本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

抱腹絶倒対談と「転校生」コンビ

1月18日(水)

 七時半起床。シャワーを浴び、菓子パンとコロッケをかじりながら支度あれこれ。ワイドショーは「ヒューザー」をトップにもってくるところと「ライブドア」のところに分かれている。「宮崎勤」は各局とも三番手。まぁ、予想されていた通りの判決だから、話題性は低いしなぁ。一〇時半、外出。宅配便を発送したあと、徒歩にて新宿駅。十一時、西口にて漫画家の阿部一彦くんと待ち合わせて下北沢へ。今日は彼に対談写真のカメラマンをお願いしているのだ。駅前でちょっとお茶をしたあと、正午、伊藤文学邸へ。ご挨拶もそこそこに、まずはネット掲載用のVTRをまわす。そちらに一時間弱。そのあと対談。昨年「三島由紀夫作」と認定された『愛の処刑』が掲載されていた地下同人誌『アポロ』の現物(!)も見せていただく。先日読んだ内藤ルネ氏の自伝もそうであるが、いろんな実名がポロポロ飛び出してきて抱腹絶倒のおもしろさ。なにしろ相手は、『風俗奇譚』や『アドニス』の時代を、たんに「知っているけのではなく「生きてきた」人物なんである。話の重みというのが違う。いや、これでオレの本はまたいっそう読みごたえ満点のものになりますわ。対談も一時間ほど。二時半すぎ、近くのバーミヤンへ場をうつし、一時間半近くもいろいろな話をうかがう。これもまた、ここには書けない内容のもので楽しいこと楽しいこと。阿部くんが「拝聴料を払わないと悪いような話」と言っていたが、まさにそんな感じであった。
 小田急線で帰途に。新宿駅で阿部くんと別れ、五時ちょっと前に帰宅。半端な時間に昼食をとったので腹が半端にすいている。カップ麺とコロッケの残りを食べてから入浴。そして仕事。ニュースは今日も「ライブドア」「フューザー」「宮崎勤」の豪華三本立。まるで黄金期の映画興業みたいである。しかし、なにも同時に三つ重ならなくても、と思う。おバカなヤツなら「ホリエモンが手抜きマンションをつくって死刑になる」と勘違いするかもしれん。あるいは今のヤングにとって「宮崎」といえば「=駿」であるから、「宮崎駿が『ハウル』がつまらなかった罪で死刑になる」とか思うガキもいるかもしれん。いねぇか、そんなヤツ。仕事しながら今日撮ってもらった写真をチェックす。あー、さすがに老けたなぁ、と自身の姿を見ながらしみじみ思う。中の一枚を、せっかくだからミクシィの新トップ画像としておく。
 テレビは日テレの新ドラマ『神はサイコロをふらない』。飛行中に消息を断った旅客機が、一〇年後、タイムスリップをして帰還する、という久々のSF物である。もっとハードで暗めの話になるかと思っていたが、意外やユーモアが基調となっているようで、これは制作者の力量が試されるぞ、という感じ。主演が小林聡美で、脇に尾美としのりがいるので、もしも視聴率が低迷したら、ふたりの人格がいれかわってしまう……というもうひとつのミラクルを盛り込んでテコ入れすればいい、と思った。しねぇか、そんなコト。明日も早いので零時半前に就寝。残る対談も早くやらなければなぁオレ。
スポンサーサイト
  1. 2006/01/19(木) 18:43:45|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

連想ゲームのおじさんと「おたく」

1月17日(火)

