本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

西遊記と内藤ルネ

1月9日(月)

 七時起床。起きるやすぐに原稿書き。が、さすがに自著用のものばかりにかかってもいられないので、二時ごろまで。そうそう、昼前にフジテレビでやってるペット番組のナレーターが、ネットでは「すでに引退した」と伝えられていた声優の“松尾佳子”さんでビックリした。まだちゃんと現役じゃねーかよウソツキ! 声も『ザンボット3』の恵子の頃と変わらぬ美しいものであった。納豆メシをかっこんだあと、夕方まで資料の読み込み。晩に冷凍食品の“カキアゲ丼”を食べたら死にたくなるぐらいにマズくて、死にたくなってしまった。夜、ネットニュースに毎年恒例のクソ記事が。
【成人の日/遊園地で歓声・復刻式典・クラッカー騒ぎも………………成人の日の9日、全国各地で式典やイベントが開かれた。今年を20歳で迎えた新成人は全国で約143万人で、前年に比べて約7万人減。晴れ着やスーツでめかし込み、遊園地などで楽しい1日を過ごしたが、その一方、一部の式典では、トラブルも起きた。東京都練馬区は、遊園地「としまえん」で式典を開き、新成人4486人が出席した。全員に乗り物の無料券がプレゼントされ、式典が終わるのを待たずに“早退”して園内へ向かう新成人も。華やかな振り袖姿でジェットコースターに乗り、絶叫する若者たちなどでにぎわった。戦後間もない1946年に日本で初めて成人式を開いたとされる埼玉県蕨市では、「還暦」を迎えたのを記念し、第1回式典で配られたと伝えられる紅白のまんじゅうを“復刻”して新成人約700人に贈った。同市の式典は戦争から復員した若者たちを励ますために開かれ、その後、全国に広まったとされる。まんじゅうを食べた新成人は「おいしい。かむごとに歴史を感じる」などと話していた。一方、盛岡市の「成人のつどい」では、会場で新成人がクラッカーを鳴らし、それを注意した来賓のプロレスラー、ザ・グレート・サスケ県議(36)ともみ合いになる一幕があった。市長のあいさつ中、最前列の男性がクラッカーを鳴らすなどしたため、サスケ県議は男性の腕をつかんで会場の外に出るよう促したが、男性は抵抗。仲間の新成人10人ほどがサスケ県議を取り囲み、一時騒然となった。】
 記事には、正装して絶叫マシンに乗っている若者たちの写真が添えられていたが、これのどこが“成人を寿(ことほ)ぐ儀式”なんだろうか。乗ってるヤツらもバカだが、一番ドーショーモナイのは、ここまでガキどもに迎合してしまうオトナたちである。まさに“呆痴”国家と呼ぶのにふさわしいよな。まァ、日本が今後、このキャラを押し通していくというのならば、べつに止めはしないけど。
“アキれた国”といえばもうひとつ、こんなニュースも。
【<中国パンダ贈呈>に台湾行政院長難色………………中国が台湾への贈呈を発表した2頭のジャイアントパンダについて、台湾の謝長廷行政院長(首相)は9日、「台湾に来る可能性は低い」との見方を示した。絶滅の恐れがある動植物の輸出入を規制する「ワシントン条約」では、パンダの移動には輸出国と受け入れ国双方の証明が必要なため。謝行政院長は、パンダ受け入れには中国が台湾を主権国家と認める必要があると指摘し、「中国はこの点を受け入れず、台湾も2頭のパンダのために主権を放棄することはできない」と述べた。中国は6日、台湾に贈るパンダ2頭の選定結果を発表。中国側は「国内移動」だとしているが、台湾政府は、受け入れれば「一つの中国」の原則を認めることにつながりかねないため「ワシントン条約を順守する」との見解をとっている。】
 中国政府は例によって「台湾はすみやかにパンダを受け入れるべき!」とか勝手なことホザいてるようであるが、さすが“中華思想”の本場にふさわしいムチャクチャな物言いである。黄泉の国の食物が、一口くえば二度と現世に戻れぬものであるように、今回のパンダもまた受け取ったが最後、後戻りできぬ呪いをかけられているんだから、フツー考えれば断るだろ? 「パンダほし?い」みたいな世論もあるようだが、バカの言うことなどほっときなさい。
 で、“バカ”つながりなのがフジテレビ九時からの新番組『西遊記』。悟空は食いしん坊、八戒は小心者、悟浄は女好き、三蔵法師は泣き虫……って、ようするに全員、これまでアニメ・漫画・ドラマなんかで描かれてきた“猪八戒”のキャラ特性を分散しとるだけやんけ! 全員が八戒だーっ! これまでの作品群とは一線を画すための新機軸としてなされたキャラ変更かもしれないが、みごっとにハズしとる。「新しいこと=善」ではないことは、昨今の小泉“改革”でわかっとることではないか。また、マズいのは設定だけではない。脚本がそれに輪をかけてひどい。元々たいした作家とは思ってなかったが、坂元裕二、ここまで堕ちたのか……とファンでもないのにちょっとシンミリしてしまったではないか! 演出も最悪で、どのキャラ見ても役者の素のマンマ。たんに「香取慎吾と深津恵里とウッチャンと伊藤淳史が変なコスプレしてるだけ」としか見えない。『新春スターかくし芸大会』の演目ならばともかく、と書こうかと思ったが、それではアチラに失礼にあたるのでやめておこう。
 入浴後は資料用読書。『内藤ルネ自伝 すべてを失くして──転落のあとに』(小学館)。感想その他は自著に掲載する予定なんでここでは避けるが、抱腹絶倒の面白さ! 伊藤文学氏もそうであるが、やっぱこういう浮き世離れした人たちがいて、はじめて世の中は面白くなるという感じ。ルネイラストのファンも、五〇?六〇年代の空気(当時の文化や流行やスタァなど)がお好きな方も、そしてもちろんゲイの方も、ぜひ御一読されることをお勧めする。十一時半、読了し、ふたたび『膝栗毛』の検索。しかし首尾は昨日とおなじく。イライラしたまま就寝。“内藤ルネ”って“泣いとるね”のモジリなのかな、ってずっと思っておりましたよオレ。
スポンサーサイト
  1. 2006/01/10(火) 19:27:19|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

