本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

神は皮肉屋と惜しいなぁ

5月15日(月)

 七時起床。最近疲れがとれないねぇ。精神的にずっとザワザワしてるからか? 本日も朝から夕方まで出仕事。曽我町子さん関連のネットを観ていて知ったのだが、『マジレンジャー』の天空大聖者マジエル役はほんとうは岡田真澄が演るはずだったのだね。岡田氏がガン治療のために降板したので曽我さんが代役に立ったそうなのだが、その曽我さんが膵臓のガンのために急死してしまったというのだから神様というヤツはつくづく皮肉屋である。とはいえ、最晩年に古巣の戦隊シリーズで堂々の貫禄を示せたのだから、ファンにとってもご当人にとっても良かったか。最後の花道としてはなかなかのものであったし。しかし曽我さん、亡くなる前日にファンの集いをした(!)というが、そうとう身体はしんどかったに違いない(なんせ翌日死んじゃうくらいなんだから)。にもかかわらず、病と気取られずにファンたちを楽しませたのだから恐れ入る。まさにオバケであり、魔女! 不世出の女優、と言って差し支えなかろう。曽我町子の前に曽我町子なし、曽我町子の後に曽我町子なし。
 五時半、新宿。暑くも寒くもなく、湿気もほとんど感じない良い陽気の中、以前住んでいたあたりを散策したりしたあと、七時、新宿二丁目コミュニティセンターakta。雑誌『クィア・ジャパン・リターンズ』主催のHIV予防啓発公開討論会(で、いいのかしらん?)を傍聴。ほとんど告知のされていない密室イベントの割には大盛況である。蛇の道は蛇か? 主催者側から事前に「今夜ここで見聞きした話は誰にも明かしてはならぬぞえ」と雪女の恫喝(笑)みたいなことを言われているので(言いつけを破って口外すれば、そなたの命、必ずもらい受けるぞよ……とまでは言われなかったが)内容については書き(書け)ませんが、しかし今回はそこそこ(ここのところがビミョーだが)見解を異にする人々が会場内に存在していた(ゲストとして招かれていたわけではないが)ことで、イベントとしての醍醐味はある程度感じられた。ゲイではない人々の発言が盛り込まれたことが大きいかと思う。ゲイだけで固めてしまうと、当たり障りのないお追従合戦(ゲイという人種は面とむかうと、ホンネを押し殺してもその場を丸くおさめることに躍起になる傾向が強いのだ)になってしまうからね。次回はさらにその部分を発展させ、「ゲイ」「ホモ」「オカマ」「ゲイに好意的なヘテロ」「ゲイを嫌いなヘテロ」の、それぞれ大卒以上の学歴を有する者・高卒以下の者とかを集めてやってもらいたいなぁ。すごく面白そうである(人選やらセッティングやらがとても面倒くさそうでもあるが)。それはさておき伏見憲明氏の発言にも「その通り!」と児玉清のように賛同する部分もあったりして(それが営業的なポーズでなく、本心からの言葉であるなら)、ぜひ紹介して誉めたいところなのだが、箝口令がしかれているので残念ながら叶わないのであった(笑)。一部ではオレが伏見氏のことを嫌っていて、だから彼の発言であれば全否定するように思われているようだが(そもそもウツ者なんで、他人に対して好きとか嫌いとか思うほどの執着はない)、そんなことはないのよ。オレは誰の意見であっても膝を打つ部分については「よく言った!」と誉めるし、首をかしげるようなことには「オカシクね?」と言う、ただそれだけの話である(友人・知人であっても手加減はナシ。「言うけどゴメンネ」と断って容赦なく言う。だから批評を受容する程度の冷静さと理性のない者は友人・知人にはなれないのです)。どんな人間の意見であっても、100%肯定も否定もできないでしょ。たとえば基本的には好きではない勝谷誠彦の中にも小林よしのりの中にも、「うむ、それはそうだ」と思わされる箇所はしばしば見受けられる。それについては素直に賛同しますよオレは。というか本質的には他人を誉めたい男なんである。ただ、状況がなかなか誉めさせてくれないだけで(笑)。
 一〇時をちょっとオーバーしながら会は終了。来場していた赤杉くんなどに挨拶したあと、Tくん(昨日来宅のTくん)と新宿駅まで同道。彼には傍聴中に吉報が届いたとかでとりあえず良かった。夕飯を食べそこねていたので駅前でとんかつ定食四九〇円を食して十一時帰宅。入浴し、メールのやりとりなどいくつか。『アメトーク』の女芸人特集(最近、クワバタオハラのテレビの枠からはみ出し気味なヤバめな芸風にちょっと注目している)を観てから一時就寝。ずっと畜生道を歩んでいたTくんが無事に人間に戻れますように、と祈るオレ。
スポンサーサイト
  1. 2006/05/16(火) 19:14:13|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

