本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

三丁目の夕日とペドファイル先生

12月3日(日)

 七時起床。起きて早々、資料整理に取りかかる。正午すぎまでやって食事かたがた小休止。横になって、久世光彦氏を特集した雑誌『フリースタイル』(フリースタイル)をぱらぱらめくっていると、実相寺昭雄氏との生前の交流についての記述が。二人はTBSではほぼ同期で共通の趣味(乱歩マニアだったり)も多かったりして親しかったのだそうだ。そういや『時間ですよ』にもウルトラマンが出たりもしたっけ(マチャアキと希林さんの「そうだ、ウルトラマンを呼ぼう」というのも流行語になったなぁ)。じつは久世脚本・実相寺監督で夏目漱石の『夢十夜』を撮るという企画も進行していたのだとか。しかし二人とももはや亡く、寂寥感がいっそう募るなぁ。
 整理再開。仕事しながら金曜日に録画した映画『ALL WAYS 三丁目の夕日』を観る。セットで再現された昭和三十三年の街並はなかなかのもので、構成も正味二時間以上という長尺ながら最後まで観客をダレさせることもなし。とはいえ、世間の褒めそやし派の言っているのはいくらなんでもオーバーであり、傑作と呼ぶのはちょっと違うだろう、という感じ。イイとこ“佳作”か。気になったのは、原作では気弱な小市民の鈴木オートの社長をやたらコワモテのキャラにしたり、従業員のロクさんを“ロクちゃん”という女の子にしてしまったりと、昨今の漫画映画(アニメーションの意味ではなく、「漫画を元にした映画」ということネ)の監督が躍起になっている「原作をいかにオレサマ流に料理するか」のドツボに、案の定はまっているところだ。要するに、監督の沽券にかけて「原作通りにはしない!」のだ。その最たるものが、変造が過ぎてキャラの名前以外はまったくの別物になってしまった宇多田ダンナ(名前忘れた)の『キャシャーン』である。べつに無理に替えなくたっていいのに、どうしてムダなことをすんのかね? 原作を極力原作のママで撮りきって感動を喚起することのほうが、よっぽど監督としての技量は示せると思うのだが。それと、西岸良平マンガの持つ独特“匂い”というのがほとんど感じられなかったのが三十年以上も読み続けているファンにとっては不満であった。なんて言ったらいいんだろう、パッと見は西岸ぽいんだけど、マンガからは感じ取れるあの時代の生活臭というのがほとんど伝わってこない。全体的にビニールコーティングされていて、匂いも温もりも手触りも何も感じられないのである。よくできた食品サンプルを見せられているようで、この点もじつに残念であった。あとキャスティングもなぁ……。「三丁目の夕日が実写映画化されて、吉岡秀隆が出るらしい」と聞いたとき、オレは「おっ、きっとロクさん役だな」とまず思ったものであった。だってソックリなんだもん。しかしフタをあければ吉岡は駄菓子屋の茶川さん……。ずっこけたねぇ。原作を知っている人ならきっと賛同してくれるであろうが、茶川さん役は絶対“大杉蓮”なのだ!(笑)
 五時半、TBS『報道特集』。交通事故被害児童の遺族が起ち上げたHPから現場画像を無断コピーし、自身の運営する小児性愛サイトに掲載していた現役教師(!)について取り上げていた。転載した写真にはご丁寧に「自転車がこんなにグジャグジャになってしまっているんですから、きっと女の子もタイヤに巻き込まれてひどい状態になり、スカートもパンツもすべて脱げてしまったことでしょうねぇ。そろそろ恥じらいをおぼえるお年頃のはずですから、きっとすごくはずかしかったことでしょう」みたいな煽情キャプションをひとつひとつに付けている(男児・女児ともに対象としているから性別関係ナシのペドファイルということか)。鬼畜ブーム云々に関係なく、こういうシチュエーションに萌える人間というのは世の中には大勢いるし(かくいうオレも屍体写真でヌケる男だしね)、何にどのような欲情を抱くこともこの国では自由なのだから、それ自体はべつに他人からどうこう言われる筋合いのものではない(たとえ教職にある者であったとしても)。それを非難する者がいたり、実際に取り締まったりしたら、そっちのほうがよっぽど問題である。しかし、今回のはイササカやり方が上手くないやね。実際の事故写真(海外という異界のものならまだしも、国内という身近な場所での)を用いてしまったことで、本来なら“バーチャル”の中だけで完結させなければならないもの(極論であるが、フィクションの中だけであれば子どもを犯そうが殺そうが問題はないのだ)が逆流し、“リアル”と結びついてしまっている。かりにもガッコのセンセなんだから、もうちょっと人間の心理・感情というものを知って(理解して)おくべきであろう。秘するが華、沈黙は金、というような言葉は一億総発信者時代、言いたがり・出たがり・目立ちたがり時代にはもはや意味をなさないのであろうかね。最近のネット不祥事の数々(この日記でもたびたび触れているが)を見るにつけ、インターネットなんてものに耽溺しすぎると、やはり脳の中枢のドッカがおかしくなってしまうのかなぁ、とつい思いたくなってしまう(なんだか“ゲーム脳”みたいでイヤなんだけど)。mixiに溺れてしまっているかも……と思い当たる節のあるキミ、そう思ったらいったん退会しなさい。でないと、取り返しのつかないことになるゾ!
 夕食、入浴をはさみ、十一時まで資料整理して就寝。自分を客観的に見られるということはかなりの理性を要する作業なのだよ、とエラソーに言うけどねオレ。
スポンサーサイト
  1. 2006/12/05(火) 09:33:28|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