 六時起床。ワイドショーに訃報。
【漫画家加藤芳郎さん死去………………「まっぴら君」などのナンセンス風刺漫画で知られ、テレビでも活躍した漫画家の加藤芳郎(かとう・よしろう)さんが6日午後10時36分、呼吸不全のため、都内の病院で死去した。80歳だった。告別式は近親者のみで済ませた。喪主は妻、敏江さん。加藤さんは47年に漫画家デビュー。庶民的ユーモアととぼけたナンセンスにあふれた作品で売れっ子となり、漫画界では横山泰三、荻原賢次氏と共に「戦後派三天才」と呼ばれた。54年から毎日新聞夕刊で始まった4コマ漫画「まっぴら君」は、01年6月23日掲載を最後に病気で中断するまで連載47年間、1万3615回に達し、全国紙では空前の長寿連載記録をうち立てた。】
 オレとかから見れば「連想ゲームのおじさん」である加藤氏だが、いまの若いヤツらはそれすらもわからないであろう。というか、すでに亡くなっていたような気がするが、あれは滝田ゆうと混同していたんだろうか。
 がらっと変わって、こんなものも。
【嵐・二宮 役者魂「丸刈り」で熱演………………人気グループ「嵐」の二宮和也(22)が今春放送予定のTBSスペシャルドラマ「少しは、恩返しができたかな」で、悪性腫瘍(しゅよう)に侵された東大生役を演じる。抗がん剤の副作用の関係で、実際に頭髪をすべてそり落とすシーンも。“アイドルの命”の髪を切っての熱演で「役作りということです」と役者魂を見せている。母親役の大竹しのぶに実際に髪をそってもらうシーンは、2度と撮り直しがきかない緊張感。本番を一発で取り終えた二宮は「髪をそったことに関しては、あまり気にしていません。役作りということ。それで役者魂を見せたみたいに思われると(かえって)プレッシャーになるかな」とさらり。これまでジャニーズ事務所所属の男性アイドルらも、さまざまな役柄で丸刈りには挑戦してきたが、今回ほどそり落とすのは異例。ジャニーズでも随一の演技派として知られる二宮ならではか。】
 このニュースに「萌えた」ヤツは多いと思うぞ。「イケメンのスキンヘッド」フェチって結構いるのだ。
 本日も朝から夕方まで出仕事。午後、ついに判決がでる。
【宮崎被告の死刑確定へ 最高裁上告棄却………………連続幼女誘拐殺人事件で、殺人罪などに問われた宮崎勤被告(43)に対し、最高裁第3小法廷は17日、被告側の上告を棄却する判決を言い渡した。1、2審の死刑判決が確定する。被害者宅に遺骨や犯行声明文が届き、社会に大きな衝撃を与えた事件の裁判は、初公判から約16年で決着。第3小法廷は「被告に責任能力があるとした1、2審の判決は正当として是認できる。自己の性的欲求を満たすための犯行で、動機は自己中心的で非道。酌量の余地はない」と宮崎被告を断罪した。】
 まぁ妥当な判決である。というか、否認しているのならばともかく、「起訴されている罪を当人が認めている」のに、こんなに長いことかかってしまうことに納得がいかん。キチガイだろうがガキだろうが、死刑に相当するようなことを実際にしたのであれば死刑にすべきであろう。いつも言ってるが、安っぽい人権意識なんぞがはびこっているから犯罪の種がつきないのだ。「恐怖」に勝る抑止力ナシ!
 六時、帰宅。食事・入浴のあと、仕事。明日は伊藤文学氏との自著用対談や、VTR録りなどがあるのでその支度に大わらわ。いろいろやっているうちに零時半。朝やることもいろいろあるのであわてて就寝。 しかし今回の裁判のニュースによって、久々にテレビで「おたく」という言葉を聞いたなぁ。最近はもっぱら「アキバ系」とかになっちゃってるから。拘置所からの宮崎の手紙には平仮名で「おたく」と書かれていたが、いまその表記を使ってるのは大塚英志くらいか? などと思ったオレ。
  1. 2006/01/19(木) 18:42:56|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ライブドアと「そのコナンはたぶん違うよ」

1月16日(月)

 六時起床。腰の手術のため休んでいたみのもんたが、今日からテレビ復帰。以前にくらべて言葉にトゲトゲしさが少なくなったような気がするが、あれはやっぱり痛かったからアレてたのか?
 本日も朝から夕方まで出仕事。五時半帰宅。夕方のニュースのトップは、証券取引法違反容疑による「ライブドア」強制捜査。社長や広報がタレント的に活動している同社の場合、打撃はそれらをかつぎだしているテレビ局にも大きい。
【番組変更などで対応、在京の各テレビ………………ライブドアが家宅捜索されたのを受け、テレビ各局は同社幹部が出演する番組の変更など対応に追われた。テレビ東京は本日放映予定だった乙部広報担当出演の「月曜エンタぁテイメント 激論全国の人気占い師30人」を急きょ、過去の同番組の再放送に差し替えたが、フジテレビ・テレビ朝日は「捜査の行方を見守って対応を検討する」模様。】
 ふだん、数字さえ稼げればどんなヤツでも担ぎ出すようなことしているツケがこういうときに廻ってくる。こういう話題って楽しいねぇ。
 大きな話題といえばもうひとつ、あの「宮崎勤」の最高裁判決が明日に迫っている。すでに十八年も前の事件のため、若い人の中には知らない方もおられるであろうからちょっと解説しておこう。宮崎とは、東京都と埼玉県で八八?八九年、幼女四人が相次いで犠牲になった女児連続誘拐殺人事件の犯人。誘拐、殺人、死体損壊など六つの罪に問われ、一、二審ともに死刑を言い渡されて上告していた。事実関係に大きな争いはなく、争点はもっぱら「犯行時の善悪を判断して行動する能力(刑事責任能力)」の有無。一審東京地裁では二度にわたり精神鑑定を実施したが、「人格障害」として完全責任能力を認める一次鑑定と、「統合失調症」「解離性同一性障害(多重人格)」として責任能力を一部否定する二種類の二次鑑定の計三通りの鑑定書が提出されている。ちなみに雑誌『創』の篠田編集長は、 拘置所の宮崎と文通しているらしいが、三田佳子の次男のときといい、どんだけ犯罪視野人脈もってんだ、あの人は?
 六時すぎから夜中まで仕事。『きらきらアフロ』の中で、松嶋に危ないところを助けにきてもらった中島が「あんたがコナンに見えたわ?」と感激していた、という話のとき、『名探偵コナン』の BGMが流れたが間違ってると思うぞ。中島の言う「コナン」とは、たぶん『未来少年コナン』のことであろう。一時就寝。明日は「ライブドア」「フューザー」「宮崎勤」の三つの話題でマスコミが混乱するのが楽しみだなぁオレ。
  1. 2006/01/19(木) 18:42:04|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。