単純と貸し出し

5月14日(日)

 七時起床。なんか倦怠感がぬけないのでシャワーをあびる。『仮面ライダーカブト』では、脚本家の井上敏樹が過去の自作のセルフパロディをやっていた。主人公に悪意を持つサブキャラが、べつのサブキャラに攻撃を仕掛けたあと「主人公に命じられた」とウソをついて同士打ちさせようとするのである。井上氏が全話を担当した『仮面ライダー555』ではこの手の画策がよくあり、主人公はまんまと乗せられていたのだが、『カブト』の主役はそれをあっさりと看破してしまう。「あぁ、また555とおんなじような展開なわけネ」と単純な視聴者に一瞬思わせたうえで覆す……さすがはイジワル井上!「このオレサマが同じ手なんか使うわけねーだろ」と言っているわけだ。単純といえば、ちょっと古びているがこのニュース。
【ドラマの影響? 海上保安官志願者・過去最高5467人………………海上保安学校(中卒、高卒程度対象)の今年度の志願者数は過去最高の5467人で、昨年度に比べ21.8%(978人)増と大幅に増えたことが2日、人事院の発表で分かった。女性の志願者数は1090人で昨年度に比べ6%(62人)の増加だった。海上保安学校の学生は1年間の教育の後、海上保安官として海難救助や海上犯罪の取り締まりなどにあたる。今年度の採用数は昨年度並みの約100人を予定している。志願者の増加について、人事院は「海上保安官の活躍を描いた『海猿』の影響が大きい。中卒や高卒の求人はそれほど活性化していないのが一因ではないか」と分析している。「海猿」は04年に映画化され、昨年は連続テレビドラマとして放送されヒットした。】
 リスクの大きな仕事が狭き門になってしまうとは、メディアの影響恐るべし。というか、自分と伊藤英明とを単純に重ね合わせてしまえる連中も恐ろしい。「僕、ウルトラマンになる!」とか言ってる幼稚園児じゃないんだから……。まぁ、そういう人間が受かるとも思えないし、受かったとしても続きやしないだろうが、しかしなんたる短絡ぶり。ちょっとカッチョイイ映像を見せられると、こうも簡単になびくのか日本の若者たち。国とメディアがその気になって結託すれば戦争くらいいつでも起こせることが、これでまた新たに証明された感がある。
 トースト二枚かじってからスクラップ作業。昼は炊きたての飯でお茶漬け。二時すぎから少々昼寝してからまた作業。五時少し前、ゲイの老後を考える会などで一緒になることの多いTくんからケータイに連絡。今日は彼の再就職に必要な資料を貸し出す約束になっているのだ。駅まで迎えに行ってトンボ返り。六時半ごろまで雑談など交えながら資料をチェック。重たい本を六冊貸し出す。Tくん帰ったあと、イカフライをおかずにいいかげんな夕食。そして入浴。七時くらいから、自著のDTP作業。イラストの揃っているものからプリントアウトして版下作成。三カ月分が完成する。現在はイラスト待ちの状態なのだが、なんとか来月半ばまでには出版したいものである。零時ごろ就寝。早く下版して落ち着きたいもんであるなオレ。
  1. 2006/05/16(火) 19:13:24|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

駄菓子と笑いのツボ

5月13日(土)

