本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

苦しい購入とレースカーテン

7月30日(日)

 六時起床。本日の『轟轟戦隊ボウケンジャー』には“ズカンガミ”という怪人が登場したのだが、その声を演じたのはいわゆる声優さんではなく、スーツアクター(着ぐるみに入ってる人)なんだという。しかし見事なアフレコで、とてもアクション俳優の余技とは思えない出来。中に入って声まで演ずる人といえば、他には大平透氏(『マグマ大使』のゴア)くらいしかオレは知らないぞ。
 ネットにこんな芸能ニュース。
【博多華丸 児玉清にアタックチャンス………………俳優・児玉清のモノマネで「R-1ぐらんぷり2006」を制した博多華丸が、本家の児玉と初対面することが29日、分かった。児玉が司会を務める「アタック25」の芸能人大会に相方・博多大吉と解答者として出場するもの。この日、都内で行ったイベントで明かした。「児玉さんは大阪の飲み屋でモテてるみたい。僕に乗っかってる」と自信の発言も飛び出したが、最初に言いたいことを聞かれると“素”に。「いきなり“アタックチャ?ンス”とはいえない。“お世話になってます”と言うしかないでしょ」と平身低頭。大吉が「コロッケ-美川憲一の関係以来のダブルブレーク」と表現した華丸-児玉。ダブルの“アタックチャ?ンス!”が実現するか、見ものだ。】
 あれだけ大々的にモノマネしていながらこれまで未対面だったというのは意外なようだが、じつはけっこうあったりする。ちょっと前、コージー富田が「僕、まだタモリさんにお会いしたことないんですよ」とか言ってたし。
 カレーで朝食後、十一時半、外出。途中、京也の店へ寄ってケータイを渡してから京王線で八王子へ。古本屋をまわっていると、けっこう貴重な資料が見つかり、ううむと悩む。金がないときにかぎってこういう出物と出くわすのだ。しかしまぁ、古本というのは「迷ったら買え」が鉄則であるから、清水の舞台の気分で購入。ああ、ますます生活が苦しくなる。そのあと、ダイソーで一枚三〇〇円のレースカーテンを四枚購入。
 三時から「ゲイの老後(未来)を考える会」。本日は相対する意見がぶつかって白熱化はしたが、しかしオレにとっては毒となる種類のオーラが発せられているため、あまり深入りしないことにする。それは海の亡者が生者をひきずりこもうとしてくる舟幽霊のようなものなので、関わらないに越したことはないのだ。冷たいようだが、人間には受容のキャパシティというのがあり、それを見誤ると相手と共倒れになってしまう。
 食事会、バータイム(若いコたちに男博のPRをこってりと。もしも帰れなくなったらウチに泊めるから、とまで言って集客)のあと、一〇時、辞去。十一時、帰宅。レースのカーテン、なかなかイイ具合なのだが幅が足りなくて、窓全部を覆うためにはあと二枚必要なことが判明。まさかそのためだけに八王子まで行くわけにはいかないので、近場で探さなくては。入浴し、零時ごろ就寝。今年は昨年に比べれば全然涼しいので助かってるなぁオレ。
スポンサーサイト
  1. 2006/07/31(月) 19:57:52|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

スキンシップとべローチェの会

7月29日(土)

