本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

パーティと禊(みそぎ)

4月30日(月)

 蓄積疲労+昨夜遅くの就寝がたたり、さすがに十時起床。今日アップ予定(!)の「桃色encount」用コラムをあわてて書き上げ、送信。ホッとしたのもつかの間、三時半からはじまる『薔薇族』自力復刊記念パーティの支度をせねばならぬのだ。会場を提供してくださるNさんのお宅へまず行き、Nさんのご主人のクルマで下北沢へ。伊東文学氏を乗せて、ふたたび新宿まで戻る。今日はNさんのマンション内にある住人専用パーティルームを貸していただくのだが、ここがとにかくゴージャスで、気後れしてしまうほど。二十八階ということで眺望も抜群で、ほとんどの人間がベランダへ出て東京の眺めを楽しんでいた。
 支度も整い、いよいよ客入れ。出版・報道・芸能といったマスコミ系の方々から、石坂くん&その周辺の方々など、総勢三十名ほどの皆さんが来てくださり、広いはずのパーティルームがキツキツになってしまったくらいである。文学氏の音頭で乾杯をし、いよいよ宴へ。初めての出逢いあり、久々の再会ありと、色々な人たちが色々なふうに交われる、年齢も性別も性的指向も関係なしに単に「人間同士」として交流のはかれる、こういう場を作っていくことがオレの理想(であり使命)のひとつなんである。だから、ある部分、感無量だったりする。石坂くんの手伝いをしたことで、より雑多な面々とも交流をふかめられ、そういう意味では金品なんかよりもはるかに大きなものを得られたと思う。すなおに感謝したいところである。
 中盤、自己紹介タイムを経て、石坂くんとNさんがらみの仕掛けをひとつ。恥をしのんで言えば、石坂くんサイドは当初、段取りが段取りといえないくらいに劣悪で、Nさんに多大なる御迷惑をかけてしまった。そのため大きなゴタゴタが起こり(ワケあって書けず、とこの日記にしたためた花見の日の出来事)、サポーターから物理的に離れてしまった人なども出したりした。しかし石坂くんも選挙を通じてそこそこ練られ、飛躍的にとは言えないまでも牛歩的には成長できた。それをNさんに見てもらい、看過できぬレベルのしこりになってしまっていた部分をなんとか取り除こうと思ったのである。Nさんとて石坂くんのことが憎くてキツくあたったわけではなく、母的な想いあればこそ与えた試練なわけで、今日出された赤飯というのも、本来は石坂くんのために用意(勝っても負けても)されていた材料を用いたものなのだ。Nさんも大人なので(オレなんかよりはるかに)そうした意図はきちんと汲んでくれ、石坂くんをハグしてくださることでスタッフの心のなかにささりっぱなしになつていたトゲをどうにか抜くことができた。オレとしても本当に安堵した。それにしてもオレ程度の人間の呼び掛けにもかかわらず、たくさんの皆さんが気持ちよく参加してくださり、ただただ感謝の一言である。もうすでになんの利害関係もないのに復刊『薔薇族』のスタッフだったS-2くん、S-3くんもわざわざかけつけてくれ、改めて自分は心優しき人々に支えられているのだなぁ、と実感。ゲイだホモだが同類同士だけで固まるという排他的(もしくは歪んだ選民的)思考をあえて否定してきた成果(ただし、バカは拒絶しますが)が、少しずつながら出てきているような気がする。こうした交流こそが、オレの理想とするところなんである。石坂くんの次の選挙もまた、どれだけ色々な人々を巻き込んでいけるかに、勝負がかかっているのだ、と断言する。
 パーティは七時すぎまで。文学氏は一足先に、Nさんのご主人がお送りしてくださった。片付けをして半すぎ、真の功労者である、縁の下の力持ちのNさんたちにお礼を述べてから櫻田宗久くんや息子の祐人、A社のN記者ら総勢六名ほどで二丁目aktaの「石坂わたる残念会」の様子を観にいく。八時、着。参加者は二十人程度だが半分くらいは石坂サポーター、という感じ。石坂くん、昨日「かならず話すように」と念押ししておいたカンパとボランティア協力のお願い、ソフトな口調ながらちゃんとできたのはまぁ上出来。手も金も出さずに口だけ出してくるヤツは死ね! くらい言ってもいい、オレが許す、と言っておいたのだが、さすがにそれは言わなかった。まぁ、当たり前だが(笑)。今夜スピーチをするはずだった尾辻かな子さんは政務の都合で欠席し、メッセージのみ読まれる。代わりに世田谷区議選で二位(現職組ではトップ)当選した上川あやさんが来場。スピーチをする。最後は石坂くんを応援した面々が石坂くんを囲んでの記念撮影、ということでオレも強引にひっぱり出されてしまったのだが(こういうのは恥ずかしくて苦手なのだ)、それが途中からいつの間にか尾辻さんの唄うキャンペーンソング(『We're OK! ?尾辻かな子国会へキックオフ!?』)のPV(プロモーションビデオ)撮影に移行してしまい「……オヤ?」となる。オレの場合は、ね。
 十時半をまわったので一足さきに祐人らと四人で辞去。新宿駅近くで三人と別れて十一時ごろ帰宅、入浴し、ひと息ついて、祐人から今日もらった誕生日祝い(ブラックユーモア絵本)を眺めていると、その祐人からメール。いっしょに帰った女性に対して失礼なことをしてしまったためお詫びのメールを出したいので彼女のアドレスを教えてほしい、というものである。いったい何があったのか??? 零時すぎ就寝。怒濤の三日間が、ようやく終わったなオレ。
  1. 2007/05/01(火) 20:32:43|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ひさびさの盛会と乗り逃げ

