本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

書評『エロの敵』(安田理央・雨宮まみ/翔泳社/1500円+税)

 この本の第一印象は、
「あ、教科書」
 だった。本文の書体(フォント)、級数(フォントサイズ)、組み方、どれをとってもあの懐かしい学業の友を彷佛とさせるのだ(ついでに手触りやの重量感も)。そして構成がまた一段と「教科書」。ワンテーマが最大でも二・五ページと短く、編者の感情を極力排した簡潔かつ客観的な文章でまとめられたそれらが、淡々と積み上げられていくのだ。
 いや、体裁や構成の話ばかりしていても仕方がないな。肝心の「テーマ」の話をせねば。
 ビデオデッキの一般家庭普及にはオマケAVが大きく貢献した、という四半世紀も前の逸話を持ち出してくるまでもなく、「エロ」の持つ力には底知れぬものがある。レンタルビデオ店が全国津々浦々にあれほど急速に広まっていったのも、やはりエロパワーあってのものだろう。健全なるロードショー映画だけでは、あれほどの隆盛は極められなかったはずだ。絶対。
 そのエロがいま急速に活気を失いつつある。いや、正確には「商材としてのエロメディアが」だ。インターネットで入手できる無料オナニーツールの台頭はいちじるしいので、一般ユーザーには「エロの衰退」などと言って全然ピンと来ないかもしれないが、危機的状況にあるというのは誇張でもなんでもない。エロで食っている人々は個人差はあれど、ほぼ例外なく青息吐息の状態なのだ。しかしまぁ、
「人間に性欲のある限りエロの需要が落ちることはない。だから、エロは不況に強い」
 なんてお気楽な都市伝説的学説(?)が、一般マスコミ人の間ではいまだ信じられているそうなのだから、シロート衆が気づいていないのも無理はないか。
 本書は、今日の未曾有の危機の原因が何であるのかを探るべく、アダルトメディアの歴史を、ヌードグラビア誌の元祖といわれる『100万人のよる』が人気を集めた昭和三十年代までさかのぼりながら検証したものである。冒頭で「教科書」と書いたが、まさにエロ界の「歴史教科書」。一時代や一分野を、特定の集団などを通して思い入れたっぷりに語ったものは過去にもいくつかあったが、これほど「広範囲」で、かつ「事実の列挙」に徹した資料というのはおそらく前例がない。
 閑話休題。タイトルに用いられている「エロの敵」とは、従来のそれであった官憲やPTAなどを指すものではない。それらによる「規制」「糾弾」というのは、仕組みがいたって明解であるから敵としては御しやすい。裏をかくことも比較的容易にできるし、逆に利用することだって可能なのだ。
 安田・雨宮両氏が「敵」としているのは、そんな単純なものではない。半世紀以上も連綿とつづいてきたエロ文化の存続を危ぶませている、「何か」のことなのだ。その「何か」とは単独のものではない。複数の要因が複雑にからみあって誕生したキメラのような怪物なのだ。本文の導入部で私は、
「インターネットで入手できる無料オナニーツールの台頭はいちじるしい」
 と書いたが、このあたりがその怪物の中核、関係者の誰もが認める目下最大の「エロの敵」であろう。最終章「エロは無料の時代」において安田氏は、AV業界に大打撃を与えている「ファイル交換ソフト」に触れ、国家機密の漏洩事件などで一躍悪名をはせた「Winny」について、アングラネットの事情通という人物からこんなトンデモナイ証言を引き出している。
「ほとんどの人気AVは見つかりますよね。S1の新作なんか、発売日の前日に流れてますよ。どうも中国の方のサーバーから来てるみたいなんですけど。(中略)こういうファイルを流してるのは、職人って言われてる人たちなんですよ。自分でDVDを買ったりレンタルして、データを吸い出して編集して、ジャケットのデータまでつけて流してますからね。どうしてわざわざそんなことをするかというと、単に喜ばれたりチヤホヤされたいだけなんです。いわばボランティア。それによって、メーカーに打撃を与えようなんて悪気はないんですよ」
 うひゃあ、これでは業者はどうやったって勝てるわけがないではないか。躊躇というものを知らないぶん、悪意のない暴力くらい恐ろしいものはないのだ。いや、ノンキに悲鳴などはあげてられない。私自身、「エロにどっぷり」と言うほどではないが、それでも半分くらいは浸りながら仕事している立場なのだから。他人事みたいな顔して語っている場合ではないのだ。
 果たしてこの状況に対する有効な対抗策はあるのか? という話になるのだが、安田氏は本書をこんなふうに締めくくっている。
「これだけ『エロはタダ』という概念が定着してしまった今、アダルトコンテンツを売るという発想では、難しくなっていくだろう。『エロは貴重なものである。だから買うべきだ』という従来の前提を捨て去り、全く新しい考え方が必要になるのだ。(中略)今から10年後、今の30代が40代になり、20代が30代になった頃、アダルトコンテンツはどんなユーザーが支えることになるのだろうか? 誰もエロにお金を払わなくなったとき、エロメディア、いったいどう変化するのだろうか?」
 そうなのだ。巨匠ミヤザキの大作アニメと同様(笑)、長い時間をかけてどれだけ語り尽くしたところで、答えなんか出てくるわけがない。このテーマは、それほど大きく、複雑な、構造的問題なのだから。タダ、無料、フリー、ロハという響きはたいていの人間が歓迎するものである。しかし、「タダより高いモノはない」という言葉があることも、人は知っておかねばならない。
「タダのエロ、万歳!」
 と我が世の春を謳歌している御仁は、そのあたりのことはキチンと考えておられるのだろうか? 未曾有の状況であるのだから、果たしてその後になんらかのシッぺ返しが来るものなのか、もしも来るとしたら一体どのようなモノなのか、皆目見当がつかないのである。ひょっとしたら取り返しのつかないような事態がこの先に待っているのかもしれないが、それはそれで甘受しなければならないでしょ。自分たちが進んで選んだ道なんだから。
 おっと、話がちょっと「タダエロ論」に偏りすぎてしまった。無料コンテンツは確かに「敵」のひとつではあるが、決してそれが全てなわけではないのだ。先に述べたように、「エロの敵」とは複合的な怪物である。それと闘っていくためには、全体を把握し、総合的に対処していく必要があるのだ。そのためには、エロを愛する一人ひとりが現実を正しく見据え、冷静に策を練らなければならない。
 その際に、この「教科書」はきっと真価を発揮すると思うのだけれど。
スポンサーサイト
  1. 2006/10/31(火) 13:20:12|
  2. 書評|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

