本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

二日酔いと審査員

8月20日(日)

 五時半に一旦目覚める。頭痛と吐き気、という二日酔いの典型症状。トイレでとりあえずモドし(オレはゲップと嘔吐を自在に操れるという特技を持っているのだ。びろうな話でお食事中の方、ゴメンナサイネ。胃を意のままにできる……ハッ、しょーもないことを言ってしまった)、クスリを服んでから二度寝。次に起きたときは八時であった。頭痛はおさまっていたが吐き気はあるのでまた少々モドしておく。とはいえ昨日の昼以降ロクにモノを食ってないので胃液しかでないが。朝風呂につかって汗を流したあと、なにか腹に入れなくては、ととりあえずレトルトのおかゆを食べる。そして胃腸薬。よくしたもので、徐々に食欲が戻ってきて、昼頃には勝つプヌードルを食えるまでに復調した(回復度八十五%)。もう一度頭痛役を服んでから小休止したあと、二時すぎに外出。昨夜ベロンベロンのまま受けた仕事(ノーギャラだが)のために大江戸線で六本木まで。目的地に到着したころには値九十五%回復していた。同時に到着した千葉向月さんと共にビルの四階へ。主催者氏(なのだと思うが、イマイチわからん)らにご挨拶をしたあと、三時から開始されたリハーサルの模様をぼーっと眺めていたが、時間がもったいないので千葉さんと男博の打ち合わせを。六時、本番スタート。想像していたよりお客も入っていたが、それより驚いたのは出場者たちのレベルが、ルックスも含めてずいぶん高かったことである(ドラマ俳優やってるような子もいたりして、ひょっとすると大化けするのも出てくるかも)。うちの下のセガレの祐人もソロでストリートをはじめたいと言っているのだが、こりゃよっぽどリキ入れてやらんと太刀打ちできんぞ、と秘かに思う。審査員コメントも求められたが、またもイイ加減なことをテキトーに喋ってしまった感強し。しかしけっこうイイ子たちが多かったンよマジで。
 八時ごろ、コンテスト部門が終わったところで辞去。ホントはこのあと、ライブがあるのだが、そこまで付き合うと十時くらいにまでなってしまうので、後ろ髪ひかれながらも(いや、けっこう聴いてみたい子も何組かいたノヨ)会場を後にする。大江戸線で新宿まで戻り、八時半、甲州街道沿いのさくら水産で食事。朝にはゲロ吐いてたくせして、とりあえず呑んでしまうあたり、オレもイイ湯加減で人間失格者への道を歩んでおりますな。そこでも打ち合わせなどしながら、十時半まで。店の前で千葉さんと別れ、徒歩で帰途に。十一時ごろ帰宅。入浴し、ネットを覗くと、こんなコンテストの話題が。
【<妖怪そっくりコン>2人受賞、水木さんも絶賛 鳥取・境港………………「ゲゲゲの鬼太郎」で知られる漫画家・水木しげるさん(84)の出身地・鳥取県境港市で20日、妖怪そっくり度を競う初のコンテストがあり、仮装部門は「子なき爺」に扮した男性(41)、そっくりさん部門は「あかなめ」似の小学生女児(6)が、最優秀賞に輝いた。審査委員長を務めた水木さんも「驚くほどそっくり」と絶賛していた。】
 画像がついていなかったのでどれほど似てるのかわからんが、しかしあかなめ似の女の子ってけっこういそうな気がするなぁ。芸能ニュースには、他にこんな話題も。
【52歳差コンビ「時子とのぞみ」デビュー………………年齢差52歳。異色のお笑いコンビ「時子とのぞみ」がこのほど、日本テレビ系お笑い番組「エンタの神様」でテレビデビューし、話題になっている。井上時子(62)は普通の主婦。矢板のぞみ(400)はダンス大好きな小学5年生。結成1年だが「卒業式にはおばあちゃんの写真飾って、花も飾ってあげる」(のぞみ)「それじゃ、私の葬式じゃない」(時子)など、短いコントの後にポーズで締める芸風だ。
 2人が出会ったのは、昨年6月に開講した、坂上二郎が名誉校長を務める「那須お笑い学校」だった。時子は「昔から芸能人になりたかったので」、のぞみは「祖父母に勧められた」と受講。お笑いコンビ「キャイ?ン」を見いだした講師の山中伊知郎氏が「おばあちゃんと孫の組み合わせは高齢化が進む現代にフィットする」とコンビを組ませた。のぞみは「他人のおばちゃんとコンビ組むなんて絶対に無理と思った。第一印象は化粧が濃い。でも一緒にやって『ご飯食べたか』といろいろ気にしてくれて、本当のおばあちゃんみたいです」。練習は週1回、2時間程度。時子は「子供は飽きっぽいし、私は覚えられない。テレビの収録に備えての練習は大変でした」と振り返る。】
 オレは偶然にもこの二人の初登場の回を観ているのだが、あの二人って婆さんと孫じゃなかったのか……。というか、ものすごい素人っぽさでひっくり返ってしまったのである。なんて説明したらいいのか……町内の子ども会の余興? そんな感じ。シュールを通り越して一周して戻って来てしまったような芸風なのだ。正直、エンタっていうのはまがりなりにもプロのための番組であるはずなのに、ナニ考えてるんだろうか? と老婆心ながら心配してしまった。エンタは一体どこへ行こうとしているのか、と。しかしまぁ、結局は他人事なんだから「ど?でもイイですね(by.だいたひかる)」。
 さすがに疲れて零時前に就寝。しかしオレは何しに六本木まで行ったのだろうかね???
スポンサーサイト
  1. 2006/08/21(月) 19:45:57|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