スペルマンと膝栗毛

1月8日(日)

 八時半起床。コーヒー一杯飲んで仕事開始。犯人がぶじ逮捕されて報道規制がとけたので、各局とも一斉にこのニュースを。
【柊羽ちゃん無事保護、男女2人を逮捕へ………………仙台市宮城野区東仙台6、光ヶ丘スペルマン病院(志村早苗院長)で6日、同区、会社員山田斉さんの生後間もない長男柊羽(しゅう)ちゃんが男に連れ去られた事件で、仙台東署捜査本部は8日午前6時、同区宮城野の国立病院機構仙台医療センターの倉庫内で、柊羽ちゃんを約50時間ぶりに無事保護した。】
 なんにしても赤ん坊が無事で良かった。そして犯人がキチガイではなく正常な“鋭利目的犯”で良かった。おかげで、とりあえず手厚く扱われていたんだから。いや、ふざけているわけではなく、これが昨今急増中のキジルシ野郎とかだったら生き肝でも取られていたかもしれない。それにしても“スペルマン”という病院名はなぁ……。誰も内心では思っていても口にはしないだろうからオレが言うけど、なんかエロギャグ漫画に出てくるヒーローみたいな名前である。
 本日も終日仕事。一歩も外出せず、昼夜の食事+入浴で合計一時間ほど費やした以外は、夜十一時までずっと原稿書き。その後、『東海道中膝栗毛』に関するとある疑問を解こうと、ネットを検索するも見つからず。必死にやっていたら眼精疲労で気持ちが悪くなってきたんでドクターストップ。零時前に就寝。誰か『膝栗毛』のイイ資料を教えてくれ! と叫びたいオレ。
  1. 2006/01/10(火) 19:26:32|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