 七時起床。雨がしとしと降っている。味付け海苔でご飯一膳食ってから雑用、そしてスクラップ作業。シャワーをあびて身支度して一時半、雨のなか外出。山手線で渋谷まで。南ナントカ口とかいう新しい改札から出てJRA(雨だというのに馬券売場は盛況の模様)の横をすりぬけ六本木通りへ。それを横切り、青山学院大の塀にそって(雨はたいしたことないのだが、この辺りはビル風が強く、折り畳み傘が壊れそうだった)青山通り。横断歩道を渡って二時ちょっとすぎ、「青山子どもの城」前。とやまみーやさんと落ち合い、奥地下にある青山ブックセンター本店へ。棚の中から資料に使えるいくつかの本をみーやさんに提示したりしているうちに時間が半をすぎたのでビル内のホールへ向かう。本日はみーやさんと、ここで開かれる“『魂食!?なぜか食べたい日本のソウルフード』(三才ブックス)刊行記念・おぐりゆか×唐沢俊一ソウルフード試食&トークライブ&サイン会”というイベントに参加するのだ。
 定員は一〇〇名ということなのだが、徐々にお客が増えていき、開演時にはほぼ満席。二人のトークはこの春終了したラジオ『ブジオ!』のときと同様、ボケとツッコミの軽妙かつ絶妙なる舌戦なり。おぐりさんの言葉がこちらの笑いのツボに入り、思わず「ぷはっ」と吹き出してしまうことも幾度か。笑いにはチトうるさい男を辞任しているので声を出して笑うことって普段はあまりないんだけどな。どうやらオレは計算づくのネタには強いが、そうでないものには弱いようである。
 それにしてもこのイベント、一時間半以上もトークが堪能できたうえ、駄菓子も色々味わえて、それで料金五〇〇円とは、テレビショッピングじゃないが「まぁお得!」であった。みーやさんもオレもうまい棒を除くすべてのお菓子を味わえて大満足(獣臭いのはどうも苦手なオレは“山羊ジャーキー”は遠慮したが、みーやさんは食して「おいしいですよ」と)。せっかくなのでオレもサインをしていただく。列に並んで「先生、ご無沙汰しております」とご挨拶。みーさんは、唐沢氏のご友人である官能作家の睦月影郎氏に可愛がられている人なのだが、唐沢氏との対面は今回がはじめて。「一度お会いしたい」とつねづね言っていたので、念願がかなって喜んでいた。おぐりさん、サインの際もおぐり節を炸裂。整理券に書かれたみーやさんの名前を見ながら、
「とやま……みーなさん、ですね」
「いえ、みーや、です」
「とやまみーな……さん?」
 見かねた唐沢氏が横から苦笑しながら「だ?か?ら?、とやまみーやさん、だってば!」(笑)。ちなみにオレへの一言メッセージは「カルトさま、おカルトはお好きですか?」であった。はい、好きです。中岡俊哉や南山宏、佐藤有文なんかの著書を読みながら育った世代ですんで。
 五時ごろ、会場を後にして、渋谷駅へ。山手線で新宿まで。ホームで、これからミクシィの飲み会に行くというみーやさんと別れ、帰途に。食事して帰ろうかと思ったのだが、イベントで駄菓子をいろいろ食べたので半端に腹がふくらんでしまっていて、結局そのまま帰る。六時前に帰宅。なんだかダルいので(普段はいいのだが、疲れていると気圧に影響されるらしい。昨年気がついた)食パンをちょっとかじってからベッドに横になり、『西遊記2』の再放送。“三蔵を毎夜苦しめている悪夢をオツムから引きずり出す”というだけの内容を一時間かけて延々と。ジェームス三木脚本のシチュエーションコメディ的ストーリー。見終わる頃には体調が戻ったので起きだし、スクラップ作業の続きを十一時半までやって就寝。クッピーラムネはラムネ菓子の中で一番美味い、と再確認したぞオレ。
  1. 2006/05/16(火) 19:12:37|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

予約とビビり

5月12日(金)

 自覚のない疲れがたまっているのか八時すぎ起床。天気は回復している。トースト二枚食べてから雑用あれこれ、そしてスクラップ作業。途中、唐沢俊一氏から昨日直々にお知らせいただいたおぐりゆかさんとのトークライブの予約電話を、主催の青山ブックセンターへ入れたりしながら。昼は冷凍食品のイカ焼きを温めて。これはハッキリ言って美味くない。おなじシリーズのタコ焼きはまぁまぁなんだが。今後は買うのはよそう。
 シャワーをあびて身支度して四時半、外出。本日は劇団フライングステージの俳優・石関準くんとわが家でDVD観賞会の約束なり。待合せ時間は五時なのだが、彼はいつも時間よりかなり早く来る人なんで、その上をいってビビらせてやろうと企んでバカみたいに早く駅へ。と、足を一歩踏み入れた瞬間、今まさに改札から出てくる刹那の石関くんと目が合った。まったく同時に待合せ場所着とは……! ビビらせるつもりがビビらされてしまってどうするか(笑)。定食屋で夕飯をとり、酒屋で飲み物を買ってわが家へ。パインジュースと牛乳で焼酎を割ったものを片手にDVDでドラマ『すいか』の四?八話を観たり、あれこれ話したりしなが十一時すぎまで。
 石関くん帰ったあと、連絡メールなどをいくつか打ってから零時ごろ就寝。ミニコミ『酒とつまみ』に載ってた焼酎割りアレコレ、今度試してみるかな、と思ったオレ。
  1. 2006/05/16(火) 19:11:52|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

狂い咲きととってつけ

5月11日(木)

