本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

昼下がりのお茶会とシビアな意見

9月22日(金)

 八時起床。午前中は雑用あれこれ。一時ちょっと前に外出。少し買い物をしてから半、新宿駅西口でフォトグラファー+ライター+デザイナー+αの澤木マメさんと待ち合わせ。「男博」チケットの受け渡しがてらベローチェでお茶をする。彼女は若いのになかなかのヤリ手で、さまざまなイベントの企画やアーティストのマネジメントなどをこなしている。今回の「男博」の問題点(こないだメディアソフトのS-2くんにも相談したもの)についても意見を求めてみると、彼女のそれはオレ以上にシビアなものだった。うーむ、やはりショービズの世界ってのは厳しいなぁ……。
 今後のイベント企画などについて二時間ほどお喋りしてから別れ、三時半すぎに帰宅。雑用をこなしたり、連絡メールをあちこちに出したりしたあと、東京MXテレビ『5時に夢中!』。テレビ東京・月?金16:00からの帯番組『レディス4』の十月からの新司会者に抜てきされた徳光正行は今日で番組を卒業する。徳光の不良司会ぶりあっての番組、という印象が強かっただけに、彼の降番は痛いなぁ。後釜についての告知は一切なかったが、来週からは誰がやるんだろうか。気になるなぁ。
 夕食、入浴のあと、九時ごろから、先日パネラーとして出演させてもらった「新木場ゲイ暴行事件を考えるシンポジウム」の発言記録に朱入れをはじめる。十一時ぐらいまでかかって終了。主催者の石坂わたるくんに返しておく。今夜で一応ラストとなる『Matthew's Best Hit UV』(深夜から十一時台に格上げされたのち満を持してゴールデン進出したが失敗して深夜へ逆戻り、という波瀾と流転の番組だったなぁ)を観ながら、たぶん零時ぐらいに就寝。プロとしてのイベントというものに本気で取り組もうとすると、やはり毅然とした態度が必要となるなぁオレ。
スポンサーサイト
  1. 2006/09/23(土) 14:25:40|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

久々の古本屋めぐりとオレ世代のアイドル声優

9月21日(木)

 八時起床。昨夜の酒はすっかり抜けていた。パソコン起ち上げ、櫻田宗久くんに「男博」のお誘いメールを出そうと思ったら、なんとあちらのほうからミクシィのマイミク申請メッセージが届いていた(彼は一度退会したのだが、今回ふたたび入会したのである)。おぉ、シンクロニシティ! しかし承認ボタンを押しても上手く先方のページにつながらない。「既に退会したか、存在しないアドレスです」と出てしまう。なぜだ? 仕方ないので、とりあえず通常メールで送信しておく。
 今日もカラッと晴れた外出日和。洗濯機を回していたら、むしょうに古本屋を回りたくなってきたので「資料蒐集」という大義名分(詭弁、ともいうが)をかかげて十時、外出。JRで阿佐ヶ谷へ。パール商店街のブックオフを皮切りに、荻窪、西荻窪とまわって数店を覗く。三時帰宅。一息ついてネットを覗いたら声優の曽我部和恭(そがべかずゆき)氏の訃報にふれて愕然となる。食道癌のため、十七日(日)午後八時ごろ永眠されたのだそうだ(享年五十八)。癌は二ヶ月ほど前に見つかったのだが、そのときはもうすでに手のほどこしようがない状態だったらしい。急逝そのものにも驚いたが、六年程前に一身上の都合で声優業を辞めていたという事実にもびっくりである。声優界には麻生美代子さんや京田尚子さんのようにトンデモナイお歳になられても変わらず現役でおられる方々がいる反面、喉を傷めたりして早期に現役から退かれてしまう方も少なからずいたりする。曽我部氏もそのクチだったのだろうか。それにしても先日の鈴置洋考氏に続き、オレの世代のアイドル声優がまた一人いなくなってしまったなぁ……。曽我部氏といえば今から四半世紀以上も昔、サインをいただいたことがある。当時、オレの地元の某テレビ局は毎年、夏休み期間中は連日アニメフェアをやっていて、声優だとか歌手だとかを日替わりで呼んではトークショーをやっていたのである。当然、オレも毎日皆勤賞状態で通いつめていたのだが(我ながら宿題はいつやったんだろうか?)、その初年の初日のゲストが曽我部氏だったのである。サインをいただいたとき、あまりの緊張のためテンパッてしまい、せっかく氏が握手の手をさしのべてくれたにもかかわらず、体が硬直してシカトするような感じになってしまった。「……あれ。いいの?」と当惑気味で訊いてきた曽我部氏のお顔が、四十をすぎた今でも忘れられない。まぁ、そんなしょーもない思いではともかく曽我部氏のご冥福を心よりお祈りいたします。合掌。
 雑用をこなしたあと、夕食、入浴。『渡鬼』などを観てから十一時就寝。オレ世代のなつかしい声優といえば最近、ANAのCMで伊武雅刀が『宇宙戦艦ヤマト』のデスラー総統を久々に演ってるが、最近の若人らはあの声が伊武氏であることなんか理解してないんだろうなぁ。
  1. 2006/09/23(土) 14:24:39|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

久しぶりの編集部と居酒屋相談

9月20日(水)

 七時起床。好天で日射しはきついが、湿気がほとんどないので過ごしやすい。そんな陽気のもと、本日も朝から夕方まで出仕事。五時半、上野へ。復刊『薔薇族』の版元だったメディアソフトの新事務所へ。今回は、復刊『薔薇族』のバックナンバーを「男博」会場で販売させていただく計画の打ち合わせのための訪問なのだ。旧スタッフのうち、紅一点だったKさんがつい先日退社してしまったということを聞き、ちょっとシンミリとなる。いつまでも変わらずいられるものなど世の中にはないのだと知ってはいるのだが……。打ち合わせは無事に済み、S-2くん、S-3くんと久々に近くの居酒屋へ。業界話やら人物月旦やらをアレコレと。イベントを数多く観てきて目の肥えているS-2くんに、目下頭を悩ませている「男博」の問題点について相談すると、やはりオレと同様の意見を述べる。それはそうだよなぁ……とますます頭が痛くなる。サテどう上手く解決していくべきか。十一時ごろまで呑んだあと(『HGの呪い』の遅ればせながらの出版祝いとして二人が御馳走してくれた)、上野駅へ。方角のちがうS-2くんと構内で別れ、S-3くんと山手線で帰途につく。零時前に帰宅。入浴し、そのまま寝床に入るが、酒のせいか体が火照り、なかなか寝つけない。ようやく眠れたのは三時すぎであった。辞めてしまったKさん、「男博」には来てくれると嬉しいなぁオレ。
  1. 2006/09/23(土) 14:21:48|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。