本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

レイザーラモンと強い雨

9月4日(日)

 早めの起床。『はやく起きた朝は…』を久々に観たあと、七時頃から仕事。小説『パレット』結末部分の執筆。九時四〇分頃、ようやく脱稿。一〇時をまわったので丸正へ、例のごとく“ドーベルマン”(有名なゲイのための有料社交場なんですよ、ノンケの皆さん)の前を通って出かける。食糧を買い込み、帰宅。朝食を摂る。その後、録画してあった番組をDVDへ落としたり、小説を挿絵担当の阿部一彦くんに送ったり、『バディ』の校正に朱を入れたりして過ごす。mixiを覗くと新井敏之くんが「すっごい雨」と書いていたが、新宿界隈はまだ、まぁまぁの天気を維持している。彼はどこでそんな雨と遭遇しているんだろう? テレビでは「埼玉に大雨洪水注意報」と出ていたが、あっちのほうか? 夕食のあと、六時、外出。まだ雨は降っていない。が、湿度・温度ともに「間もなく降りまっせ」とニヤニヤしながら言ってる感じ。ヤナ感じ。
 雑用を済ませ、四〇分、二丁目コミュニティセンター「akta」入り。本日は、かじよしみさんらが主催する「こんな性教育をして欲しかった!?性教育で同性愛やHIVをどう教えるか。保健体育科の先生と語る」という催しがあるのだ。資料の織り込みなどをちょっと手伝ったり(なんて言うほどたいしたこたァしてないが)しているうちに、おぐ氏など、友人知人もちらほらとやって来る。七時、ほぼ定刻通りに開始。内容についてはいずれどこかで正式な記録が公開されるであろうから、ここでは省く。オレは、参加者のひとりである小学校教諭の女性に、「概念をともなわない、ただの単語(流行語)としての“ゲイ”を無配慮に発信しつづけるマスコミと、その洗礼を受け続けている子どもたち」の実情(ぶっちゃけて言うなら「レイザーラモン住谷のガキんちょへの影響力」だよ)について伺ってみた。“小学校”というところはオレくらいの年代になると、息子・娘でも通っていない限りトント無縁な場所になってしまい、なかなかその内情を垣間見ることは難しくなる(学校側の警備体制が厳しさを増す一方の昨今においては特に)。ゆえに、このところ、ずっと「レイザーラモン問題」について考えているオレとしては、 これは千載一遇のチャンス! と思ったのだ。
 あと、印象に残ったのは「有識者と呼ばれる人間の事実確認の甘さ」であった。八木秀次という“センセイ”は『新・国民の油断』なる著書(西尾幹二氏との共著)の中で「あの曲(世界で一つだけの花)を作った槙原敬之氏は同性愛者ですけれども、あの歌にははっきり思想的背景があるんですよ。ジェンダーフリー、同性愛奨励の歌としてです」と記しているそうであるが、槙原敬之はいまだかつて「同性愛者である」と公言したことはない。ニューハーフとの同棲が明るみにでてもなお、その一点だけは頑として認めようとはしない。これはかつてオチメになっていた頃の浅野ゆう子が、写真集でどんな恥ずかしいカッコになっても、たとえ乳房は出しても、「乳首だけは頑として見せなかった」のと酷似している。周囲の誰もが「いいじゃん、そんなトコに妙な意地なんか張んなくても」とウンザリ気味なのに当人だけは断固として譲らない、という図式も共通だ。まぁ、ゆう子の乳首は別にどうでもいいことなんだけどね。
 会が終わったあと、氏を囲んで数人で食事でも、ということになり、外へ。と、ようやく雨がポツリポツリと落ちはじめてきた。なので遠出せずに、二丁目の中心にあるココロカフェへ。はじめて入ったのだが、間口に対して奥行きがやたらとあって、どこぞの国の岩窟住居のよう。「おとなの隠れ家(死語)」である。ちょうど昼間、「今年は一度もかき氷を食べてないなぁ」と思ったところなので、抹茶かき氷を食べる。店を出ると雨が土砂降りに。雷も鳴っている。地上を避け、地下から駅を目ざす。新宿駅で皆と別れ、高層ビル街を抜けて徒歩で十一時半頃、帰宅。傘はさしていたがかなり濡れた。まぁ、バッグが、こんなことになろうかと思って持参したでっかいビニール袋で包んでいたおかげで無事だったので良しとすべきか。服と人間なんて、洗って乾かせば元通りになる。
 入浴後、資料などを眺めたあと、零時過ぎ、就寝。ようやく小説が片付いてホッとしましたオレ。
スポンサーサイト
  1. 2005/09/05(月) 19:26:42|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

