本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

浅草と閃き

6月18日(日)

 七時半起床。前夜の酒はいっさい残っておらず。果たしてオレが呑んでいたのはホントに酒だったのだろうか? とフト思ったりして。身支度して、また降り出していた雨の中を九時、外出。地下鉄のりつぎ浅草まで。今日は劇団フライングステージ所属の友人、石関準くんの日舞の発表会があるのだ。四谷のホームを見ると(地下鉄丸の内線の四谷駅は野外)雨は上がっていた模様。しかし浅草に着くとまた降っていた。それにしても浅草、まだ一〇時前だというのにすでに観光客で大変なにぎわいである。人ごみをぬうようにして会場である公会堂へ。こちらもなかなかの大入である。
 若手のひとりとして初舞台をふむ石関くんは白塗りの女形。ジャンルは違えど舞台活動を一〇年以上もやってきているので、立ち姿は堂々たるものである。立ち居振る舞いもなかなかだが、とくに指先の動きが艶っぽく、観客のおばちゃまたちの間からは「あら?、きれいねぇ……」という感嘆の声が洩れていた。そんなに気に入ったなら、万札のおひねりで作ったレイでもかけてやればいいのに(笑)。こういうステージは初めて観たが、思っていたよりずっと庶民的な構成であった。使用する楽曲も氷川きよしなどがチョイスされており、いわゆる大衆演劇のテイスト。もっとお高い感じを想像していたので、良い意味で裏切られた感じであった。
 終演後、ロビーにいた石関くんに簡単にご挨拶したあと、浅草駅へ取って返す。東西線へと乗り継ぎ、中野へ。浅草では上がっていた雨が、中野へ着くと強く降っていた。東京って、これほど地域天候差がひらいてる場所だっけ? 駅近くでちょっと買物をしてからJRで帰途に。十二時半すぎに帰宅。汗と雨で濡れたのでシャワー。あがってパンで昼食。幾人かの方々から、「二次会に参加したあたりからの記憶がトンでるんですが、僕、なにか失礼なこととかしませんでしたか?」というような旨の電話がかかってくるのが面白い。みな一様に「ちゃんと呑み代は払ってますか?」と訊いてくるのが特に(笑)。「いや、オレが二万円ほど立て替えてますよ」と磯野カツオみたいなことを言ってやればよかった。しかし人というのはよくできているもので、記憶がなくても金は払うし、遠くても家には帰り着くんだなぁ。
 雑用のあと、さすがにちょっと眠いので三〇分ほどウトウトと。六時二〇分外出。雨は上がっていた。新宿駅前でとんかつ定食を食ってから、二丁目のコミュニティセンター「akta」へ。本日は、aktaで話を聞く会・第7回 「エイズの宿題、総まくり」という催しがあるのだ。内容は……まぁ、特に目新しいものはなかったか。前進の期待できそうな若く柔軟な意見も散見できたのだが、しかし例のごとく「……いや、それは違うな」という保守派の打ち消し意見によって相殺され、踏み出そうとした足はいつものごとく引き戻されてしまった(笑)。スタンドプレーを嫌悪(憎悪)し、調和という名の横並びを良しとするムラ的気質(日本人的気質ともいえるが)をどうにかしないかぎり、何百回ディスカッションを重ねたとしても今現在の“足踏み”の域をでることはないだろうなぁ……と、嘆息しかけた瞬間、脳裏にフトあることが閃いた。「そうだ、オレがすべきことはこれだ!」と、思わず声をあげてしまいそうになる。主催者である永易氏に『HGの呪い』を一冊お売りしてから、帰路を急ぐ。九時半帰宅。入浴後、さっそく閃きを現実のかたちとすべく某氏へ、ご助力たまわりたいとの旨のメールを打つ。梅酒割りを呑りつつ立川談志の『情熱大陸』を観てから零時就寝。さぁ、新しい計画を思いついてワクワクしてきたぞオレ。
スポンサーサイト
  1. 2006/06/19(月) 20:14:22|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ヒヤヒヤとシラフ

6月17日(土)