マムシとようやっとの休演

12月2日(土)

 八時起床。午前中はマンションの設備点検でなんだかんだバタバタ。MXテレビ『談志・陣平の言いたい放題』では毒蝮三太夫も実相寺昭雄監督の訃報に触れていた。まぁ、マムシさんとはウルトラシリーズつながりだから当然か。ここでもやはり監督の異才ぶりに話がおよぶ。映画畑に移ってからの話題ばかりで、ウルトラマンの話が出なかったのがちょっと残念だが。
 今日も資料整理。正午、『メレンゲの気持ち』をちらりと観ると、MCの若槻千夏がようやっと休演になっていた。イヤ“ようやっと”ってことァないが、発熱と下痢でダウンし(後に神経性胃炎と潰瘍性大腸炎との診断が下る)、ほぼ一カ月間も静養しているというのに、バラエティやらCMやらで、それこそ見ない日はないくらいの状態だったので、なんだか全然「休んでいる」という気がしてなかったのだ。まぁ、そのくらい出まくっていた(出まくらされていた)からこそ厄介な病気にもなっているのだろうが。売れなきゃオフの日ばかり、売れたらオフの日一切なし、という日本の芸能界(特にバラエティ界)の二極体質はどうにもならんのかね。その中で生き残っていくためには、これはもう並々ならぬ自己管理能力を持たねばならぬ。「自分に厳しく、身の程というものをわきまえ、真につきあう意味のある人間を選び、生活を律していく」ということをオレは自らにも近しい者たちにも課しているのだが、実践はなかなか難しいようである(特に若い連中にとっては)。終日整理に追われ、くたくた状態で十一時就寝。いっぺんあちこちからお座敷のかかりまくる神風作家ってのになってみたいねぇオレ。
  1. 2006/12/05(火) 09:30:58|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

怪人訪問と明るい追悼

12月1日(金)

