本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

朝から愕然と幽霊ページ

5月8日(月)

 六時起床。不快なる黄金週間がようやく明けてせいせいした。……と思ったら、めざましテレビのニュースコーナーで、眠気が一気にぶっとぶ訃報に触れてしまう。
【初代「オバQ」曽我町子さん死去………………「オバケのQ太郎」の声役で知られた女優の曽我町子さんが7日未明、東京都国立市中の自宅マンションで亡くなった。病死という。68歳だった。東京都出身。曽我さんは1人暮らしで、同日昼ごろ、知人が訪ねて亡くなっているのを見つけた。1961年にNHKの人形劇「チロリン村とくるみの木」で声優デビュー。「オバケのQ太郎」の初代声優として有名で、盆踊りなどで使われている「オバQ音頭」も大ヒットした。女優としても活躍し、特に「電子戦隊デンジマン」などの特撮番組で敵役を多く演じた。女優業と並行し、国立市内で骨董店も経営していた。昨年6月ごろから、体調を崩していたという。】
 一瞬、わが耳を疑った。まだ夢をみているのではないかと思った。オタク界スタアの訃報をめざましテレビで知らされたのは富山敬氏につづいて二人目である。この春には『魔法戦隊マジレンジャー』に“天空大聖者マジエル”役で出演し、曽我町子いまだ健在なり! と全国のファンに示してくれたばかりだというのに……。この人には思い入れがありすぎるため(一度は“アニメ者”に転んだオレが“特撮者”へと復帰したのも、かつて役者を目指したのも、「多数派がありがたがるモノなんざロクなもんじゃねぇ」という持論に到達できたのも、みんな曽我さんの影響なのだ)、ここではこれ以上は書かないことにする。書くならもっとキチンとした形でどこかに。それはともかく、最後に演じたキャラクターが究極的善玉というのはファンとしてはいささか心残りな気が……。できればレギュラーで、集大成的“悪の女王”を見せてほしかったなぁ。盟友・飯塚昭三氏との絶妙なかけあいがもう観られないのも残念である。とにかく合掌。ご冥福をお祈りいたします……。
 そしてこんなニュースも。
【アイフル、8日から全1900店で業務停止………………消費者金融大手のアイフル(本社・京都市)は、8日から3?25日間、全店舗(約1900店。無人店も含む)の業務を停止する。強引な取り立てなどの違法行為が3店舗・2部署で発覚し、金融庁から先月14日に行政処分を受けたためだ。アイフルは、業務停止期間を活用し、社員教育の徹底を図る計画だ。】
 アイフルのCMはたしかに見かけなくなったけれど、他社のものは以前となんら変わることなく放映されているよな。結局、行政はサラ金(と、地上波テレビでは口にもできないそうな。大口のスポンサーだから)の問題を抜本的にドウコウしようという気はなく、たまにはシメシをつけとこか、という意味から、ちょっとやりすぎてしまったアイフルをスケープゴート的に扱っただけなのである。アイフルだって反省なんかしやしないよ絶対。「たまたまババを引いてしまった」「運が悪かった」程度にしか考えちゃいないって。もっとも一番悪いのはそんな連中から金借りるヤツらなんだけどな。そういう人間たちは、たとえ政府がサラ金を全廃させたところで、今度はヤミ金を利用するだけの話である。そんなところで工面したところで更なるドツボにはまることは自明の理なんだが。
 本日も朝から夕方まで出仕事。買物をして六時帰宅。昨日の残り物のナポリタンで夕食後、入浴。ミクシィをのぞくと案の定、特撮系コミュに曽我さんの訃報を悼むスレッドがわんさと。オレが入っているだけでも、初のレギュラー悪役・ゴッドイグアナを演じた「レインボーマン」、“ロボット版オバQ”ともいうべきバッテンロボ丸の声を演じた「東映不思議コメディ」、悪役ではない魔女・ベルバラを演じた「5年3組魔法組」、ヒーローの敵……ではなく相棒・ボールボーイの声を担当した「星雲仮面マシンマン」、そして誰もが認める代名詞的キャラ「ヘドリアン女王」etc.のコミュニティで追悼メッセージが寄せられている。改めて曽我さんの偉大さが身にしみる。
 現実社会に照らし合わせてみると、曽我さんはいわゆる“独居老人”の範疇に入る方であったが、不幸中の幸いだったのは、店舗経営をキチンとされていたことである。
