本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

星占いとオットコ前な女性

8月24日(水)

 ほどほどの時刻に起床。今日はちょっと気合いを入れねばならない用件が夕方からあるので、普段は意識して「観ない」ようにしている星占いなんぞを観てしまった。『めざましテレビ』によると、牡牛座は“他人をアテにすると失敗する”んだそうだ。「ふーん」という感じ。午前中は雑事(他人から見ればくっだらない内容だが)に追われる。途中、丸正に食糧調達に行った以外はずっと雑用。四時に青山の骨董通りで、『薔薇族』の新しい寄稿者の方と待ち合わせなので三時少し前に家を出る。
 三時一〇分頃に渋谷着。まっすぐ目的地に向かうつもりだったのだが、「まだ寄り道する時間アリだな」と魔がさし、東急本店近くの古本屋へ。数冊買って三時半。まだ余裕だろうと思っていたのだが、これが以外と時間をくい、骨董通りに着いたのが四時一〇分前。あせりながら指定の喫茶店を探すがなかなか見つからない。電話をかけて場所を確認するもあまり要領をえない。というかウェイトレス説明ヘタすぎ。時間がどんどん迫ってくる。同行予定の『薔薇族』編集・S-1氏が先に着いていてくれないか……と一縷の望みをかけてケータイにかけるもつながらず。どうやらまだ地下鉄で移動中の模様。「星占い、こんなときだけ当たりやがって! くそったれ!!」と八つ当たり。汗だくになりながら、ようやく見つけだしたのが四時二分過ぎ。世間から見れば「二分くらい」かもしれんが、時間厳守がモットーであるオレにとっては大遅刻なのだ。特に、今回のように初対面の方とお逢いする場合には。最低でも一〇分前には到着し、相手を“お迎え”するのが礼儀だと思う。
 中を覗くと、その方はすでにいらしていた。かの中村うさぎ氏である。走ってきたせいで汗だくツユだくの状態で「すいません、遅れましたッ!」と平身低頭のこちらに、うさぎ氏は泰然と「暑いスか」と。九〇年代初頭、まだティーン向けファンタジー作家として、角川の『ザ・スニーカー』などに書いてらした頃からのファン(まさか後年、いまのような売れ方をするとは想像もつかなかった)としては、ひたすら緊張&恐縮するばかり。S-1氏が到着するまではかなりガチガチの状態であった。「稿料はホントに些少なんですが……」とまず切り出すこちらに、「いいですよ。べつにこういう仕事で儲けようとは思っていませんから」とうさぎ氏(これは唐沢俊一氏やソルボンヌK子氏も同様であるが)。事前のメールのやりとりの中でも「金額は、そちらに出せる範囲で結構ですよ」とまずおっしゃってくださり、“報酬の多寡”よりも内容のほうを重視してくださっていたが、いやー、オットコ前だなぁ。かじよしみさんが「とっても素敵な人!」と言っていたのも頷ける感じである。
 うさぎ氏はとにかく“聡明”の一言に尽きるような方で、かつ気取りというものがない。ズバズバと忌憚のないご意見を寄せてくださり、それがとても面白い! 録音してテープ起こししてマンマ掲載したいくらいであった。S-1氏は次の打ち合わせがあって途中退場したが、その後も二人でえんえんと話し、なんと六時半頃まで、二時間半近くもお引き止めしてしまった。ちょっと反省。でもまぁ、なんとかテーマも決まり、かなり面白くなりそうな予感。諸君、連載のスタートを楽しみにしていてくれたまえ。
 支払いを済ませ(その際も、「大丈夫スか? ちゃんと経費で落ちますか?」とお気遣いくださった。感謝!)、「これからよろしくお願いします」と頭をさげて、うさぎ氏と店の前で別れる。気分が高揚していたので、そのまま青山墓地や神宮外苑を散歩気分で抜けて信濃町駅まで。総武線経由で七時二〇分頃帰宅。テレビをつけると『愛のエプロン』。杉田かおる復帰記念スペシャルを放映していた。試食ゲストは細川茂樹。『劇場版・響鬼』の公開が迫っているせいか、ここんとこあちこちのバラエティに出まくってるなぁ細川。
 夕食・入浴を済ませたあと、どうも仕事をする気にならず、読書。『ペヨトル興亡史?ボクが出版をやめたわけ?』。『夜想』『銀星倶楽部』などを発行していた小出版社“ペヨトル工房”の社長・今野裕一氏が、同社の解散の顛末について書いた本である。ずっと前に買ったきり、ながらく積ン読状態になっていた。サテどのくらいで読了できるか? テレビはTBS『日本のこわい夜2』。心霊特番の収録中に様々な怪奇現象が起こる……というシチュエーションの“ドラマ”なのだが、途中から観た人間はマジものだと思ってしまうのでは? と心配になるほど凝った作り。オーソン・ウェルズ制作のラジオドラマ『宇宙戦争』があまりにも真に迫った作りのせいでパニックを引き起こしてしまった、という事件が昔アメリカであったが、これも下手するとそれに近いことになるかもしれない。いや、画面の右肩にはずっと“ホラードラマ”というテロップがうっすらとながら出ているんたけれど、パニック起こすようなタイプの人間というのは、そもそもそういう部分に注意なんか払わないだろうしなぁ。真相を知らされないで出ていたスタジオゲストのユン・ソナやさくらなんかはマジでおびえていたが(ラストに種明かしされたときには)、たぶん苦情電話の何本かは来たのではなかろうかと思う。何回も使える手ではないが、ここ最近ではなかなかよくできた作品であったと思う。
 昼間体力を使ったせいか、やたらと眠い。十一時半頃就寝。今日はドキドキしっぱなしの一日だったなぁオレ。
スポンサーサイト
  1. 2005/08/25(木) 19:40:09|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

