本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ケーシー高峰と三週目勝ち抜き

9月3日(日)

 八時半起床。本日も引き続きカラッとした晴天。すこぶる快適である。朝食はお好み焼きの残り。雑用をアレコレこなしてから、昼はキャベツラーメン。原稿書きをちょっとてしてから三時、新宿駅西口へ。先週日曜の老会で知り合ったKくんが男博の前売りを買ってくれるというので待ち合わせてベローチェでお茶する。五時ごろまでダベッてから食材を購入して半に帰宅。食パンにマーガリンとジャムを塗って夕飯にしたあと、入浴。
 今度のイベントの際に衣裳として使うための医療用白衣をネットで検索していると、ある業者のカタログの型の説明のところで「ケーシー高峰タイプ」とあってひとり大笑いする。確かにわかりやすいっちゃァわかりやすいが、しかし医療関係者向けの商品案内ページにまさか「ケーシー高峰」なんて名前が出てくるとは! ところでケーシーさんの芸名ってのはやっぱり「ベン・ケーシー」から取ったのだろうかね?
 八時から『笑いの金メダル』。『エンタの神様』以上にヒドイ番組だが、新人の勝ち抜きコーナーに“ひとりガンダムコント”をやる男が出ていて、すでに二週勝ち抜いているので、その続きが気になってついつい観てしまう。結果は、今週も他の二組に大差をつけて勝利(二十五票:二十五票:五十票、という感じ)であった。この「若井おさむ」という芸人、アムロ・レイとその声優、古谷徹を足して二で割ったような顔をしており、そのせいか声が古谷にかなり似ている。そんな声でアムロの名セリフをコントに織りまぜるのだから、ファンにはたまらないものがある。この部分が最大の勝因であろう(ジャッジはレギュラー芸人とスタジオ観覧者とで下すのだが、笑金芸人の多くはガンダム世代である)。ちなみに前田健もアムロ真似はかなり巧いんよ。十一時半ごろ就寝。『笑金』、たぶん来週も観てしまうであろうオレ。
スポンサーサイト
  1. 2006/09/04(月) 21:43:35|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

爽やかな日と歌舞伎町のいかがわしさ

9月2日(土)

 六時半にいったん目覚めるが、せっかくの涼しい朝なので二度寝。夏場は暑さのせいで慢性的な寝不足状態(夜中に寝苦しくて目が覚めること多し!)なので、安眠できるときには可能な限りしておかねば! 八時起床。たっぷり眠れると、やっぱり体調がいいねぇ。天気はまぁまぁ。昨日とちがって日射しは強いが、カラッとした晴天なので不快さは皆無。窓をあけて扇風機をまわすだけですこぶる快適である。しかし、陽気とはうらはらに、こんな景気の悪い話題も。
【上戸&もこみちドラマが打ち切り………………テレビ朝日・ABC系の「下北サンデーズ」と「レガッタ」の連続ドラマ2作品が、放送予定を1話繰り上げて全9話で終了することが1日、分かった。「下北-」が7日、「レガッタ」は8日放送分で最終回となる。テレビ朝日広報局は「14日からシンクロのワールドカップがあり、視聴者の方にはそれを楽しんでいただくために、終了を1週早めました」と説明。だが、視聴率低迷の影響も大きく、「下北-」は、初回こそ11・4%だったが、以後は7%前後に低迷。「レガッタ」も初回9・5%で、その後は4?5%と不調だった。】
 レガッタはともかく、サンデーズのほうはけっこう好きなんだがなぁオレ……。当初は全然注目してなかったのだが、だんだんクセになってきて、今では毎週楽しみにしている。まぁ木曜九時という時間帯は、この面白さが一番伝わりそうな層はまだ帰宅してなかったりしそうなので、その部分で損しているところもあるのか(視聴率はサンプル視聴者がリアルタイムで観ている状況でしかカウントされない)。もっとも、監督である堤ユキヒコの作品はたとえ数字的にはあまりふるわなくてもDVDになると売れたりすることが多いので(これはクドカン作品も同様だが)、テレ朝はそのあたりで回収すればいいだろう。オレもBOXが出たら買おうかな、と久々に思ったりしている。
 朝食は卵サンド。一応マジメに原稿書きし、昼食はお好み焼き。食べてまたパソコンに向かう。六時半、外出。家の中も過ごしやすかったが、外に出るとなおいっそう爽やかで、思わず「爽やかだなぁ」と口をついて出てしまったくらい。たぶん一生の中でそうはないと思うよ、「爽やかだ」なんてことを自然発生的に口にする機会ってのは。
 七時、新宿高島屋・東急ハンズ前で千葉向月さんと落ち合って男博関連の必要アイテムを探す。待ち合わせ時間を三十分間違えていた沢木壮くんもやがて合流。そのあとストリップ劇場「DX歌舞伎町」の地下倉庫で小道具をチェック。模造刀を持ち出したかったが深夜の歌舞伎町でそんなものを持ち歩いていたら職質が厄介なので断念。倉庫を出、疲れたので歌舞伎町で最もチープな喫茶店で休憩。入るのは初めてだが、歌舞伎町の持ついかがわしさを三日三晩煮つめたようなオーラに包まれたところで、客層もとにかく濃い。やけにホモっぽい二人連れとかひび割れたような化粧のオカマの方だとか、まっとうに生きている人々ならばまず出逢わないであろう面々が詰めあわされている。話をしながらも、ついついそちらに目がいってしまって困った。
 出て、今度はドン・キホーテ。最初は歌舞伎町のほうに入ったが、狭さと客の多さに辟易して大久保店へ移動。中であれこれ見ていると、男博にボランティアスタッフとして加わってくれる(らしい)男の子がやって来た。沢木くんの友人とのこと。出て、駐車場の脇で立ち話していると、仕事を終えた晴海くんも合流。話は二転三転して、結局一時すぎまで(!)ドンキ前でえんえんタチンボ会議をした後、クラブイベントへN-stageのPRに行く三人と別れて半前に帰宅。二時前に就寝。深夜の新宿は無国籍地帯だなぁ、と改めて感心したオレ。
  1. 2006/09/04(月) 21:42:58|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