 八時半起床。寒くなると熟睡できるせいか、どうも寝過ぎてしまうねぇ。雑用のあと、正午、外出。二丁目のショップ「CHECK」で『HGの呪い』の委託販売分の集金をしてから新宿駅へ向かう。途中に入った洋服屋で、ずっと探してた撮影用小道具の帽子にどうやら使えそうなものを見つけたので「ラッキー!」とばかりに購入。バーゲン価格でほぼ半額になっていたので二度ラッキーである。
 小田急線で下北沢まで。駅前をちょっとぶらついてから伊藤文学邸へ。来年早々の『薔薇族』の自力再建のための相談である。話のなかで、いま、某漫画家との雑誌対談のオファーがあることを聞く。当然のごとく(そういう人なのだ文学氏は)版元名も誌名も憶えていないが(笑)、たぶんオレも読んでいる某アングラサブカルゴシップ誌のアノ連載なんだろうな、とおおかたの察しがつく。まぁ、ちょっとは『薔薇族』の宣伝にはなろう。ほかに、山川純一氏の生原稿をヤフオクに出している件についても少々。ネット上には非難の声も多いようだが、山川氏から権利ごと買い上げたものなわけだから、べつに売却したところでどうということはあるまい。どれも雑誌掲載済みのものばかりで、画像データは保管されているわけだから、原稿が手元になくなつたとしても作品としての生命は存続するわけだし(買い上げた当時の価格で出しているんだから、むしろ良心的である)。当時、生活苦にあった山川氏を支えるため、文学氏は掲載しないものまでも買い上げて稿料を渡しており(つまり伊藤邸のどこかには“幻の未発表作”が眠っているのだ!)、そのときの恩返しを今してもらっているだけの話である。文句のある人は自分で全原稿を買い上げ、美術館なり記念館なりを開いて展示すればよろしい。一銭の金も出さずに口だけは人一倍出すような輩の筋違いの正義論などは聞く必要ナシ、なのである。
 来年なるたけ早くリニューアル復刊すべく、具体的な話を詰めていく。その中で、どうして『薔薇族』が現在のサイズ(A5)なのかというトリビアも伺う。「へー」という感じ(笑)。一時間半ほど話してから辞去。小田急線経由で四時帰宅。夕食のあと、入浴。そして資料整理。九時からはTBSラジオ『唐沢俊一のポケット』。中野貴男氏(遺作となった『シルバー假面』の脚本を担当)をゲストに、水曜に亡くなった実相寺昭雄監督の追悼特別プログラム。“追悼”とは言ってもそこはこのメンツであるからシンミリなどはせず、「監督がいかに破天荒な人だったか」を笑いをまじえて語り合う趣向。番組ブログには在りし日の監督の怪人ぶりを唐沢氏が回想した文章が掲載されていたが、文学氏と重なる部分多し。こうして少しずつ“埒外の人”というのがいなくなっていくのだなぁ、と少しシンミリ。零時半まで資料整理して就寝。文学氏の証言はなるたけ聞き取って文章化しておかなければなぁオレ。
  1. 2006/12/05(火) 09:29:54|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

巨匠の訃報と見逃すことも罪

11月30日(木)

 七時半起床。ネットを覗くとmixiを中心に色々な人々が、あの“巨匠”の突然の訃報について触れていた。
【「ウルトラマン」「帝都物語」の実相寺昭雄さん死去………………テレビの「ウルトラマン」シリーズの演出や映画「帝都物語」などで知られた映画監督の実相寺昭雄(じっそうじ・あきお)さんが29日深夜、死去した。69歳だった。実相寺さんは東京生まれ。59年、ラジオ東京(現TBS)に入社し、66年の「ウルトラマン」をはじめ、「ウルトラセブン」「怪奇大作戦」など特撮番組に数多く参加。奇抜な構図や照明を駆使する独自のスタイルで、不可解で不条理なムードあふれる映像を作り上げた。 69年に映画に進出。エロチシズムを大胆な手法で表現した「無常」「曼陀羅」、人気小説を原作とした「帝都物語」「姑獲鳥の夏」などを監督。「魔笛」などオペラの演出も手がけた。 昨年は「ウルトラマンマックス」の演出に参加。半年ほど前、手術を受けたが、かつて手がけた特撮番組を自らリメークした映画「シルバー假面」を完成させ、11月の試写会に姿を見せた。12月23日の公開を待つばかりだった。】
 つい最近まで現役として精力的に第一線で活躍されていたので、まさにカットアウトという感じの、唐突という印象の強いご逝去である。昨年の『ウルトラマンマックス』では、セブンの名編『狙われた街』のセルフオマージュ(自己パロディ?)『狙われない街』なんていうのを撮り、オタク者たちを仰天させていたが、あの怪人ぶりにもはや触れられないというのはじつに寂しい。合掌。
 さらにこんなニュースも。
【いじめ「見ぬ振りも加害」教育再生会議が緊急提言………………安倍首相直属の教育再生会議は29日午前、首相官邸で、首相も出席した総会を開き、「いじめ問題への緊急提言」をまとめた。提言は8項目で、いじめをした児童・生徒に出席停止など厳しい措置を取ることを念頭に、問題行動に対する指導・懲戒基準を明確にして毅然と対応するよう求めたほか、いじめにかかわったり、放置・助長した教員を懲戒処分の対象とすることなどが柱だ。いじめを傍観した児童・生徒の指導強化も盛り込むなど、踏み込んだ内容となった。提言はいじめについて、「速やかに解消する第1次的責任は校長、教頭、教員にある」とした上で、「教育委員会関係者、保護者、地域を含めたすべての人々が『社会総がかり』で早急に取り組む必要がある」と強調している。】
 何をいまさら、という感じである。永井豪は『バイオレンスジャック』の中で三十年も前に「悪を見逃すことも悪だ」と強烈なメッセージを送っておるではないの。率先して暴力に走るヤツは愚かしいが、その尻馬にのっかるヤツはさらに愚劣である。そういう輩どものことを「あさましい」と金八センセイも第五部の中で吐き捨てるように言ってたっけ。とはいえヒトの神経を無自覚にひっかきまわすヤツというのはどこに行っても必ずいるもので、そういう相手とおなじ場所に放りこまれると、これはホントにストレスになるのもまた事実である。精神的に未熟な(相手にしない、その存在を意識の中に置かない、といったオトナ社会のスキルを持たない)連中が「暴力」という短絡的かつ最悪な発散・解消法に走る気持ちというのもあながちわからないでもない。これはもう性善説・性悪説なんて次元ではなく、“ヒト”という動物の習性・本能というものを研究し、抑える術を見つけるべきなんではないか?
 終日、資料整理。莫大な量の雑誌を切り抜き、「捨てるもの」「残すもの(閉架資料)」「クリアファイルに入れるもの(開架資料)」とに選別していく作業なのだが、とにかく量が多くて、やってもやっても終わらない。現時点で何分の一くらいできているのかすらわからない。脳と視神経を酷使するため、長時間やるとゲロ吐きそうになってくるし(笑)。そんな難行苦行を零時すぎまでやって就寝。しかし今の苦労は後に大きな財産となるのだよオレ。
  1. 2006/12/05(火) 09:28:56|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