 七時起床。本日はいよいよ“ジャンプ”打ち上げ会である。何名になるのかいまだ把握できず、朝から気を揉む。朝から連絡業務や雑用に忙殺される。四時、最寄り駅改札でとやまみーやさんと、そのお嬢さんと落ち合う。いったん自宅に戻り、本日の販売分・献本分を分配する。徒歩で二丁目まで。毎度おなじみ新宿御苑前の居酒屋「和民」前。「時間厳守で」と言っておいたせいか、集合時間(四時五〇分)前なのに、もうすでにけっこうな人数が集まってきていた。五時が近づくにつれて人はだんだん増えていく。仕事の関係でまさか来られるまいと思っていた人まで来てくれて、最終的には三〇名を超える(!)大所帯になってしまった。これだけの人数を予約ナシ(!)の飛び込みで会場に押し込まなければならないのだからヒヤヒヤである。
 開店と同時に交渉開始。口開けの客なので人数的には収容できないことはないが、しかし時間は二時間にしてほしいという。いや、それでは短すぎるとゴネるオレ。二時間しかいられないなら、飛び込みなんかせず、最初から予約をいれてるっちゅーの。予約すると自動的に二時間コースにされてしまうから、あえて飛び込みというリスキーな方法を選んだのである(あと、絶対にドタキャンするヤツが出てくるから。予約しといてそれやられると、来ている人間が頭割りでリスクをかぶることになるのだ。そういう種類のイライラを感じたくないから、事前予約は極力したくないのである)。押し問答の末、双方妥協し、「五時半?八時半までの三時間」ということで手打ち。なんとか本日最大の難関はクリアできた。と思ったら力が抜け、半ば抜け殻状態に。このあと用があるので……とパートナー同伴で一瞬顔だけ見せてくれた櫻田宗久くんにお礼を述べ、献本やら販売やらを済ませると、もはやホスト役をつとめる気力などなく(元々そんな能力は持ち合わせていないが)、お客様方には各自御自由にご歓談いただくことに。メインテーブルとは別のボックス席に陣取り、マイミクの千葉向月氏、Ken=Doneくんなどとオタク話に終始する。千葉氏とは某ライブハウスでのイベントの計画も相談したりして。
 外に出て、二次会の場へ移動していると雨が降り出した。二次会場は、鬼レズ・つっちーの行きつけのレズバー。人数は十二、三名くらいか? 隣に座っていたマイミク・フラ氏より「お願いですから、もっと名前を売ることを考えてくださいよ! 元編集業の人間として、いまの狩人さんのやり方はあまりに勿体なく見えます。名前さえ売っちゃえば、あとはもう好き放題にできるんですから」とコンコンと諭される。この出版不況下(というかマス出版ビジネスの終焉期?)に「好き放題にできる」はいくらなんでも無理だろうが、フラ氏の言ってくれていることはわかる。が、関心のもてないことにあまり一生懸命にはなれないんだよなぁオレの場合(九〇年代初頭、小学館の某誌を手伝ったこともあるが、クソつまんなくてライター仕事のお誘いを断ったし)。しかしまぁ、心配していただけることは冥利につきる。
 一〇時半ごろ、三次会へ移動。雨はいちだんと強くなっていた。家が遠い千葉氏、Ken=Doneくんと別れ(千葉氏はひどく眠たそうでちゃんと帰れるか心配であった)、オレ、つっちー、つっちーの元カノのまーこ、フラくんらと三丁目のバー「タックスノット」へ。タックスへ行くとひと足早く二次会からバックレタ(ひどい言い様だねしかし)おぐ氏が。別れたんだか別れてないんだかよくわからない山城新伍と花園ひろみンとこみたいなつっちーとまーこは、傍で見ていてもどかしい。「あれは諸星あたるとおんなじだから、そのへんを納得ずくでなければ付き合えんよ」とまーこに助言(本気で付き合っていこうと思うなら、髪を緑に染め、角をつけて、虎柄のビキニを穿け、という余計な助言も少々)。十一時半をすぎたあたりからフラくん、おぐ氏、と帰っていき、オレも一時すぎに辞去。あとは勝手にやればよい、と辞去。外に出ると、雨はほとんど上がっていた。一時半帰宅。あわただしかったせいか、けっこう呑んだはずなのに一ミクロンも酔っておらず。シラフの状態で傘をベランダに干し、うがい(イソジンでの喉うがい&食塩水での鼻うがい)して、入浴して、歯を磨いて……という日常的行為を淡々とすませ、二時就寝。オレのように酒に強い体質は、酔ってテンションのあがっていく周囲との温度差がどんどん開いていってつまらんなぁ。
  1. 2006/06/19(月) 20:13:47|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宅配と絶対使わねぇ!