4月29日(日)

 九時半起床。昼ごろにNくん帰る。オレも支度して、十二時半すぎ外出。京王線で八王子まで。食事をしてから、三時、バー「STREAM」の「ゲイの老後(未来)を考える会」へ。本日は久々にお客様がいらして、ここ数カ月の「ほぼマンツーマン」ぽい状況からはなんとか脱出できた(笑)。七時近くまで話したあと、夕食会。今日はチヂミ(韓国のお好み焼き)を作って食す。食べていると、石坂くんが選挙協力のお礼にやって来たので、改めてお疲れさまの乾杯を。おなじく選挙のお手伝いをしてくれたKさんも来、いろいろな話で盛り上がる。オレはふだんは十時には帰るのだが、今夜はついつい帰りそびれ、なんと零時近くまで居座ってしまった。石坂くん、Kさんと共に店を出て駅に向かうもすでに中野止りの電車しかないので、わたるくんと二人、中野駅から歩く(Kさんは阿佐ヶ谷なので問題ナシ)。歩きながら、明日の夜、二丁目のコミュニティセンター「akta」で開かれるという「石坂わたるお疲れ会」という名目の集会についての意見を少々。「事務所を開き、活動を続けていくためにはお金と人手が必要不可欠なんだから、そのあたりをキッチリ募りなさい。そういう部分までもしっかり考えてくれて、はじめて“石坂わたるをねぎらい、改めて支援していく”ということになるのだから」と。そういう部分についてトボけるのであれば、「石坂をねぎらう」なんて名目は単に看板だけのものであり、べつの目的遂行のための詭弁にすぎない、と。困っているときに集まってくれて地味でイヤなこと、めんどくさいことをやってくれる人間こそが本当に信頼のおける人間なのだ。そういう事柄についてはスルーして、派手なこと、楽しいこと、カッチョイイことにのみ顔を出すような相手のことは、少なくともオレはまったく信用しないね。まぁ、石坂くんも今回の選挙で、様々な善意・悪意・友情・愛情・誹謗中傷・手のひら返しに触れ、誰が「前者」で誰が「後者」なのかということはある程度わかってきたとは思うが。ちなみにオレはどっちでもないけどね。
 東中野の裏手を歩いていると、タクシー運転手のオジサンに「いま、こっちに二人組が来ませんでしたか?」と訊かれる。なんでも、「手持ちが足りないので、コンビニでお金をおろしてくる」と言われ、乗り逃げされたんだそうだ。「最近はそういうのが多いンだよ」と忌々しげなオジサンに、「でもまぁ、強盗に遭うよりはマシだと思えば……」と気休めを言ったら、「いや、強盗も結構いるんですよ。うちの会社でも、後ろから刺されたりしたし」と。貧すれば鈍する、というけれど、出口の見えない不景気は、どんどんバカを増やし続けていくのであろうか。
 アパート近くで石坂くんと別れて、さらに歩く。一時半すぎに帰宅。パソコン起ち上げ、連絡メールをいくつか出してから、二時半すぎに就寝。明日はいよいよメインイベントの薔薇族パーティだなオレ。
  1. 2007/05/01(火) 20:31:21|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

