本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

薔薇とオカマ

2月4日(日)

 七時起床。卵入りの野菜雑炊で朝食。十時、上々の天気の中を外出。方南町などを経由して、正午、ウォーキングにて下北沢に到着。天狗祭り(笑)とかいう頓狂な(失敬!)節分イベントでごった返す下北の街で買物をちょっとしてから、一時、akaboshiくんと落ち合うために駅前へ。待ち合わせ場所に指定していたドトールコーヒーが閉店していてちょっと驚く。ぶじ合流でき、旧・第二書房へむかう。
 近くのバーミヤンで食事してから、いよいよ現場入り。外側にはしっかりと足場が組まれ、いよいよ外壁の取り壊し直前、という風情であった。やはり今日来て正解だった。一切合切撤去され、すでにがらんとしたコンクリートの匡(はこ)となってしまっている内部へお邪魔して、内部をじっくり念入りに撮る。屋上へあがると、意外な眺望の良さに驚いた。都庁までもがくっきり見えて、ここから眺める夜景はさぞや美しかったろうと想像をめぐらす。それにしてもマイったのは隣家のワン公である。こちらが解説もどきをあれこれ喋っている間中、ワンワンワンワンと絶え間なく吼え続け、果たしてどのような仕上がりになっているのかかなり不安である。ただでさえ素人リポーターなのに、あちらが気になってなかなかナビゲートに集中できなかった(と、下手くそリポートの言い訳を)。庭に出ると。akaboshiくんがネットに書いていた薔薇の木があったが、よくよく見るとそのそばの塀の上になぜか「オカマ」がひとつポツン置かれている(笑)。釜飯弁当のカラ容器なのだが、薔薇のそばにオカマ、というのはあまりにも出来すぎていて、akaboshiくんともども笑ってしまった(リブ系のおっかない人たちが見たら、またも「キーッ!」と激昂するかもしれんが)。またそのオカマが有刺鉄線にからめとられてるのさ。もしやゲイのおかれている状況の暗喩オブジェなのでは? と一瞬思ってしまった。ま、単なるグーゼンでしょうがね(笑)。文学氏の元書斎だったスペースへ行くと、天井近くにまだちょっとだけ壁紙(とにかくサイケデリックの一言につきる!)の切れ端が残っていたのでひっぺがし、akaboshiくんと分けて記念品とする。主宰しているmixiの伊藤文学コミュ(ミク会員の方、よかったら入ってね)にも先日書いたが、こういう細部にわたって様々な趣向の凝らされた、七十年代の良きテイスト(レプリカではなくモノホンの!)満載の建築物が、たかだかン千万単位の負債ごとき(と、あえて言わせてもらうが)でもっていかれ、取り壊されてしまうというのは本当に腹立たしい。金は天下のまわりものだが、いったん失われた歴史的資料というのはもう二度と取り戻せないのである。日本人は、あとで必ず泣くことになるぞ!
 駅近くのファーストキッチンで五時ごろまで今後の計画を練りつつお茶したあと、帰途に。新宿駅で別れて、六時帰宅。鍋焼うどんで夕食、入浴の後、ネット覗くと、先ほどakaboshiくんと話した計画のひとつにモロに関係する会へのお誘いメールが届いていた。シンクロニシティというかなんというか。『バディ』連載のFAXに朱入れをし、今日の模様を伊藤文学コミュに書き込んでから(途中、オレのタッチミスでかなりの分量の文章が消えてしまう、という一幕も)十一時就寝。文学邸、本式に撤去される前にもう一度行きたいなぁオレ。
スポンサーサイト
  1. 2007/02/06(火) 08:51:05|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

終日原稿書きと明日に決定!

2月3日(土)

 八時起床。終日原稿書き。『桃色encount』(http://momoiro.encount.net/)用のコラム。月・木の週二回更新だそうなのでそれほどあわてて書くこともないのだが、とにかく書きたいネタがいっぱいありすぎて、ついついトバしてしまうんである。一般(=非ゲイ)メディアの仕事というのは、「異性愛側と同性愛側との通訳」を使命としているオレにとっては極めて大切なものなので、多少条件が良くなかったとしても積極的に受けるつもりでいるのだ。こういうヤツに書かせてみたいと思われた編集者の方、紙・webの別を問わずドシドシご依頼ください(笑)。
 akaboshiくんから「明日の午後以降ならば撮影協力オッケーです」というメールがあったので、では善は急げ、と「明日、いかがですか?」と返信。残された時間が限られているので悠長なことは言ってられないし、日曜ならば解体工事も休みだろうから撮影もしやすかろう。十一時半就寝。明日は下北沢までウォーキングするぞオレ。
  1. 2007/02/06(火) 08:50:21|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