6月16日(金)

 七時起床。今日は一日大雨で、とくに出勤時間帯は交通機関に支障がでるかもしれないほどの大降りになるとの予報。めざましテレビで、こんな話題。
【今夏の目玉企画「ゲゲゲの鬼太郎」のオールナイトニッポン!………………妖怪アニメの人気キャラクター、ゲゲゲの鬼太郎がニッポン放送の看板番組「オールナイトニッポン」のパーソナリティーを務めることが15日、分かった。モノクロ放送だった昭和43年の第1回シリーズとカラーになった同46年の第2回シリーズが今秋、DVD化されることを記念して、8月11日に放送される。アニメキャラクターが「オールナイト」のパーソナリティーを務めるのは、声優で歌手のTARAKOが平成3年に「ちびまる子ちゃん」として出演して以来15年ぶり。野沢雅子は数々の人気アニメの男性主人公を務めてきた声優界の大御所だが、鬼太郎は初めて主演を射止めた思い入れたっぷりのキャラクター。それだけに力が入っているという。当日は、目玉おやじの田の中勇、ねずみ男の大塚周夫も出演。今だからこそ話せる苦労話や秘話も明かされるというから、鬼太郎ファンは必聴だ。】
 オールナイトニッポンとアニメというのは昔から蜜月関係にあり、オレが中高生だった頃にはしょっちゅう『宇宙戦艦ヤマト』なんかの“四時間生ドラマ”をやっていた。今回の企画はあの頃にもどった感覚で楽しめそうである。しかし笑ったのは、めざましメンバーにむけて鬼太郎ファミリーからコメントが入った場面で、ねずみ男の大塚さんがスタジオの大塚さんを「大塚さん」と呼んだこと。それに対してスタジオの大塚さんが「大塚さんですよね」と受け、番組が“大塚さん”だらけになってしまった。こういうくだらないことがやけに可笑しく感じられるのだよ歳をとると。
 外は雨強し。午前中は、「一〇時?正午」の時間帯指定で注文してあるマットレスの配達待ち。しかし待っても来やしない。ケータイを見るとおぐ氏より、「明日の打ち上げ、人数が多すぎるようならば遠慮しときますが」というメールが入っていた。「ここまで増えてしまったら、一人や二人減ったところで焼け石に水なんで気にする必要ナシ」という旨のフォローになってないフォロー返信を。同様のメールを夕方、元『薔薇族』のS-2くんからも貰った。「明日の打ち上げ、人数がすごいことになってらっしゃるようなので、自分は遠慮しておきます。先週みたいな少人数のときですら、狩人さんとキチンと話せなかったので。また改めて上野でゆっくり呑みましょう」とあったが、たしかに来ていただいてもマトモには話せそうもないので、「すみません、ではそういたしましょうか」とこちらには返信しておいた。
 それはさておき、マットレス。いくら待っても来る気配ナシ。とうとう正午になってしまったので、やむなくいったん外出。行きがけにポストを覗くと……な、な、なんと宅配会社(名をあげてやる! 西濃運輸じゃ!)の不在時配達通知が! こちらの依頼日を無視し、前日の夕方四時前に届けに来て持って帰ったのだという。アホか! こっちゃあ確実にいられる時間を指定して注文しとんじゃ! そっちにどんな都合あンのか知らんが、勝手な日にちの勝手な時間に勝手に来て勝手に持ち帰ってんじゃない! 貴様らもプロなら、客から来いと言われた時間に来い! なんで金はらっとるモンが業者の都合に合わせねばいかんのじゃ! プリプリしながら雨の中外出。銀行での振り込み、髪切り、食料品買い出しなどを済ませて一時ごろ帰宅。さっそく西濃に再配達指示の電話を。そっちの気まぐれで配達されてメーワクしてんですよ、と喉元まで出かかるが一応オトナなので呑み込み、「この後はずっといますので、なるたけ早く持ってきてください」とオペレーターのネーチャンに伝える。利用頻度の比較的高いヤマトもサービス万全なわけではないが、ここに比べたら全然マシだな。電話をきり、汗になったのでシャワーを浴びる。身体を拭いていると、電話が鳴る。拭ききれてない状態であわてて出ると、さきほどのネーチャン。「すみません、いまドライバーに連絡したのですが、すぐには無理らしいんです。夕方くらいになるかも……」。あ?、イライラする! なんたる間の悪さ! ワシは「早く」の前に「なるたけ」とつけておろうが! 「今すぐに」などという無理は言っとらんわ! ……という苛立ちをかみ殺し、「できる範囲で、急いでもらえれば結構ですので」と言って切る。ちゃんと拭かないまま出てきてしまったので歩いてきた床は足跡のかたちに濡れている。……西濃運輸、オレは絶対ここは利用せん。
 一息ついて、不在通知といっしょに入っていた伊藤文学氏からの手紙に目を通す。『HGの呪い』に関する感想や、ご自身の近況など。再々刊予定の『薔薇族』への執筆依頼もいただき、ありがたくお受けさせていただくことに。対談部分について「間違いがひとつもない」と誉めていただいたのが嬉しかった。
 四時ちょっと前、ようやくマットレス到着。包みをほどき、水曜日に買ってきたカバーをかける。なかなかイイ感じ。ごろんと横になると、おぉ、これもまた良さげな。テンピュール信仰にともなう錯覚かもしれないが。これで肩凝りがちょっとでも和らげば安いもんだが。
 七時、野菜ラーメンで夕食後、入浴。上がって、梅酒のパインジュース割りをちびちび呑りながら読書。本日もまた途中で眠くなり、はたと気づくと零時半ごろ。あわてて消灯して就寝。しつこいようだが西濃運輸については他の方の日記にも配達時間がイーカゲン、という記述があったりする。しつこいようだがオレは自発的には利用せんよ。
  1. 2006/06/19(月) 20:12:18|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

