本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ゆるむ涙腺と後ろ髪就寝

11月13日(日)

 まぁまぁの起床。しばらくうだうだしたあと、一〇時から仕事。会員制Web『naviGAYtor』(http://www.navigaytor.jp/)の原稿書き。腹がまったく減っていないのでコーヒー・紅茶のみで仕事に没頭。TBSの『噂の!東京マガジン』は人気コーナー「やってTRY」のスペシャル版。TRY娘と命名されるイマドキの“なんにもできなガール”二人組が九州にとび、かつおぶし製造工場へ体験入社するというもの。当初は番組スタッフに見せられたかつおぶしを触りながら「エー、これって木でしょ」「ネー、木だよねー」とかホザいていたお気楽ギャルたちが、重労働にも耐え、オジチャンオバチャンらと心を通わせる姿に思わずホロリとさせられる。どこまでホントなのかなんてわからねぇのに。オレも歳をとったモンよ。つい、親の目線でガキどもをみてしまう。
 息抜きにみた『エロ本編集者の憂鬱と希望』(http://d.hatena.ne.jp/erohen/index)の最新日記を読んで、そうか! と膝をたたく。
【『ユリイカ』(青土社)11月号を読む。特集は「文化系女子カタログ」。(中略)一番面白かったのが松本美香の「ジャニヲタ天国?地獄変?」というもので、この文章のテンションと笑いの品質の高さと自己を客観視できる批評眼とそれに伴った文章力は一流なので、いますぐジャニヲタネタで一冊単行本の依頼をしにいったほうがいい。ジャニヲタとは、「コンサートに行って「○○クンがかっこよかった!」というよりも、「演出と構成が悪い!」などとアンタ誰やねん気分でダメ出ししたり、常日頃ジャニーズ事務所の方針や販売戦略などを事細かに分析してシタリ顔で物申す嗜癖があるやっかいな人種」である。年間で正月コンサート(コンサートをコンと略すらしい)、春コン、夏コン、カウントダウンコンサートと目白押しなのだが、「まぁ、このコンを申し込むための“振込み用紙”のことをワシらは「赤紙」もしくは「召集令状」なんて言うたりもするんやけど。んで、そうこう言うてる間に「春コン」のチケットが届くんよ。まぁこのチケットのことをワシらは「王子様から届いた舞踏会の招待状」なんて言うたりもするんやけど」と、もうここで一般のジャニヲタが実際こうした生活を送っているのかはどうでもよくなって、彼女のジャニヲタとしての生活苦を読むのが楽しくなってくる。彼女は、ジャニヲタとしてツラいことをツラツラとあげていく。(中略)気がつくと「バーチャルおかん」になっている。「ちょっと痩せたんちゃう? ちゃんとご飯食べてるぅ?」なんてブラウン管越しの余計な心配は日常茶飯事。好きなジャニタレに対してナチュラルに“うち”とか“うちの子”とか言うヲタが存在します。かつてkinkiコンで堂本剛を見ながら「今日は元気ないわねぇ?」と隣にいた友達に言ったら、反対側にいたジャニヲタが急に「ゴメンなさいね。うち、今ドラマ入ってるからぁ?、ちょっとスケがきつくて疲れてるの。許してあげて」と謝られたことが。っていうかアンタ誰やーー!! 笑いをかみ殺しながら(正確にはかみ殺せないまま気持ち悪い笑顔を浮かべながら)公共の場所で読んでしまいました。しかし、こういう原稿が載ってるこういう特集を見ていると、最近の『ユリイカ』って一時の『別冊宝島』みたいでいいね。】
 そうか、『別冊宝島』かぁー! いや、このところの『ユリイカ』ってナンかに似てるんだよな?、とつねづね思っていたのだが、そうか“別宝”であったか。だからほぼ毎号、雑誌としてはかなり高いのについつい買ってしまっていたのだな。あー、スッキリした。このサイトの作者はまだ若い人のようだが、なかなかの筆力(およびネタの選択眼)の持ち主で更新が楽しみなんである。
 四時半、ベジタ汁と握りメシでこの日最初で最後の食事。TBS『報道特集』の「初の取材!精神科救急病院──奇異な行動…24時間の激務医師奮闘!」を観てから入浴。そして仕事。八時から『西遊記』の再放送をみようと思ったら特番で中止。やんごとなきお方のまんまるなご尊顔がブラウン管いっぱいに拡がっていた。仕方ないので久々に『劇的改造!ビフォーアフター』をみる。日本にはまだまだビックリハウスがゴマンと存在するのだなぁ……と感心する。いいかげん疲れたので九時で仕事は終了。仲間由紀恵の『トリック』スペシャル版をみながら読書。蛭児神健(元)著『出家日記 ある「おたく」の生涯』(角川書店)。七〇?八〇年代、ロリコン界のカリスマとして勇名をはせた蛭児神健(ひるこがみ・けん)氏の自伝である。オレが上京し、本式なオタクライフをスタートさせた頃にはすでに活動を休止しており、吾妻ひでおその他の作品の“キャラクター”としてしか認識していない方であったが、その考え方・生き方にはかなり共鳴する部分が多く、とにかくおもしろい! 零時をすぎ、明日も早いので寝なくてはならない時間がきても、なかなか閉じるふんぎりがつかなくて困った。後ろ髪を束にして引かれながら泣く泣く就寝。おもしろい本と出逢うと背筋に電流が走るなぁオレ。
スポンサーサイト
  1. 2005/11/14(月) 19:49:44|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ガイキングとほどほどのオフ会

