本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

年賀状とイカン喋っちゃった!

12月18日(日)

 早めの起床。ネットニュースにこんなものが。
【栗原市成人式 クドカン人気で参加者抽選………………宮城県栗原市は17日、クドカンの愛称で知られる人気脚本家で、同市若柳出身の宮藤官九郎さんを招いて来年1月に開く成人式の参加者を選ぶ抽選会を行った。一般の参加希望者が定数を超えたため。俳優もこなす人気脚本家だけに、新成人と父母の席のほかに一般にも400席を用意。希望者を募ったところ、17日までに全県から660通の応募があった。内訳は、女性が538通と圧倒的に多く、男性は122通。仙台市など栗原市外からの応募が389通もあった。市内は271通。年齢は4歳から93歳までと幅広かった。熱烈なファンが、家族の名前を使って一人で何枚も応募したとみられる。抽選で当選した400人に対し、市は22日までに通知する。「若い人たちの人気が高く、予想以上に希望者が多かった」と市生涯学習課。成人式は1月8日、栗原市の若柳総合体育館で開かれる。式典のほかに、宮藤さんが俳優の宮崎吐夢さんとトークショーを行う。】
 こ、これはオレでも行ってみたいゾ。こんな風に「志願して出席した」式であればよもや暴動なんてのは起こるまいさ。よその市町村もここを見習えばいい。「どうぞいらしてくださいませ」なんてガキどもにへつらうような態度をみせるからバカが増長するのだ。成人式なんてそもそもやらんでもなんら問題ないものではないかい。あんなもの、金をドブに捨てるような行為だ。
 午前中、雑用。午後からは年賀状作成用のリストづくり。夕方、フジテレビで高島彩アナが“電車男”とチャットで会話する、というどーでもいいことこの上ない番組を垂れ流していたが、高島の吐いたセリフ「ひょっとしてアタシのこと知らなかったりして?」にはちょっとムカッと。それは「世の中の男は自分のことを知っているのが当たり前」という自信を前提とした発言だぜ。一介の月給取りがナニサマのつもりだ!? 六時半、外出。七時から、新宿二丁目コミュニティセンター「akta」で月イチ開催されている「akta話を聞く会」の第三回。今回は、こうべさんという方を招いて、氏の率いている(?)aktaのデリヘルボーイ(二丁目のゲイバーなどに無料コンドームを配付する若者たち)の活動内容などについて聞くというもの。題して「デリヘルボーイとともに?若ゲイたちとHIV活動を語る」。前回は“二丁目の人気者”と雑誌『QJr』で紹介されていたおかべよしひろ氏(今年のレズビアン&ゲイパレードの実行委員長)がゲストだったせいか大入満員だったが、今回はうって変わってやっと一〇人程度。この落差(というか現金さ)についても思うところはあるが、まぁ長くなるので割愛。オレはあくまで「二丁目に出入りしている(できる)ゲイたちの生の声に触れる」という目的で参加しているので“聴講生”に徹しようと思っていたのだが、終盤、主宰者の永易至文氏にフラれてしまったので、やむなくちょっとだけ話す。広まるエイズ禍を防ぐためにはもうすっかり薄れてしまった“怖さ”というものを再認識させるしかない、というのがオレの持論なのだが、それに対して周囲は「怖さというのは発症後の、たとえば“カポシ肉腫”とかを見せつけるということですか?」と。やたらと他人の話にチャチャを入れてくるオッサン(ゲイ様のたちの符丁では“ばばあ”とか言うらしいが、オレはたんなるホモなんでそういうのは使いません。世間一般の眼からみればあれは“オッサン”です)のせいでその答えの部分が流れてしまったが、HIVの二十一世紀における最大の“怖さ”とは病気そのものではなく、それに起因する“経済危機”なのである。医療技術の進歩によってエイズは簡単には「死ねない」病気になった。それはもちろん悪いことではないのだが、爆増の一途をたどる患者のフォローを国がやりきれるかといえば答えは「NO」であろう。障害者認定もいつまでしてもらえるかはわからず、「かさむ治療代」と「健康上の理由による減収」との板ばさみで生殺し状態になる人間が急増すると思う。ぱっと発症し、ぱっと死ねる病気はある意味「始末がいい」といえる。天下りなんぞが容認される一方、そのツケを福祉資金のカットで補おうとしているこの国、障害者の自立をはばむ“障害者自立支援法”なんてものがまかり通ろうとしている不思議な国ニッポンにおいて「思うように働けないワ」「すぐには死ねないワ」という二重苦は、ある意味、肉腫なんかよりもよっぽど怖いんである。オレは昨年、エイズ検査を受けたんだが、もしも“陽性”であったとしたら、それを公表し、記事にしていこうと決めていた。自らを宣伝塔として「HIVの怖さ」をアピールしていこうと思っていたのだ。そこでいう怖さとは、もちろん“ビンボー”である。収支なんかを克明に書き記したりしてネ。まぁ、陰性だったのでその計画は果たせなかったが(もはやセックスはほとんど卒業状態なんで今後感染する確率も低い)、また別の方法で怖さを教えていきたいとは思っている。いまのHIV啓発活動は全般的にまだ“序章”レベルだと思う。それを“本章”へすすめていくためには、誰かが新しい一歩をふみださないとイカンのだ(当然、保守派や自称・良識派たちとのアツレキは増えるであろうが)。あー、イカン。このテーマについても自著内でじっくり語ろうと思っていたのに、またこんなに書いてしまった。続きは来年ネ! お金はらって読んでネ!
 来月の開場使用予約(一月二十一日土曜日午後四時半からの「薔薇族“予習”」。お暇な方は来てチョ!)をして九時半頃、辞去。地下道を歩いていたら、ずいぶん前に出たはずの赤杉康伸くんご夫々に追いついてしまった。新宿駅でふたりと別れて一〇時頃に帰宅。入浴後、『情熱大陸』などをみてから零時すぎに就寝。なんで毎年ギリギリまで年賀状作成をほったらかすのかねオレ。

