本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

資料の山と泣けなかったオレ

3月19日(日)

 七時起床。朝食(ツナトースト)、雑用のあと、原稿書き。ニュースワイドでは昨日紹介した首吊り自殺児童の母が「教室から飛び出していった生徒を放置しておいたのは教師の怠慢」と記者会見で学校を非難。なるほど、その点については確かに一理あるが、しかしその他の部分においてはオレの観た感じ、やはりイマドキの父兄らしく、わが子を盲目的に庇護しているようなタイプに映る。だからこんな「一方的な被害者」みたいなことが言えるのかなぁ。昔の親ってのはさぁ、もうちょっと子どもを客観的に見られたように思うのだが。だからガキも、たとえ教師にゲンコツくらったところで、明らかに自分に非がある場合は口をつぐんだもんさ。下手に親に言ったりしたら、今度は家のほうでも「お前が悪い!」とビンタくらったもんだからね。くだんの教師がどのような叱り方をしたのかはその場にいた者しか知らぬことだが(「胸倉をつかんで揺すった」というだけではイマイチわからん)、対応としてはさほど間違ってはいないような気がする。オレのクラスでは、悪さしたら男女に関係なく木刀でケツをひっぱたかれたぜ。根拠のない自尊心ばかり奇形的にふくらませ、ちょっとでも耳に痛いことを言われるや過剰に反応する困ったちゃんというのが昨今急増中だが(オレの目に見える範囲内にもチラホラと)、今回の児童もこのまま成長していたら、やはりああいった連中の仲間入りをしていたのだろうか、とふと思ってしまった。もしも教師へのアテツケとして「死んでやった」のだとしたら、うーむ……やはり「なるべくしてなった」という感じがするぞ。
 昼前に『バディ』原稿送信。六時すぎ、書き下ろし用企画書送信。こちら用の執筆資料として、本棚からゲイ関連の資料書籍を抜き出して段ボールにつめていったら、じつに一〇箱近くになってしまった。しかしこれでもまだ足らず、正式に執筆することが決定したら図書館などにも通うことになろう。
 レトルトの親子丼で夕食後、入浴。『ビフォーアフター』最終回を観てから九時、スペシャルドラマ『愛と死をみつめて』後編。以前にもここで書いたとおり、オレは主題歌を聴くだけで目頭が熱くなるほどこの物語に弱い。七八年のリメイク版(主演・大竹しのぶ)のときは大泣きしてしまった。しかし今回のものは泣けなかった。死期の迫ったミコ(広末涼子)の顔の産毛をマコ(草ナギ剛。こいつの“ナギ”の字はワープロでは出ない)が剃刀であたってやるシーンで、かろうじて右目からひと粒涙が出かかっただけである。泣けなかった理由はいろいろ考えられるが(長すぎる、というのもそのひとつ。前後編あわせて正味四時間というのはちょっとねぇ……)、監督の犬童一心氏があえて意図的に「泣かせなく」していたような気がしてならない。「死別」というのをドラマチック演出の道具にしたくないと思ったのか、とにかく「淡々と」といった表現がふさわしい撮り方で、観る者の感情があまり激さないように抑えつけているような風なのだ。『メゾン・ド・ヒミコ』『タッチ』などが立続けにヒットし、邦画界気鋭の一人として脚光をあびている監督だから“お涙頂戴”的なものはやりたくないのかもしれないが、しかし「泣くために観る作品」というのも世の中には厳然と存在しているわけで(『フランダースの犬』の最終回とか)、それ観るということはもう視聴者にとってひとつの“祭り”みたいなもんなのである。殺伐とした毎日を送っている我々だって(いや、そんな我々だからこそ)たまには純愛をみて“きれいな涙”というのを流したいのだ。そんな想いを封じてしまったのはねぇ……。“お涙頂戴”そのものは決して悪いものでも恥ずかしいものでもないのである。日本の美しき伝統文化のひとつだ。もしも犬童氏が「安っぽいお涙頂戴」を嫌っているのなら、だったら「安っぽくないお涙頂戴」を目指せばよかったのである。だけどひょっとして「観る者すべてをオイオイ泣かせてやろうとしたのにできなかった」だけだとしたら……これはある意味、『愛と死をみつめて』以上に哀しい話だなぁ(いや、そういう作り手もいんのよ実際)。あ、あとドリカムのふにゃふにゃした歌を主題歌に用いたのも良くなかったぞ。逆立ちしても青山和子のオリジナルに太刀打ちはできんのだから。十一時半就寝。泣こうとして泣けなかったフラストレーションはけっこうでかいなオレ。
スポンサーサイト
  1. 2006/03/21(火) 10:43:45|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