【曽我さんは自宅近くでアンティークショップを経営していたが、店に出てこないのを不審に思った共同経営者の男性が7日昼頃、曽我さん宅を訪ね、居間で亡くなっているのを発見した。曽我さんは以前から膵臓がんを患っており、病死とみられる。】
 と続報記事にはあったが、もしもタレントの副業にありがちな“名前貸しのみ”だったら発見がもっと遅れ、悲惨なアリサマとなっていたかもしれない。毎日きちんと出勤し、ちゃんと接客にもあたっていたからこそ、スタッフが異変にすぐに気づいて自宅を訪ねてもらえたのだ。訃報記事のひとつに「曽我町子さん、孤独死」という見出しがあったが、それは違うだろうサ! 何カ月も発見されずに腐敗し、異臭に近所が気づいてようやく……とでもいうのならばいざしらず、亡くなっていくらも経たないうちに見つけだしてくれたわけだし、店を訪れるファンたちとの交流もしょっちゅうあった(亡くなるほんの数日前、店で一時間も気さくにお喋りの相手をしてもらった、という証言も)のだから、家族がいてもロクに構ってももらえないお年寄りよりよっぽど人間関係的には恵まれていたと言えよう。たんに「他人に看取られずに逝った」というだけで「=孤独死」と短絡的に書き立てるマスコミのステロタイプぶりをオレは軽蔑するね。
 今回の曽我さんの一件で改めて痛感したのは、独り暮らしの高齢者は、やはり世間とつながっていないといけないなぁ、ということである。「ゲイの老後(未来)を考える会」を主催する勝山氏は中高年のメンバーにミクシィへの入会をしきりに勧めているが、これは、自分のページへの来訪者名が記録される“足あと機能”を使えば「近ごろ顔を見てないがとりあえず生きてはいるらしい」と確認できるからである。バーチャルなものにリアルな部分の救いを求めるのにはいささか抵抗があるが、それもまた時代の趨勢というものなんだろうなぁ。
 それにしてもミクシィ、ここ最近の飛躍ぶりは目ざましいものがあり、一〇時からのテレビ東京『カンブリア宮殿』でも「はてな」と共に特集を組まれていたが、そういやこの事件で殺された娘、彼女もまた会員だったんだよな。
【娘殺害で母親逮捕 神奈川の5遺体発見事件………………神奈川県平塚市西真土のアパートで住人の無職山内峰宏さん(35)と同岡本利加香さん(19)、段ボール箱に入った3遺体の計5遺体が見つかった事件で、同県警捜査1課と平塚署は3日、利加香さんを殺害したとする殺人容疑で母親の住所不詳、無職岡本千鶴子容疑者(54)を逮捕した。岡本容疑者は「自分も死のうと思った」と供述、容疑を認めているという。県警は平塚署に捜査本部を設置、利加香さん殺害の動機や3遺体放置の経緯などについて調べている。調べによると、岡本容疑者はアパートに利加香さんらと同居。昨年10月12日早朝、利加香さんの首をひものようなもので絞めて殺害した疑い。】
 彼女のページや日記部分を連休中、いろんな番組でいやンなるくらい見せられた。「ミクシィ」という固有名詞はさすがに使われていなかったが、見る者が見れば露骨にミクシィ(笑)。殺される前日まで日記が綴られていたが、ふと思った。彼女のように、すでにこの世にいない会員のページって、きっとたくさんあるのだろうなぁ、と──。有料サービスならば会費が滞れば自動的に除名・削除されるが、ミクシィは基本フリーだから誰かが申し入れて削除しないかぎり、ずっとページは生き続けていくのだ。番組によるとサーバーの機器を一日一台増設していかないと追っつかないほどに肥大化しているそうだが、それに伴いユーザーがすでに鬼籍に入ってしまっている“幽霊ページ”もどんどん増えて、そこからミクシィ内の都市伝説や怪談なんかが様々に生まれてくるだろうなぁ。いや、すでに生まれているかもしれない。コワっ! 清水崇が映画化したらどうしましょ。
 雑用を済ませて八時からスクラップ作成作業。十一時すぎまでやったところで本日は終了。『くりぃむなんとか』なんぞを観ながら読書を少々。一時近くに就寝。今日はオーバーでなく、オレの人生の中で忘れられない日になったなぁ。
スポンサーサイト
  1. 2006/05/09(火) 22:50:53|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。