スポンサーサイト
  1. 2005/12/19(月) 20:19:46|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

荻野目慶子とダジャレ

12月17日(土)

 ゆっくり目の起床。ネットニュースにこんなものが。
【4代目女将に沢口靖子…フジ系ドラマ「新・細うで繁盛記」………………女優の沢口靖子(40)が来年1月20日放送のフジテレビ系金曜エンタテイメント「新・細うで繁盛記」に主演することが17日、わかった。「細うで?」は昭和45年から放送され人気を呼んだ温泉が舞台の人情ドラマ。平均で28・1%の視聴率を獲得した。沢口演じる加代は温泉旅館の復興に奮闘する女将で、故新珠三千代さんの当たり役。これまで賀来千香子、古手川祐子が演じ、沢口は4代目となる。 新珠版では、加代のライバル、正子役の冨士真奈美のセリフ「?ずら」が強烈な印象を残したが、今作は荻野目慶子(41)。「3枚目の役は初めてですが、強いキャラクターを楽しんで演じています」と話している。共演は原作者の故花登筐さんの元妻、星由里子、大村崑ほか。】
 なつかしいねぇ、『細腕繁盛記』。オレもちっちゃい頃、毎週みていたもんです。「銭の花は清らかに白い。だが、そのつぼみは血がにじんだように紅く、その匂いは汗の匂いがする」というナレーションからはじまるあのドラマは、とにかく富士真奈美が演じていた小姑の正子が憎たらしくてねぇ。「加代! 犬に食わせる飯ぁあっても、おみゃあに食わせる飯はねぇずら!」というような調子でヒロインをいじめまくるのさ。それまでは“美人女優”で通ってきた(のですよ、ヤング諸君)富士が、ひっつめ髪に牛乳瓶の底みたいな眼鏡で徹底した汚れ役・憎まれ役を演じた、というのはかなり衝撃的であった(らしいよ、話に聞いたところによると。オレはそれ以前の富士真奈美というのをリアルタイムには知らないから。オレの富士真奈美原体験は“正子”なんです)。ハッキリいって、誰が正子を演るか、というところにこのドラマの成功のカギが隠されているのであるが、荻野目慶子ならば不足はない。これはSPモードで録画しとかねば! いっひっひっ、久しぶりに慶子のイビり役がみられるずら!
 七時半からは『ウルトラマンマックス』。河相我聞演ずる友好的な異星人と少年との友情物語。この先もやってくるであろう他の惑星の友たちのために自らを犠牲にしようとするエイリアンの姿に思わずホロリとさせられた佳作であった。完成した『ブックカフェものがたり』(幻戯書房)の書評をブログとミクシィの両方にアップ。さっそく色々な方々が見にきてくれたようだが、プロの方が多くて恐縮しきり。ミクシィってのは誰が訪れたかわかるのがイイ! とかみんな言うけど、オレにとっては逆だね。「うひゃっ、こんな人も見てくれちゃってるよ!」とか思うと落ち着きゃしない。
 正午すぎ、食糧調達に外出。半ごろ帰宅。食べてから原稿書き。夕方、書き終えて送信。夕食後、雑用。九時からは『出没!アド街ック天国』。今回のエリアは“秋葉原”。まぁ紋切り型の紹介ではあるが、包み紙にオプションで持参のイラストをカラープリントしてくれるという老舗和菓子のところで思いがけず笑かされる。「メイド喫茶の馴染みの女の子のイラストを入れて、当人に贈るんです」というヲタク客の言葉をうけたナレーション、「メイドの土産に、ぜひ!」についつい吹き出す。ちくしょー、やられた! 十一時ごろ就寝。一〇〇〇年に一度のオタクの当たり年ってホントだろうか、といぶかしむオレ。
  1. 2005/12/19(月) 20:19:02|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