こじつけウォーキングと協力要請

2月2日(金)

 八時起床。歯医者へ行ったり、郵便局で振り込みしたり、スーパーで買い出ししたりしているうちに十一時。仕事しようかと思ったのだが、あまりに気候がいいので、「運動不足は身体によくない。ウォーキングは絶対必要である」という理由を強引にこじつけて中野まで出かけることに。古本屋などを覗きながら、正午ごろブロードウェイ着。ひととおり覗くがさほど食指を動かされるものなくてホッとする。江戸川乱歩関連の本を一冊だけ買って出る。ちょっと欲しいものがあったので隣の高円寺まで足を伸ばすが、結局なし。ふたたび中野まで戻り、JR経由で二時帰宅。
 一息ついてネットを見るとakaboshiくんから「旧・第二書房の建物、まだもう数日は残っているようです」とのメールがあり、それを読んでいるうちに、自分をナビゲーター役にしてのドキュメンタリー風映像を撮っておきたくなってきた。さっそくakaboshiくんに協力お願いのメールを出す。原稿書き出すがなかなか集中できず、結局、八時頃で断念し、今日は資料を揃えることのみにする。九時からは『金スマ』の家田荘子特集の後編。取材は編集者が主にし、文章はゴースト、という彼女関連のゴシップ記事って、まだあるのかねぇ? 『宝島30』とか『噂の真相』相手に告訴するのしないのと昔はかまびすしかったけれど、最近はとんとソノ手の話は聞かないが。なんらかの手打ちがなされたのか、彼女が扱ってもさほどオイシイ人(時の人)ではなくなったからか? 十一時すぎ就寝。ピーカンでのウォーキングは気持ちよくってやめられませんオレ。
  1. 2007/02/06(火) 08:49:38|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

メガマックと歯医者予約

2月1日(木)

 九時半起床。まだちょっと眠たそうなHくんと十一時、昼食調達に出る。彼がメガマックの割引券を持っているというのでマックへ。ローソンの百均ショップで飲み物などを買ってから帰宅。はじめて食べるメガマック、大きさ的には想像していたほどのものではないが(これは佐世保バーガーのときにも感じたことだが)、しかしけっこう腹にはたまる。そして案の定、食べにくい(笑)。食らいつくはしからみじん切りオニオンがこぼれ落ちてくるのだ。こういうものを開発するのなら、味やインパクトだけでなく(もちろんそれも大切なのだが)食べやすさについても熟考してもらいたいものである。手がソースや脂でべたべたになるので、野外の、近くに手洗い場のないところでは、とてもじゃないが怖くて食えない。
 四時、明日も仕事が早いというHくん帰る。そのあとは雑用などをあれこれ。歯医者に予約電話も入れる。あー、この緊縮財政時にまたも治療費が毎週消えていくなぁ……。テレビ業界人に評判のイイらしいドラマ『エラいところに嫁いでしまった』等を観てから十一時すぎ就寝。メガマック、果たしてどれだけ世間に受け入れられているのかちょっと気になったオレ。
  1. 2007/02/06(火) 08:48:50|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

低能与党と無能野党

1月31日(水)

