本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

古本市とメンズレビュー

4月29日(土)

 七時起床。雑用のあと、シャワー浴びて九時半、不忍ブックストリート(谷中・根津・千駄木界隈の書店・ブックカフェなどをむすぶ本の道)でひらかれる“一箱古本市”(一〇〇組の素人店主がミカン箱程度の箱に蔵書などをつめて路上で販売するイベント。“おとなのふるほんやさんごっこ”とでも思っていただければいい)へ出かける。オレは基本的に古本市には行かないし、目録買いもしない。そこへ足を踏み入れれば自然とヒートアップし、蒐集に対する妄執──つまり“業”のようなものが燃えたぎってしまうのがわかりきっているからだ。コレクターとしての業は人一倍強いことを自覚しているから、あえて他のコレクターと争うような場所には行きたくないのである。「お前はこんなに業の深い人間なのだ!」とマッコウから突き付けられてしまうのはやっぱりシンドイやな。古本道はある意味、外道の道だと言われている。目当ての本を手にするためには手段を選ばぬ鬼畜も多数いるそうな。そういうものの仲間に入りたくない、という気持ちもまた、ある。しかしまぁ、今回のものは“古本市”とはいっても町内バザーの大規模なヤツみたいなものだから、まぁ、そんなに熱くもならないだろう。熱くならないんじゃないかな。たぶん熱くならないと思う。ま、ちょっと覚悟はしておけ(笑)。
 一〇時ちょっとすぎに西日暮里へ到着。古本市は十一時からなのでブックオフなどをまわって時間つぶし。そして十一時、いよいよオープンである。一箱古書店はエリア内の一〇数カ所に分散しておかれ、客たちはマップ片手にその場所を訪ねていく。それは洋品店の軒先だったり、豆腐屋さんの門だったり、民家の敷地内だったり、新刊書店の店頭(!)だったり、ホントにまちまちである。こういう「ご町内のご理解・ご協力のもと」という感覚が昨今の日本では絶滅しかけているので貴重ですな。ちなみにマップはスタンプ帳を兼ねており、ポイントごとに手作りのスタンプを押してくれる。全エリア制覇すると記念品をいただけるというので、それも楽しみにまわっていく。一箱店舗の半数は、ふだんは住人しか通らないであろう裏道にある。いつもは不忍通りしか歩かないのでなかなか新鮮だった。こんなところにこんなイカした公園が! とか新発見したりして。谷根千工房へ行く途中、“講談社発祥の地”というプレートがあったのでとりあえずカメラにおさめておいた。カメラといえばオレの前を実物大のペンギンの模型をカートに乗せて引いていく男性がいたので「なんだ、この人は?」とケゲンに思ったのだが、「ペンギンのいる東京の風景」を撮りつづけている“路上ペンギン写真家”の高野ひろし氏なのであった。
 この日は今年のGWで唯一といっていい降水予報日。朝の時点でとりあえずもっていたので予定通りの開催となったが、空はだんだんと暗くなってくる。以下、裏通りで遭遇した散歩中の中年ご夫婦の会話。「(天をあおぎながら)ありゃぁ雨雲だなぁ。これは三時ごろには降りだすなぁ」「道ばたの本屋さんたち、大変ねぇ。売ってるのが全部紙だから、濡れたらおしまいじゃない」「あぁ。終わるまでもってくれればいいんだがな」「でもまぁ、みんなキッタナイ本ばっかりだから、濡れたってべつに構わないかもしれないけどね(笑)」「そりゃそうか(笑)」。……古本なんて、やっぱりカタギの衆にはトイレットペーパーの原料程度の認識しかないんだなぁ、といまさらながら実感。
 一時半をすぎたあたり、ちょうど最後のスタンプを押してもらい記念品(ブックストリートのイメージキャラクター“しのばずくん”のプリントされたコースター)を頂戴した頃にポツリと一滴おちてきた。ブックストリートをあとにした頃はまだポツリポツリだったのだが、谷中の墓地あたりまで来たあたりで本降り……いや、大降りに。あちゃ?、会場の人たちは大丈夫かなぁ、と心配になる(あとで聞いた話では、結局、三時で中止になったとか)。山手線で帰途に。