老会と狂った調子

10月29日(日)

 六時半起床。正午まで雑用のあと、外出。京王線で八王子まで。ヨドバシカメラなどを覗いてから三時、バーstreamで月イチ開かれている“ゲイの老後を考える会”に。今回は主催者の勝山氏の体調がすぐれずスタートが遅れたうえ、集まったメンバーも大半が恒例のアフター食事会に出ないで帰ってしまったので、イマイチ活気に乏しい感じがした。なのでオレもいつもより早く、九時前に、新宿まで出るという常連のTくんとともに辞去。車中、人物月旦などをあれこれ。ゆくゆくはモノカキになりたいというTくんにエラソーにもちょこっとアドバイスなどする。新宿駅でTくんと別れ、帰宅。風呂上がりに時計を見るとやっと十時。ふだんの月なら、「ではボチボチおいとまします」と腰をあげる時間である。十一時半就寝。先月は店側の都合で一回休みとなった老会だが、やっぱりひと月開いてしまうと、主催者側も参加者側も、ちょっと調子が狂ってくるのかな? と思ったオレ。
  1. 2006/10/31(火) 09:26:51|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

書評と画廊

10月28日(土)

 七時起床。朝食のあと、『エロの敵』書評のつづき。正午外出。高田馬場の古本屋で資料をあさったあと、地下鉄で銀座へ移動。二時半、とやまみーやさんの参加している官能画家のグループ展へ。みーやさんはまだ来ていなかった。二十分ほど鑑賞してから辞去し、JR経由で帰途。三時半ごろ帰宅。一息ついてから早めの夕飯を済ませて、入浴。書評のつづきにかかる。八時、やって来た千葉向月さんから届けものを受け取り、また原稿書き。出版文化、出版ビジネスの根幹にもかかわるテーマを扱っている本なので、なかなか難しい。九時半くらいまでやって今日は終了。ごひいき芸人が出ていないときは観るべきもののまったくない『エンタの神様』を観るともなしに観てから、十一時就寝。馬場の古本屋めぐりは久々だったなぁオレ。
  1. 2006/10/31(火) 09:25:59|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

文学氏とツンデレ

10月27日(金)

