本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

バタバタと破片

1月29日(日)

 七時起床。ネットニュースにこんなものが。
【水野晴郎 吐血入院、一時意識不明………………映画評論家の水野晴郎さん(74)が都内の自宅兼事務所で吐血し、一時は意識不明の重体に陥っていたことが28日、明らかになった。水野さんが倒れたのは27日午前。事務所スタッフが出社したところ、水野さんが吐血したうえ、意識不明の状態で倒れており、すぐさま救急車で都内の病院に搬送した。水野さんは過去に吐血の経験がなく、意識不明に陥ったことで一時は生命の危機も取りざたされたが、午後9時ごろまでには意識を回復。28日には事務所スタッフに「本当に申し訳ない」と自ら謝罪するまでになったという。
 詳しい病症は現在、精密検査中。担当医師は「全国キャンペーン、年末年始イベントなどでの疲労の蓄積が原因ではないか」としており、水野さんは肝臓に持病を持っているため、肝臓系の病気ではないかとみて検査を続けている。精密検査には最低1週間の入院が必要だという。
 水野さんは映画評論の傍ら、監督・主演を務める映画シリーズ「シベリア超特急」が話題となっている。】
 気を付けてくれないと、水野センセイ。あの人の存在というのは、現代日本においていろんな意味で希有なのだから。
 午前中、雑用したり、企画書かいたりと忙しくバタバタ。正午すぎ、身支度をして京王新宿駅へ。例のごとく各駅でゆったりと八王子まで。ちょっと買物をしてから三時、月イチ恒例となっている「ゲイの老後(未来)を考える会」へ。本日ははじめての方も多く、いつになく大人数の会合となった。参加者のお土産のお菓子を食べていたら、先週「割れています」と言われた奥歯の破片がポロリととれる。夕食会の終わり頃、イラストレーターのとやまみーやさんがいらっしゃったので、彼女にもサンプル原稿をお預けする。バータイムを少し楽しんでから、一〇時辞去。中央線経由で十一時帰宅。シャワーをあびて一息ついてから零時すぎに就寝。みーやさんと写真に収まったが、本気で売りたいと思うならもうちょっと痩せないとイカンねぇオレ。
  1. 2006/02/01(水) 14:42:29|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宣材写真と久々の再会

1月28日(土)

 七時半起床。『ウルトラマンマックス』、今回は黒部進と桜井浩子が主役。そこへゲストの二瓶正也がからみ、まさに科学特捜隊同窓会。毒蝮もたまにはババア相手を休んで出てくればいいのに。納豆飯で朝食後、シャワー浴びて身支度。そのあとちょっと原稿書いたところで時間に。正午、最寄り駅まで櫻田くんと、彼との対談の記録撮影をしてくれるおぐ氏を迎えに。戻って、ちょっと小休止したあと、さっそく撮影。ふだんは有名芸能人などをいろいろと撮っているプロに、対マスコミ写真を頼むなんて一〇年早いといわれそうだが、しかしオレも本気で売り込んでいくつもりなので、どうせ撮るならチャントした人にお願いし、キッチリしたものを撮りたいところ。撮影は三〇分ほどで済み、つぎは対談。こちらは一時間半近くも話し込み、ちょっとお喋りがすぎたかと反省。
 二時半頃、ちょっと早いが家を出て新宿二丁目方向をめざす。途中、ベローチェでお茶。小一時間ほど雑談してから御苑前へ。ウェンディーズでまたまたお茶してから五時、隣にある居酒屋「和民」へ。本日は『薔薇族』関連の新年会である。といっても関係者ばかりでなく、一般読者もまじえたもの。当初十三人だったものが、徐々に増えていく。入れ代わり立ち代わりではあるが、のべだと二〇人近く参加したのではなかろうか。S-2氏、K女史、そしてデザイナーのYさんなどメディアソフト関係者とも久しぶりに会えて嬉しかった。かじよしみさんが知人の編集者に見てもらってあげると申し出てくださったので、いま書いている本のサンプル原稿を預ける。仕事の話、ゲイ界の将来について、近況報告等々、いろんな人といろんな話ができて有意義であった。
 残念だったのはデザイナーの高橋くん(イケメン)が急な仕事のせいで抜けねばならなかったこと。終えてからまた合流する予定だったのだが、うまくタイミングが合わず、打合せはまたの機会に、ということになってしまった。十一時近くにお開き。なんだかんだで六時間近くも盛り上がってしまった。
 徒歩にて十一時半帰宅。シャワーを浴びてちょっと読書してから零時半就寝。呑み会はいつも楽しいなぁオレ。
  1. 2006/02/01(水) 14:41:48|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