噂の真相とゆるい打合せ

8月23日(火)

 定刻起床。本日も朝から夕方まで出仕事。昼休み、神田神保町で『噂の真相』の古い(八〇年代前半)バックナンバーを大量購入。この資料が何に活かされるのかは乞う御期待。
 ネットにこんなニュースが。
【ミラーマン35年ぶり復活………………人気ヒーロー「ミラーマン」が、生誕35周年の来年公開を目指し映画化されることになり22日、製作発表が都内のホテルで行われた。タイトルは「ミラーマン REFLEX」(監督小中和哉)。71年12月?72年11月に放送され、最高27%の視聴率を獲得したテレビシリーズの世界観を踏襲しつつ、現実世界と幽界を舞台に、ミラーマンと邪悪な人鬼の戦いが描かれる。銀と緑が基調になっている以外は、コスチュームのデザインも一新。テレビでミラーマンに扮し、今回は主人公(唐渡亮)の兄役で出演する石田信之(54)は「すっかりおじさんになりましたが、長生きして良かった」と感慨深げだった。】
 ウルトラマンに続き、今度はミラーマンも復活ねぇ。しかも主役は唐渡亮と。唐渡といえば以前、『劇場版仮面ライダーアギト』で共演した小沢真珠との恋愛が発覚したが、あそこはもう別れたんだっけ? そして、本家で主人公・鏡京太郎を演じた石田信之。ミラーマンのあと、『ケンちゃんシリーズ』のなにかで担任の先生役をやったのだが、当時の子どもたちは(オレも含め)みんな奇異に感じていたぞ。「なんでヒーローが小学校の教師に???」と。
 五時半、上野・メディアソフト『薔薇族』編集部。本日は、“東京メトロポリタンゲイフォーラム”代表の赤杉屋康伸くんと新連載の打合せ。雑談7:打合せ3くらいのゆる?い雰囲気のなか、六時半すぎから九時頃まで話す。内容は“市民運動の理想の在り方”からこないだの映画祭のときの話まで色々と。
 赤杉くんを見送ったあと、S-2・S-3氏としばし雑談。二人と一緒に社を出て、山手線経由で帰途に。またも途中のコンビニで菓子パンを買い、かじりつつ一〇時過ぎに帰宅。入浴後、ちょっとだけ原稿を書き、零時頃就寝。食生活、手ェ抜いてるなぁオレ。
  1. 2005/08/25(木) 19:38:29|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ピアノマンと富野由悠季

8月22日(月)