メールと助言

6月15日(木)

 六時起床。どんよりとした空模様のもと、本日も朝から夕方まで出仕事。天気は今日の後半から梅雨モードに突入するらしい。なんとか土曜は降らないでもらいたいが……。六時帰宅。『HGの呪い』を献本させていただいた知人のお一人、書物系ライター&編集者である南陀楼綾繁(ナンダロウアヤシゲ)氏からメールが入っていた。ご自身のブログ『ナンダロウアヤシゲな日々』(http://d.hatena.ne.jp/kawasusu/20060615)のなかで、早々にこんなふうに取り上げてくださっている。
【ゲイ・ライターの影坂狩人さんから、『HGの呪い Gay YearBook 2005』が送られてくる。添付の送り状によると、「昨年一年間に起こったゲイ関連の出来事を、当事者だから知りうる内部情報をからめて料理し、業界でも異端者たる私ならではの隠し味を効かせることにより、ゲイに関心はあるが堅苦しい文章は苦手な層を取り込む」のが企画意図だとある。残念ながら、商業出版はかなわず、自費出版というカタチとなったそうだ。ぼくにとっては、一年間にゲイ関連のニュースがこれだけたくさん(B5判・約180ページ)もあったというコト自体がオモシロイ。なお、本書は「営業ツールとしてのパイロット版」だとあり、そのためか、定価が表示されてないが、売らないとダメっすよ、カルトさん。自費出版=ミニコミとして売れないものが、商業出版の企画にのるワケありません。むしろ、自費出版でコレだけ売れた、こう評価されたという事実が商業出版の可能性を高めてくれるのです。最近の例に、濱田研吾『脇役本』がミニコミ版のあと右文書院から出た例もあります。出版社への無用な遠慮は避けるべし(版元が出したい内容だったら、すでに発表されていようが関係ありません)。】
 なるほど、ずっとテンパッていたせいかツールとして撒くことばかり考えていたが、よく考えたら“本邦初”“前例ナシ”の試みなわけだから、流通ルートにのせて世間一般の関心度のデータをとることは大切である。その数字があったほうが、営業かける際にもぐっとかけやすいし。ということで南陀楼氏の御助言に感謝しつつ、そちら方面も画策することに。忌憚なく提言・助言・諌言を寄せてくれる人脈は宝なり。
 腹がへらないので夕飯はヨーグルトのみで誤魔化す。雑用してから入浴し、九時からはまた“呑りながら読書”少々。例によって眠くなり、なんどかオチてしまう。あきらめて零時前に就寝。明日は事務的用件をいくつかこなさなきゃならんなぁオレ。
  1. 2006/06/19(月) 20:11:27|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。