原稿書きといまどきのこども

3月18日(土)

 八時起床。今日もいい天気?、と『サザエさん』の主題歌みたいなことを思わせる空の青さよ。これが夕方には雨になるというのだが、マジ? とりあえず洗濯して干し、ツナトーストの朝食と雑用を済ませて、原稿書き。『バディ』の特集(何特集かは来月発売号を読んでのお楽しみ。教えてあげないヨ♪ジャン by.湖池屋)用コラムと、書き下ろしのお話を頂いている新書用の企画書。ずっとモヤモヤしたままモチベーションが上がらずダラダラしてしまっていたが、昨日ふっきれたおかげでようやくスッキリ取り組める。昼食(モヤシ味噌ラーメン)をはさんで五時すぎまで。ネットニュースにこんなものが。
【学校で教諭から注意、男児が帰宅後首つり自殺………………北九州市若松区の市立小5年の男児(11)が自宅で首をつって死亡した。同署などによると、16日午後4時半ごろ、男児が自分の部屋の天井にひもをかけ、首をつっているのを母親が見つけた。遺書はなかった。市教委によると、男児は同日午後、翌日の卒業式のため、同級生と教室の掃除などをしていた。女児2人が、男児からたたかれたと50歳代の担任の女性教諭に訴えた。男児が紙を丸めた棒を振り回していたことがわかり、教諭が理由を尋ねた男児の答えがあいまいだったため、胸元をつかんで数回揺すったところ、男児は室内にあったペットボトルを投げつけ、教室を飛び出した。同校によると、男児は「先生が嫌いで学校に行きたくない」と家族に漏らし、教諭は家族と話し合いをしていた。教諭は17日、「厳しくしかったのは事実。このような結果になり申し訳ない」と両親に謝罪した。校長は「教諭の指導に行き過ぎた点はなかったと思うが、深刻に受け止めている。しかった後、フォローしなかった点は反省しなければならない」と話した。】
 この記事だけでは情報が少なすぎて何とも言えないが、この程度のことで首をくくってしまうような奴というのは、今回の一件がなかったとしてもいずれこうしたマネ
をするんではないかな。「教師が嫌い」だったそうだが、それについてはきっとオレのほうがはるかに上に違いない。小学校の二年生くらいから四十路に達した今でも教職者というものには基本的に懐疑心を抱きつづけているぞ。教師なんぞに何も期待できない、という真理にオレは八歳くらいで気づいた。おかげさまで教育関係者のレベルダウンに特に絶望もすることなく今日まで来ております。それにしてもなんで最近のガキというのは軽々しく命を断ってしまえる(他人にしろ自分にしろ)かな?。死んでもリセットボタンですぐに蘇るテレビゲームの悪影響、なんてくだらない意見に乗っかりたくはないが、しかし理解できん。オレらの時代のガキだったら、まず登校拒否か家出とかを考えるが。
 予報通り午後には雨が。洗濯物をベランダから室内に入れ、浴室乾燥に切り替える。鮭のそぼろをかけたお粥で夕食後、入浴。九時からはスペシャルドラマ『愛と死をみつめて』前編。感想は明日分で。十一時半就寝。今日はまじめに働いたなオレ。
  1. 2006/03/21(火) 10:43:00|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

やる気回復と濃厚CM

3月17日(金)