 定刻起床。本日も朝から夕方まで出仕事。五時半過ぎ帰宅。テレビでは各局とも例の“ピアノマン”と呼ばれる自称(?)記憶喪失者の正体判明! というニュースを報じていた。ネット配信版は以下の通り。
【「ピアノマン」が沈黙破る/同性愛者のドイツ人………………英大衆紙デイリー・ミラー(電子版)は22日、英南東部ケント州の海岸で4月初めに保護され、「謎のピアノマン」と言われた身元不明の男性がドイツ人で、一言もしゃべらなかったのは医師らをかつぐための芝居だったと報じた。男性は20日、ドイツに飛行機で帰国したという。同紙によると、男性は19日、病院職員がいつも通り「きょうは話をしてくれる?」と語りかけると、「はい。そうしましょう」と初めて口を開き、自らの正体について告白した。それによると、男性は同性愛者で、パリで失業し、4月に高速列車に乗って英国入りし、自殺を図ろうとしていた。
 男性については、当初、「身元を尋ねられると、無言でピアノの絵を描き、見事なピアノ演奏を披露した」とされていたが、実際には、ピアノは同じキーをたたき続けるだけで、ほとんど演奏できなかった。ピアノの絵は「最初に思いついただけ」と話した。男性は以前、精神医療関係の仕事に就いていたことがあり、2人の専門医や看護婦らはまったくだまされてしまっていたという。英医療当局は、4か月余りの診断費、入院費などの返還を求め、男性を訴えることを検討している。男性について各国メディアが大きく報じたため、世界中から身元に関する情報が1000件以上寄せられたが、これまで身元は特定されなかった。】
 テレビでは上記のうち、“同性愛者”という部分は省いて放送していた。テレビというのはやっぱりまだ“ホモ”“ゲイ”という単語を夕飯時の電波に乗せるのを嫌うのだなぁ。メシがまずくなるとでも思っているんだろうか。もっとも、今回の“狂言発覚”と「彼が同性愛者である」という事実(なのかな?)とは直接関係ないのだから、べつに言う必要なんかないのだけれど。おなじニュースでも、やっぱり“ネット版”というのは女性週刊誌ノリというか、スキャンダラスな材料を盛り込みたがるものなのかね?
 夕食・入浴のあと、録画しておいた“ガンダム祭り”の『BSアニメ夜話スペシャル』の部分のみ三本まとめて観る。生放送なんで、ゲストの失言がまるまる流れてしまうのが愉快々々。『亡国のイージス』の作者・福井晴敏はNHKのことを「国営放送」と言ってしまうし、品川庄司の品川は“iPod”と堂々と商品名を口にするし。そのつど進行役のアナウンサー・里匠があわてて訂正するのが面白い。しかし、それにも増して面白いのが、二本目の“富野吼える”であった。“アニメ雑誌発行人”(としかNHKでは出せないが、元『Newtype』編集長で現・角川書店取締役)の井上伸一郎氏の案内で、里アナが富野由悠季監督の話を聞くという趣向なのだが、これが「バカ!」「嫌い!」の連発。スポンサーのクローバーや代理店の創通エージェンシーへの敵意と憎悪、それらを納得させるためにつけたキャラクター名への嫌悪などをこれでもかというまで連発する。ヒロインである“セイラ・マス”の名の由来なんて、「放送コードにひっかかるから言えない」んだそうだ(それはやっぱり水●の自●、みたいな意味なのか?)。“名作”の誉れ高き自作をあそこまでクサすことができるというのはある意味スゴイが、しかし気持ちがわからないでもない。“他人の金”を使って“商業媒体”としての作品をつくるということは、周囲との軋轢がハンパでなくキツい。作り手は客だけでなく、同時にスポンサーとも勝負しなければならないのだ。テメエの金でつくるのなら、純粋に「観客」のみを意識していればいいのだが、テレビとなると、客よりもまずスポンサーサイドを納得させなければならない。それが出来なければ、土俵に上がることすら叶わぬのだ。富野氏は当初、ロボット(人型兵器)すらも出さない本格的な戦争アニメにしたかったそうなのだが、オモチャの三〇分CMたる“巨大ロボットプロレス”を望むスポンサーにそんなものが通るわけもなく、さまざまな“妥協”や“騙し”などの紆余曲折を経て結実したのが『機動戦士ガンダム』だったのである。「正義の怒りをぶつけろガンダム」などという本意ではない(であろう)歌詞をつけざるをえなかった憤りは、想像に難くない。富野氏は、スポンサー側の人間たちの口にしたこころない言葉の数々を「決して忘れない」というが、これはたぶん全てのマスコミクリエーター共通の感情であろう。オレにもそれがあるかどうかはヒ・ミ・ツ(ニヤリ)。
 『ガンダム三部作』のイイところ(主人公・アムロが、特別出演の倍賞千恵子演ずる母・カマリアと訣別するトコとか)をあれこれ観ながら、十一時半頃まで仕事。零時過ぎ就寝。“ファースト”以外はガンダムとは認めんぞオレ。
  1. 2005/08/25(木) 19:36:40|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。