少人数清掃と押し寿司部屋

4月28日(土)

 七時起床。午前中は雑用に追われ、仕事をせねば、とアセりつつも全然手がつけられず、すぐに外出予定時間へ。正午、東中野・石坂わたる事務所。本日は賃貸契約期間終了にともなう引き払い作業なり。とはいえ予定集合時間になっても誰も現れず、「とりあえず、もうちょっと待ってようか」と石坂くんらとボーッとした時間をすごす。と、チャキチャキ系女子のTちゃんがやって来て、「来るか来ないかわからないものを待ってても仕方ない。とっとと始めたほうがいい」ともっともなことを提案するので「それもそうか……」とダメな男子たちもようやく重い腰をあげる。二時までやってTちゃん、仕事に出る。とりあえず進められることはやったので、ひとりでボーッとしていると(わたるくんが一旦自宅に戻った)、学生ボランティアのMくん来る。世間話などをしていると、肌にゾワゾワッとした悪寒が走った。「あ、気圧が変わっている」と感じたので、外に出してあった荷物をあわてて取り込む。ほどなく、雨。天気予報で伝えられていたものよりもかなり激しい雷雨である。小一時間ほど降ったのだろうか、ようやく上がったのを見計らって、遅れてやってきた石坂母・石坂叔母・ライターのまーこらと共に石坂くんの自宅アパートへと荷物を運ぶ。Mくんは途中で帰り、残った者たちで事務所?アパートを四往復ほど。「今日バックレた連中、みんなタンスの角に小指ぶつけろ!」と愛の波動を送りながら(笑)。
 やって来たK氏に看板を運ばせ、とりあえず搬出は終了。想定外の少人数になってしまったが、とりあえず事務所上の居酒屋でお疲れ会。わたる一族を除けば、オレ、まーこ、K氏だけである。居酒屋も週末で混んでおり、店の奥の奥にある「藤子不二雄が東京で最初に住んだ下宿」みたいな部屋に押し込まれる。「寿司詰め」という言葉があるが、こっちは寿司は寿司でも「押し寿司」並のギューギューぶりである(笑)。そこへさらに、映像作家のNくん、戻ってきたTちゃん、akaboshiくんが加わり、さすがに定員オーバーになったのでテーブル席へ移動。十一時半ごろまで呑む。
 東中野駅前まで行くと、Nくん、Tちゃん、まーこ、石坂叔母らが「二次会へ行くぞ!」と息巻きはじめ、なんだかわからないうちにオレも連行される(笑)。ふだん「物静かでシャイな好青年」という印象の強かったNくんが、アルコールが入るとずいぶんハッチャケるのだということを初めて知ったなぁ。さすがに週末でどの店もなかなか空いていなかったが、二丁目の九州男にどうにか席を確保し、乾杯。選挙がらみのアレコレを肴に話していたのだが、二時をすぎたくらいでNくんとTちゃんが眠り出したので、では本日はこのくらいでお開きに、ということに。Tちゃんはまーこ邸に行き、Nくんはわが家へ泊めることにする。Nくんのおごりでタクシー帰宅。くたびれているので早々にフトンに入る。Nくんと四方山話をちょっとしてからたぶん明け方近くに就寝。あー、原稿また今日もはかどつてないなぁオレ。
  1. 2007/05/01(火) 20:30:42|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

