本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

書庫と怪人電話

6月28日(水)

 六時起床。本日は待ちに待った、大型のスライド書棚が三本(と数えるのだよ)搬入される日である。昨日買っておいた菓子パン(賞味期限ギリギリのため半額)と牛乳で朝食後、早々に設置部屋(寝室)の片付けをはじめる。九時ごろ運送会社から電話が入り、お届けは九時半から一〇時半のあいだになります、と。結局その中間、一〇時すぎに運送屋来る。窮屈な動線に苦労しつつ、作業はテキパキと進み、三本ともぶじ収まるべき位置へ収まった。ちょっとおばかっぽい喋り(つまり、イマドキの若者風、ってことよ)の青年作業員であったが、しかし「額に汗して働く道を選んだ」というだけでもきょうび感心なことよ。そう考えるとマイナス面は相殺される感じ。
 業者引き上げ、一〇時半くらいから蔵書の大移動開始。おおまかなジャンル分けだけして、とりあえず片っ端からつっこんでいく。作者もぐちゃぐちゃなら、巻数なんかもバラバラであるが仕方ない。それは今後ヒマをみながらオイオイやっていくとしよう。そんなイーカゲンな作業だというのになかなか進まない。とにかく数が多いので、手をぬいたとしても省略できる時間には限度があるのだ。とはいえ、収納していた箱の底から買ったことも忘れていたような本がひょっこり出てきたりして、疲れるけれど楽しい。あぁ、本に触れているとホント精神が落ち着くなぁ。いっそ“書籍ヒーリング”なんてジャンルを起ち上げて、インストラクターにでもなってこまそうかな。もっとも受けにくるのはオレと同様、本読み外道ばかりだろうが(笑)。
 四時くらいにようやくひと段落。残りは毎日ちょっとづつ、ということで作業を終了して夕飯の支度に。メニューはカレー。昨日、ニンジンもジャガイモもタマネギもゴロゴロした甘口の、いわゆる「一般家庭のカレー」が食べたくなり、材料を仕入れておいたのだ。三口コンロの強みを活かし、カレーを作りながら鍋でメシを炊く。集中してやったせいかどちらもパーフェクトに仕上り、満足。『5時に夢中!』を観ながら食すが、ン、ン、ンま?い!(藤子不二雄『まんが道』風表現) これだよ、こういう専門店では決して食べられない味がほしかったんだよ、とニンマリしつつ完食。ついつい、いつもより食べすぎてしまった。昔からカレーのときは量が増えてしまうのだオレは。
 六時、作業のせいで汗になったので入浴してさっぱりと。壁面すべてが書棚になってしまい、ぶっちゃけ書庫に寝ているような感じになってしまったが、それもまた良し。むしろ落ち着くね。メール開くと、「安田理央さんのブログを読んで興味をもちました」という方からさっそく『HGの呪い』の問い合わせが。嬉しいねぇ。さらに、伊藤文学氏から昨夜おくった『薔薇族』原稿の礼状が。その返信を打っている途中で電話が鳴り、出ると、今まさにメールを出そうとしていた文学氏! 雑談を少々交わしたあと、N-stageの千葉向月氏といま進めている某計画への協力をお願いすると快諾してくださった。ありがたし。千葉氏ともども来月に一度訪問させていただきます、とお話しして切る。
 焼酎のピンクグループフルーツジュース割り(美味いのだコレ)をチビチビ呑りながら色々なメールをあちこちに。メールというのは数があるとそれなりの時間がかかり、すべて終わったらもう一〇時半すぎ。すっかり探しやすく取り出しやすくなった書棚から一冊出してきて読書少々。零時まで読んで就寝。文学氏は出版界にもはや残り少なくなった「怪人」である、とオレが書いた再生『薔薇族』は来月発売だそうです。楽しみだ。みんな買いなさい!
スポンサーサイト
  1. 2006/06/29(木) 19:45:17|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

ライターと版元

6月27日(火)