 七時起床。昨日、目を使いすぎたせいか、やや頭痛がする。朝食のあと、昨夜のBS2『奥さまは魔女』の再放送録画を。今日のはサマンサの身内のなかではずばぬけて善良だが魔法がカラッペタな“クララ伯母さま”の初登場編。このキャラクターはアニメ版『デビルマン』のララ同様(そういえばあちらもアーパーキャラだったな)、視聴者の予想外の人気を得たらしく、主役をつとめる回もしばしばあった(ピサの斜塔はなぜ傾いたか、の話とか)。ちなみに今回は“黒装束にカギ鼻のシワクチャな老婆”というステレオタイプな魔女のイメージ画をダーリンが広告主に命じられるまま描いたことに「こういう誤った先入観を助長するようなものを、どうして魔女の夫であるあなたが作るの!?」とサマンサが激怒する場面があった。『奥さまは魔女』はじつは笑いの中に社会性の高いテーマ(有色人種差別だとか)をさりげなく盛り込んでいる作品なのだが、これはひょっとすると同性愛者問題の暗喩? それにしてもサマンサの吹き替えをしていた北浜晴子はイイ声してるねぇ?。物心ついた頃からもう何十年も聴いているが、何度聴いても惚れ惚れするよ。ちなみにダーリン役の柳澤眞一氏がいま“ロト6”のCMに常磐貴子といっしょに出ているが、果たしてどのくらいの人がそれに気づいているのだろうかね。
 十一時、外出。代々木まで行き、ブックオフを覗いてから南新宿駅より小田急線で下北沢へ。古本屋をいくつか覗いてから一時、伊藤文学邸。まだ食事中とのことで、近所の喫茶店にて待つ。ドトールやスタバとかとは対極にある、いわゆる昔ながらの“街の珈琲屋さん”。ほどなくいらした文学氏と、『薔薇族』の今後についてあれこれ話す。今後の展開について意見を述べたあと、「名前でネット検索してくる人も多いんですから、著名人と交流を持ったらとにかくすぐブログに書いてください」とのアドバイスもしておく。店を出て、今度は近所のラーメン屋へ。お昼をご馳走になりながら、さらに話す。かれこれ二時間近くも話してしまった。文学氏の書斎写真の掲載された雑誌『男の隠れ家』を頂戴し、辞去。小田急線経由で三時半ごろ帰宅。
 夕食後、入浴を済ませてから、知人のライター・安田理央氏からご献本いただいた新著『エロの敵』(翔泳社)の書評原稿に着手する。このところバタバタしていてなかなかきっちり本を読む時間が取れず、ようやく昨夜読了したのだ。八時からは『太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中』。議長役をつとめる日テレアナウンサー、森富美は仕切りはホントに上手いなぁ、といつもながら感心。海千山千の政治家オヤジを黙らせる手際の良さは阿川佐和子と双璧をなすが、阿川が“だだっ子をなだめる母”であるなら、森はさしずめ“冷徹なキレ者女上司”である。“ツンデレ”系のマニアは様々な妄想をいだきながら彼女を観ているに違いない。
 原稿書き、九時まで。寝床で資料を繰りながら、『薔薇族』関連の企画に思いを馳せる。テレビは『中居正広の金スマ』。本日は、元“電脳アイドル・チバレイ”こと千葉麗子の波乱万丈伝。負けん気の強さには素直に感心するが、やや生き急ぎすぎている気も。「ジュウレンジャーのメイが、僕の初恋相手だったんですよ?」と言いながら迫ってくる南海キャンディーズの山ちゃんに、あからさまな嫌悪感を隠さないところが「オタク人気でのし上がったがオタクのことは基本的には嫌い」なチバレイらしくていいね(笑)。十一時半就寝。『薔薇族』とその発行元である“第二書房”を“特殊文化遺産”としてなんとか後世に遺したいのであるオレは。
  1. 2006/10/31(火) 09:25:04|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新連載と“タマゴ形ゲーム”

10月26日(木)