泥酔とイイ加減

8月19日(土)

 六時起床。ハムエッグで朝食後、男博公式パンフ作成。メールで関係者とやりとりしながら。四時半、外出。新宿二丁目コミュニティセンターaktaへ。赤杉康伸くんの主催する勉強会『AGPマンスリーセミナー 第5回「Rainbow Talk 2006 東京2ndをコーディネートして」』に出席。四月に開かれたシンポジウムの総括と、「政策としてのパートナーシップ法の意味」「政治の現状とLGBTI」というテーマを併せての催しである。五時スタートということなので十分前くらいに行ったのだが、もうすでにけっこうな人数が集まっており、真ん前の席しか空いていなかった。オレが真正面にいては話しづらかろうと思いつつも仕方なくその席へ。そういえばオレはRainbow Talk 2006 東京2ndのときもいっちゃん前に座らされたなぁ。それはともかく集会は、良くも悪くも雑多な面々が揃っていた。イカニモという感じの原理主義的なお方から、「なんでこの人が?」という衆まで。面白かったのは、早稲田大学のゲイサークルの男の子が配っていた早稲田祭イベント(尾辻かな子氏を招いてのトークライブ)のチラシが、“全編手書き文字”というものすごく昭和チックなものであったこと。そうだよなぁ、オレらが二十歳前後の頃ってまだワープロすら普及してなくて、みんなこんな感じだったよなぁ……と思いが一瞬、時を駆けてしまった。
 八時の終了後、男博チラシを置いてもらうべく三丁目のバー「タックスノット」へ。連れがいれば話し々々なので適当なペースで呑んでいけるのだが、独りの場合はどうも上手く間合いが保てずピッチが上がってしまう。夕飯をとらずに酒に行ってしまったせいもあり、途中からどのくらい空けてるのかわからなくなる。途中、フライングステージの座長、関根信一氏がいらしたのだが、どうも要らんことをベラベラまくしたてたような気がする。また、適当にイイ加減なメールを多方面に打ったようでもあるが、この場を借りまして、御迷惑をおかけした皆さんにお詫び申し上げておきます。
 たぶん十一時半くらいに店を出て、なぜか二丁目の丸正(日本初の終夜営業スーパーらしいです)で買物がしたくなって行ったはいいが、なぜか世の中のすべてが可笑しくなり、クスクスヒヒヒと笑ってしまう。もうサービス品の豚肉とか買ってる自分が可笑しくて可笑しくて。ぶじ勘定を済ませて帰途につくが、家に着いてケータイを見ると、千葉向月さんからメールが入っていることに気づく。某氏より明日、都内某所にて開かれるイケメンストリートミュージシャンのコンテストの審査員をやってほしいと頼まれたのだがどうしよう、という内容なのだが、こっちも泥酔しているので「それは引き受けたほうがいい! 出演して男博の宣伝をしなければ!」とイイ加減な返信をしてしまう。と、「夜分すみませんがお電話してもいいでしょうか?」と返ってきたので承諾の旨を送ると、ほどなく電話が。なんと、オレも一緒にやってほしい、という。今こんなまともに立ってもいられないようなアリサマなのに明日はたして使い物になるんかいな、と頭では思っているのに、酔った口は「あー、いいっスよ、オッケー、オッケー」みたいに裏腹なことほホザく。受話器を置くやいなやひっくり返るように床に就き、三分と待たずに眠りに落ちる。高田純司並みにテキトーな男だなぁオレ。
  1. 2006/08/21(月) 19:45:11|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