みつからなかった帽子と田中3号

4月27日(金)

 七時起床。雑用のあと、十一時、外出。天気がいいので高円寺までウォーキング。夏用の帽子が欲しくて数軒覗くがどれもイマイチ。去年、息子の祐人のステージ衣装を探しにきたとき、理想通りのものがあったのだが、あのときは色が気に入らず買わなかった。今にして思えば、どーしてあのとき買っておかなかったのか! 人生とは、後悔と恥かきとを積み重ねていく作業なり。中野まで行くが、やはりコレといったものはなし。ふーむ。結局、高円寺くんだりまでわざわざ来て買ったのは一九八円のアリエールだけだった(笑)。
 帰りはJR。二時帰宅。パソコン覗くと、かつてのエロスの女帝の思いもかけぬスキャンダルが。
【愛染恭子逮捕 「自分の男と関係持った」と姪に暴行………………80年代にポルノの女王として一世を風靡した「愛染恭子」が捕まった。容疑は姪っこの女子中学生(14)を殴る蹴るして負傷させたというものだ。千葉県警野田署に23日、傷害で逮捕されたのは、東京・北新宿に住む愛染こと寺西恭子(49)と、その兄で無職の山崎久夫(50)と母親の山崎悦子(72)。調べによると、3人は20日午後4時ごろから8時ごろまでの間、千葉県野田市の久夫の自宅で、久夫の中3の二女をハンガーなどで殴ったり、蹴るなどして全身に約2週間の擦過傷や打撲傷を負わせたという。二女が20日夜、自宅から逃げ出し、野田署に保護されたことから、寺西が元女優の「愛染恭子」と分かった。愛染は「(姪っ子が)自分の知り合いの男と関係を持ったので腹が立った」と容疑を認める供述をしたという。また愛染の兄で、二女の父親の山崎は「しつけとはいえ、やり過ぎてしまった」と話したという。愛染は81年、本番映画「白日夢」でデビュー。「未亡人下宿」などのポルノ映画やストリップに出まくり、94年にポルノから引退。近年はAVの監督業などをしていた。】
 なんというかホントにショッパイ話であるなぁ。かつてストリップの本番行為で逮捕され、釈放直後のマスコミ会見で「ホンバンワ、愛染恭子です」とスパイスの効いた挨拶をしたとかしなかったとか伝えられる(笑)元祖エロテロリストが、こんなつまんないことで報道されるとは(どこまでホントであるかはさておき)。時代が変わった、そして昭和がまたひとつ終わった、という感がさらに強くなる今日この頃なのである。
 集中力欠如、いっそう極まれり。どうにも気が散り、原稿すすまず。十時からはドラマ『特急田中3号』。今期、『セクシーボイスアンドロボ』と並んでノーマークの大穴馬だった作品である。「鉄チャン」というオタクの中でも最も業がふかいと言われているジャンルに初めてスポットライトをあてた冒険心(笑)や小気味よい展開もさることながら、やっぱり主役の田中聖(KAT-TUN)の大健闘ぶりがイイんだな。クセモノを演じさせたらピカイチで、なかでもオタク芝居には定評のあるロバート・秋山を相手に、一歩もひかない芝居を見せてくれる。ここまで出来るのか、とちょっとした驚きがあった。あと、これまでずっと脇の脇しか見たことのなかった大人計画の平岩紙が、主役グループの一員に加わっているのもやや感動。やっぱり人間、続けていけば結実する日が来るのかもしれない。磯山晶プロデュース作品はとりあえずチェックしておく必要があるのかな、と再認識す。零時すぎ就寝。『田中3号』は色んな意味で手に汗にぎるドラマだなぁオレ。
  1. 2007/05/01(火) 20:30:05|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