涼しい雨とドラミちゃん

9月1日(金)

 七時起床。間もなく雨となるという曇天。おかげでかなり涼しい。やがて予報通り降り出す。テレビの中継を観ると、神奈川エリアはかなり強い降りのようだが、東京はさほどでもなし。昨日停滞しっぱなしだった企画書書き、今日はサクサク進む。思考の歯車の間にはさまっていた異物をひとつ取り除いただけなのだが、前日とはホントに打って変わった感じである。昼は豚の生姜焼き。晩はモヤシラーメン。夕方、シャンソン歌手の今里哲さんからファックスが届く。進呈した『HGの呪い』の感想をわざわざ寄せて下さったのである。義理堅い方だなぁ、と感心。そして感謝。
 七時からは『ドラえもん』の“ドラミちゃん初登場SP”。ドラえもんの妹、ドラミちゃんの一時間にわたるお披露目編である。声を担当するのは千秋。千秋がアニメの声、と聞くとどうしても伝説の子ども番組『ウゴウゴルーガ』内のショートアニメ『ノンタンといっしょ』を思い出してしまうが、そこはさすがにプロという感じで、ノンタンとも普段の千秋とも違った風に演じていた。面白いのは、ドラミちゃんのほうが千秋よりも“はるかにフツーっぽい”ところ。通常、演者よりアニメキャラのほうがマンガチックなはずなのに、千秋の場合は顔出しのときのほうがよっぽどアニメアニメしてるのである。なんたって王冠かぶって「プー」とか言ってるし(笑)。
 八時、外出。雨はとっくに上がっているが、かといって蒸したりはしない。夏場の雨上がりはちょっとしたミストサウナ状態でむせかえりそうになるが、かなり秋めいてきている感じ。ちょっと日用品の買物をしてから九時すぎ、新宿二丁目ジョナサン前。千葉向月さん、晴海くんと男博ミーティング。今夜は千葉さんが出すことを切望しているCくんとの顔合わせである。ちょっとメンバー内でひっかかりの出てしまっている部分なのだが、ちょっと厳しい条件を出すことによって一応はクリアできた(のかな?)。十一時すぎに新宿駅前で解散。半ごろ帰宅し、入浴。『タモリ倶楽部』観ながら就寝。涼しい日々はビンボー人には嬉しい限りだなぁオレ。
  1. 2006/09/04(月) 21:42:09|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ダメな日と地震

8月31日(木)

 六時半起床。今日は一日、家で企画書作成……の予定なのだが、ぜんぜん集中できず、床に寝ころがったり起きだしたりの連続。そのうち横になったままグウと寝てしまったりして、我ながらまったくもって話にならない。とりあえずメシを、と豚の生姜焼きで朝昼兼用食。午後も状況は似たり寄ったり。苦吟のすえ、ダメなときァダメさ、と開き直って夕方には投げ出す。夕飯はモヤシラーメン。慣習的にエアコンをかけていたが、窓をあけて外気を確かめてみたらけっこう涼しかった。あー、電気代ソンした、とよけいにウツが進む。
 五時半前後にやや強めの地震あり。東京MXテレビ『5時に夢中!』では司会の徳光Jr.が「ただいま地震が行なわれています!」と震災に対する精神的モロさをとことん露呈するコメントを(笑)。その一方、コメンテーターの『新潮45』編集長・中瀬ゆかりが「べつにアタシが身体動かしたせいじゃないからね!」と、すかさずおデブちゃんの定番ギャグをかましていたのはさすが。自分の役割というのをきっちり理解してますな。もうひとりのコメンテーター岩井志麻子のほうも担当の(?)エロネタをしっかりカラませ、こちらもキャラクターを裏切らない不謹慎コメントを発する。面白いけど、だから「MXテレビはアウトロー放送局」なんてことを言われるんだよな。昨日発売の『テレビブロス』では『5時に夢中!』に寄せられた視聴者クレームのベストテンを掲載していたが、中には「正式な謝罪がない場合には告訴します」みたいなのもあって笑った。入浴後、無為な時間をえんえんと過ごしたのち、十一時すぎに就寝。夕方の地震は無為な一日をすごしたオレへの天罰ですかね。
  1. 2006/09/04(月) 21:41:16|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。