打ち切りと日本の母

8月18日(金)

 六時起床。夜に予定されていたミーティングが中止になったので、朝から終日家にこもって仕事。まずは『バディ』連載原稿。送信後、男博公式パンフ作成に。食事は朝昼兼用で納豆メシ、晩はハムエッグ。ネットにこんなニュース。
【「新どっちの料理ショー」9月で終了………………日本テレビの料理バラエティー「新どっちの料理ショー」が9月いっぱいで終了することが決定した。この番組は「どっちの料理ショー」として97年4月にスタート。スタジオで、司会の関口と三宅の2班にプロの料理人が分かれ、「焼き鳥VS串揚げ」など2つの料理をそれぞれ最高の素材で調理。どちらの料理を食べたいか、ゲスト出演者が選択し、人数が多い班のみが食べられるという内容。料理人の名人技だけでなく、出演者の駆け引きが楽しめることなどが人気を呼び、放送開始当初は20%以上の高視聴率を記録することもあった。
 05年4月に視聴者参加型の「新どっちの料理ショー」にリニューアルされたが、最近は10%台前半を推移するなど視聴率が低迷。また、司会アシスタントとして出演していた同局アナウンサーが今年2月、女子高生のスカートの中をカメラ付き携帯電話で盗撮し書類送検され、3月9日の放送を最後に番組を降板していたことが5月になって発覚していた。】
 いっそ降板させられた炭谷アナを復帰させ、植●教授と司会コンビを組ませて『エッチの料理ショー』とでもリニューアルさせればいいのに。ゲストは山崎拓とか横山ノックとかにして。……と、つい不謹慎なことを考えさせられるようなニュースであった。
 八時までやって終了。今夜は観たい番組がほとんどない。まともに観たのは『金スマ』の松居一代伝のみ。ひとり息子のアトピーとの壮絶なる闘いのくだりでは、昨今失われつつある“母の強さ”というものをつくづく思い知らされた。昔の日本の母ってのは、こういうもんだったよなぁ、としみじみ思う。十時就寝。松居一代は“おっかさん”という言葉が似合う女だなぁ、とフト思ったオレ。
  1. 2006/08/21(月) 19:44:23|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ランチと「すいか」

8月17日(木)

 六時起床。コッペパンをかじってから、雑用アレコレ、原稿書きコレソレ。正午、最寄りの駅前まで。改札で劇団フライングステージの俳優、石関準くんと落ち合い、スーパー&SHOP99で食い物を仕入れてわが家へ戻る。オレは十日に観に行った定期公演がぶじ終わり、今日はささやかな慰労ランチ会。芝居のことやら人物月旦などをしつつ、かねてから逢うたびにDVDを数話づつ観つづけていたドラマ『すいか』の最終三話にとりかかる。主人公・基子(=小林聡美。よく考えたら銀行の女子行員で“モトコ”ってのは確信犯的につけたものなんだろうな。まぁドラマの中で横領をしたのは基子の親友のほうだが……と、若者にはピンとこない話をしているオレ)と母(=白石加代子)の会話ノくだりが、向田邦子ならばフツーに書きそうなものであるけれど、イマドキの作家がよくぞここまで! と感心するような出来で、木皿泉(=男女二人組の合同ペンネーム)の才能に二人して拍手をおくる。向田邦子賞はダテじゃないね。
 四時前に石関くん帰る。送ってから、ちょっとウトウト。納豆で夕飯をとってから入浴。上がって原稿書き。男博で販売する公式パンフのレイアウトなども進める。十時までやって本日は終了。『渡鬼』のあと、録画しておいた『下北サンデーズ』を観てから十一時就寝。サンデーズの佐田真由美を観るたびに、「あぁ、劇団にあーゆー先輩いたっけ!」と懐かしくなるオレ。
  1. 2006/08/21(月) 19:43:38|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

クソガキと日々に忙殺

8月16日(水)

