のが、この店であった。なれた仕種にてっきり年上だと思っていたら、じつは二つも下と知って驚いた。「トーキョ?のガキってのは、やっぱススんでんだなぁ」と感心したものであった。まぁ、個人のそんな感傷なんて、店側としてはイチイチ知ったこっちゃないんだろうけどね。
 四時ちょっと前、会場である“スペース・ゼロ”に到着。すでにそこそこの人出であったが、今回は実行委員となっている新井敏之くんによると、まだまだ客は少なく、作家のほうが多いくらいだという。ふるまわれたドリンクを片手にしばし鑑賞。イラスト、絵画、写真、立体造形など、さまざまな作品が展示されている。最近、また新しい本(これまでのものよりも、もっとちゃんとした体裁の)を作ろうかと思いだしたところなので、作品群を眺めながら、その表紙にかんするインスピレーションをわかせていく。
 漫画家の里見満氏もいらしていたので、しばし立ち話……と思ったら、けっこうヘヴィーな話題になり、「しばし」では済まなくなってしまった。里見氏も仕事についてかなり思うところがあり、今さらながら「モノを創る」ということの大変さを痛感する(かなり生臭い話もしましたがね)。途中、取材にいらしていた『バディ』の編集者、岡田純一氏にもご挨拶する。
 なんだかんだで七時まで居座ってしまった。「また土曜日にお邪魔しますんで」と新井くんに告げ、ぼちぼち帰りますという里見氏と共に辞去。仕事の話などをしながら新宿駅西口まで。駅前で里見氏と別れて徒歩で帰途に。ケータイを見ると、赤杉康伸くんから仕事関連のメールが入っていた。八時過ぎに帰宅。
 夕食、入浴後、メールチェック。仕事の続きをしようと思ったが力が入らず、結局、「資料に目を通しておく」という言い訳をしつつ読書に逃避。『情熱大陸』などを観たあと、十一時半過ぎに就寝。青年時代の“思い出の地”が減っていくのは悲しいなぁオレ。
スポンサーサイト
  1. 2005/08/22(月) 19:48:39|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

クッションとうおや一丁

8月20日(土)

 きっかり六時間寝たあと、起床。起きるや、すぐに仕事にかかる。しかし、能率はやはり上がらず。フジテレビのニュースワイドで亀井静香とホリエモンの罵倒合戦を見るが、なんというかドッチもドッチ。二言めには「山奥の郵便局がなくなってお年寄りが困るぞ?」とやみくもに脅かすだけの前者(和泉元彌の母似)と、“改”がすべて善としか思っていないような後者(改悪、という言葉もあるんだけどなぁ)、どちらの言い分を聞いても明確な未来像というものが見えてこない。早く誰かが「郵政民営化のメリットとデメリット」というものを公正に明確に話してくれないと、今度の総選挙の投票率はこれまで以上に下がるであろうよ。政治家たちはわざと本筋をはぐらかし、国民を蚊帳の外に置こうとしているとしか思えない。
 シャワーを浴びて三時半、外出。本日も暑い。古本屋なんぞを覗きながら、四時過ぎ、東中野、京也のアパート。今夜は中野で食事会である。もうひとりの参加者・鬼レズつっちーが五反田でヨガのレッスン中で、それが終わり次第駆け付けるというので、しばらくアパートで時間をつぶす。六時近くなったのでぶらぶらと中野まで。丸井の地下のスーパー、ピーコックを暇つぶしに覗くが、食い物を見てると腹が減って仕方ないので、六階の無印良品のショップへ行く。店内をひやかしているうちに、低反発クッションが仕事場用に欲しくてたまらなくなり、つい買ってしまった。そう、オレは低反発ウレタンのマニアなのだよ。
 七時近くになって、ようやくつっちー合流。京也がなぜか待ち合わせ場所に無印ショップを指定したのだが、上がってきたってすぐに下らなきゃなんないんだから、一階にしとけばいいのに、とふしぎに思う。まぁ、いいけど。丸井を出て、隣にある毎度おなじみ“うおや一丁”に入る。乾杯のあと、話題いろいろ。パレードのこと、政局のこと、エロ話、人物月旦……と、まぁいつものパターンだが。つっちーが昨夜出席したというレズによる“非国民集会”の話を聞き、あー、男のほうにもそういう場があればいいのに! と身悶えす。
 あれこれ話すうち、時計はなんと零時! 翌日、朝から職場の親睦バーベキューの運転手をせねばならぬという京也がいるというのに、なんたる計画性のなさよ。わしゃ“プロミス”の井上和香か!? あわてて帰途に。零時半頃、帰宅。入浴、歯磨き、メールチェックなどをしたあと、一時過ぎに就寝。懐さえ許せばベッドマットもテンピュールにしちまいたいんですオレ。
  1. 2005/08/22(月) 19:47:03|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ガンダム祭りと午前二時

8月19日(金)