大収穫と同感

12月16日(金)

 ゆっくり目の起床。雑用をすませてから一〇時外出。山手線で恵比寿まで。本日は中目黒方面まで今年最後の古本ゲット遠征にでるのだ。お目当ての店が正午開店なので十一時ごろ到着してゆっくり一時間ほどブックオフをみてまわるつもりだったのだが、生来のセッカチぶりを発揮して早足にあるいたら半前にはナカメに着いてしまった。うわっ、時間を持てあます! と思ったが実際は一時間半でも足らず、ちょっと正午をオーバーしてしまった。中目黒の三軒を皮切りに、学芸大、祐天寺と全部で九軒ほどまわる。こちら方面はホントに久しぶりということで大収穫(ずっと探していた絶版の文庫本が思いもかけないところでひょこっと見つかったり)となり、リュックはもとより、予備バッグまでもパンパンになってしまった。一番買ったのは祐天寺の某店(教えませんよ、どこかというのは)。ここは総じて他店の相場よりも二割くらい安いのだが、さらにときおり「アタマおかしいんじゃねえの!?」と思うくらい値引きされた品があったりするのさ。月おくれの小説誌(七〇〇円近い)が五〇円とか(!)。だからついこちらも正気のタガがはずれ、なんだかんだ三〇册くらい買い込んでしまう。バスで新宿まで帰ろうかとも思っていたのだが、いかんせん終戦直後の買い出し状態になってしまったので東横線とJRを乗り継いで帰途に。駅前で食事して四時半ごろ帰宅。ネットを覗くと、ポット出版の公式サイト(http://www.pot.co.jp/)内の連載『及川健二のパリ修行日記』の中に「うむ、ワシも激しく同感じゃ!」といった一文があったので長文だが引用させていただく。
【日本のゲイ・ムーヴメント(とここでもカタカナをつかってしまうのだが)のなかでも、何かとアメリカで発生した概念・用語を租借することなくそのままカタカナにして援用することが往々にしてある。
 たとえば、ホモフォビア。同性愛者に対する嫌悪を意味する英語「homophobia」をカタカナにしたものだ。同性愛嫌悪・同性愛恐怖症と訳せばよろしい。あまりにも堅苦しくてしっくりしないというのであれば、私のように「ホモ嫌い」といえばよいのではなかろうか。
 あるいは、「ゲイ・パレード」「ゲイ・プライド」。日本経済新聞(10月18日の日本経済新聞・関西版)で御年輩の木村重信・兵庫県立美術館館長が「<心境仙境>同性愛と男女両性具有」という記事の中で、オランダの同性愛の祭典・運河パレードのことを「ホモ祭り」と表記したことに対して抗議する向きがゲイのなかから起こった。記事を読む限り(http://www.nikkei.co.jp/kansai/elderly/29402.html)、筆者は確信犯で差別心をこめて「ホモ祭り」といっているわけではなかろう。おそらく、「ゲイ・プライド」なり、「ゲイ・パレード」という語を知らなかったのだし、敵性言語とかつて教えられた英語の単語を一つでも覚えることが苦に他ならず 、たとえば「steakbeef」をいまだに「ビフテキ」と日本語化して呼ぶような感覚で「ホモ祭り」といったのかもしれぬ。
(中略)