 七時起床。ワイドショーは首都圏大停電と靖国参拝の話題がほぼ独占。コメントを寄せていた専門家によると、あの停電で生じた損失は金額にして二十三億円以上だとか。クレーン船の持ち主である茨城の土建屋に払える額では到底ないだろうが、どうするの? と他人事ながら心配になってくる。そして靖国がらみか? とも言われるこんな事件が。
【加藤紘一議員の実家全焼。放火か?近くで男性腹刺す………………終戦記念日の15日夕、小泉純一郎首相による靖国神社参拝の波紋が広がる中、参拝に批判的な発言を繰り返してきた自民党元幹事長の加藤紘一衆院議員の山形県鶴岡市内の実家兼事務所が全焼した。敷地内で50代くらいの男性が腹部から出血して倒れていた。加藤発言に対する抗議の意思表明なのか? ぼうぜんとする加藤氏。鶴岡署はこの男性が放火して自分で腹を刺した可能性もあるとみて、背後関係も含めて捜査している。
 加藤氏は小泉首相の靖国神社参拝に批判的な発言を繰り返し、鶴岡の事務所にはここ2、3日、発言に対する抗議が多数寄せられていた。2003年10月には、「建国義勇軍」を名乗る差出人から、銃弾入りの封書が送り付けられる事件があった。小泉純一郎首相の靖国神社参拝に、アジア外交を重視する立場から批判的な発言を繰り返してきた加藤氏。15日も東京都内で記者会見し、「(首相在任中の)計6回の参拝はアジア外交をかなり壊してしまった」と指摘。とりわけ今回については「終戦記念日は最も神経質になる日だ。日本と戦いを交えた国が挑戦的と受け止めることは避けられない。できれば、避けてほしかった」と語った。一連の言動と事件との関連を問われると「まだ分からない。予見を持たず、今後の警察の調べを待ちたい」と繰り返した。】
 事実関係はまだ解明されていないが、もしもホントに言論を暴力で封殺しようとしたのだとしたら許せンなぁ。ちなみに昨日の小泉参拝、サンケイを除く新聞はどこも感情論的に非難しているそうだが、そこはヒステリックになってはいかんトコだろ。どちらかといえば心情的にはオレもそちら側なのだが、しかし個人の感想文ではないのだから、斬るにしても叩くにしてもソレナリのやり方ってもんがあるだろうに。
【早寝早起き運動、乳幼児に拡大=「キレる子」対策の一環………………文部科学省は15日、「キレる」子ども対策の一環として、乳幼児が規則正しい生活リズムを身に付けるための取り組みを2007年度から全国の幼稚園や保育所で行う方針を固めた。子どもの生活習慣改善を目指し、06年度から全国45地域の小学校を中心に進めている「早寝早起き朝ごはん」運動を拡大し、新たに全国35地域で、就学前の乳幼児まで対象に含める。07年度予算概算要求に関係経費を盛り込む。乳幼児の段階で規則正しい生活リズムが形成されると、情緒的に安定するとの研究結果を受け、「キレる」子ども対策として実施する。】
 ウチは妹を除いて早寝早起きの家庭なので、このあたりについては大丈夫である。オレは今でもなんにもやることがなかったら、夜八時には眠れる。そして朝は、たとえ明け方に眠っても、外が明るくなったら自動的に目覚めるのだ。「朝はしっかり起きる」「夜はきちんと眠る」オレはこれは人としての基本であると考えており、だから京也などにも、たとえうるさがられても言い聞かせつづけているのである。オヤジというのはガキから憎まれてナンボじゃ。ガキといえばロシアからまたもクソガキが。
【タトゥーが優等生に変身!? きっちりDVD発売イベント行う
 ロシアのお騒がせデュオ、t.A.T.u.(タトゥー)が15日、来日し、東京・池袋のライブハウスで初ライブDVD「トゥルース?ライブ・イン・サンクトペテルブルグ」の発売イベントを行った。3年前の初来日で音楽番組をドタキャンして大騒動になった2人だが、時間通り記者会見も行われ、報道陣は逆に肩透かしを食らった。「今回は迷惑をかけないんですか?」という意地悪な質問にも「それは過去の話でしょ。水に流して前向きにいきましょう」(ジュリア)とさらり。「日本ではいいことばかりだから楽しい。今回は大江戸温泉に行きます。あなたも一緒に入らない?」(レイナ)と記者を温泉に誘い、大爆笑を巻き起こした。】
 『めざましテレビ』のスタジオでも失笑を買っていたが、「水に流して」というのは被害をこうむった側が言うセリフじゃ! おまえが言うなおまえが、という感じである。誰かきっちり叱ってやれや!
 本日も朝から夕方まで出仕事。丸正で買い物して6時帰宅。卵焼き&ウインナーという遠足メニュー的夕飯をとっていると千葉向月氏よりケータイにメールあり。男博用にスカウトしたいメンバーとの待ち合わせ時間までまだちょっと間があるので少し打ち合わせしませんか、と。7時半、いつもの新宿駅近くのベローチェへ。小一時間ほど話して分かれ、九時ごろ帰宅。入浴し、原稿書き、十一時まで。ちょっと一息ついてから、零時前に就寝。なんか日々に忙殺され、という表現がピッタリだなぁ最近のオレ。
  1. 2006/08/21(月) 19:42:56|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。