本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ガンダムとメールいっぱい

11月7日(月)

 定刻起床。ワイドショーもスポーツ新聞も、のきなみトップは昨日亡くなった本田美奈子の訃報で占められている。
【親友の南野陽子、岩崎宏美ら絶句、号泣………………本田美奈子さんの悲報に、ミュージカルなどで共演してきた役者仲間・先輩、アイドル歌手時代の同級生らは絶句、親交の深かった南野陽子は号泣した。「レ・ミゼラブル」(97年)で同じ舞台を踏んだ歌手の岩崎宏美は、亡くなる前日の5日も病床で励まし「天使のような子でした」。ミュージカルデビュー作「ミス・サイゴン」(92年)で共演した俳優の市村正親は「悔しい」と語った。85年にデビューしたアイドル同期生たちも、悲しみに包まれた。森口博子は「退院後の8月に“だいぶ元気になったよ!がんばるね”とメールをもらいました。ハートマークいっぱいのパワーあふれる言葉に、逆に私が元気づけられて、また一緒に歌える日を楽しみにしていたのに」と信じられない様子。堀越のクラスメートだった長山洋子は号泣。「治ると思ってたのに…。なんてひどい神様なの」と言葉にならなかった。芳本美代子は「突然の訃報に驚いております。同期の美奈子さんの活躍は励みにさせていただいておりました」と肩を落とした。本田さんが降板した3月の「レ・ミゼラブル」で代役を務めたマルシアには、代役公演後に「ありがとう」とお礼のメールが届いていた。「美奈子さんと歌いたかった。いつか同じ舞台に立ちたかった」と強い悲しみを示した。03年に「十二夜」で共演した大地真央は「私のことをとても慕ってくれた美奈子ちゃんの笑顔を思うと、胸が張り裂ける思いです。病床のつらい中からもお手紙をくださった」と声を詰まらせた。今年5月に上演されたミュージカル「クラウディア」で本田さんの代役を務めた工藤夕貴は「信じられない」と話した。昼間にマネジャーから聞かされたようで「良くなっていると聞いていたので本当にびっくりした。何かの冗談でしょ」とぼうぜん。「デビュー当時から尊敬していて、親せきと噂されることもあったので特別な存在。本当に残念です」と肩を落とした。2年前にテレビ電話で話をしたのが最後。「本田さんには遠く及ばなかったと思う。私のクラウディアどうでした?って聞きたかった」と話した。】
 デビュー当時、“健康なお色気”の体言者として一世を風靡した彼女だっただけに、突然の発病も、突然の死も、どうもいまひとつピンとこない。いずれにせよ運命とは、かくも気まぐれなものなのか……と思わされる。一方、こんなニュースも。
【圧倒的じゃないか…観客くぎ付け「ガンダム展」始まる………………アニメ「機動戦士ガンダム」をテーマにした現代美術展「GUNDAM 来たるべき未来のために」(産経新聞社ほか主催)が6日、東京・上野の森美術館で始まった(12月25日まで)。会田誠、西尾康之、小谷元彦の各氏ら若手アーティスト15組(23人)が「戦争」「進化」「生命」の3つを柱に約20点の作品を展示。ラストシーンを模した実物大のコアファイターや全長6メートルを超すセイラ・マス像など、作品の圧倒的な存在感が観客の目をくぎ付けにした。基本的に大坂での展示内容と変わらないとのことで、テープカットやオープニングセレモニーはなく、あっさりとした開始だったが、押しかけたファンですぐに会場は盛況となった。特にフラナガン機関の作品は人気のよう。】
 見にいきたいのはヤマヤマなれど、かなり混みそうだもんなぁ。ひとりで長時間並んだりするのはかなり退屈しそうである。これを読んでるガンダム好きのどなたか、オレと一緒に行きません?
 本日も朝から夕方まで出仕事。五時半帰宅。夕食、雑用のあと入浴。いまは冬コミケの販売ブース獲得の当落が判明する時期なのだが、mixiをみるとマイミクさんたちの日記にもそのネタのものがちらほらと。「コミケ当選!」というのと「コミケ落ちました……」というタイトルが上下並んで表示されているのをみたときには思わず笑ってしまった(いや、笑っちゃ悪いのだが)。神はどこまでもイジワルなものらしい。八時から仕事。スケジュール管理をするも、今月はおなじ日に複数の用件が重なっているケースがやたら多く、どう調整しようか悩む。……なんて書くとスゴイ売れっ子みたいに聞こえるが、なぁにほとんどの日はガラガラの真っ白けだったりすンのよ。今月はたまたまタイミングが悪いだけ。早くひと月すべてが真っ黒になってしまうくらい多忙になりたいもんである。今日はとにかく出さなきゃならない連絡メールが多く、全部おわったのがなんと一〇時半すぎ。さすがに疲れ果て、早急に読まなければならない資料にも目をとおす気力ナシ。なんでサボッて軽めの読書に逃避。零時すぎまで読み、『きらきらアフロ』をみながら就寝。雑多なことでむやみに忙しいばっかりで原稿らしきものは一枚たりとも書けてねぇぞオレ。
スポンサーサイト
  1. 2005/11/08(火) 22:17:03|
  2. 日記|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。