中野と積木くずし

9月3日(土)

 本日も六時過ぎから仕事。体調はいささかマシに。しかし声はガラガラっぽい。だが、個人的には嫌いじゃない。役者を目ざしてた頃に欲しかった声だなぁ、とふと思ったりして。原稿を書いていると、新井敏之くんからケータイにメール。『薔薇族』次号の映画特集用の挿絵はどうやって届けましょうか、という問い合わせ。やりとりの結果、二時一〇分頃に駅のホームで受け取ることに。小説を八割五分ほどあげたところで、タイムアップ。二時、家を出たところに再度メール。用事がおしてしまい、まだ地元です、と。たぶん四〇分頃になります、と。うむむむ、困った。三時に中野で待ち合わせなのでゆっくり待っている暇はない。結局、快速に乗り継いで急いでくれたおかげで半頃には無事に逢うことができた。中野へ向かう電車のなかで受け渡しを済ませ、また戻っていく彼と駅のホームで別れる。
 半端に時間が余ったので、ちょっと離れた場所にあるブックオフを駆け足で覗く。『アカツカNo.1』(イーストプレス)を購入。フジオちゃんマニアにはたまらない一冊である。三時が迫ってきたのであわてて駅方面へとって返し、ブロードウェイ入口でM氏を待つ。少しして、M氏、『薔薇族』の読者だという女性をともなって現れる。近くの喫茶店で二時間ほど話したあと、別れる。ほんとは夕飯でもとりながら、仕事のこと、業界のこと、出版のこと、いろいろ話したかったのだが、残念。手持ち無沙汰な感じになつたので三階へ上がって“まんだらけ”や“タコシェ”などを覗いたあと、帰途に。最寄り駅近くで食事をして、七時ちょっと前に帰宅。今夜はM氏とじっくり語らうつもりで予定を空けておいたので、戻っても仕事する気にもならず、ダラダラと。ついまたネットなどを覗いたりして。昨日の織田裕二クンと「デキている」とされる“平井堅”の噂。
【平井堅が空き巣に入られる。しかし盗まれたのはノートパソコン1台のみ。これは明らかに平井の性癖を知った上での情報転売を狙った確信犯では。パソコンにとんでもない画像が入っていたとしたら平井もお気の毒だ。】
【平井堅のPCの壁紙は「坂口憲二」! 昨日書いた平井堅空き巣事件だが、原因は色恋のもつれという噂が出ている。かつて槙原敬之も元カレに音楽活動に必要なデータを盗まれ困ったことがあるそうだ。平井の場合も同様ではないかという話だ。元カレといえば、平井は昨年末に噂の坊主頭の彼氏とのお泊りデートを激写されている。この彼とは海外旅行にも一緒に行く仲という。その彼とのツーショット写真や日記などプライベート写真が満載のパソコンが盗まれたとなると平井のショックは計り知れないだろう。平井は引越したばかりなのに、今度の事件で住所がばれたので、また引っ越すはめになったという。お気の毒なことだ。しかし、平井の好みは坂口憲二か。坂口も迷惑だろうな。】
 うむむむ、なんか妙に「ありそう」な話だなぁ。かなりドロドロしてるが。
 ではお口直しに、目下当代随一の若手イケメンに関する噂。
【妻夫木聡プレイボーイの意外な本命は?………………ポスト“キムタク”と囁かれること約3年……。やっと“月9”の主役に抜てきされた妻夫木聡(24)プライベートでもモテモテのようで、昨年2月には、同じホリプロの優香との車中キス、そして先月には柴咲コウとの朝までデートがフライデーされている……。そんな妻夫木ものだけに、こんな話が出てきている。「優香も柴咲もフライデーでしょ。あれは事務所が妻夫木の本命を隠すための“つくり”よ。この辺じゃ誰もが知ってる事。それが世間にばれる前にプロダクションがし組んだのよ」な、なんと、熱愛報道は演出だった!?そんなバカな!とはいえ、こう説明するのは、新宿2丁目のゲイバー「R」のママ。一体どういうことなのか。「妻夫木はゲイなの。ちゃんと彼氏がいるのよ。相手は中山美穂の曲を担当したこともある有名な作詞家の方。けっこう年輩の人よ」(ママ) ひえ??!!妻夫木がゲイ……。より一層信じ難いが、嘘にしては妙にリアルな気も。それに芸能界では、若手俳優のNや演歌歌手のH、それにR&BシンガーのHなど、新宿2丁目と密接な関係にある人物が多いのも事実。ありえない話ではない。(ゲイといっても、バイよりのゲイだとか、プラトニックなゲイだとも言われている。あるいは、単に男同士でつるむのがスキなだけかも)ただし、一方ではジャニーズによる妨害工作との見方もある。ジャニーズにとって、もっとも邪魔な存在なのが、妻夫木聡や伊藤英明といった、非ジャニーズで人気のある若手男性俳優。潰すためなら、こんな噂がでてもおかしくないが……。】
 おぉっ、これもなんか妙に信ぴょう性がある。いや、〆の部分の「妨害工作」という部分に。今はわからんが、昔はライバルと目された相手に対しては容赦なかったというしなぁ(これも“噂”ですがね)。 
「芸能人の●●はホモ!」というたぐいの噂はあげだしたら枚挙にいとまがないので、一応、次のものを最後にしておこうと思う。
【ドリフターズ内でドロドロのホモ関係があったらしい。人気が出て新天地を求めてグループを離れる志村と、それに追いすがる加藤、巻き込まれる仲本、それを一喝する良識派の高木ブー。聞くもおぞましい男だらけの乱交パーティーを繰り広げていたらしい。】
 うわ?、なんというか……「だめだ、こりゃ」としかコメントしようのない話であるよなぁ。
 昨夜、前編を見損なった『積木崩し』をハンパだが観る。安達祐実の熱演は認めるが、しかしオレの目を最も惹いたのは、脇に出ていた鷲尾真知子・久保田磨希 という『大奥』コンビであった。「絶対、ねらってるよな」とか思うと、ストーリーになんか集中できんわ。あと、原作者の穂積隆信氏のことを思い浮かべると、どうしても『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の“ドク”の顔が出てきてしまう(声の吹き替えをやってたのだ)。以前、娘さんが亡くなったときの会見に出てきたときの穂積氏は、髪が真っ白になってしまっていて、「ドクのコスプレでもやってんのか!?」と思ってしまったものだが、そのときの印象もあるのかもしれん。
 資料をゴソゴソ探したあと(結局、見つからなかった)十一時半頃、就寝。小説もあと一歩だなぁオレ。
  1. 2005/09/05(月) 19:25:54|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