 車中、本日のひとり反省会。良かったポイント。すでに入手をあきられていたミニコミ誌がいくつも手に入ったこと。これには全身の毛穴が泡立つような興奮をおぼえた。一般書のほうはさほどでもなかったがミニコミの収穫はけっこう大きく、教育テレビの超マニアック学習番組『小三社会・このまちだいすき』の研究本という珍品も手に入った。これらの入手だけでも来た甲斐があったと思う。つづいては悪かったポイント。ずっと欲しかった雑誌の在庫切れバックナンバーを間一髪のところでかっさらわれてしまったこと(笑)。オレが着いたときにはすでにどっかのおっさんの手に握られていたのだが、やはりコレクターとしての“業”が噴出してしまったね。「ちくしょうそれはほんとはおれがてにするはずだったものなのにほんのわずかとうちゃくがおくれたせいでとられてしまうなんてくやしいくやしいくやしいおっさんいまここでしんきんこうそくでもおこしてたおれろ」という呪詛が心中の最もどす黒い部分からこんこんと沸き出してきたし、おっさんを蹴り倒して強奪したい衝動にも何度もかられた。やはりオレも“古本マニア”という外道の一族なり、といやでも実感させられたのであった。
 そうそう、出店者やボランティアスタッフの中には知人も幾人かいたのだが、例によって照れくさいのでご挨拶は誰ともいたしませんでした。いつも書いてるように、ああしたところで「やぁ! ○○さん」とか言いながら回遊していけるような神経は持ち合わせていないのである。ああいうところでそういうことのできる人間て、「オレって友達いっぱいの人気者!」みたいな自負がムンムンな感じがして苦手。恥ずかしくてオレにはとてもできません。というわけで、むこうもお客さんの相手で忙しいだろうから話しかけてもかえって迷惑であろう、と自分に言い訳しつつ、ひそかな目礼のみでやりすごしてしまった。失礼の段はここで平にお詫びいたします。
 地元駅近くのちっちゃいガスト(吉野屋みたいなカウンター店舗でガストの料理をだす)で食事して三時前に帰宅。疲れたので一時間ほど昼寝。五時前に起きだして雑用。六時半、外出。徒歩で新宿西口ダイカンプラザ前。今夜はN-stageの千葉向月氏のご厚意で、神ひろし氏のメンズストリップ集団“J-Boys”のレビューを観せていただくのだ。はじめての鑑賞であったが、神氏の徹底したサービス精神には感服した。来場者の一人ひとりと親密な関係をむすぶ、という対話スタイルの応対は男×女モノ・男×男モノの別を問わず初めて見た。なんとショーのあとには、観客とダンサーが膝をまじえて談笑する“オフ会”があるのだ。神さんに紹介された初老のデザイナー氏が、じつは知人のごくごく親しい人物(二人はオレと京也、祐人みたいな関係)だったことがわかったりして、まったくもって世の中は狭いもの(ホモ・ゲイの世界が狭い、とも言えるが)。ちなみにオレ的に「すげぇ!」と思ったのは、そこにいらした諸先輩方の話す内容であった。著名な芸能プロデューサーだったり、元らつ腕マネージャーだったりして、とにかく飛び出してくる名前がイチイチすごい(ここでは明かしませんが)。聞いてると頭がクラクラしてきてしまった。いやー、やっぱりご年輩の話以上に面白いものはないワ。
 一〇時半ごろまで雑談。全員で記念撮影をしてから辞去。神氏の方法論というのはオレのライフワークのひとつを実践していくうえでずいぶんと参考になった。やはり、永年試行錯誤を繰り返しながら(←ここンところが大事!)積み重ねてこられた方のスタイルには学ぶべき点が多い。駅前で千葉さんと別れて帰途。十一時帰宅。入浴し、半ごろ就寝。“一箱古本市”、来年は出店してみようかなぁ、とマジに思っているオレ。
  1. 2006/05/02(火) 20:29:26|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

