本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

歯医者とお疲れねェ

3月1日(水)

 七時半に目覚めるも身体を休める意味から一時間ほどベッドの中でウダウダと。ネットニュースにこんなものが。
【かとうかず子が離婚の胸中語る………………タレント、そのまんま東(48)と2月3日に離婚していたことを同27日に公表した女優、かとうかず子(48)が28日、都内で会見した。理由について、東が昨年来、抱く故郷・宮崎を拠点にした“政界入り”の夢であることを示唆。「友達としてなら応援できるけど、(妻としては)お手伝いはできない」と胸中を明かした。離婚届は、6?7年前に東から渡されていたものを持ち続け、ついに自らの意思で提出したという。かとうが会見場に現れると、報道陣からは、東の過去の不倫や淫行など数々の騒動や新たな女性問題が離婚原因かを問う質問が矢継ぎ早に飛んだが、「(それは)ありません」ときっぱり。真相は、東が50歳を目前にして描いた「夢」だったことを明かした。「離婚は私が決めました。去年ぐらいから(東に)夢が出てきた。子供がいて、家庭がありながら夢を追いかけるなんてできないですよね」。東は平成10年に起こした“イメクラ騒動”で謹慎中に猛勉強し12年に早大第二文学部に入学。卒業後の16年、早大政経学部に入り直し、地方自治を学び、将来は故郷の宮崎を拠点に政界進出の夢を持っているとされる。かとうは「主人には主人のやりたいことをやってもらいたい」と理解を示したが、子供は15歳と12歳。「九州に行くことは、今の自分にはできない。子供が学校に行ってますから、東京の生活が中心です」と説明、東の夢についていくことを拒絶した。東からは「子供には会える?」と返ってきたといい、「いつでもどうぞ。お父さんであることは一生変わらない。ただ、もう私のご主人ではないですよ」と返信したという。2人の子供の親権はかとうが持ち、慰謝料、養育費は一切ない。】
 いつまでも少年らしさを失わない男が好き? なんてことをおバカな婦女子は軽々しく口にするが、「マジにそうだとこういう結果になりますよ」という見本のような話。「北の国から」に感化されて北海道移住をしてしまうようなオヤジ(実際にかなりいるらしいですな)に比べればまだいくらかマシだが、しかしなぁ……。稼ぎがよくて理解のある女房をもったおかげで、不祥事によって仕事をホサれてもこれまで好きにやってこられた(五〇近くになって大学へ、なんてフツーの家庭ならばその時点で離婚モノであるぞ)東だが、ちょっとそれに甘えすぎた感が強い。いくつになっても夢を追っていけるのは(ある意味で)素敵なことだが、しかしそれなら結婚などはしないほうがよろしい。もちろん子どもも作るべきではない。今回の離婚は、だからオレ的には「なるべくしてなった」という感じしかなく、なんら驚きはしなかった。むしろ、かとうかずこが「かとうかず子」などと中途半端な改名を秘かにやらかしていたことのほうがビックリしたぞ。最初にテレビのテロップで見たときには、てっきり局側のミスなんだと思った。
 一〇時半、しとしと降る雨の中を歯医者へ。治療後のチェックを済ませ、これまで通りのメンテナンス(歯石除去)に戻る。モノカキは歯が命(か?)。普通よりも多めの出血に、またも「ずいぶんお疲れのようですねぇ」と言われてしまう。自分ではあまり自覚していないのだが、他人から改めて言われると、どっと疲れが吹き出してくる気がする。人間とはメンタルの生き物なり、とつくづく痛感す。むかし、キャプテン・ハーロック等で知られる声優の井上真樹夫がドリンク剤かなんかのCMで「お疲れねェ」とやっていたが、まさにあの言葉がしみ入る感じ。
 十一時、帰宅。昨夜、祐人からもらった手みやげのドーナツで昼食。今日は申告書類をつくる予定でいたのだが、ひとつ見つからない支払証明があって少々あせる。あちこちひっくり返してようやく見つけるも、おかげで気力をかなり消耗す。そこへ歯医者のオネーサンの暗示(?)がさらに追い討ちをかける感じ。領収書の整理をしたところでガクッとベッドに倒れ伏し、五時から一時間ほどウトウトと。おかげで『5時に夢中!』も部分々々しか記憶にないのだが、司会の徳光Jr.がTOKIO松岡が表紙の『テレビジョン』と、北斗の拳特集が表紙の『テレビブロス』を並べてみせて「夜王とラオウですね」と言ったところだけはなぜか鮮明に憶えている。相変わらず、くだらんことにだけは記憶力のイイ男であるなオレは。
 なんとか起きだし、京也からきのう貰ったサプリメントを朝に続いて服んでから夕食の支度。賞味期限をちょっとまわった卵などを使って雑炊、そしてリンゴヨーグルトサラダ。本日は櫻田宗久くんと夜、打合せの予定だったのだが、ちょっと都合がわるくなったと八時頃に連絡があったので、そのまま入浴。疲れをとるため、久しぶりに湯舟につかる。三〇分ほど入ったが、休まったような休まってないような。あがってから資料をいくつか眺めてすごす。今後の作戦についても思いをめぐらす。十一時すぎ、就寝。果たしてオレは疲労の連鎖が断ち切れるのでしょうか?
スポンサーサイト
  1. 2006/03/02(木) 20:01:37|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ブサイクと食事会