 八時頃起床。昨日の予報によると本日も天気は荒れ模様のはずだったが、今朝発表のものは「曇りのち快晴」。ホントかなぁ、と空を眺めていたらホントに見る見る晴れてきたので、書留の再配達を受け取ってから十一時、中目黒方面の古本屋めぐりに出発。地下鉄を乗り継ぎ、四十五分に到着。まずはブックオフから。新刊棚に七〇〇円で並んでいるものが、一〇〇円棚にもあった。こういうことがしばしばあるから、この店は油断がならんのだ。当然、安いほうのを購入。とにかく天気も気候もムチャクチャいいので、気分もやたらとハイになる。もともと本(特に古本)にかこまれていると気が安らぐタチ(特異体質?)なのだが、今日は特にそれが顕著だ。精神が安定し、このところ悩んでいたことがスッと解決する。何をどうすればいいのか、まず何を優先すべきか、いともたやすくわかってしまう。
 三時までかけて一〇軒近くまわってから、四時前に帰宅。味噌漬ポークで夕飯をとってから、原稿執筆用の資料を集める。やや手間取る。七時、入浴。上がって読み込みなど。八時からのTBSラジオ『ブジオ!』では、高須クリニック院長の新刊本のCMが。その出演者がまたスゴイ。高須院長が出るのはキャラクターから言ってまぁ当然だが、その他が西原理恵子に岩井志麻子に『新潮45』の中瀬編集長という濃すぎるメンツ。この濃厚さは、ついに美輪明宏までかつぎ出してしまった「東京電力」に匹敵するな。江波杏子のみならず、まさか御大までも“オール電化”に関心があったとは! しかし最近、美輪氏はCMに出すぎ(というか出しすぎ)である。このままいくと、次期“CM女王”の座はあの方の手に!? 十一時すぎに就寝。“古本好き”は病、“古本”は薬、というのはホントだねオレ。
  1. 2006/03/21(火) 10:42:15|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

予報的中と新メガネ

3月16日(木)

 六時起床。本日も朝から夕方まで出仕事。本日の天気予報は「朝のうちは晴れていても昼過ぎから雨になり、夕方以降は強く降る」だったのだが、たいして降っておらず、仕事場を出るときには上がってしまっていた。折り畳みはバッグに入ってるし、傘は持たなくてもいいかな……という考えが頭を一瞬よぎるが、朝みた番組の予報士のネーチャンの「雨あしが強いですから、とにかく大きな傘を持って出てください!」という脅しに屈してビニール傘を。
 五時半、地下鉄で新宿。紀伊国屋の地階で劇団フライングステージの石関準くんと待ち合わせて地上へ出ると、これが本降りである。やるじゃねぇかネーチャン、と今日ばかりは予報士に敬意を表す。石関くんにつきあってもらってメガネ屋へ。この春からはじめたいと思っている新企画の際にかける新メガネを物色。さんざん迷ったあげく、フライングステージの衣裳担当としてらつ腕をふるっている彼にご協力いただき、なかなかの逸品フレームを購入。うん、気に入った。どんどん強まる雨の中、南口高島屋の紀伊国屋書店へ移動。『きょうの猫村さん』の原画展示を観たあと、西口へ。ビル風の影響か、雨も強いが風の吹き方がとにかくひどい。折り畳み傘でなくてホントによかった。地下道を抜けて西新宿駅まで。ズボンをぐっしょり濡らしながらスーパーで買物。そして食堂で夕食(オレはカツ丼)。新企画への参加を、石関くんにもお願いする。
 わが家へ移動し、久々のジミーズ(オレと石関くんで構成する地味者ユニット)ミーティング。飲み食いしながらDVD鑑賞。一昨年放映されたドラマ『すいか』を一話から鑑賞。オレはDVD-BOXを買ってしまうほど好きな作品だが、彼はキチンとしたかたちでは観たことがないという。しかしグイグイ引き込まれている模様。この日は片桐はいりが初登場する四話までと、特典として収録されているメイキング特番を観る。このドラマの「日常のなんでもない出来事を丹念に描き込み、視聴者を一時間飽きさせない物語へ昇華させる」姿勢というのは、まさに『時間ですよ』『寺内貫太郎一家』『ムー』といった名作群を輩出した水曜劇場のそれと符号する(オレは『すいか』は水曜劇場の正しき後継者だと思っている)。そんな関係で、向田邦子や久世光彦などの話もあれこれ。夜更けまで話し込んだあと、ちょっと仮眠をとって石関くん、明け方に帰っていく。寝ぼけ眼で送ったあと、オレはさらにしばし眠る。なかなかいいフレームが見つかって気分がいいなぁオレ。
  1. 2006/03/21(火) 10:41:20|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。