小説と集中力欠如

9月2日(金)

 宣言通り、六時過ぎから仕事。前日に食糧調達しておいたので、今日は家から一歩も出ずに原稿書きに打ち込む予定。ちなみに、取りかかるのは『薔薇族』の連載小説『パレット』第六話。話自体はいくらでも湧いてくるのだが、それをモニターに刻んでいくための集中力がイマイチ出ない。風邪薬のせいだ(と思う)。
 四時頃、あまりにも眠いので少し横になる。三〇分ほど眠って起きる。夕食後、再び仕事をはじめるが、やはり集中力が高まらず。資料検索用のパソコンで、ついついラチもない掲示板などを観てしまう。オレはネットに出回っている情報というものを基本的に信用しない男なのだが、“ホラ話”として笑える(完成度の高い)ものはけっこう読んだりする。
【織田裕二の肛門サイズは500mlペットボトル!?………………先日のTBS世界陸上では相変わらずのテンションの高さだった織田裕二。そんな織田にも心配ごとがあった!? 今年の春に、都内の小さな病院で痔の治療しにきた織田裕二が目撃されているという。関係者の話では、「肛門が異常に拡張しており、500mlペットボトルが入るほどの伸縮率だった」という。しかも、治療前から自発的に肛門回りの毛や、アンダーヘアがきれいに剃られてたという。肛門事情に詳しい2丁目関係者の話では、拡張しすぎた肛門は、歩いてる間にいろいろこぼれ落ちる可能性があるので、生活全般で不自由するとのこと。例えば、便意を感じたら15分以内にトイレに行かないとこぼしてしまうとか、普段からオシメをしないといけないなど。目撃された時期からすると、世界陸上の本番で興奮しすぎて漏らさぬように、早目に治しておきたかったのだろう。しかし、500mlペットボトルのサイズというと、相手は外国人でしょうか。さすがワールドワイドな俳優ですね。】
 織田裕二の“痔”関係では、他にもこんな書き込みが。
【以前織田裕二が病院に肛門の治療に行ったことがあるらしく、担当の先生の話によると、いわゆるゲイの肛門だったという。つまり、「それやんねぇーと、ああにはなんねぇーだろ」状態だったそうです。顔に似合わず「受け」専門だったのか?外人専門というウワサなので、そのせいか?】
 ふーむ。「いわゆるゲイの肛門」というのは、いわゆるひとつの“ラフレシア”状ということなんですかね? そんな彼の“交遊録”として以下のものも。
【織田祐二の好みは嵐の松本潤。Mステでキモいくらいガン見して松潤も戸惑っていたとか。濃い顔が好きらしい。】
【織田裕二と平井堅がホモで、実はできてるらしいです。これは知り合いが芸能関係者と合コンしたときに聞いたのですが、その手の世界じゃ結構有名な話で、ほぼ事実らしい……】
 ずっと以前から様々な“疑惑”を抱かれていた織田クンなので、このテの噂は掃いて捨てるほどあるのだが、「500ml」という具体性が面白かったので紹介してみた。最後の二つは組合せがなんとなく笑えたので。
 体調がすぐれないのに無理して起きていて、無為な時間を過ごすのもナニだし……と思い、九時ちょっと前、残り1/3ほど残したところで執筆を断念。『積木くずし』の続編ドラマも観ずに寝てしまう。昔ならもっと簡単に快癒したというのにトシとったなぁオレ。
  1. 2005/09/05(月) 19:24:58|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

