本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

王子とグッズ

10月3日(火)

 八時起床。ワイドショーで“ハンカチ王子”に群がる糞婆ァどもの姿を見、あらためて胸が悪くなる。“佑チャン”ばかりをいたずらに持ち上げ、チームメイトも対戦相手も「引き立て役のその他大勢」としか見ない(どころか、ちょっとでも王子サマに不利益にはたらく事をしようものなら「ひど?い!」の大コール)態度には、バカだとはハナからわかっていてもハラワタが煮えくりかえる思い。こういう低能低俗な大人どもが青少年を歪ませるのだ。「こいつらを合法的に皆殺しにする方法はないものか」と真剣に考える。さらに言えば「ファンサービスです」などとマスコミに公言しながらマウンドでハンカチを出す王子サマの態度というのもあまり好きではないな。そういうことは、たとえそうであったとしても口に出してはイカンのです。商売っ気が見えると幻滅だよ、と周囲の誰かが教えてあげなさい。
 あれこれ雑用をこなしたあと、十時外出。郵便局などへ。丸正で買い物して帰ろうかと思ったが、毎週火曜の特売デーの日で大混雑だったので却下。人ごみとか行列とか並ぶだとかいうことが大嫌いな性分なのである。十一時前に帰宅。洗濯機をまわしながら朝食兼昼食をとり、「男博」公式パンフの最終修正。CDに焼こうと思ったら、なぜかメディアを機械が受け付けず。
 二時半、新宿駅近くのベローチェで千葉向月さんから「男博」特典グッズの元(何なのかは当日までナイショなのでここでは書けず)を受け取ってトンボ返り。連続使用不可という機能的問題もあって、機械をだましだまし、休ませ休ませグッズを作っていく。四時からはテレビ東京『レディス4』。徳光正行の司会ぶりを見るが、彼の人気を支えている“辛口コメント”が九割がた封殺されており、こちらへの“栄転”は果たしてホントに“栄転”だったのかはかなり疑問である。五時からは東京MXテレビ『5時に夢中!』。萩原流行にバトンタッチして最初の週だが、こちらもかなり違和感あり。やっぱり徳光は『5時に夢中!』に戻るべきだね。春には復帰せよ、Jr.よ!
 夕食をはさみながらグッズ制作を続ける。八時半ごろにやっと終了。入浴し、九時からは北朝鮮拉致犯罪告発の日本テレビ報道SPドラマ『再会?横田めぐみさんの願い?』。企画自体は悪いものではないが、しかし放送の時期がなぁ……。“対北強硬姿勢”以外に大衆へのアピールポイントの見当たらない(あとの所信はすべてあやふやなイメージ論だけだからなぁ)安倍新政権発足直後に、というのがなにやら作為的に感じられてならないのだが。北といえば、ドラマ放映直後、核実験実施宣言のニュースが。自殺行為とわかっていながら突っ張る姿を見て、かつての日本もこうだったのか、と思ったり思わなかったり(どっちなんだ)。十一時半就寝。残る「男博」グッズ制作はパンフだけだな、オレ。
スポンサーサイト
  1. 2006/10/05(木) 10:45:31|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ヒゲとアムロ

10月2日(月)

 七時起床。雨天のなかを本日も朝から夕方まで出仕事。昼、書店へ行くとそこそこヒットした『メガネ男子』、そういう話は特に聞いてない『スーツ男子』につづくメンズフェチアイテムMOOKシリーズの最新刊『ヒゲMEN』というのが出ていた。“男子”でなく“MEN”にしたのは、さすがに男子というチャイルディッシュな響きをもつ言葉とヒゲのもつアダルト感はそぐわないと判断したためか。あるいは単に「イケメン」にひっかけたものなのか(音的には酷似してるよな)。それはさておき、ビジネス出版の基本は「二匹めのドジョウ」なことはじゅうじゅう承知しているのだが、しかし手をかえ品をかえよく類似品(自己模倣含む)を出すもんだよなぁ。“メガネ”“スーツ”“ヒゲ”ときて、つぎは一体なんなんだろう。“髪型”っていうのはすでに手アカがつきまくって今さらだからなぁ(まぁ、“坊主頭”のムックはちょっと前に出されたが)。予知能力のある方、オレまでご一報ください。ただし、テレパシー送信以外の方法で。
 六時帰宅。「男博」での復刊『薔薇族』販売の件で版元の営業担当者に電話するも外出中とのことで折り返しをお願いしておく。夕食のあと、連絡メールなどあれこれ。終わったらかなり疲れ果て、仕事は明日まわしに。録画しておいた『笑いの金メダル』を観ると、ガンダムネタで五週勝ち抜きに王手をかけていた若井けんじが勝利を手にしていた。賞金の五十万円をもってきたプレゼンターは、なんとアムロ・レイ役の声優・古谷徹! モノホンとパチモンの2ショットはなかなか壮観であった。若井はこれで番組レギュラーの座も手にしたのだが、アムロのモノマネ以外にどんな芸をもっているのか未知数なので他人事ながらハラハラするなぁ。東京MXテレビ『水曜どうでしょうclassic』を見てから零時就寝。あっ、ひょっとして次にフィーチャーするのは“帽子”かな、と寝床の中でふと思ったオレ。
  1. 2006/10/05(木) 10:44:42|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。