デカレンジャーとマッハGOGOGO

4月26日(木)

 七時起床。雑用のあと、十一時半、外出。高田馬場周辺まで出て、スーパーや本屋などを数件めぐる。一時半帰宅。芸能ニュースに、オタク界騒然のこんなスキャンダルが。
【深キョン新恋人は新米刑事載寧龍二………………女優・深田恭子が、同じ事務所に所属するイケメン俳優・載寧龍二(さいねい・りゅうじ)と熱愛していると、26日発売の写真週刊誌「FRIDAY」が報じた。2人は、05年に放送されたテレビ朝日・ABC系のドラマ「富豪刑事」、その続編である同局系「富豪刑事デラックス」(06年放送)で共演している。同誌によると、2人はドラマ共演をきっかけに、深田が猛アタックする形で交際に発展。今年のバレンタインデー翌日やホワイトデーなど数回のデートを重ねたとしており、お互いのマンションを行き来する様子や、しっかり手をつないで歩く姿などラブラブムードぶりを報じている。2人が共演したドラマの中では、深田演じる女刑事が、載寧演じる新米刑事にほのかな恋心を抱くという設定となっている。ドラマでは、告白するまでには至らなかったが、どうやら現実の世界で続きがあったようだ。深田は、恋多き若手女優と言われる。過去にも東山紀之や、脚本家の野島伸司氏、「くりぃむしちゅー」の有田哲平、そして05年11月には内田朝陽との熱愛が報じられていた。内田とは破局し、今回、新たな熱愛の発覚となったようだ。2人の所属事務所は「食事をしたり飲みに行ったりすることはあるようですが、交際しているということはありません」とコメントしている。】
 載寧というのは04年の戦隊シリーズ『特捜戦隊デカレンジャー』で主役のバン(デカレッド)を演じた若手なのだが、ヒーロー出身で世間に名の通った女優をものにした男というのは他に例がない(と思う。誰かいたっけ?)。かつては「ああいう仕事をしたら役者としての未来はない」などと言われた特撮ドラマであるが、そうしたジンクスもいまや払拭されたのかもしれないなぁ。関係がどこまでもつか、というのは定かではないが。
 オタク系ニュースといえばも、こういうのも一本。
【「LOST」のマシュー・フォックス、「マッハGoGoGo」実写版で重要な役柄に………………人気TVシリーズ「LOST」のジャック役で知られるマシュー・フォックスが、日本アニメ「マッハGoGoGo」の実写映画版『スピード・レーサー』(原題)へ出演することが明らかになった。フォックスがふんするのは謎の覆面レーサーX役で、原作アニメではレーサーXは実は主人公の兄で、主人公を一流レーサーに育てようと手助けする重要な役どころだ。同作は、少年レーサーが秘密装置を装備するマッハ号に乗って世界中のレースで活躍するカーアクションで、主人公にはエミール・ハーシュがふんし、クリスティーナ・リッチが主人公の恋人役で、スーザン・サランドンとジョン・グッドマンが主人公の両親役で共演する。撮影は今夏からベルリンで行われる予定だ。】
 オリジナル版アニメでこの「覆面レーサー」の声をやっていのは、まだ声優が仕事のメインだった頃の愛川欽也さん。この実写版をテレビ公開するときには、ぜひともキンキンに吹き替えをやってほしいなぁ、と思うのはオレだけか?
 諸々の事柄で近頃どうにも心落ち着かず、そのため原稿書き思うように進まぬが、なんとか抵抗してパソコンにかじりつく。とはいえほとんどが徒労におわり、今さらながらおのれの精神のもろさを思い知らされるなり。嗚呼、オレ様のなんと俗物なことよ。あきらめて零時ごろ就寝。早く心をおちつけて、スランプから脱したいものよオレ。
  1. 2007/05/01(火) 20:29:22|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。