本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

パチモン国家と小物首相

4月25日(水)

 七時起床。テレビ朝日『スーパーモーニング』では、北京オリンピックにむけて文化的国家への再生を試みる中国政府の苦心の模様を特集。第一歩としてまず、これまで野放し状態だった自国産の海賊商品の一掃をはじめたらしいが、しかしそのあと紹介された北京の大テーマパークのすさまじいことよ。まるっきりディズニーランドのそっくり遊園地なのだ。どこかでみたようなキャラクターたちが恥じ入ることもなく跋扈しており、ディズニー系ばかりかピカチュウやハム太郎やドラえもんなどもテンコ盛りというそのキッチュ感たるやむしろ清々しさをおぼえさせてくれる(笑)。ドナルドのパチモンを指して司会のタマちゃん(赤江珠緒)が「あれは“北京ダック”ですね」と言ったのに笑う。ウマイ!
 本日も朝から夕方まで出仕事。行きの電車が、新宿駅を発進した直後、いきなりの停止信号によって級ブレーキをかけた。座っていたオレの眼前ではかなりの乗客が遠心力に翻弄され、もうちょっとで将棋倒しが発生するところであった。発車から数秒後、ほとんどスピードが出ていないにもかかわらずこれなのだから、尼崎の事故のときはどれほどすさまじいGがかかってきたものか、考えるにそら恐ろしい。急停車の理由は「お客様のお荷物がドアにはさまったため」だというが、荷物をはさまれるようなムチャな乗り方をすんなボケ! はさまれる可能性がある場合は、無理に乗り込むんじゃないっつーの。尼崎事故にかぎった話ではなく人災の多くは、心のゆとりのなさから生じるのだ。「心のゆとりのなさ」といえば、またまた安倍首相が病的な神経質さを発揮したらしい。
【「言論によるテロ」=週刊誌報道に激高?安倍首相………………安倍晋三首相は24日夜、「週刊朝日」の最新号に掲載された長崎市長銃撃事件の容疑者と首相の元秘書をめぐる記事について、「全くのでっち上げでねつ造だ。いわば言論によるテロではないかと思う。これは報道ではなく政治運動ではないかとすら言いたくなる」と首相官邸で記者団を前に激しく批判した。】
 総理になるような人間が、たかだか週刊誌記事ごときにイチイチ過剰反応していてどうするか、と思うのだがオレは。自分の小物ぶりを自ら進んで露呈させるのはいかがなものか。彼の小心さがまず明らかになったのは、昨年の731部隊騒動のときだったっけ。詳細は以下。
【総務省は5日、TBS(東京放送)のニュース番組で7月21日に放送された旧日本軍の 生物戦部隊「731部隊」に関する特集の中に、内容とは関係のない安倍晋三官房長官の写真が映っていた問題で、「放送番組の編集上求められる注意義務を怠った」などとして、TBSに厳重注意の行政指導をする方針を固めた。行政が放送番組の内容や表現に立ち入ることについては、メディア関係者や専門家から慎重な意見が出ている。 問題となったのは731部隊の特集の冒頭、電話取材をする記者を撮影した際に部屋の中にあった安倍氏の写真パネルが映った場面。TBSは別の番組で使用したものが映ってしまったと説明している。安倍氏は先月26日の記者会見で「意図的であれば恐ろしいと思うし、政治生命を傷つけようということであれば問題だ」と反発していた。TBSは同日夕のニュース番組で安倍氏や視聴者に対して「誤解を与えかねない映像」として謝罪し、総務省に提出した報告書では「意図的なものではない」と説明していた。同省は、各放送事業者が定める番組基準から逸脱していたと判断した。砂川浩慶・立教大助教授(メディア論)は「行政指導は何ら法的根拠がない。TBSが既に謝罪しているのに、個別の番組内容に立ち入った行政指導は行政による表現の自由への介入で、よほどの理由がない限り認められない」と語る。】
 731部隊が活動していた頃には安倍氏はまだ生まれていないことぐらい、まともに新聞の読める程度の知能を持っている者ならばわかるだろう(笑)。一部のブロガーたちは、サブリミナルのどうのと安倍チャンと同様の過剰ぶりだったようだが、あれにしたってどこまで本気なのかわからない。小泉純一郎という人は、問題点は多分にあったものの、いかなる揶揄や誹謗であろうとしれっとした顔で聞き流せるだけの図太さがあった。それは重責をあずかる政治家としては不可欠な要素で、だからこそあれだけの長期政権を維持できたわけだが、安倍氏の場合は持ち前のナーバスさが全てにおいて裏目に出ている感じである。もともとが対北強行路線で人気を集めた人物だから、本来ならばゴーホーライラクなイメージでいきたいところなんだろうが、いかんせん肝っ玉の小ささが何かにつけて露呈してしまうので、よけい小泉と比べられてしまう。ふーむ。
 六時帰宅。忙しくて食べるのを忘れていた賞味期限五日オーバーの豆腐があったので、それで夕食。その程度の傷みで腹をこわすようなヤワな身体ではないが、念のため火を通して湯豆腐に。食べて入浴。その後は『桃色encount』の明日アップ用コラムを書いたり、ようやく決定した『薔薇族』自力復刊記念パーティの詳細を参加予定者全員にメールしたり。とにかく人数が多いので、なんだかんだで零時近くまでかかってしまった。零時半ごろ就寝。『明石家さんch』で、ビビる大木の言った「恋愛(の勝ち負け)は出逢った順番(で決まるもの)じゃない」という言葉がやけに身にしみるオレ。
スポンサーサイト
  1. 2007/04/26(木) 08:59:22|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。