本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

最終工程と脱力感

5月25日(木)

 七時起床。昨日チェックをしなかったら、いろいろと愉快なニュースがたまっていた。
【元日テレの藪本アナ、ブログ炎上・後輩の盗撮擁護 ………………元日本テレビのアナウンサー、藪本雅子さん(38)のインターネット上で公開しているブログが“炎上”している。後輩の日テレアナの盗撮事件に関し、「男子はパンツを見たい生き物」という内容の持論を展開したところ、「後輩をかばっている」など賛否両論が押し寄せているのだ。今回の問題の発端となっているのは、今月19日に藪本さん自身のブログに掲載した「盗撮で思う」と題した文章。藪本さんは冒頭、「日テレの若い社員が盗撮した件で、やってしまった行為を擁護するわけではないのだけど、おばさんは思う」と題して自説を展開し、最近はスカートの中を見られていても恥ずかしいと思わない人たちが増えてきたと嘆き、「そういうパンツを見せる女子こそ、迷惑防止条例を理由に検挙してほしいもんだ」などと“糾弾”した。一方で、「男の子は(中略)女の子のパンツが見たくて見たくてしょうがない生き物」「触れるものなら、触りたい、脱がしてやりたい、と思うのが男。目の前でパンツを見せられたら、どうにかなってしまう男がいたっておかしくない」などと独自の見解を掲載。この“正論”に対し、「結果として見られた女性にも非があるといわんばかり」などと賛否両論を生んだ。
 さらに、今年2月、JR横浜駅構内で女子高生のスカート内を隠し撮りしたとして、県迷惑防止条例違反容疑で書類送検された、後輩の日テレの炭谷宗佑アナ(26)について、文末で「子会社の社員で盗撮未遂をやった人は情け容赦なく即刻クビにされた。日テレの彼も、社会的制裁はうけたでしょ」と言及したことにも批判が殺到した。「プライバシーだからと実名も処分も発表しないのにどこが社会的制裁なのか」「自社のニュースでは触れもせず、身内に大甘」「元身内とはいえ、このような支離滅裂な擁護を行うのはどうか」など、大半が批判的なコメントやトラックバックは、延べ1300?1400件を超えた。なかには昨年出版した自著の題になぞらえ「まさに『女子アナ失格』」との書き込みもあった。この“炎上”騒動に藪本さんは一旦、この文章を削除したが、そのことがさらに騒動を呼び、「不誠実で無責任な感じがして嫌」と、22日には「返信」と題して経緯を掲載。この文章に対しても現在、賛否両論が繰り広げられている。】
 彼女の見解は、個人的にはおおむね正論であると思う(ちょっと男側に寛容すぎるきらいはあるけれど)。そのカッコはどうよ? と眉をひそめたくなるような「着衣度キューハニー以下」というギャルどもも街中には数多くいるからなぁ(もちろん「だから盗み撮りしていい」ってことにはならないが)。ただ、炭谷アナがいまだアナウンス部に在籍しているという現状下で「社会的制裁はうけたでしょ」というのはどうだろう。受けてませんよ、まだまだ。制裁が加えられるとしたらこれからです、って感じだろう。いまはまだ「発覚しただけ」という段階。キチンと受けたか否かの判断は今後の局側の対応いかんの話です。今回の一件では「他社に厳しく、自社に甘い」マスコミ各社の体質が如実に現れ、非難が噴出しているわけで(昨日の『5時に夢中!』でも話題にしていたが)、そんな中でOGたるものが断罪よりも擁護のほうに重きをおいた文章を載せてしまうのはやはりマズかろう。たとえ薮本さんが「見せ見せギャルどもをかねてから苦々しく思っていた」としても、退職して「いまは社員ではない」としても。なんだか本の職場をさらなる窮地に追いやろうとしているようにも見えるぞ(笑)。窮地といえば、こんなものも。
【学費返還の広告は違法、アニメ学院経営会社に排除勧告………………入学を辞退した場合、学費の全額が戻るかのように誤解させる広告は景品表示法違反(有利誤認)だとして、公正取引委員会は24日、声優やアニメ制作者などの養成学校「代々木アニメーション学院」の経営会社に、こうした表示をやめるよう排除命令を出した。同学院は全国に12校を展開、生徒数は約6000人に上り、同種の学校として最大手。経営会社は「代々木ライブ・アニメイション」(東京都渋谷区)。同社は昨年の雑誌広告などで、「声優タレント科 学費59万円 入学取りやめの方は学費を返還」などとしていたが、実際には22万円が返還されていなかった。公取委は「学費の一部を返還しないのは学校の裁量だが、広告内容が問題」と判断。同学院では今年3月以降、学費の一部は返還しないことをホームページなどで明記しているという。】
 コージー富田なんかが出るテレビCMを使って、しきりに宣伝してるよなぁ「学費全額返還」って。しかしやはり看板に偽りアリだったのか。ちなみに同校の学院長は三遊亭楽太郎。なるほどどうりで“腹黒い”ことやってるはずだよ……ってジョーダンですってば(笑)。
【ティッシュ25%値上げ 原油高が日用品に波及………………日本製紙グループのクレシアは24日、原油高による生産コスト上昇などを理由に、ティッシュぺーパーやトイレットペーパーなど家庭紙の大半の卸売価格を、7月18日出荷分から25%をめどに値上げする、と発表した。そのまま小売り段階に反映されると、クレシアの代表的なティッシュペーパー5個パックの店頭価格は、現在の約200?250円から、約50円値上がりする。】
 ティッシュペーパーって、最近はもっぱら「街頭でもらうモノ」という意識が強まっているよな。「もう一〇数年、金払って買ったことナシ!」と豪語する人間もいるほどである。今回の値上げ騒動により、「街頭調達派」が急増するかもしれないなぁ。フリーター諸君、これからのバイトの狙い目は“ティッシュ配り”かもしれんよ。貰ってくれる人間が増えて、ハケる時間がきっと早くなるんだ! 間ぁ違いない!!
 本日も朝から夕方まで出仕事。昼、印刷会社へ料金を振り込む。買物をして六時帰宅。納豆かけご飯で夕食後、入浴。明日発送する版下一式に、振り込み証書のコピーを併せて梱包。伝票を記し、テープ留めをし、「ここ半年のバタバタにも、これでようやくケリがついたな」と嘆息。いや、まだ明日、郵便局の窓口に持っていくまで……というか、ぶじ印刷・製本をすませて納品されてくるまで、ホントの意味で「終わって」はいないのだが、しかしそのあたりは勘弁しといてほしい。疲れてんのよ、マジで。いろんな意味で(笑)。
 八時半、小包を別室にしまったあと、ベッドに倒れ伏し、「ふーっ」と一息つく。焼酎のパインジュース割りを一杯やりつつ、読書少々。十一時就寝。明日はいよいよ原稿が手元を離れるぞ、オレ。
スポンサーサイト
  1. 2006/05/26(金) 07:16:42|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。