 なぜ、日本で「ゲイパレード」という語が浸透しないのか。(中略)浸透しないもう一つの理由は「ゲイパレード」などというカタカナ語をつかっているからではなかろうか。これはあくまで推測に過ぎぬ。しかし、せめて副題でもいいから、何か日本語で表現できないものかと思う。「虹の行進」なんていいかもしれぬ、「虹の祭典」だって。良いアイディア、もとい、良い提案がある人はぜひコメント、もとい、書き込みをしてください。】
 オレがいま意識してカタカナ語を用いないようにしている(まぁ、さすがに「ストライク」を「いい球一本」とは言いませんけどね)のは、それを安易に遣うことによって、本来ならば容易に伝わるべき事柄が伝わりにくくなってくるからである。アカデミズムおたくの方々の文章を呼んでいると「カタカナ語を用いること=文化水準の高さ=オレって上等な人間じゃん!」みたいな勘違いがプンプン鼻についてならん。オレみたいに無学な者はいちいち外来語辞典をひかなきゃならんから、なかなか先に読み進めやしないのだ。なんで「アイロニー」なんだよ? フツーに「皮肉」と書けば済むことじゃん! 同時にそれは手抜きでもある。日本の概念と照らし合わせて言葉を選ぶ手間を面倒くさがっているのだ(まんま使えば、そりゃあラクチンだろうサ)。どんなおエライさんか知らないが、文書いてお客さん(読者)からオアシもらってるんだったら手ェ抜くな、手を!
 八時、先週同様TBSラジオの『ブジオ!』を聴きながら長時間入浴を約四〇分ほど。湯量を減らし半身浴状態にしたせいで前回よりも楽に入れた。電話出演が“あの”矢追純一氏。マニアからは「UFOと矢追」と呼ばれて親しまれる(これも“祐子と弥生”を知らない世代には通じないダジャレだなぁ)氏だが、やっぱり視聴者(ここでは聴取者)をひきつけてやまない“引力”みたいなのがあるよな。だから四半世紀以上もこのジャンルの第一人者として活躍できているんだろう。トンデモ界の重鎮でありながら、その天敵(?)である「と学会」主要メンバーである唐沢氏の番組に堂々と出演できる器の大きさもヨシ。上がって伊藤文学氏に仕事関連の用件で電話。新潟にある美術館を今月でたたむとかで、その処理で急がしそうな模様。九時からはフジテレビのドキュメンタリー番組「天使になった歌姫 本田美奈子.」。本来は全快・復帰の記念として放送されるはずだったものだそうだが、結果、追悼となってしまったのが哀しい。オレは基本的に姓名判断なんて信じないのだが、名前のあとに「.(ドット)」をつけるなんてヘンな改名したのがマズかったんじゃないのか、ということはずっと思っている。あれからいくらも経たないうちの発病だったもんなぁ。まぁ、こんなビミョーな改名なんて、ファンでもないかぎり気づいてないだろうが。十一時半ごろ就寝。天分と努力が揃っても運が加わらないとイカンのだなぁ、とつくづく感じましたオレ。
  1. 2005/12/19(月) 20:18:11|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

バカ殿と権威失墜

12月15日(木)