11月12日(土)

 ほどほどの起床。ノルマの野菜スープ(愛称・ベジタ汁。ニックネームでもつけて親しみを増さんことにゃ、気が重くて仕方ないのよコレが)を喰らって(しかしまだまだある)仕事。今日のうちにどうしても読んでおかねばならない資料に目を通す。集中力も注意力も散漫になっているが、なんとか読みすすめる。テレビ朝日の新番組『ガイキング』を観る。昭和五十一年に放映された巨大ロボットアニメ『大空魔竜ガイキング』のリメイク版なのだが、テイストがまったく異なり(主人公が子どもになってしまったり)、なんで今さら焼き直す必要なんかあるんだろうか、と疑問に思う。たぶん次は観ないね。ちなみに本家『ガイキング』に関して、オレはずっと言いつづけてきたことがある。たった一度であるが、局側がオープニングソングの回転数を誤って流したことがあるのだ。本来なら佐々木功の野太くて重厚な歌声が流れてくるはずなのに、なんとその日は超早口のキンキン声で聞こえてきたのである(レコードプレイヤーで、33回転と45回転を切り替え間違った経験のある人ならばわかってくれると思う)。後年、そのことを誰かに話しても「ありえない」「記憶ちがい」「思い込み」「夢をみた」「嘘つき」「キ●ガイ」と人格否定発言ばかりをぶつけられ、デリケートなオレの心はどこぞのやんごとなき奥方のそれのようにいたく傷つけられてしまったのであった。どなたか「自分もその回を観た!」という方がいらっしゃいましたら、オレまでご一報ください。いっしょに汚名を返上(汚名挽回というのは誤用です)しましょう!
 二時すぎにベジタ汁(まだまだある)と握りメシ。そのあとまた資料読み。とりあえず終え、身支度をととのえて四時外出。ちょっと雑用をすませてから五時、丸の内線新宿御苑前駅の向いにある居酒屋「和民」へ。本日はオレの主催するmixiのコミュニティ(サークルみたいなもの)である「ゲイ・レズビアンですがオタクです」の第一回オフ会があるのだ。参加者はオレを含めて四名とかなりこじんまりとしたものであったが、おかげで濃い話を全員で共有できた。オフ会は、やっぱ多くても一〇人以内だなぁ。それ以上増えると、全員で語らうことは不可能である。いくつかのカタマリに別れて、最後まで話せないで終わってしまう人間が出てきてしまう。予備説明ナシに濃密な話ができる嬉しさからか、全員が初対面で年齢や性別もバラバラなのにずいぶんと盛り上がった。あっという間に一〇時近く。ノンストップで五時間近く話してしまった。今日はこれでおひらきにして新宿駅へむかう。駅前でメンバーと別れて徒歩で帰途に。一〇時半ころ帰宅。入浴後、ちょっと読書。零時ごろ就寝。ゲイレズ界のオタク層、まだまだ開拓の余地満点だなぁオレ。
  1. 2005/11/14(月) 19:48:20|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

フタバ図書とブックオフ

11月11日(金)