お笑いウルトラクイズと懐かしい街

11月29日(水)

 七時起床。久しぶりに雨のない空模様。そんな中を本日も朝から夕方まで出仕事。午後、こんなネットニュース。
【10年ぶりに「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ」復活!………………ビートたけしが司会を務める日本テレビ系「第20回ビートたけしのお笑いウルトラクイズ」が来年元日に放送されることが28日、同局から正式発表された。同番組はじつに10年ぶりの復活。民主党の細野豪志衆院議員との不倫を報じられ、TBS系「筑紫哲也 NEWS23」を降板した山本モナキャスターが復帰する。たけしは「10年ぶりとは思えないくらい、いまだに新鮮な番組。山本モナには幅の広い、懐の深いタレントとして進化を遂げてほしいね」とコメント。収録は12月上旬に行う。】
 もう十年ぶりにもなるのだねぇ、お笑いウルトラクイズ……。“第二十回”と、ちゃんと続き番号になっているところが嬉しいやね(笑)。かつてはその内容の徹底した過激さと無意味さでバラエティ界の王者として君臨した同番組であったが、規制の激しくなる一方の昨今のテレビマスコミにおいて、果たしてそのあたりを持続していけるのか気になるところである。というか、その部分が骨抜きにされてしまったのではもはやそれは「お笑いウルトラクイズ」ではない。その名を冠すのはやめてほしいところだ。まぁ、あえて山本モナを指名するあたりにお笑いウルトラ精神の片りんが見て取れるので、いくらか安心はしたが。
 夕方、地下鉄で中野坂上。冬場は五時をすぎるともうすっかり夜だなぁ。古本屋をちょっと覗いてから中野新橋の商店街へ。ウチの近所は野菜が高い(比較的安いスーパーがなくなってしまった)ので、青果にいちばん強いこのあたりの店で買っていくつもりなのだ。じつはこの辺は上京して最初に入った専門学校のあった場所でもあるので(学校は今もあるが)、夜道を歩いていると、フッとあの当時に意識がトリップしてしまうなぁ……。街並もほとんどあの頃と変わっていないので、よけいにその傾向が強いのである。重い荷物を背負い、汗だくになって七時半帰宅。夕食、入浴のあと、資料整理。十一時までやって就寝。冬場に汗ぐっしょりになっているオレはなんなんだろうね、まったく。
  1. 2006/12/05(火) 09:28:05|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。