2月28日(火)

 六時起床。ネットニュースにこんなもの。
【アジア系と間違え、埼玉県警が日本女性を誤認逮捕………………埼玉県警川口署は27日、同県川口市の無職女性(28)を東南アジア系外国人と間違え、入管法違反(旅券不携帯)容疑で誤認逮捕したと発表した。女性は、日本人とわかり、26日未明の逮捕から約14時間後に釈放された。同署によると、交番勤務の署員3人が25日午後7時40分ごろ、川口市上青木西の路上を歩いていた女性に職務質問。女性は「日本人です」としか話さず、身分を示すものも持っていなかった。署員が所持品に書かれていた母親の勤め先を訪ねたものの、身元は確認できず、26日午前5時15分ごろ逮捕したという。その後の取り調べで、女性が自分と家族の名前、生年月日を紙に書き、身元が判明。女性は午後7時20分ごろ釈放された。女性の母親は、女性が普段から他人と話すのが苦手だとしているという。署員は「目が大きく、彫りが深かったため、外国人だと思い込んだ」という。】
 いやぁ、あなたがあまりにもエキゾチックな美女だから間違えてしまったんですよ、えへへ……では済まされん失態であるぞコレは。たぶんいつものパターンで「きちんと言わなかったほうにも責任が」とかなんとか言い訳するんだろうが、対人恐怖症のケのある人間がいきなりオマワリ三人に囲まれたら、そりゃあテンパっちゃってフリーズもするだろうさ。こういうスタイルでの職質光景を最近よく目にするが、じつに威圧的で腹立たしい。それにしても、濃い顔の人間が身分証明書をもたずに往来を歩くと逮捕されてしまう町、埼玉県川口市……なんか、ある意味SFチックで、まるで「少年ドラマシリーズ」にでも出てくるパラレルワールドの恐怖世界のようだ。
 かと思うと、こんな脱力系のものも。
【吉本No.1男前&ブサイク発表………………00年スタートの吉本興業「男前ランキング」の06年度結果が27日、発表され、お笑いコンビ「次長課長」の井上聡が初の首位に輝いた。2位はお笑いコンビ「麒麟」の川島明、3位はお笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の藤森慎吾。一方、「ブサイク」の1位はお笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山ちゃんこと山里亮太だった。吉本でもトップクラスのテレビ露出度を誇る人気者が「男前」でも頂点に立った。これまで5年連続で3?4位に入っていた「次長課長」のツッコミ役・井上が初めてトップに立った。総得票数5543の井上が、2位の川島(2711票)、3位の藤森(1633票)に大差をつけて堂々の1位に輝いた。対する「ブサイク」のトップ、山ちゃんは5379票。2位の「ペナルティ」のワッキー(1214票)、3位の「カリカ」の家城(1148票)を大きく引き離して初の1位に輝いた。】
 キングコング西野がベスト3から外れてしまったのは意外だが(麒麟の川島って、そんなに男前とはオレは思わんのよ)、しかし井上の首位は納得できる。もちろんルックスがいいのはオレも認めるところであるが、それ以上に芸人としてのランクが飛躍的に上がったからな。単純に「顔がイイ」というだけでは上位には入れてもトップは取れない。人気の後押しがあって、はじめて首位に輝けるのだ。それはさておきブサイク一位の山ちゃん、「相方しずちゃんに最近は水をあけられっぱなしだったが、これでようやく一矢むくいた」と書いていた記事もあったが、果たしてこれが「むくいた」ことになるのかどうか……。でもまぁ、南海キャンディーズが旬であるということの証にはなるが。
 本日も朝から夕方まで出仕事。五時半、中野。本日はふたりのセガレ、京也と祐人にメシを食わせる約束である。ビンボー所帯ゆえに、たいして美味くないけど安い(などと書いたら怒られそうだが)「さくら水産」へ。この三人だけ、というのはじつは初めて。身内のみの席ということで、ちょっと説教めいたことも少々。といっても二人ともイマドキのガキにしてはかなり気立てのいい子で(この日もわざわざ手みやげを持ってきたり)、オレがその年頃だったときよりもはるかに出来がいいのだが、まぁ、そこはオヤジとして気づいた部分に対していくらかのアドバイス。いろんな方面へ話題が飛びつつ、九時半まで。駅前で京也と別れ、祐人と総武線で帰途。新宿に行くという祐人と途中で別れて一〇時前に帰宅。なにやら疲れており、入浴後、仕事はせずに読書など。十一時半ごろ就寝。今夜のような席は定期的に設けないとイカン気がしますオレ。
  1. 2006/03/02(木) 19:59:59|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。