 阿部くん宅にてゆっくり目の起床。少し話をしたあと、一〇時ごろ辞去。せっかくこっちまで来たのだからと、いま多方面で話題の『フタバ図書ギガ椎名町店』(http://www.futabatosho.co.jp/index.html)に寄ってみることに。ここは中国地方に本拠を置く、新刊/古書/新品・中古CD+DVD+ゲーム/ビデオレンタルの複合ショップ(地下一階・地上二階)で、東京進出第一号店なんだそうだ。が「池袋からひと駅」とはいえしょせんは私鉄沿線の駅前のせいか、イマイチ活気がないというか、パッとしない感じ。ブックオフに決して勝てないブック●ート的匂いが嗅ぎとれてしまうのはオレだけ? なにより古本の値つけが高い! 全体的に数年オチの商品ばかりなのだが、こんなモンは一〇五円でたくさんだ、というようなクズ雑誌に平気で四七〇円とかつけられていて、古本値つけには一家言あるオレとしてはちょっと驚き。ここの責任者は世間の相場というものを知っているのだろうか。とにかく、ブックオフ以上にアレコレ手をつくさないと、早々に関東撤退という目にあいかねないな、と思った。少なくとも「わざわざ足を運んでくる」に足る店ではない。今のところは。さて、一方のブックオフはといえば、椎名町をあとにして向かった東中野店で思いもかけぬ大収穫が。つい先日出たばかりで、買おうかどうかかなり迷っていた新刊が、早くも並んでいたのである。さすがに半額とはいかないが、それでも2/3程度の値つけ。当然、即買い。その他も数冊。ブックオフの魅力は、なんといっても並べられた商品の鮮度の良さであるよなぁ。刊行から一週間もたたずにまわってくる場合だってある(新刊書店で万引きしたものを換金するような不逞の輩をうむ温床となっている、という非難の声もあるが)。だからみんな、ついつい頻繁に足をはこび、目的のものはなくても「せっかくだから」となにかしら買ってしまったりする。フタバ図書もこういう流れを作りだせれば活路を見出せるであろうに。
 零時半ごろ帰宅。背中にはリュック一杯の古本、両手には途中のスーパーで買った生鮮食料品という状態で帰ってきたので汗をかいてしまった。なのでシャワーを浴び、洗濯機をまわす。仕事をせねば、と思いながらも出さねばならぬ連絡メールが多く、いたずらに時間ばかり費やす。ふうむ。夕方、一段落したので料理。買ってきた野菜たちをすべてぶちこんだら、猫のバスタブくらいもある鍋になみなみ一杯の汁モノができてしまった。うっく、作りすぎ! 食べきるには推定四日はかかろう。一日めのノルマをこなした(それでも見た目にはほとんど減っていない)あと、入浴。さてようやく仕事を、と思うも今度は買ってきた本たちが気になって結局、そちらを手にしてしまう。結局、なにもしないうちに夜はふけ、十一時半ごろ就寝。明日こそは仕事せねばなぁオレ。
  1. 2005/11/14(月) 19:47:43|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

間違えられた男とチンパンジーの中身

11月10日(木)

 定刻起床。ネットニュースにこんな笑っちゃうものが。
【振り込め詐欺 声聞かれ御用………………東京都世田谷区内のマンションで「『振り込んでください』という声が漏れ聞こえてくる」との住民の通報から、振り込め詐欺グループが警視庁に逮捕されていたことが九日、分かった。世田谷署では「情報提供がなければ逮捕には至ってなかった。ありがたい」と話している。詐欺未遂の現行犯で逮捕されたのは、住所不定、無職、杉章一容疑者(39)と東京都大田区の無職少年(17)。調べでは、二人はインターネットでアダルトサイトに接続したという架空話で接続料金をだまし取ることを計画。今月四日、栃木県那須塩原市の会社役員の男性(36)に「アダルトサイトの料金が滞っている。回収を委託された」と、このマンションから電話をして現金を詐取しようとした。男性に「サイトに接続してない」と電話を切られたため未遂に終わった。九月に「『振り込んでください』という声が聞こえる」との通報を受け、内偵していた署員が四日、現場に踏み込み、杉容疑者らの携帯電話の発信履歴に被害者の電話番号が残っていたため、現行犯逮捕した。】
 全国のペテン師のみなさん、外へ声のもれるような壁のうすい安普請での詐欺電話は危険ですのでやめましょうね。それにしても、テレビや新聞でこれだけ手口が報道されている今でも、こんなものにひっかかるバカっているのかね? 笑っちゃうといえばもうひとつ。
【中田“カウボーイ姿”で帰国………………16日のアンゴラ戦(国立)に招集された日本代表のMF中田英寿(28=ボルトン)が9日、ロンドン発の日航機で成田空港に到着した。注目された“帰国ファッション”は、赤いチェックのシャツの上に上半身を包み込む黒いポンチョ、さらにジーンズと茶色のウエスタンブーツというカントリー調のファッション。西部劇に出てきそうなカウボーイの雰囲気を醸し出していた。トットナム戦(7日)出場の疲れも見せず、マネジメント事務所、空港関係者ら3人に囲まれ堂々と空港ロビーをかっ歩。02年にロングマフラー、03年は雪駄(せった)、今年9月の帰国ではジョニー・デップに注目を奪われるなど、数々の話題を提供した空港という舞台だが、今回はおなじみの大きなサングラスを見た中年女性が「フォ?の人(レイザーラモンHG)?」と間違える場面もあった。】
 天下のヒデ先生もとんでもないモンと間違われちまったもんだね?。しかし一説によると、彼は●●●●の●●だそうだから、くだんのオバチャンはその本質を見抜いて発言してたりして。
本日も朝から夕方まで出仕事。五時半、地下鉄にて池袋方面。漫画家の阿部一彦くんと待ち合わせて食事。改装して以前の倍くらいにも広くなった「福しん」にてラーメンと餃子ライスのセットを。そのあと「SHOP99」にて酒とつまみを買い込み、阿部くん宅へ。テレビなどを観ながらダラダラと飲み食い。『天才!しむら動物園』に出てくるチンパンジーはとても猿とは思えないようなキレ者ぶりだから絶対に誰かちっちゃな人が中に入ってんだぜ! などと他愛ない話をひとしきり。今夜はお宅に泊めてもらう。零時近くに就寝。「SHOP99」にアルコールがあるなんてはじめて知ったなぁオレ。
  1. 2005/11/14(月) 19:46:44|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。