掃除とイイ気分

1月27日(金)

 七時半起床。五分後にはもう机にむかう勤勉なオレ。朝食は、昨日買ったパンの残り、ナポリタンのはさまったコッペパン。一時近くになったところで食糧調達。このところサボッていた……というか、気候の関係で価格が高騰し、最近できないでいたリンゴ食を今日から復活させる。一時半帰宅。明日はわが家で櫻田宗久くんに宣材写真を撮ってもらうことになっているので、午後いっぱいかけて部屋の片付け。といっても「キレイにする」なんてレベルではなく、「他人が入れる程度にまでもってくる」という感じ。四時間ほどかけて、ようやく終了。わが家に床というものがあったことを、ホントに久しぶりに再確認した。いままではモノの転がっていないところを飛び石のように選んで進んでいたのだが、ちゃんとした道がつくとやっぱり楽だなぁ。お好み焼きで夕食後、七時から原稿書き。なんだかんだで一時頃まで。年鑑のコラム部分、一〇月まで完成したのでプリントアウトして就寝。少しだけ部屋が片付いてちょっと気分いいなぁオレ。
  1. 2006/02/01(水) 14:41:09|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「?」な事件と資料渡し

1月26日(木)

 六時起床。テレビは各局、この事件を大々的に。
【謎の集団生活、57歳男を脅迫容疑逮捕………………東京都東大和市の民家で、女性10人、女児1人と不自然な集団生活をしていた男が、集団生活への参加を断った20歳の女性を脅していた疑いが強まったとして、警視庁捜査1課と東大和署は26日未明、男を脅迫容疑で逮捕、朝から同容疑で民家の捜索に乗り出した。捜索には捜査員約50人が動員されており、脅迫事件としては異例の体制。被害者の女性は「催眠にかけられそうになった」などと話しており、同課では、女性たちは男にマインドコントロールされている可能性もあるとみて、集団生活への勧誘手法を詳しく調べる。
 逮捕されたのは、同市芋窪2、無職渋谷博仁容疑者(57)。調べによると、渋谷容疑者は昨年10月20日夕、都内に住む専門学校生の女性(20)を民家に誘い込み、「私は自衛隊幹部。周りにはスパイがいる。ここにいれば助けられる」などと集団生活に加わるよう勧誘。怖くなった女性が帰ろうとすると、「ここを出ていけば、殺されたり、事故にあったり、病気になったりする」などと脅した疑い。調べに対し、渋谷容疑者は「夢の中に出てきた話をしただけ」などと容疑を否認しているという。】
 この男は一緒にいる女たちと短期間の結婚、離婚を繰り返していたというが、それはまぁ当人たちの勝手であるし、いまのところ問題となっているのはくだんの専門学校生のことを「脅迫したか、否か」だけだ。なのにものすごい数の報道陣が押し寄せての大騒動。おまえら、もうちょっと他にやることないのか? という感じである。それとも「マインドコントロール」というのに、警察ともども神経過敏になっているのかな?
 本日も朝から夕方まで出仕事。五時半、地下鉄西新宿駅にて漫画家のソルボンヌK子先生と落ち合い、資料をお渡しする。ちょっとお話をして別れ、六時帰宅。入浴後、帰りがけに買ってきたバタピーサンドのコッペパンをかじりつつ仕事。零時半頃まで原稿書き。軽く読書のあと、一時就寝。世の中はいろいろあるが、いまはとにかく執筆あるのみだなぁオレは。
  1. 2006/02/01(水) 14:40:06|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。