資料探しとアドバイス

9月1日(木)

 定時起床。本日も朝から夕方まで出仕事。仕事中、フーゾク系編プロ勤務の知人・M氏(ノンケ)から「ゲイ界関連のアドバイスをいただきたい」というメールが入ったので「では八時過ぎに電話で」と返しておく。
 仕事帰り、高田馬場へ寄り道して資料探しに古本屋を数軒。資料として使えるものはあまりなかったが、一〇冊ほど購入。早稲田通りのスーパーでタイムサービスの弁当やサラダなどを購入して七時四〇分頃帰宅。夕食・入浴のあと、M氏から電話あり。知っていることをいくつかお話する。ついでに土曜日に逢って話す算段もつける。
 風邪、なかなか抜けない。なので服薬続けるが、服むと副作用でダルくなる。なので仕事をサボり、ネットを眺めたりする。と、こんなものが。
【「テニスの王子様」テニス呼称を差し止め申請………………来春公開の映画「テニスの王子様THE☆MOVIE(仮称)」について、全日本テニス振興会は21日、「テニスの呼称を使うことは、テニスプレイヤー、ならびにテニスをプレイしない人にとって誤解を招く怖れがある」として、テニスの呼称差し止め処分を東京地裁に申し立てた。申立書で全日本テニス振興会は「テニスの王子様で行われているテニスはテニスではない」としたうえで、「テニスの王子様ではテニスプレイヤーが空を飛んだり、発光したり、まるで超人か超能力者のように描かれている」と指摘。「そのような作品にテニスの名前が使われると、テニスというスポーツが誤解される恐れがある」としている。
 映画の原作となったのは、許斐剛さんの人気漫画「テニスの王子様」。集英社の雑誌「週刊少年ジャンプ」で連載中。架空の中学校「青春学園」テニス部の活躍を描いたスポーツギャグ漫画で、心を読むテニスプレイヤーや、瞬間移動をするテニスプレイヤーなど、中学生ともテニスプレイヤーとも思えない人物が多数登場する。代理人の増枝芳樹弁護士は「今後、原作の漫画についても、『テニヌ』『超テニス』など呼称を改めるよう対応を求めていきたい」と話している。漫画原作映画の呼称については、6月29日に「魁!クロマティ高校」でクロマティ氏の差し止め申請があったばかり。漫画、映画関係者はこれらの問題に頭を悩ませている。】
 これってホントなのかね? てゆーか、スポーツ系漫画・アニメの表現がリアリティに欠けるのなんて、漫画・アニメの歴史が始まって以降、半ば“伝統”として受け継がれてきた「様式美」ではないの。「プレイヤーが空を飛んだり、発光したり、まるで超人か超能力者のように描かれている」のはむしろ当たり前のことで、それを取ったら作品として成立しない。まち、それを「真に受ける」ようなバカというのもいないだろう。それこそ読者・視聴者をバカにした話である。振興会とやらに属する人は、スポーツ漫画というものを一度も読んだことがないのだろうか? 謎だ……????
 一〇時過ぎ、あんまりダルいので、ダラダラやっても仕方あるまいと仕事を中断。例によって「明日、早起きしてやります」と自分に言い訳して就寝。夏風邪がなかなか抜けないんですオレ。
  1. 2005/09/05(月) 19:24:15|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。