押尾チャンと初タックスノット

1月7日(土)

 七時半起床。すぐにパソコン起ち上げる。ネットにこんなニュース。
【押尾、格闘家で生き残り!? 入魂タトゥーも………………暮れに女優、矢田亜希子とハワイに“婚前旅行”した俳優、押尾学(27)。その衝撃的なアツアツ姿を今週発売の女性セブン誌がキャッチした。プールサイドで矢田にローションを塗ってもらう押尾の背中には、女性の体に羽がはえた図柄、腕から肩口と腰にも唐草模様のようなタトゥーが。「ローションを塗っても落ちてないようですから、これは本物でしょう。肘の近くまであると撮影でも分かりますが、今まで見たことがないので比較的最近入れたのでは?」(テレビ誌記者)芸能リポーターは、こう解説する。「周囲にマスコミがいるのが分かった上での披露。『俺は芸能界でなくても生きていけるよ』というサインです。押尾は17歳のときに暴走族の関東連合にいたと公言していますし、矢田もそういうのがかっこいいと思うタイプですからウマが合う。ただ、入れ墨があっては押尾が今後俳優業に復活してもテレビ界は二の足を踏むでしょう」そんな窮地の押尾にビックリ仰天の活路が浮上している。「今年年末のK?1参戦です。昨年は俳優、金子賢(29)がPRIDEに出場して話題になりましたが、押尾にはボブ・サップと対戦という噂があります」(先のリポーター)押尾自身、「ボブ・サップだかナップザックだか知らないけど、マジ勝負なら俺の方が強い…」と対戦をにおわす発言もしているという。さらに、「押尾は米国でキックボクシングの経験があり、体格(体重80キロ)は金子以上(同73キロ)。ボビー・オロゴンのように相手次第では勝てる」(格闘技雑誌デスク)という指摘もある。俳優から歌手、そして格闘家……。どんな形でも矢田ちゃんを守り通してもらいたいものだ。】
 年頭の大型ハンパドラマ『里見八犬伝』を最後に俳優業から足を洗った押尾チャン。“稀代のスケコマシ”としてあがめる者も多いが、どんな形であれ、イカす姿をさらしつづけてほしいものである。しかし「ボブ・サップだかナップザックだか知らないけど」というギャグは面白くないよ。
 五時、外出。買物などをして六時、新宿二丁目“あおい書店”にておぐ氏と待ち合わせ。新宿御苑前の居酒屋“和民”で仕事の打ち合わせを兼ねた会食。九時すぎ、三丁目のバー“タックスノット”へ移動。今年初の来店なので、マスターのタック氏に年始の挨拶など。土曜だけあってかなりの混みようであったが零時半近くまで。JR駅前でおぐ氏と別れて徒歩で一時頃帰宅。めんどくさいのでそのまま就寝。たまには息抜きしないとイカンのですよオレも。
  1. 2006/01/10(火) 19:25:55|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

キム兄やんとオタク補習

1月6日(金)