 五時、仕事の早い京也が起きだし、シャワーを浴びる。風呂場に入っていくところまでは起きていたのだが、浴びているうちにまた眠ってしまい、気がつくとすでに出社後だった。祐人は一〇時すぎまでぐっすり寝たあと、身支度をして帰っていった。明日はまたバンドのライブがあるのだが、月イチ恒例の八王子の老会と重なってしまうため、今回は観られず。不義理を詫びておく。同時にハグもしておく。親子間のスキンシップは大切ですから。
 ネットを覗くと、こんな芸能ニュース。
【1位は“イイ男"か、“個性派タレント"か!??“帽子美男"ランキング………………オリコンがインターネット調査した『“帽子美男"ランキング』。中居正広、木村拓哉といったイイ男や、テリー伊藤、所ジョージといった個性派タレントもランクイン! 最も帽子が似合う男性タレントベストテンに選ばれたのは以下の通り。
(1)中居正広 (2)木村拓哉 (3)オダギリジョー (4)堂本剛 (5)岡田准一 (6)テリー伊藤 (7)藤木直人 (8)所ジョージ (9)木梨憲武 (10)上島竜平/香取慎吾
「ライブでもPVでもTVでも、とにかくいつも帽子をかぶっているって感じで、とっても似合っててかっこいい!!」(福島県/20代社会人/女性)と、センスの良さとその似合いっぷりで、中居正広が堂々の1位に。2位は木村拓哉。「帽子をかぶった時の髪型、顔のバランスが合っている」(千葉県/30代/女性)などの声を集めた。その他、「正しく帽子にメガネの代表!」(東京都/専・大学生/女性)のテリー伊藤が6位、「遊び心のあるキャップをかぶっている」(東京都/40代/男性)などで所ジョージが8位にランクインし、個性派タレントのキラリと光るセンスにも支持が集まった。10位のダチョウ倶楽部の上島竜兵は、「帽子を投げつけるのがいいです(笑)」(兵庫県/中高生/女性)と、定番のネタでのランクインを果たした。】
 オレなら一位はクドカン(宮藤官九郎)にするけどな。彼と帽子とはまさに一体化しており、噂では太い血管でつながっているとか(笑)。
 四時、外出。なんのけなしにテーブルの上を見たら、京也がケータイを忘れていっていた。とりあえず持って出る。行きがけにポストを見たら、伊藤文学氏から、八月二十三日に京王プラザで開かれるパーティの案内状が届いていた。正直、いまの経済状態ではかなりキツイのだが、しかしこういうものには女房を質に入れても参加すべきであろう。質に入れる女房のいないオレは、とりあえず一切の金のかかる遊びを当面封印するしかないな。
 四時半、新宿厚生年金会館前のベローチェ。本日は月イチで主催している読者交流会「薔薇族・予習」なり。今月からは会場を、週末イベントが多くなってしまったaktaからこちらへと移したのだ。それにしても今日はベローチェがめちゃ混みである。広い店なので座る椅子がなかなか無いなんてことは滅多にないのだが、久々に暑くなったせいだろうか。本日の参加者はカミングアウトコンサルタントのかじよしみさんと、ちょろんげ氏。かじさんの近況や、周辺の超ビッグニュースを伺ったりしながら六時半まで。二丁目でちょろんげ氏と別れ、かじさんと新宿駅まで。ひょっとしたら予習の席まで取りに来るかと思って持ってきたケータイだったが、来なかったので、駅でかじさんと別れてから京也の店をちょっと覗く。しかし、いないようなのでそのまま帰途に。七時半ごろ帰宅。カレーで夕飯。入浴をし、仕事のメールなどを打ってから十一時ごろ就寝。伊藤文学を励ます会、行きたい人がいたらオレまでご一報ください。
  1. 2006/07/31(月) 19:57:07|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

勉強会と親子会議

7月28日(金)

