本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

できちゃった婚と有難し

5月8日(火)

 七時半起床。起きがけにこんな仰天芸能ニュース。
【辻希美&杉浦太陽の結婚を両者事務所が正式発表………………本日(8日)一部スポーツ誌で“妊娠&結婚”と報じられた元モーニング娘。の辻希美と俳優の杉浦太陽について、両者所属事務所が8日夜、「この度、俳優 杉浦太陽(26)と歌手 辻希美(19)は、結婚することになりました」と報道を正式に認めるコメントを発表した。体調を崩して4月下旬からの仕事を降板&キャンセルしていた辻は、5月中の再検査で妊娠の兆候が認められ現在、妊娠9週目。「体調を見る限り安静は必要」という医師の診断により、今後の活動を休業する。先月24日に結成報告を行ったばかりの新ユニット“ギャルル”も脱退を申し入れており、TVアニメ『ロビーとケロビー』のアテナ役は代役を立てる方向で調整中という。なお、10日(木)に2人揃っての会見を予定している。】
 いや?、意外な組合せで驚いた。というか、半ば忘却のかなたに消えかけていたぞ杉浦太陽。それにしてもここ一年の辻・加護の明暗の差にはかなりのものがあるねぇ。かたや新プロジェクト→妊娠・結婚、かたや解雇だもの。おめでた発覚のためにお披露目からわずか二週間で脱退となってしまった“ギャルル”に、加護チャンは「だったらアタシを代わりに入れろや!」と身悶えてるんじゃなかろうか。それはさておき太陽、最近トント表舞台で見かけけないのだが、こんな状態で妻子を養っていけるのだろうか……と老婆心ながら心配になるなぁ。
 午前中は原稿書き。『スーパーモーニング』の阿知波信介氏の死の真相検証VTRにウルトラ警備隊仲間の毒蝮三太夫が出演し、「遺体が発見されたあたりはウルトラセブンの頃、サイン会で行ったなぁ。ファンの子どもたちに取り囲まれたりして思い出の地だったから、それをふと思い出したんじゃないのかねぇ」みたいなことを言ってたが、ヒーロー番組出身、という経歴をわれわれのようなオタクでもない阿知波氏が、果たしてどのように捉えていたんだろうか? 
 テレビ東京『必殺仕切人』の再放送は「ベルサイユのばら」の原作者・池田理代子と大蔵省キャリアとの不倫スキャンダルのパロディを(理代子センセイをもじった戯作者の「お涼」、「ベルサイユのばら」をもじった「江戸城の白菊」、「オスカルとアンドレ」をもじった「お菅と安藤」などが登場)。そうか?、あれはオレが二十歳の頃の出来事だったのだね。
 以前に『HGの呪い』でお世話になった書店に『薔薇族』の委託お願いメールを出してから、一時ごろ外出。まず新宿に出て、ゲイショップ「CHECK」で委託本の売上げ精算をすませてから高田馬場方面へ歩く。途中、ドクターペッパーを売ってたので小休止して飲んでいると(オレはこういうケミカルな飲み物が好きなのだ)、かたわらをケバいネーチャンがケータイをかけながら、たぶんエキスポランドの絶叫マシン事故について話しているのだろう、ヒジョーに不愉快な言葉を発しながら通り過ぎていった。「落語というのは人間の業の肯定である」と談志師匠は言ったが、それは落語に限った話ではなく「笑い」というもの全般に言えることだろう。差別、やっかみ、嘲りなどの負の要素なしに笑いというのは成立しないものだから(もしも成立するものがあったら見てみたいもんだ)、不謹慎なネタを口にすること自体はなんら非難される性質のものではない、と思う。ただは、それは「面白い」「笑える」レベルに到達する、という前提の話であり、ユーモアもウィットもヒネリもなく、ただ故人を卑しめるのみ(他者をクサすのが「手段」ではなく「目的」になってしまっている)というのは論外、下の下である。管理のなってないネット掲示板をうっかり見ちまったような気分になって、あ?、ケッタクソ悪い。
 馬場エリアで夏用のシャツを一枚買って三時半すぎ帰宅。パソコン起ち上げると、出かける前にメールして書店のひとつ、中野のタコシェさんから早々に「十五部お預かりいたします」との快諾返信が。有難し。また、なにかにつけて大変お世話になっている(特に先日のパーティの際には言葉にできないくらい有難いお計らいをみせてくださった)ソルボンヌK子先生のご主人、唐沢俊一氏がネット日記(http://www.tobunken.com/diary/diary20070505112925.html)で『薔薇族』について触れてくださっている。こちらも有難し。
 洗濯、入浴などしてから原稿書き。『桃色encount』編集部から、先日送っておいたコラム二本を今日同時にアップするとの連絡アリ。木曜アップ分のストックがなくなってしまったので、あわてて一本追加しておく。九時すぎ、大阪出張(笑)から帰ったakaboshiくんと四十分ほど電話で今後の打ち合わせなどしてから(話しはじめて早々に弱い地震アリ。受話器の向こうからは「あ、地震だぁ?揺れてるぅ?」とたぶん日本一平和な声が)、先週見逃した『セクシーボイスアンドロボ』。しかし、ぶっちゃけ凡作。月9あたりならば「こんなモンだろ」とあきらめられるが、なんせこちらには期待が大きいので(初回の出来が良すぎたこともあるが)そうもいかず。脚本、やはり今回も木皿泉ではなし。なぜだ? このままでは視聴率低迷まっしぐらで、日テレ名物「話数短縮」になってしまうゾ。
 十一時すぎに就寝。いったんウトウトするも零時近くに目覚め、そのまま考え事をしていたら眠れなくなる。悶々としたのち、たぶん一時半すぎにオチる。我ながらややこしいなぁ、最近のオレの心理状態は。
スポンサーサイト
  1. 2007/05/09(水) 19:51:41|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。