けだるい昼前とちょっとした迷い

4月28日(金)

 七時起床。ワイドショーでは姉歯元建築士の護送中の姿を面白おかしく報じていた。「頭髪偽装」とか言いつつ、みな好き勝手に推察して(遊んで)いたカツラの下の状況だが、まさかあそこまでスッキリしていたとは! 誰かが映像をさして「これは渋谷容疑者ではありませんからね」と不謹慎な笑いをとっていたが、あんなオッカナイ風貌ではない。むしろコージー富田(笑)。
 天気あまりにもよく、絶好の古本屋散策日和(なんてものがあれば)なので、欲求に逆らわぬことに。九時半、出発。今日はいつもよりルートを広げ、高円寺→阿佐ヶ谷→荻窪→西荻窪の四駅間の店をまわることに。平日午前一〇時の高円寺界隈は、カタギの衆らはすでに出払い、非カタギ衆はまだ活動前(高円寺は一部で“中央線のインド”と呼ばれ、昼間ブラブラしている健常者の率がずば抜けて高い街なのだ)というエアポケットタイムで、全体がそこはかとない倦怠感で満ちていた。阿佐ヶ谷へ流れ、店をひと通り巡ったところで十一時半。この日はじめての食事として、てんやで天ぷら定食。食べ終わって出たところで、せっかく外食するんだったら、はじめての店でランチサービスでも食せばよかったのに、とふと思った。この手の後悔が多いんだなぁオレは。食に対する関心が低いもんだから、つい目についたチェーン店の定番で手を打ってしまう。
 上天気のもと、ぶらぶらと荻窪、そして西萩へ。某店で、まだ出て間もない、欲しかった単行本を三冊発見。が、貼紙を見れば「GWセールとして、五月三日は単行本オール一割引となります」とあり、一瞬こころが揺すぶられるが、よくよく考えれば三日に改めて来るために費やす「労力」と「電車賃」のほうが割引きされる分よりもずっとでっかい。そもそもそのときまでこの三冊が残っているという保証はどこにもないのである(これが一番重要)。だからエーイままよ、と買ってしまう。B5サイズのマンガ雑誌が多かったせいかリュックがパンパンになったのでこの日は切り上げ。三時前に帰宅。収穫の整理などをしたあと、五時、茶漬けで夕食。その後、入浴。十一時半ごろまで読書などをしてから就寝。古本屋ま巡りすると気持ちが清々するなぁオレ。
  1. 2006/05/02(火) 20:28:34|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

間の悪い天気とマスコミ乱痴気騒ぎ

4月27日(木)

 七時起床。本日も朝から夕方まで出仕事。昼間は雨が降ったり止んだり目まぐるしかった。腹が立つのはオレが外へ出るとき降っていた雨が戻ってくると止むことである。志村けんのコントじゃねぇんだから。六時前帰宅。メシを食うのがメンドクサかったので、白飯に海苔と梅干というメンドクサくないメニュー(と言えるのか?)でササッと夕食後、入浴。自著の編集作業は、あとはイラスト待ちの段階なのでオレ的にはなにもできず、資料などを読んで悶々とすごす。夜のニュースはこれ一色。
【堀江被告94日ぶり保釈、検察側の準抗告棄却………………ライブドアグループの証券取引法違反事件で、同法違反の罪で起訴され、拘置中だったライブドア前社長・堀江貴文被告(33)が27日、保釈された。東京拘置所から出るのは、1月23日の逮捕以来、94日ぶり。堀江被告は保釈直後、報道陣に向かって「世間をお騒がせし、申し訳ございませんでした。株主、従業員、関係者の皆様、ご心配をお掛けしました」「大勢の方に励ましをいただき、ありがとうございました」と述べ、頭を下げた。東京地裁は26日にいったん保釈を認める決定をし、堀江被告は保釈保証金3億円を納付。検察側の準抗告を受け、同地裁の別の裁判部が審理していたが、27日、準抗告を棄却し、改めて保釈を認める決定をした。堀江被告は、起訴事実を否認していることなどから過去2回の保釈申請は却下され、今月10日、3回目の保釈申請が出ていた。東京地裁は、同事件で堀江被告についてのみ、初公判前に争点を絞り込む公判前整理手続きを適用。25日には、検察側が公判で証明する予定の事実を記載した書面、弁護側はこれに対する認否を示す書面を、それぞれ同地裁に提出。このため同地裁は、保釈しても証拠隠滅の恐れが小さいと判断したとみられる。】
 マスコミ騒ぎすぎ。ヘリまで飛ばし、ちょっと悪ノリしすぎてるんじゃないのか各局とも、とオレでなくとも思うであろう取材洪勢であった。これで堀江氏は、いったん萎えかけたホリエモン魂にふたたびパワーをチャージしたに違いない。あの手の人間にとって最も苦痛なのは「世間から忘れ去られる」ことである。それが声援であれ悪罵であれ、「世の中から注目されている」という認識がそのまま力になっていくのだ。だから拘置所から出てきたとき、もしもマスコミがただの一社も来ていなかったとしたら相当ヘコんだことであろう。今回のマスコミフィーバーのせいで「自分はまだ世間の耳目をここまで集められる存在なのだ」とかミョーな自信などをもたせてしまったら厄介な。またぞろ的外れな怪気炎でもあげだしたら、取材者たちはどう責任をとってくれるのだろう? そもそもまだ容疑は否認したままなんだから。零時ごろ就寝。八kg痩せたホリエモンを見て「イケる!」とか書き込むヤツいそうだな、とどーでもいいことを考えてしまうオレ。
  1. 2006/05/02(火) 20:27:35|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。