 友人のアパートで、初対面の“自称・プロデューサー”からウチの自主制作映画に出てくれといきなり頼まれ、ロケ地行きのタクシーに乗り込むが、「で、どこまで行くの?」と訊いたら「広島」と当たり前のように言われ、うわ?、腰が痛くなりそうだなぁ……とウンザリしたところで眼が覚めた。ゆうべ寝しなにイライラしたせいで観たのかもしれんな、こんなくっだらない悪夢(奇夢?)。
 七時半起床。テレビ朝日『スーパーモーニング』では、例のソフトバンクの“同社ケータイ間での通話・ショートメール無料”につづく“新規購入・機種変更も〇円”というニュースを。どうも通信革命というより、一般大衆の目には孫正義氏のヤケッパチというふうに映るのだが、果たしてそこに勝機はあるのか? ノルかソルかの大勝負だが、もしもこれでコケたら、きっと東京スポーツとかには「孫さん、“予想外”の損」みたいなベタな見出しが躍るンだろうなぁ、きっと(笑)。
 本日は終日、ゲイAVのリーディングカンパニー、コートコーポレーションのPR誌『CHECK』の新連載“影坂狩人のBIZARRE PRESS”にかかる。馬に食わすくらいあるネタ(マスコミの皆さん、遠慮なくお声をおかけください)の中からココ向きのものをチョイスし、ダダダダッと一気呵成に書き上げ、つづいてレイアウト(完全原稿での入稿、というのが先方の条件なのだ)。ここまではスムーズにできたのだが、問題はそのデータの先方への送信である。サイズは小さい(ほぼDVDのパッケージ大)とはいえ、四色カラーなのでメールで送るには容量が大きすぎるのだ。とりあえず中身の先方チェックだけは早く済ませたいのであれやこれやと工夫をこらすが、なかなか上手くいかない。裏ワザを使ってとりあえず確認用に使えるものを送れたのは、じつに七時近くになってからだった。送信がぶじ受け付けられたときにはドッと疲れてしまった。なので、今日の仕事はこれで打ち止め。
 夕食後、入浴。寝床読書。NHKの、タイトルはわからないがなんか“プロジェクトX”ぽい番組(あれほど大仰ではないが)で“タマゴ形ゲーム”の開発秘話とかいうのをやっていたので、「ハテ、“タマゴ形ゲーム”とは何ぞや?」と思い観てみると、なんのことはない(本日二回目だなこのフレーズを用いるの)“たまごっち”のことなのであった。固有名詞は極力出さないのが公共放送の常ではあるが、しかし誰が観たって「あ、たまごっち」とわかるものを、MC(茂木健一郎)も開発者当人も当たり前のように“タマゴ形ゲーム”と呼んでいる姿は滑稽であり、また不気味でもある(独裁政権下の言論統制を観ているようで)。このくらいは使ったって問題ないンじゃねぇの? と多分かなりの視聴者が思ったのではないか。十一時就寝。頭を使うのはなんてことないが、神経使うと非常に疲れるなぁオレ。
  1. 2006/10/31(火) 09:24:11|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

自堕落と緩慢なガチョ?ン

10月25日(水)

 七時起床。本日も朝から夕方まで出仕事。六時帰宅。きょうは仕事がずいぶん忙しく、視神経を酷使したため家出の仕事はせぬことに決める。夕食、入浴を済ませてから自堕落に過ごす。
 月曜に録画しておいた日本テレビ『極上の月夜』をやっとこさ観る。今回はレギュラーである美輪明宏の大特集。氏が「テレビでは絶対に歌わない!」と公言していた“愛の賛歌”(原語版)を番組が口説いて口説いて口説き落として歌わせる、というのが目玉なのだが、それに際して美輪サイドから出された条件というのが「カメラは固定したものをひとつだけとする」「編集は一切しない」の二つ。当初、ロングの映像が現れたので、このまま六分何十秒か続くのかと思いきや、そこはテレビ屋としての意地があるのか、超スローモーではあるがアップになっていく。そして上半身くらいまで寄ったところで、また同じようなスピードで引いていくのだ。それをリピートする様はどっかで観たことあるような気がする。なんだったかなぁ……と考えたら、ようやくわかつた。なんのことはない、コレは緩慢な“ガチョ?ン”なんである(笑)。そう気づいたらおかしくって。苦心が裏目に出る、というのはこういうことを言うのだろうなぁ。また、感動の熱唱が終わったあとに流れたCMが“サラ金”というのも泣きっつらにハチ。吸血ハイエナの力を借りて“崇高なる美”をうたいあげるンだから、おかしな時代だね現代ってのは。
 だらだらと無為な時間を過ごしてから、十一時、草々に惰眠をむさぼることにする。こういう日もたまには必要なんですオレ。
  1. 2006/10/31(火) 09:22:34|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。