 まぁまぁの時刻に起床。本日はBS2で“ガンダム祭り”がある。夜七時半から翌日の五時まで“劇場版機動戦士ガンダム三部作”+“アニメ夜話特別編”をぶっ続けで流し続けるというキ●ガイ企画である。じつを言うと、オレの中での今月イチバンのイベントというのはコレなのだ。先週のパレードやらなんやらも、こっちに比べたら正直かすむ(なんてことを言うから非国民と呼ばれるんだなぁ)。
 昼間はまぁまぁ真面目にオシゴト。丸正に食糧調達に行った以外はずっとパソコンに向かう。しかしなかなか調子が上がらず、能率はきわめて悪し。途中、しばしば読書などに逃避す。
 六時半頃、シャワーを浴びて外出。今夜は仕事帰りのおぐ氏を伴い、“タックスノット”へ『薔薇族』を献本に行くのだ。二丁目界隈で雑用をこなしていると、ケータイに「三〇分後に到達予定」とのメール。その頃合に某所で落ち合い、まだ早いので近くのペローチェで小一時間ほどお茶することに。“白玉抹茶ナンタラ”とかいうデザートを注文。味はまぁまぁだが、いかんせん「小っちゃ!」。メニューの写真だともうちょっと大きく見えたのだが、出された現物を見て思わず笑ってしまった。
 九時頃、“タックスノット”。週末ということでそこそこ混んでいる。いつものごとく、周囲の会話に聞き耳立てて“街の声”を蒐集。多数派のゲイの方々とはほとんど付き合いのない男なんで、こういうときでもないと世間一般の動向というのを知ることができないのだ。
 おぐ氏はいつもの通り、急ピッチで確実にボトルの残量を減らしていく。酔いが進むにつれて説教の度合いも増してくる。「あんたは真性のいじめっ子だ」とか「あんたはすぐに物事を面白いほうへ面白いほうへと持っていこうとする」等々、ガミガミの国からガミガミを広めに来た人みたいなトークを炸裂させる。まぁ、彼の言ってることに間違いはないんだけどね。いじめられっ子体質の人間がオレに対して常軌を逸したような過剰な牽制をしてくるのは、たぶん、オレの中のそういう部分を本能で嗅ぎとっているからに違いない。けど、いじめっ子体質はだいぶおさまってきたとは思うんだが。一〇代の頃はこんなもんじゃなかったぜ、ひひひ。あと、「物事はわかりやすくするだけが全てではない」とも意見されたが、周辺の現状をきっちり見れば「わからない者」を切り捨てる傾向(こんな程度のことも知らないようなヤツらは、自分の話なんか聞かなくていい! という姿勢)というものがいかに強いかがわかるはずだ。大卒者にとっては常識であるものでも、中卒者にとっては異国の経文のようにしか受け取れないようなケースというのはざらにある。金持ちに貧乏人の心理がわからぬように、「持っている者」は「持っていない者」に対してはえてして無神経になりがちだ。生っ粋の後者であるオレは、前者の連中のそういうオゴッた部分につねづね憤りを感じ、ホリエモンではないが“改善”を願い出ているのである。しかし、かんじんの当事者たちにはそれは“悪口”としか聞こえないようであるが。
 午前二時、規定閉店時間になったので出ようと立ち上がると、「先に帰っていいよ」とおぐ氏。ではお言葉に甘えて、とひとり店を出る。彼が何時までねばったのかは不明。徒歩にて二時半頃帰宅。“ガンダム祭り”をつけると、土田晃之がちょうど“ジャブロウの闘い”について熱弁をふるっているところだった。あいつもホントに好きなんだよなぁガンダム。入浴、歯磨き、メールチェックなどをしたあと、三時過ぎ就寝。“ガンダム祭り”、すべて観終われるのはいつになるかなぁオレ。
  1. 2005/08/22(月) 19:46:22|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

刺客と菓子パン

8月18日(木)

 たっぷり眠ったせいか、いつになく健やかな起床。ワイドショーはいまだに杉田かおるネタが幅をきかせている。たかだか一女優の私事をここまで引っ張るとは、よほど他にネタがないのか? と老婆心ながら思う。けどまぁ、彼女はモノホンのぶっ壊れ女だからなぁ……。造反党員にむけて小泉が刺客たちをはなっているというが、いっそ杉田かおるを差し向ければいいのに。あれの破壊力は掛け値なしにすごそうだ。“フトン叩き婆ァ”とセットで送り込んだら、怨敵の精神破壊くらい簡単にできてしまいそうである。
 本日も朝から夕方まで出仕事。五時半、上野・メディアソフト『薔薇族』編集部。昨日できなかったいくつかの打ち合わせをしていると、櫻田宗久くん来る。次回のグラビアについてあれこれ。今度はフェティッシュな方向(昔、オレがやったようなこと)へとむかうらしいゼ……とだけ明かしておこう。そのあと、しばし雑談。比較的暇な時期なので皆の帰りも早い。ひとり減り、ふたり減り……オレも最後に残ったS-2氏に「あんまり根を詰め過ぎないように」と言い残して辞去。山手線経由で帰途に。途中で夕飯でも食おうかと思ったのだが、時間が時間だしメンドくさいのでコンビニで菓子パン買って歩きながら食べる。一〇時過ぎ帰宅。なにやらやけに疲れてしまい、今夜の仕事はナシ。入浴、歯磨き、メールチェックなどをしたあと、『ユリイカ』の続きを読む。零時半過ぎ就寝。雑誌特集、マニアとしては涙がでるなぁオレ。
  1. 2005/08/22(月) 19:44:02|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。