 蒸し暑いせいかなかなか寝つけず、寝ても何度も目が醒める。五時ごろにはついにあきらめ起きてしまう。五時半に京也からケータイにメールがあったので、ソッコーで返信。あっちも驚いたかもしれん。やじうまワイドの芸能コーナーでこんなニュース。
【千秋、念願のドラミの声担当………………タレント千秋(34)が「ドラえもん誕生日スペシャル」(9月1日)からドラえもんの妹ドラミの声を担当することになり、27日、お披露目会見が行われた。千秋は「理想の男性はドラえもんか(元阪神)掛布と言い続けた」というほどのドラえもんフリーク。昨年4月の声優陣一新の際もドラえもんやのび太、ジャイアンなど5役のオーディションを受けたが、すべて落選した。それだけに「最高の形でドラえもんに携われて幸せ。夢はかなうものですね」と大喜び。決定後、この日まで局側から口止めされていたという。「ダンナ(ココリコ遠藤章造)にも言わなかった。でも、他言しないだろう3歳の娘の前では『私、ドラミなの』と練習していた。そのおかげで『私、ドラミ』が娘の口癖になった」と悩みも打ち明けていた。】
 なんだ、千秋だったのか。先週の放送で、「ドラミちゃん役は某タレントに決定! 誰になったかは次週発表!」と勿体つけられていたので秘かに期待していたのだが、おいおいオンエア前にバラすなよなテレ朝、という感じである。
 調子の上がらない原稿書きや雑用などで無為に時間をすごす。昼食はカレー。六時、京也が来る。睡眠不足のためすぐ仮眠に入る。八時ちょっと前、眠っている京也をひとり残して外出。新大久保駅まで。そこでバイト上がりの次男・祐人、アパレルデザイナーのS氏と落ち合う。今夜は日米を行き来し、八〇年代からエイズと接してきたS氏からその辺りのお話をうかがう勉強会を開くのだ。といっても参加者はワシら親子三人だけだが。なんというゼータクな! 家に戻る前に、夕飯がまだだというS氏と近くのジョナサンに。図々しくもオレたちまでご馳走になってしまった。九時、家へ。眠っている京也を起こし、さっそくお話を聞いていく。貴重な資料となるので、テープと共にビデオもまわす。饒舌なS氏だけにいったん喋りだすともう止まらない。発症者の末期の話には、京也も祐人も息をのんで聞き入っていた。
 気がつくといつの間にやら零時近くに。S氏にお礼を述べてお見送りしたあと、三人で親子会議。最近ちょっとゴタゴタしていた事柄について腹をわって話す。さいわいそちらはアッサリとカタがついたのであとは呑み会に。宅呑みなので京也にも薄?いヤツ一杯くらいなら大丈夫かと呑ませてみたら、露骨に顔が真っ赤になっていき、「ちょっと頭痛がする」と。明日も早くから仕事なのでマズイ、と早々にシャワーを浴びさせ寝かし付ける。京也が寝たあと祐人とサシで。祐人とはなかなか顔を合わす機会がないため、こういう機会は貴重なのである。じっくり話したりしたあとシャワーを浴び、三時ごろ就寝。祐人は細面のわりに体格がイイことをはじめて知ったなぁオレ。
  1. 2006/07/31(月) 19:56:07|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

変貌に驚愕と抱腹絶倒の四時間

7月27日(木)

