本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

割り振りと武勇伝

4月12日(水)

 八時起床。起きてすぐ、昨夕買っておいた菓子パンをかじりながら仕事。とやまみーやさんから夜のうちに送られてきていたイラスト三点をレイアウトに組み込んだりナンヤカンヤ。あとは雑用。昼は歳暮に貰った佃煮でのお茶漬けをかっこむ。これがまた旨いンよ。なによりメンドくさくないのが良い。
 気づくともう一時半。あわてて身支度をととのえて二時、外出。外へ出たらマンションの廊下がバケツをひっくり返したような感じに濡れていてビックリ。こんなにひどい雨が降ったのか昨夜は?(掃除のオッチャンがホントにバケツをひっくり返したとかいったら笑うが) 銀行等に寄ってから新宿二丁目ビッグスビル前。みーやさんと落ち合い、厚生年金会館横のブックオフへ。彼女の商業イラスト仕事の参考になりそうな作家の本をいくつかピックアップする。三時、再びビッグスビル前へ。漫画家の里見満くんと落ち合い、靖国通りのジョナサンへ入る。本日は自著挿絵の担当分担を三人で決定するのだ。トピックスをひとつひとつチェックしながら「これは里見くん」「こっちはみーやさん」と割り振っていく。ただこれだけの作業なのだが、なにぶん数が多いのでカンタンには終わらない。結局、七時をまわってしまった。打ち合わせ中、ドリンクバーのメニューを一通り飲んでいくオレに「狩人さんて、水分とるのが好きですねぇ」とみーやさん。いいえ、水分摂取が好きなのではなく、「飲み放題」なのに手を出さないで済ますモノがあるのが嫌いなんです。貧しく飢えた青年期を送ってきた者としては(なんて言うと今は豊かみたいだが、相変わらず貧しいね。飢えるほどではない、という程度で)。
 べつの作家さんと呑む約束をしているみーやさんが帰ったあとも、里見くんと残ってあれこれ話す。メジャー漫画界における限りなく“勝新”チックな武勇伝デンデンデデンデンなど。八時をまわったので店を出て、三丁目のバー「タックスノット」へ。オーナーの大塚さんがいない曜日なので、話せなくて里見くんはちょっと残念そうであった。今後の自己プロデュース方法やら戦略やらを肴にして呑む。お互い、ボーッとはしていられない時期に達しているので、このあたりはけっこうシビアな話になる。各版元についてもひとしきり。今の時代に尊重し、信頼すべきものはなんなのか、という部分がこれからの身の振り方のキモだね。
 一〇時すぎに辞去。ちょっと二丁目へ寄っていくという里見くんと店の前で別れ、徒歩で半ごろ帰宅。今日は、雨降りのあとで急速に気温が上がってムシムシして汗になったのですぐ入浴し、メール返信など。バタバタやっているうちに日付けが変わる。零時半就寝。あとはイラストの仕上り待ち、ということで入稿まであと一息だなオレ。
スポンサーサイト
  1. 2006/04/14(金) 18:56:18|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

京本と土田

4月11日(火)

 六時起床。本日も朝から夕方まで出仕事。ネットニュースにこんなものが。
【夢はつんく♂ 京本プロデュース“ガロプロ”CDデビュー………………俳優、京本政樹が初プロデュースする5人組ユニット「GARO Project」が「牙狼(GARO)?僕が愛を伝えてゆく?」(7月26日発売)でCDデビューすることになり10日、都内で会見した。京本がテレビ東京系ドラマ「牙狼(GARO)」(今春終了)に友情出演したことがきっかけで、共演した俳優、小西大樹や藤田玲らと結成した年内限定ユニット。シンガー・ソングライターとしても活躍し、もともとプロデュースにも興味があったという京本は「つんく♂さんや小室(哲哉)さんのようになるのが夢だったのでうれしい」と笑顔。目標については「紅白に出場して解散したい。僕らは“ガロプロ”だからライバルはハロプロ。腹の中でつんく♂さんに対抗しています」と宣戦布告していた。】
 オタク界では様々な風評が聞かれる京本氏だが、しかしビジネス面はぬかりのない方らしく、過去にも自身の造型した歴代仮面ライダーフィギアのシリーズを“京本コレクション”と題して発売していたっけ。今回のは昨今のイケメンヒーローブームと相まってそこそこイイ線いくんじゃないのかな。余談だが京本プロデュース曲といえば『必殺仕事人?激闘編』の主題歌『女は海』(唄・鮎川いずみ)というのをまず思い出す(ジュディ・オングの歌の文句みたいなタイトルだが)。あれからもう二〇年だが、まったく老けた形跡のない京本氏っていったい……。
 五時半すぎに帰宅。予報では今日は「昼すぎから強く降る」とか言っていたが、昼休みに出たときにはほとんど降ってなかったし、帰宅時にも雨らしい雨はナシ。途中で買ったパンとお茶漬け、リンゴヨーグルトサラダで夕食をすませて入浴。七時ごろから仕事。テレビは「爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル」。これまでロクに観たことのない系統の番組だが、なんとなく。演目としては次長課長の“日常にありそうな光景”、扮装では“土田晃之のブライト・ノア”に笑った。クリソツ! そうか、ブライトって現実にいたら土田みたいな顔なのか?。しかし三時間はちょっとワク取りすぎでは? 素人コーナーとかは外して、純粋にプロの芸だけで二時間やったほうがシマッたような気が。一時ごろまでなんだかんだやって就寝。あ、『怪奇大作戦』の再放送観るの忘れてわオレ!
  1. 2006/04/14(金) 18:55:20|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。