本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ライブとガラガラ山手線

12月24日(土)

 八時起床、すぐに原稿書き。ネットニュースにこんなものが。
【レイザーラモン 敗者復活戦不参加………………大ブレーク中のレイザーラモンHG(30)と出渕誠(31)のコンビ「レイザーラモン」が、25日に東京・神宮球場で行われる「M―1グランプリ2005」の敗者復活戦に参加しないことが23日、明らかになった。決戦当日にHGが後楽園ホールで開催されるプロレス大会「ハッスル・ハウス?クリスマススペシャル?」へ参戦するため。敗者復活戦は準決勝敗退者に出場資格がある。50組以上の出番は当日の午前中に抽選で決定するが、HGの「ハッスル―」参戦が決定済みだった「レイザーラモン」にとっては時間調整が大きな壁となった。HG自身は「もともと漫才畑じゃないんで、準決勝に残れただけで御の字」と吹っ切れているが「相方はコンビ名を売りたいから出たかったみたい」と苦笑いしていた。】
 どうでもいいんだけどね。そもそもあの二人が敗者復活で勝ち上がれるとは思えないし。それはさておきM―1グランプリも最近はちょっとダレているような気がするなぁ。吉本もそろそろ新しいものを打ち出してもいいんじゃないか?
 夕方まで原稿書きに没頭。四時、外出。息子分の祐人のバンドライブを聴くため渋谷まで。新宿から乗った山手線、馬鹿丸出しっぽいガキどもでメチャ混み。それでようやく、今日がクリスマスであることを知る。ライブの前にちょっと古本屋へ。渋谷駅周辺は怪獣映画の避難風景さながらの大混雑。センター街あたりはきっと、全国から選りすぐられたエリート馬鹿たちがゴッタ煮状態になっていることであろうさ。何冊か雑誌を買ってUターン。帰りは人ごみを避けて裏道を通る。五時すぎ、明治通りの裏手にあるライブハウスに到着。じつはここの、線路をはさんだ反対側にあるライブハウスに昔けっこう通いつめていたのだ。ホレてた男が歌っててねぇ……と、古いことをフト思い出す。六時すぎで演奏が終わり、即、帰途に。原宿のブックオフに寄ろうかとも思ったのだが、“クリスマスの原宿”というシチュエーションを考えると背筋が寒くなったので却下。帰りの山手線は行きとは打って変わってガラガラ。気持ち悪いくらい。たぶん、ガキどもはもうすでにそれぞれの居場所におさまってしまったんだろう。駅前で食事して七時前に帰宅。『世界一受けたい授業SP』などをみながら原稿書き。十一時、就寝。クリスマスどころの騒ぎじゃないんですオレ。
スポンサーサイト
  1. 2005/12/25(日) 10:20:28|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

イケメン?と大島渚

12月23日(金)