 七時起床。天気予報によると今日は十七度、桜の季節くらいのレベルにまで温度が上がるとのこと。一昨年の暮れには「十二月なのに夏日」ということがあったが(あんときは面白いので半袖で外出してみたっけ)、これらを「異常気象」と認識しているうちはまだ世の中は正常である。異常を異常と思わなくなったときがオレは怖いね。
 本日も朝から夕方まで出仕事。例の失言問題はどんどん大事になっている模様である。
【厚労相辞任なければ補正審議拒否=野党国対会談で確認へ………………民主党の高木義明国対委員長は31日午前、柳沢伯夫厚生労働相が「女性は産む機械」と発言したことに関し、「きょうの予算の提案理由説明は波静かなら予定されていたが、それまでにはご決断いただきたい」と述べ、柳沢厚労相が辞任するか罷免されない限り、午後の衆院予算委員会で行われる2006年度補正予算案の提案理由説明に応じない考えを示した。野党4党は同日午前、国対委員長会談を開き、こうした方針を確認する見通し。ただ、共産党は柳沢厚労相の罷免は必要としながらも審議拒否には同調しない方針だ。】
 オレはあれは、べつに女性蔑視発言だとは思っていない。今回のスピーチ内ではたまたま「女性のみ」を機械にたとえてしまったけれど、あの人の意識の中では男性だってやっぱり機械にすぎないのであろう。「富国強兵」という使命を担った「国家というシステム」においては、国民はすべて装置のひとつ、というわけだ。「女は産む機械、男は産ませる機械」なんである。だから怒るのであれば女性蔑視ではなく「国民蔑視」という観点から怒るべきだ(笑)。とはいえ「国民=機械」というのはべつに柳沢氏のみの認識なわけではなく、言ってみれば「政府与党全体の認識」なのだ。安倍首相以下の閣僚たちが少子高齢化をあれほどヒステリックに問題視するのは「強い日本」というものに対する執着に他ならないんだから(とにかくガキを数こしらえさえすればわが国は安泰、というノーテンキぶりには空いた口がふさがらない。適齢期女性を有無をいわさず「機械化」して強引にこさえさせたとしても、それらがみんなニートやヒッキーやストーカーや猟奇殺人者になる可能性だって大なのだ。数の増加ではなく質の向上が第一であろうに……)。いや、何かにつけて自民のやり方を非難する野党だって、少子化に対する考え方自体はあちらと大差ないわけだから、「国民は国家を富ませるための機械」というのは永田町の総意と言ったって差し支えあるまい。にもかかわらず、ここぞとばかりに、まるで鬼の首でもとったかのように柳沢氏の失言の揚げ足取りに血道をあげる各党々首の姿を見ていると、「イイゾ野党!」とはお世辞にも言えやしない。お前ら、他人の足を引っ張ることでしか存在を誇示できなのか? という感じで、与野党どっちもどっちの低レベルぶりにただただ情けなくなってしまうばかりだ。たまたま政界のホンネを言ってしまったオジイチャンをスケープゴートにするようなセコイ真似は、もういいかげんやめてほしいよな。今回の発言を糾弾する政治家は、ならば少子高齢化を問題視することをやめるべきである。「産む、産まないは各個人の自由意志に任せるべきものであるのだから、その結果、国力が衰退しようと、何世紀か後に日本人がいなくなったとしても、それは国民の選択の結果として甘受すべきことだ」くらいのことを公に言えるのならば、「国民は国のために子を産まねばならぬ」と言った柳沢氏のことも、どうぞお好きなだけ罵ればいい。しかし国民の個人的価値観よりも国の存続を重んじるのであれば、「子どもが減るのは困る」と言うのであれば、それは氏と結局は同じ穴のムジナなんであるぞ。少子高齢化をゆゆしき問題だと考えてるようなヤツに、少子高齢化に歯止めをかけようと思わず口をすべらせてしまった正直者(ある意味、善人。政治家としてはダメだけど)を責める権利などない。恥を知れ! ……などと擁護論めいたものを書いているが、オレは基本的に自民党はキライである。ほかに好きな党もないけど。
 柳沢氏が大臣職から去る去らないでマスコミがかまびすしい中、アメリカではオレでも知ってるようなアノ著名作家がこの世から去った。
【「ゲームの達人」作家のシドニー・シェルダン氏死去………………AP通信によると、「ゲームの達人」、「真夜中は別の顔」などのサスペンス小説が日本でもベストセラーになった米国の作家、シドニー・シェルダン氏が30日、肺炎による合併症のため、カリフォルニア州の病院で死去した。89歳だった。シェルダン氏は1917年シカゴ生まれ。第二次大戦に従軍し、戦後はニューヨークのブロードウェーで演劇の脚本家として頭角を現した。ハリウッド映画やテレビの世界でも活躍し、アカデミー賞脚本賞も受賞。その後小説家に転身し、わかりやすい文体とスリル満点の展開で、ベストセラー作家として親しまれた。】
 日本では小説家という認識でみられがちなシェルダン氏だが、じつは『可愛い魔女ジニー(原題/I Dream of Jiannie)』という『奥さまは魔女』の向こうをはったような魔法ドラマの原作者&プロデューサーでもあるのだ。バーバラ・イーデンという小悪魔的魅力にあふれた主演女優の声を日本語版では歌手の中村晃子がキュートに吹き替えていて、オレは『奥さまは魔女』以上に大好きであった。まぁ、そんな個人的な感慨は読者諸君にはどうでもいいことなわけだが(笑)。ジニーを創出してくれたシドニー・シェルダン氏のご冥福を謹んでお祈りします。
 五時半、高田馬場。買物を少々してから七時帰宅。餅を焼いて食べたら歯の詰め物が取れた。チッ! 雑用あれこれ。十一時ちょっと前に外出。先週の神ひろしさんの新年会で知り合ったHくんと待ち合わせ、食べ物を買って帰宅。二時ごろまでアレコレ話して就寝。『奥さまは魔女』に続いて『可愛い魔女ジニー』も再放送しないかなぁ、と密かに願うオレ。
  1. 2007/02/06(火) 08:48:01|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。