 六時起床。ネットにこんな芸能ニュース。
【山崎真実 鍛えられたカラダ………………グラビアイドル、山崎真実(20)が28日、新DVD「manifestation」を発売する。セブ島の太陽の下、大胆なビキニ姿で、大阪府代表にもなった新体操で鍛えた肢体を披露している。テレビ朝日系「轟轟戦隊ボウケンジャー」に出演するなど女優としても階段を上る山崎は、「大人っぽくて、女性らしい柔らかさを出したいと考えて撮影しました。ぜひ、オトナの山崎を見て下さい」とアピール。】
 ニュースでも紹介されているように、この子は現在『ボウケンジャー』で“風のシズカ”という敵役をやっているのだが、これが『忍風戦隊ハリケンジャー』のフラビージョ(山本梓)に匹敵するイイ感じのギャル悪役。オレ的にはあまりノリきれないボウケンジャーなのだが、風のシズカはかなり好きなのである。山本同様、戦隊出演をバネにライバルより頭ひとつリードできるか?
 九時半外出。徒歩にて中野。ホームセンター島忠にて歯ブラシ立て一式を購入したあと、貴乃花部屋と床上浸水が名物であるお笑い芸人の街・中野新橋界隈へ。生鮮品などを買って帰途に。途中、しばらく使ってなかったルートを行こうとしたら、区画整理でものすごい変貌を遂げていてビビる。昔からあったスーパーがなくなっており、かわりに肉のハナマサができていたので、そこで精肉などを買う。業務用商品の店なので安いことは安いが、パックされている量がハンパではない。ウチは相撲部屋じゃないんだからこんなには要りません、て感じである。一番少ないパックをとりあえず買うが、それでもゆうに大鍋料理三回分はある。
 一時ごろに帰宅。買ってきた材料でカレーを作りはじめる。同時に洗濯機をまわす。ちょうど洗濯がおわる頃、カレーも完成。汗だくになったのでシャワーを浴びる。さっぱりしてからプレゼン用の原稿を書きはじめるがどうも筆がのらずに弱る。どうしたもんか。夕方、千葉向月氏よりケータイにメール。今夜、男博の打合せで神ひろしさんたちと逢うというので、合流させていただくことに。
 カレーを食べてから午後七時ちょっと前、新宿駅近くのベローチェへ。神さん、神さんのマネージャーのS氏、千葉さん、オレ、という四人で企画書を叩き台にしつつカンカンガクガクやっていく。芸能界でのキャリアの長い神さんたちのこと、われら興業シロートに勉強させるべく、いろんなお話をしてくださるのだが、これがとてつもなく面白い! ビッグネームが実名でぽんぽん飛び出すためここには書けないが、ホント、それだけで本一冊書けてしまいそうな感じである。あまりの楽しさに時間を忘れ、気がつくともう閉店の十一時に。なんと四時間強も喋っていたのかやワシらは。
 皆さんと別れて十一時半ごろ帰宅。さすがに疲れたので入浴だけしてすぐ就寝。人と会っているときだけは鬱がおさまるので、なるたけ誰かと会わなければなオレ。
  1. 2006/07/31(月) 19:55:11|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

大本営発表と苦しい言い訳

7月26日(水)

 六時起床。久々の晴天はいいのだが、朝っぱらから熱気をはらんだ陽光がかあっとさしこんできて辟易。ここ最近の梅雨寒も昨日でお別れなのか、とちょっとウンザリ。鬱がすすむなぁ。ネットニュースにこういうの。
【バブル期並の“売り手”市場! 06年度新卒就職活動、求人倍率1.89倍に………………就職情報サイト運営の毎日コミュニケーションズは25日、来春新卒の就職活動について、「バブル期並みの売り手市場だった」とする調査結果をまとめた。求人総数は82万5000人で、過去最高だった1991年卒の84万人に迫ったほか、求人倍率も1.89倍とバブル期並みに近づいたという。】
 政府は「景気は回復した!」と声高に叫んでいるが、オレのまわりでは誰もそれを実感していないのだが。大本営発表などに踊らされるなよ皆の衆。われわれは六〇数年前、それにまんまとノセられ、とてつもない犠牲を強いられてきたのだ。永田町にいるベートーベンのヅラをかぶったヤギにだまされるな!
 本日も朝から夕方まで出仕事。六時帰宅。雑用アレコレ。しかしテンションが上がらず弱る。
 一〇時からは、二十九日放映予定だったSPドラマ『東京タワー』の無期延期によってどうなることかと思っていた『ココリコミラクルタイプ?東京タワードラマ化記念SP』。結局“東京タワー大ヒット記念SP”とかなり苦しい言い訳をしつつ(だってベストセラーになったのはずいぶん前だぜ)放映。番宣シーンはばっさりカットされており、大泉洋・広末涼子がどうしてこの回のゲストなのか、知らない人にはさっぱりわからないであろう。十一時半ごろ就寝。とりあえずテンションを上げねば計画が進まないなぁオレ。
  1. 2006/07/31(月) 19:54:18|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。