 前日同様、八時起床。即、原稿書き。私が蟄居執筆しておる間に、世間ではこんな騒ぎが起きていたようですね。
【「黒ひゲイ危機一発」、同性愛団体が発売中止求める………………ロングセラーを続ける玩具「黒ひげ危機一発ゲーム」のキャラクターに「ハードゲイキャラ」で人気急上昇中のタレント、レイザーラモンHGさんを採用した「爆笑問題のバク天! 黒ひゲイ危機一発」の発売を中止するよう、同性愛や性同一性障害の教職員たちがつくる団体が発売元のトミー(東京都葛飾区)に求めている。この玩具は、キャラクターが入った樽(たる)にプレーヤーが順番に剣を刺していき、樽からキャラクターを飛び出させた人が負けというゲーム。元々のキャラクターは黒ひげ姿の海賊だが、TBS系テレビ番組「爆笑問題のバク天!」との企画で、黒いコスチュームにびょう打ちの帽子、サングラス姿のHGさんを新キャラクターにした商品を12月30日から発売することになった。これに対して「セクシュアルマイノリティ教職員ネットワーク」(事務局・京都府宇治市)は17日、同社に「同性愛者やそれを連想させる人物を樽に入れ、剣で突き刺して『楽しむ』玩具の発売は同性愛者に対する差別で、子どもに偏見を植え込む恐れがある」とする文書を郵送した。これに対して、トミーは「剣で縄を切って、樽の中のキャラクターを救出するというのが当初からの商品のコンセプトですが、ご意見はしっかり受け止めて、私どもの見解をお伝えしていく方向です」といっている。】
 ……ふーむ。ヤツおよびマスコミのやりたい放題を黙認(容認?)していた者に、このような抗議をする資格はないような気がするが。詳しくは自著にて語る(コレばっかり)。一方、ワイドショーでは各局、この話題を。
【エルトン・ジョンさんが同性婚………………英国の人気ポップ歌手のエルトン・ジョンさん(58)が21日午前(日本時間同日夜)、ロンドン郊外ウインザーでカナダ男性のテレビプロデューサー、デービッド・ファーニッシュさん(43)と結婚式を挙げた。 この日は、同性カップルに夫婦とほぼ同様の法的権利を与える「市民パートナー法」が英国で施行されたのを受け、イングランド、ウェールズ地方で公式に結婚が認められる初日。会場は4月にチャールズ英皇太子がカミラ・パーカー・ボウルズさんと結婚式を挙げたのと同じウィンザー城近くの市民公会堂が選ばれた。エルトンさんとデービッドさんは11年間、交際してきた。エルトンさんは今回の結婚式について「身内だけの地味な式にしたい」と語っていたが、有名スターの結婚式だけに多くのファンが集まり、テレビが早朝から中継するなど多くのマスコミが取材に訪れた。ブレア首相は定例会見で「2人の幸せを祈るとともに、法律の下で権利を行使するすべての人にそう願う。このことは我が国が進歩することであり、うれしく思う」と述べた。】
 某局ではエルトンのパートナーのことを「イケメン」と評していたが、そーかなー? ただの貧相なオッサンでしかないと思うのだが。二丁目界隈の顔役の某氏にちょっと似ているのが笑える。
 さあ仕事仕事仕事仕事仕事。途中、昼用と夜用の弁当を買いに出た以外、ひたすら仕事仕事仕事仕事。東京MXテレビの『機動戦士ガンダム』再放送は“再会、母よ…”。観ながら、ガンダムを日本で実写化するならアムロ役は絶対に吉岡秀隆だなぁ、とふと思う。仕事しすぎてゲロ吐きそうになったので本日は八時で終了。恒例のTBSラジオ『ブジオ!』を聴きながらの入浴タイムに。本日のゲストは異色キャットファイト団体“くすぐリングス”ご一行様。自分のあたためている企画と重ね合わせ、バスタブの中でいろいろ考えたりする。上がって『金スマ』。ゲストは小山明子。大島渚の自宅介護のアレコレ語るが、ホントに大変そう。というか、自宅で介護できる家なんてホントに稀だろうと思う。普通の家なら、そこから家庭が傾いてしまう。シンドイながらも続けていけるのは、裕福な家ならではのものなんだろう。十一時就寝。ゲイ活動家とかいう人々の真意がどうにも図りかねているオレ。
  1. 2005/12/25(日) 10:19:52|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

過保護と右衛門佐

12月22日(木)

