本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

プロバイダーと推敲

2月1日(水)

 昨夜、「自分への褒美として、今夜はたっぷり眠るぞ?」と意気込んで床についたのに、目覚めて時計をみるとまだ八時。結局、九時間しか惰眠をむさぼれなかった。昼くらいまで眠りこけてもよかったのに……。どこまでも貧乏性な男である。目覚めちゃったものは仕方ないので起きて、推敲をはじめる。ネットは復旧したかと思いきや、まだ不通のまま。雑用をちょっとしたあと、一時、再度チャレンジしてもまだつながらないので、プロバイダ?に電話。すると、トラブルではなく、むこうのシステム改変にともない、こちらの設定をちょっと変える必要があったことがわかる。そういや、そんな告知が来ていたような……。説明をうけ、設定変更。ようやく復旧する。すでにネットやメールが公私ともに不可欠なものとなっているのを改めて実感す。
 まずはミクシィの日記書き込み。めったにミクシィでは書かないため、よほど珍しいのか、あっという間に無数の「足あと」がつく。「おめでとう」のメッセージも多く、感謝。つづいて、自分の管理する「ゲイ・レズビアンですがオタクです」コミュの新年会の告知もアップ。さらに公式日記も数日分まとめてアップしてから、マイミクさんたちの日記をみると、オレの古くからの読者で、「薔薇族予習」に来たときついでに(「ついでに」って言い方もないが……)「老会」にも誘ったら毎回出てくるようになった大学生の男の子が急病でたおれた、と。ついこないだの日曜に逢ったばかりなので(前日土曜の「薔薇族新年会」にも来ていた)、その急変ぶりがちと心配である。まぁ、当人が書き込んでいるわけだから、その程度の気力はあるわけだが……。
 プロバイダーとのやりとりでテンポが狂ってしまったが、早めに夕食(残り物の野菜と卵でお好み焼き)と入浴をすませ、五時くらいから推敲作業を再開。八時すぎ、ゆらぁっと地震があるが、そんなものに構っている暇はない。ひたすらモニターを睨み続ける。テレビの速報だと震度三だか四でJR線の一部が止まってしまったとか。零時半くらいまでかけて、とりあえず五月分まで終了。プリントアウトしないと、ちゃんと出来ているかはわからないのだが、本日は終了。一時ちょっと前に就寝。なんとか週末には二稿をあげて出版社に送らねばなオレ。
スポンサーサイト
  1. 2006/02/02(木) 18:41:07|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

完成と「やればできるオレ」

1月31日(火)

 六時起床。「みのもんたの朝ズバ!」では大阪府のホームレス強制排除騒動について。コメンテーターの亀井静香が、行政の側を支持しつつも「でも僕はホームレスの人にシンパシーを感じる部分もあるんです」と。その理由として「子どもの頃、乞食の人に可愛がってもらった」などと言い出した。アララ言っちゃいけないことを言っちゃったよコノ人、と思いつつ見ていたら、その後も「乞食」「乞食」と三回くらいも連呼するので、オヤこの人はわざと言ってるのか、とわかる。たまりかねたサブ司会の男性アナが「すみません、その言葉を使いますと不快に感じられる方がおりますので、ちょっと……」と制止すると静香チャン、「乞食と言ってはいけない、とかいう規則でもあるんですか?」「いや、そういうわけでは……」「乞食すらも言えないような世の中では、文学なんて死んでしまうでしょ」と今度はマスコミの言葉狩り非難をはじめた。老獪なみのがされげなく話の矛先を変えてすぐに本筋に戻してしまったが、いやぁ、生放送の本番中にマスコミ自粛用語の是非を問うとは、静香はなかなかやるねぇ。朝から珍しい光景を拝めてなんか得した感じである。
 本日も朝から夕方まで出仕事。帰宅途中、出版関係者のパーティに出ているというイラストレーターのとやまみーやさんからケータイに連絡。金曜日に太田出版へ営業にいくので一緒にどうか、と。ありがたくお受けする。五時半帰宅。帰ってちょっとすると、再度ケータイにみーやさん。同席した某版元さんがオレの企画に興味を示してくださったとかで、一度原稿を送ってみてほしい、とのこと。これもありがたし。影坂は、周囲の方々にいろいろと支えられております。
 入浴後、サンドイッチ片手に自著用原稿書き開始。ネットにつなごうと思ったらエラーが出て接続できず。プロバイダーのトラブルか? そちらはあきらめ、ひたすらキーを叩き続ける。一〇時すぎ、ようやくコラム部分の第一稿、アップ! 推敲もまだで、たぶん誤字脱字も山ほどある粗いものなのだが、それでも完成には違いない。やじうまワイドの「〇六年度占い」で言っていた「牡牛座は一月がラッキー月」というのを自身を鼓舞するネタとして利用し、「ぜったい一月中に書き上げるぞ!」と強行軍でやってきたのだが、ギリギリ三十一日の夜に上げられた。思い立ったのが昨年の秋で、そのあとネタ選定にかかり、本式に書き始めたのは確か一月二日の朝であったから、正味一ヵ月弱か。これはペースとしては早いのか、遅いのか?
 いろいろな方に激励されたり、お力添えいただいたりしているので、ミクシィで御報告を……と思ったのだが、よく考えたらネットがつながっていないのであった。チッ、と思いつつ、一ヵ月分の蓄積疲労がドッと出て、十一時すぎに就寝。一月アップは無理かとも思ったが、やればできるじゃんかオレ。
  1. 2006/02/02(木) 18:39:51|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。