 七時起床。五分後にはもうパソコンに向かっている勤勉なオレサマ。ワイドショーのトップ項目はのきなみコレ。
【えみり&木村祐一、9日そろって結婚会見………………お笑いタレントの木村祐一(42)とタレントの辺見えみり(29)が9日に都内でそろって結婚会見を開くことが5日、決まった。木村の所属する吉本興業では「具体的なことは会見で話します」としている。2人は一昨年放送のバラエティー番組で共演したのをきっかけに交際をスタート。木村は昨年1月に番組で前妻との離婚を発表している。木村は1986年に漫才コンビ「オールディーズ」でデビュー。コンビ解消後はソロで活動し、作家としても活躍している。辺見は歌手・西郷輝彦、歌手・辺見マリの間に生まれ、93年にデビューした。】
 キム兄やんを選んだことで、辺見えみりは女としての株を上げた感があるね。「パッと見はバカっぽいけど、外見に惑わされず中身で男を選ぶなんて、なかなかヤルじゃん!」と。ちなみにコレは、高田万由子が葉加瀬太郎を選んだ際にもとびかった風評であるが。
 食事もとらず(というかメンドくさくて)ひたすらキーボードを叩く。二時すぎ、納豆メシをかっこんで、また原稿書き。正味で十二時間ほど書き続けたらさすがに頭がクラクラしてきたんで本日は終了。八時、恒例の“ゆっくり入浴タイム”。唐沢俊一氏の『ブジオ!』を聴きながら。今夜は生放送でなく、ゲストもなし。かわりに小林麻耶アナの“オタク養成補習授業”を。過去の放送でとびだした「ピープロ系」「アステカイザー」「電人ザボーガー」などの特殊固有名詞の意味を解説していく。唐沢氏も自ら口にしていたが、「意味を知ったところで今後の人生のプラスとなることはまず、ない」ものばかりである。オレも含めてオタクというのはホント、究極的トリビア(=ムダ知識)マニアであるよなぁ。上がって、資料の読み込みなどして零時すぎに就寝。『スペクトルマン』が久しぶりに見たくなったなぁオレ。
  1. 2006/01/10(火) 19:21:57|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

松尾スズキと猫目小僧

1月5日(木)

 定刻起床。ネットをのぞくとこんなニュースが。
【芥川賞候補に松尾スズキら………………日本文学振興会は4日、第134回芥川賞、直木賞の候補各6作を発表した。選考委員会は17日午後5時から東京都内で開かれる。候補作は次の通り(敬称略)。
〔芥川賞〕
▽伊藤たかみ「ボギー、愛しているか」(「群像」12月号)
▽絲山秋子「沖で待つ」(「文学界」9月号)
▽佐川光晴「銀色の翼」(「文学界」11月号)
▽清水博子「vanity」(「新潮」10月号)
▽西村賢太「どうで死ぬ身の一踊り」(「群像」9月号)
▽松尾スズキ「クワイエットルームにようこそ」(「文学界」7月号)
〔直木賞〕
▽伊坂幸太郎「死神の精度」(文芸春秋)
▽荻原浩「あの日にドライブ」(光文社)
▽恩田陸「蒲公英草紙」(集英社)
▽恒川光太郎「夜市」(角川書店)
▽東野圭吾「容疑者Xの献身」(文芸春秋)
▽姫野カオルコ「ハルカ・エイティ」(文芸春秋)】
 ふーむ。もしも松尾氏が獲ったら、演劇界からは唐十郎につづく二人目の芥川賞作家ってことになるのかしらん?
 今年最初の出仕事。まだ三が日が明けたばかりだというのに、社会はほぼいつも通りに動いている。日本人の中で“情緒”というのはもはや死んだか?(なんてスカしたことをワーカホリックなオレに言う資格はないんだけどね)昼休みに神保町で立ち読みした『日経エンタティメント』で楳図かずおの『猫目小僧』が来年、実写化されるらしいということを知る。うわっ、どんなモノになるのだろう。誰が小僧役をやるんだろうか。もう一〇年早かったら絶対に“今井翼”で決まりだったのに(ちなみに昔の今井は“妖怪人間ベロ”も演れたと思う)。
 本日も朝から夕方まで出仕事。西新宿駅で降りて買物したあと、徒歩で六時半帰宅。買い置きのモヤシを入れたラーメンで夕食をとり、入浴。すぐ仕事。零時すぎまでヒタスラやって就寝。『猫目小僧』は封切られたら観にいくかもね、オレ。
  1. 2006/01/10(火) 19:19:23|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。