 八時、ゆっくり目の起床。起きて早々、原稿書き開始。メシも食わずにただただキーボードを叩き続ける。ワイドショーでは“吉岡秀隆離婚”を一斉に。
【吉岡秀隆、内田有紀が離婚 “後見人”倉本聰氏「ヒデは理由が分からず、落ち込んでいる」………………俳優の吉岡秀隆(35)と女優の内田有紀(30)が21日に離婚届を提出した。2人はフジテレビ系ドラマ「北の国から2002遺言」(2002年9月放送)の共演をきっかけに、同年12月に結婚。ドラマの舞台である北海道・富良野市での結婚式が話題となったが、丸3年での離婚となった。内田は結婚後、女優業を休止していたが、今後、再開することになる。
2人はこの日午後、代理人を通じて都内の区役所に離婚届を提出した。吉岡の所属事務所はこの日、担当者が不在。内田の事務所は「詳しいことは分かりません」としている。結婚のきっかけとなった「北の国から」の脚本家・倉本聰氏(70)によると、2日に内田が置き手紙を残して吉岡の元を去った。13日に吉岡から離婚の報告があり、「ヒデ(吉岡)は何が悪いのかいまだに理由が分からなく、かなり落ち込んでいた」という。2人は今夏の関係者との食事会では仲むつまじい姿を見せていた。また、先月中旬に2人と一緒に食事をしたという倉本氏も「そんな気配はなかった」。内田は最近もあるパーティーの席上で「幸せな家庭生活を送っています」と話しており、離婚は急展開で決まったとみられる。倉本氏は「有紀ちゃんは言いたいことをあまり表に出すタイプではないので、それが鬱積(うっせき)してしまったのでは」。別の関係者は「(内田が)結婚して完全に家庭に入って寂しさを募らせていたようだ」と話した。仕事が忙しい吉岡と家庭に専念していた内田との溝は3年の間にじわじわと深まり、内田が耐え切れなくなったようだ。
2人は02年9月放送の「北の国から―」で初共演。01年9月から約半年間の撮影期間中に交際に発展し、02年12月7日に富良野で結婚式を挙げた。内田は結婚後、家庭に専念するため女優業を休業。吉岡はドラマ「Dr.コトー診療所」や映画「半落ち」「ALWAYS 三丁目の夕日」などヒット作にも恵まれ、多忙な日々を送っていた。今後は2人とも会見を行う予定はないという。内田は女優に復帰するとみられるが、所属事務所では「復帰するかどうかも含めて現時点では白紙の状態です」としている。】
 倉本のおっさんは、吉岡が口下手で会見とかを上手くやりきれそうもないから、ということで事情について代弁しているそうであるが、どうもなんか過保護っぽいなぁ。ヤツが可愛いのはわかるが、こういうところも内田にアイソをつかされた一因としてあるような……。それにしても二人のために数日がかりでチャーチを手作りした富良野塾の面々の心境やいかに? しかし「書き置きを残して家をでる」とは、なんか古風な感じだね。松山千春の歌みたい。
 とにかく仕事。また仕事。一時、さすがに何も食わないのはマズイだろうと思い、カップ麺をひとつ食う。それからまた仕事。メンドクサイので今日は食事はそれだけにしておこうかと思ったが、六時半、ちょっと外出する用があったので以前から気になっていた近所の中華屋へ入る。夕飯どきなのに客が誰にもおらず、ちょっと失敗したかなぁ……と思ったが、出前はけっこう入っているようで少し安心。まぁ、オフィス街だから昼以外は来店組は少ないのか。味はとくべつ美味くもなければ不美味くもなし。七時すぎに帰宅。帰るとソルボンヌK子先生から今年最後の漫画のネームがFAXされていた。また仕事。『大奥・華の乱』は今夜が最終回。“またゲイたちが騒ぎそうな展開だなぁ”と思いつつ横目でチラチラ。十一時半ごろ就寝。今回の『大奥』で報われたのは結局、高岡早紀演ずる“右衛門佐”だけだったなぁ、と思うオレ。
  1. 2005/12/25(日) 10:19:15|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

離婚と岡本麗

12月21日(水)

 定刻起床。本日も朝から夕方まで出仕事。午後、ネットにこんなニュースが。
【吉岡・内田が離婚!………………四年前の12月に結婚した俳優吉岡秀隆と女優内田有紀が離婚することが明らかになった。きょう21日、離婚届を提出。】
 これ以上のことが書かれていないところをみると“とりあえずの第一報”であるらしい。渡部篤郎ンとこに続く年末離婚の第二弾であるが、果して二人に何があったのか。ふーむ。ま、オレには全っ然どーでもいいが。
 食事をして六時帰宅。入浴後、仕事。来年出版予定(つってもドコに持ち込むかはまったく未定なんだけどネ。“ココがお勧め”という版元情報、募集中!)の自著用原稿書き。テレビは『天国のスタア2005・忘レラレナイ人々』(NTV)。しかし半分以上が“今年亡くなった芸能人”ではなく、美空ひばりだの坂本九だのといった人選で看板に偽りアリ(このタイトルなら誰だって今年鬼籍に入った人たちの特番だと思わないかい!?)。中でも“原ひさ子”さんを出さなかったことにかなりムカつく。九時から『はぐれ刑事純情派SP』。番組に永年“華”を添えてきた(?)岡本麗が今回で降番する。といってもこのドラマはすでに完結しているわけだから(今回はあくまで一回かぎりの“特例”だそうで)、なんでわざわざ今さら岡本さんのサヨナラ編なんか作るのか、よくわかんないのであるが。しかし彼女の演ずる女刑事というのはドコの番組のそれよりもリアリティがあった。つまり「実際にいそう」というわけだ。というか他の女刑事がキレイすぎるんだが。十一時半就寝。岡本さんはじつはけっこう好きな女優サンなんですよオレ。
  1. 2005/12/25(日) 10:18:34|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。