 定刻起床。ワイドショーの芸能ニュースでこんなものが。
【バカ殿、世界でアイーン………………お笑いタレント志村けん(55)の人気コントシリーズ「志村けんのバカ殿様」が、来年にも海外進出することが14日、分かった。来年1月27日に発売される初DVD「志村けんのバカ殿様DVD―BOX」を、発売元のユニバーサル・ピクチャーズの英国本社の役員が大絶賛。「言葉の壁を超えて理解できる笑い。20年も続いているというのはすばらしい」として、欧米やアジア各国での発売の計画を進めることになった。同DVDを欧米やアジア諸国でも発売する計画を進めている。志村自身も「世界中の人を笑わせるのは芸人としての夢」と意気込んでいる。】
 果たして西欧圏でどこまで受け入れられるものかね、バカ殿。ネットニュースには、
【「ラスト サムライ」や「SAYURI」など日本を舞台にした作品が海外でも大きな注目を集める中、「バカ殿」が世界進出することになった。】
 なんて書いてるところもあったが、どこまでマジメに書いてるんだ? そしてついでに“バカ殿の歴史”なる資料も添付されていたが、ひとつ知らなかった事実が。
 ▼77年  TBS系「8時だヨ! 全員集合」内のコントで誕生。
 ▼80年 フジ系「ドリフ大爆笑」でも登場。
 ▼86年 フジ系「月曜ドラマランド」枠で初めて独立した番組として放送。
 ▼92年 初めてレギュラー番組化され、番組改編期の特別番組に定着。
 ▼00年 放送30回記念のグアム・ロケを行う。
 ▼04年 放送40回目を迎える。
 へー、バカ殿のルーツは“全員集合”だったのか。“ドリフ大爆笑”からしか知らなかったよ。ちなみにオレはバカ殿は、いかりや家老と由紀さおり腰元の出ていた“大爆笑”版しか認めていないんである。由紀が志村に「殿、わたくしの歳をきいてくださいまし」とねだったあげく、「十二に、ございます」といけしゃーしゃーと答えて逆鱗にふれる(十二の娘が更年期障害をわずらうかッ、命の母Aを服むかッ、というツッコミもまたセオリー通り)という“お約束”が大好きであった。由紀さおりのいないバカ殿はバカ殿であってもバカ殿にあらず! などと朝っぱらから瑣末の極地みたいなことで独りいきりたつオレ。バカだねぇ。それにしても海外進出するほどの人気なら、いっそ映画でもつくればいいのに。『いま、アイーンにゆきます』とかサ。ネット芸能ニュースには、他にこんなものも。
【「NHK辞めてお笑いやります」………………元NHK札幌放送局放送部番組制作ディレクターで、アマチュア漫才コンビ「さんだあず」として漫才バトル「M―1グランプリ2005」で準決勝まで進んだ山田和史さん(27)がNHKを退職し、お笑い芸人を目指すことが13日、分かった。上司から「NHKか漫才か」と二者択一を迫られ、迷わずに辞表を提出。在職中は笑えなかった古巣の不祥事も、今後はお笑いのネタにできるかも?】
 “さんだあず”ってコンビ、オレは知らなかったんだが、人気あんの? とはいえ背水の陣をしくヤツってのは基本的に嫌いではないよ。それはさておき、究極の(?)二択に即決できるってことは、もはや迷うほどの魅力はないってことなのかねNHKには。権威失墜もまた時代の趨勢か?
 本日も朝から夕方まで出仕事。新宿に途中下車してヨドバシカメラでDVDメディアを購入。西口地下街の「てんや」で食事をして六時帰宅。入浴後、たまっている原稿書きアレコレ。九時からはTBSのドラマ『ブラザービート』。この作品では国仲涼子と玉山鉄二が恋人同士の役柄なのだが、じつはこの二人、オレの大好きなドラマ『サマースノー』にチョイ役で出てんのね。国仲はジコチューでヤなOL、タマテツは今井翼を暴力で支配するチーマーのボス。どっちもロクデナシ役だなぁ。あと、タマテツとの交際を反対する国仲の父・角野卓造が差し向けた婿候補がえなりかずき、という遊びに笑う。一〇時すぎまで原稿書いたあと、『大奥・華の乱』をみてから十一時就寝。由紀さおりは素晴らしいコメディエンヌであると思うなあオレ。
  1. 2005/12/19(月) 20:17:06|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。