 七時起床。すっきりしない天気の中(昨日、関西以西では豪雨だったそうな)、本日も朝から夕方まで出仕事。ネットにこんなニュース。
【小梅太夫・自虐CDデビュー。素顔明かさぬ戦略………………人気お笑い番組「エンタの神様」でブレーク中のお笑い芸人、小梅太夫(年齢未公表)が10日、自身のネタを収めた「小梅日記」(日本クラウン)でCDデビューする。着物姿に白塗り、甲高い裏声でネタをこなし、強烈な芸風で人気の小梅。中村美律子の「島田のブンブン」の節を口ずさみながら登場。自虐ネタを披露し、最後に凄まじい形相で「チックショー!」を叫ぶ。「エンタ?」ではこれが大ウケ、今や1、2を争う人気ぶりとか。気になる素顔だが、「『小梅太夫』はあくまで“謎の芸者”で、経歴も年齢もシークレット」とは所属事務所。小梅本人も、ネタの発狂ぶりとのギャップを意識してか、ファンや報道陣の前では挙動不審キャラを装い、地声も一切発しない。その戦略を徹底させている。普通ならこの謎キャラで、他のお笑い番組やバラエティーの出演もありそうなものだが、「当面は『エンタ?』一本でいきます。他に出るつもりはない」(所属事務所)と露出には消極的なのだ。はなわ、だいたひかる、波田陽区らの個性派芸人をブレークさせた同番組。しかし、いずれもブレーク元年こそ順風満帆で、他番組への出演が急増した後に露出が激減するというケースが目立つ。それだけに、あえて同じ番組内で、じっくりその後の戦略を練るのが小梅流か。お笑い評論家の西条昇氏は「確かに、ネタでブレークした芸人が、フリートークが苦手でテレビへの露出が減るケースは多い。その点、ネタだけのエンタに出続けるのは一つの有効な延命手段。ただ、延命するだけでは先はない。常に新しい芸を見せていかなければ」と新ネタに期待を寄せる。移ろいやすい視聴者を「エンタ?」出演だけでいつまで引っ張れるか、小梅の技量にかかってきそうだ。】
 小梅太夫という芸人、ネタ自体はさほど面白いと思ったことはないが、エンタのステージ以外の部分(=素の姿・フリートーク)は一切売り物にしないという戦略は、乞われるマンマよその座敷にホイホイ出かけていって磨耗していく他の面々と比べて、たしかに異彩を放っているよな。どこまでプライベートを隠しおおせるかがちょっと楽しみである。というか、ひょっとするとアナタの夫が、恋人が、父が、息子が、親友が、恩師が、小梅太夫なのかもしれない! ……ってホラーかよ(笑)。
 ホラーといえば、こんな度胆をぬかれるニュースも!
【献血「知らない」4人に1人………………献血経験のない若者の4人に1人は、献血自体を知らなかったことが、厚生労働省の初の「若年層献血意識調査」でわかった。若者の献血離れが進む中、同省は「ここまで多いとは思わなかった」と、ショックを隠せない様子だ。調査は今年1月?2月、16歳から29歳までの献血経験者と未経験者各5000人を対象にインターネットで実施。未経験者のうち「献血を知らない」と答えたのは、26・2%に上った。日本赤十字社が開設している各地の献血ルームのイメージについて、「暗い」と答えた人は、経験者の8・3%に対し、未経験者は20・6%だった。献血者は1995年に629万人だったが、昨年は532万人に減少。中でも、16?29歳の若年層は285万人から177万人に落ち込んでいる。】
 ここでいう“献血自体を知らなかった”とは、「献血という運動(システム)があることを知らなかった」のか、それとも「献血という行為そのものがこの世にあることを知らなかった」のか、どっちだろう。もしも後者なら、彼らは輸血用の血液はどこから生じてくるものだと思っていたのか。化学合成か? いや、それすら考えたこともないのかもしれない。近年問題視されている「若者の創造力の欠如」の一端を垣間見た思いである。だいじょーぶか、ニッポン!?
 買い物して六時帰宅。録画しておいた『名探偵コナン』を観る。上戸彩が上戸彩の役で声優出演するという、とってつけたような(いや、とってつけたんだよな)ご都合的エピソードだが、上戸彩はそこそこアフレコもできるんだなぁ、と思った。『魔法の●●・×××××』みたいなヤツならばまあまあ通用するレベルである。少なくとも『名探偵ポワロ』で観た中山忍と伊藤美咲よりははるかに巧い。
 食後、入浴。ドラマなどを横目で見ながらスクラップ作業。『弁護士のクズ』、来週放送分にちょっとひっかかるものアリ。予想通りの展開だったら、どういう風な意見が巷を飛び交うのかな。『Goro's Bar』を観てから(裏で若干時間のかぶる『Qさま!』が終わらない限り、青木さやかは復帰できないのか)一時ごろ就寝。日本の未来は明るくない、と今さらながら思うオレ。
  1. 2006/05/16(火) 19:11:01|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。