本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ストーカーとスピリチュアル

3月12日(月)

 七時起床。本日も朝から夕方まで出仕事。ネットにこんな芸能ニュース
【石原真理子「占い師にだまされた」………………女優・石原真理子(43)が米滞在中の97、03年に男性へのストーカー行為で2度の逮捕歴があることが11日、分かった。03年時は、実刑判決を受け、125日間ラスベガス郊外の刑務所に服役したという。この日都内で会見し事実関係を認めたが、その陰で詐欺の被害に遭ったことも明かした。石原は、97年に好意を持っていたミュージシャン男性Rさんに年間30通の手紙を書いたことをストーカー行為とされた。フロリダの裁判所から18カ月の保護観察処分を受けたが、実は手紙を書いたのは、ある占い師のアドバイス。Rさんが薬物に手を出し、占い師に相談したが、結果的に4000万円をだまし取られたと告白。「だまされた。ストーカーという言葉が出てくることが、わからない」と釈明。さらに裁判では手紙の文面に知らぬ間に「殺してやる」といった文言が加えられていたという。03年には妻帯者で別のミュージシャンBさんと交際。それが夫人に知られ、警察から「30日間、彼に近寄ってはならない」と命令を受けたが、日にちを勘違いし期間終了前に会い逮捕され、実刑判決になったという。また、この2度の逮捕歴を報じる13日発売の週刊誌を名誉毀損で訴えることも明かした。】
 名誉毀損、という言葉を彼女が口にしたことにまず驚いた(笑)。まぁ、最近は暴力団ですら臆面もなくこれを盾にとることがあるそうだから、べつに珍しいことではないのかもしれんが。アウトローとしてのプライトなんてものはもはやこの世には存在しないのだろうか? なんて思うこと自体、時代遅れなのかもな。占い師ウンヌンの部分については特に驚くことではない。このテの人間があのテの輩に傾倒するのは至極当然な話であるから、「あぁ、やっぱり」という感想以外は、ない。オレ自身は占いとかいうものを一切信じないが、かといって「だから、なくしてしまえ!」なんてことを言うつもりもない。テーブルマジックのような“座興”としてなら、べつにあってもいいと思うのだ。ただしそれには条件がある。診る側の「どんな結果が出たとしても気にする必要なんかはないですよ。こんなものはあくまで座興ですから」と明言できる知性と、診られる側の「どんな結果が出たとしても気にする必要なんかはないな。こんなものはあくまで座興なんだから」と動じないでいられる理性、この二つが揃っているなら、なんら問題はないと思うのだ。しかし、日本人の気質から考えるとそれは無理。たいていの占い師も客も、これらを持ち合わせていないのである(理性や知性を持ち合わせている人間は、特別な研究者やスキモノでなければ占いなんてウサン臭いものには基本的に近づかない)。「自分の診立ては絶対なのだ!」と思い込む占い師と、そいつの言うことを盲信する客。オレに言わせればどっちも重病人なのだが、こういう輩が結び付いてしまうとホントに厄介である。オウムにしたって原理はこういうことなのだ。そうしたカルト的なものを叩く立場にあるはずのマスコミも、視聴率主義、部数主義(つまりは拝金主義)にとらわれて、逆にそのテの連中を擁護する始末。スピリチュアルブームなんてのも、ある意味、そうしたマスコミが作り上げたものである(七〇年代の超能力ブームのとき、朝日新聞は「そんなものインチキだ!」と断言したが、いまやテレビ朝日が『オーラの泉』なんてものを堂々と放映してるもんな)。バカに甘い国、というのもいい加減なんとかしてもらいたい……と思ったが、国家経営の根幹をなす政府与党からしてそちら側なんだから無理か。
 六時帰宅。夕食、入浴のあと、業務用メールなどいくつか。今夜はちょっと気分がざわつくので仕事はせず、寝床読書。『水曜どうでしょうclassic』観てから零時就寝。最近、バカが多くて疲れません? と桃井かおりみたいなことを思ってしまうぞオレ。
スポンサーサイト
  1. 2007/03/15(木) 09:36:45|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。