 七時起床。本日も朝から夕方まで出仕事。行きがけ、とあるビルの前でいかつい顔の警備員が四人も立ち番をしているので、どんな要人が来るんだろうかと思って見たら、日立製作所の株主総会だった。そういう集まりにはたぶん一生縁がないであろうが、それでも死ぬまでに一度くらいは覗いてみたいもんである。もっともオレは見た目がガキっぽくて貫禄というものに欠けるから、「株主です」と言っても「そうかい」と流されるだけかも……ってイカン木久蔵みたいなことを言ってしまった。♪いやン、ばかン、うふふン、そこはおへそなの。
 コンビニで『SPA!』を立ち読みしたら、今度のスケバン刑事のヨーヨー指導をしているという若きワザ師のインタビューが。そうか、もはや滝雅也さんではないのだなぁ……と少し淋しい気持ちになる。滝さんというのは斉藤・南野・浅香の歴代サキに技を伝授した名人で、かつ俳優(第三部にはヨーヨー名人の忍者として出演もしていた)でもある。オレ的には声優として出演した『無敵超人ザンボット3』の神江大太、『最強ロボ・ダイオージャ』のジンナイなどが印象的だが。とにかく、いずこの世界も世代交代がいちじるしいようである。感傷的にはなるが、しかし新陳代謝が滞るよりはマシか。
 ライター・東良美季さんのブログ「毎日jogjob日誌」(http://jogjob.exblog.jp/)にこんな記述が。
【少し、疲れました。僕の場合、こうして毎日毎日飽きもせず一銭のお金にもならない日記を書いているくらいだから文章を書くのがしんどいと思うことはまず、ない。じゃあ何に疲れるのかというと、それは誰かに合わせていかなければいけないということだ。僕ら雑誌に書いている者にとっては、まずその雑誌という容れ物があり編集者という人がいて、それらの意向にそって原稿を作っていかなくてはならない。それが、作家と呼ばれる人と僕らマガジン・ライターとの大きな違いだ。】
 東良氏のしんどさはよくわかる。オレも社交性のなさにかけては人後におちない自信があるからだ(エバんなよ、ンなことで!)。にもかかわらずライター稼業を続けていられるのはスゴイよな。オレなんかはとっくにおのれの資質に見切りをつけ、ライターへの進出を断念してしまった。テーマも内容も自分で決めて書くのが、やはりオレには一番あっている気がする。「ライターとして有名になってくださいよ!」と親身になって応援してくださる方には申し訳ないのだが、オレにはライターになれる種類の能力(器用さ、如才なさ)はないと思うね客観的に見て。
 スーパーで買い出し(そこの名物である二九〇円!の激安弁当も残っていたので購入)をして六時帰宅。あわただしく夕食をとったあと、『薔薇族』原稿の続きに着手。その前にネットにつなぐと、エロ系ライターの安田理央氏からミクシィメールが。氏の『安田理央の恥ずかしいblog』(http://d.hatena.ne.jp/rioysd/20060627)で、『HGの呪い』を取り上げてくださったという。感謝! 安田氏はオレの活動にいつも注目してくださり、好意的に取り上げてくれているのだ。「ゲイというのは正直よくわからないし、あまり理解もできないんですが……」という氏だが、そういう人が「だけど狩人さんの書くものは好きなんです」と応援してくれるのは何よりも嬉しい(私はゲイの理解者です、などという人間に持ち上げられるよりもはるかに!)。自ら「ダリオレコード」(http://dariorecords.com/)というプライベートレーベルを起ち上げ、写真集やDVDなどを自主制作&直販売している安田氏は、「パソコンやネットの普及によってプロとアマの境界線が曖昧になりつつある今、もはや商業出版にこだわる必要はないのでは?」というご意見を寄せてくださった。まさにオレも同感なんだが「取次を通さないので全国流通が難しい」「少部数のため制作コストが割高になり、定価を上げざるをえない」という二大難関がまだインディーズ出版の前には立ちはだかっているんだよなぁ。逆にいえば、この二つさえクリアできればもはや腰のひけた一般版元なんかに頼る必要はなくなるのだ。さぁ、どうなっていくのか?
 八時すぎに『薔薇族』原稿、完成。送信してホッとひと息。雑用などをこなしてから十一時、入浴。今日は『怪奇大作戦』の再放送がないので(当初の予定では「狂鬼人間」がOAされるはずだったのに!)気が抜けて半には就寝。事業としての「出版」の変革期、サテどうなっていきますことか、と日々思うオレ。
  1. 2006/06/29(木) 19:44:34|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。