本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

児童ポルノと放火魔

6月10日(日)

 8時から仕事開始。途中、某社へ参考資料として貸し出す『薔薇族』のDTPデータを宅配屋まで発送に出た以外はずっと原稿書き。昼前に、『桃色encount』用コラムを3本仕上げてアップ。スコールのような雨がふりだすなど、気圧が急変しているせいか1時半ごろモーレツな睡魔におそわれ、20分ほどオチる。2時ごろ復活し、ふたたび原稿書き。ネットにこんな話題。
【<児童ポルノ>「所持合法の日本、のんき」 被害相談増える………………ネット上にはんらんし続ける児童ポルノに、日本はどう対処すべきなのか。10代で知らない相手から性的暴行を受けたという30代の女性は「一生忘れられないし、20年たった今でも悪夢に悩まされる」という。「児童ポルノは持っているだけでも処罰すべきで(単純所持が合法の)日本が、いつまでものんきなことを言っていていいのか、と首をひねりたくなる」2児の母という兵庫県の女性(37)は「娘がいるので、人ごとではありません。厳罰に処してほしい。女性と子供が安全に暮らせる社会でなければ少子化は止まらない」と訴える。幼いころ性的被害を受けた女性も「当時は幸いにビデオや携帯電話がなかったが、今は映像に残され、さらに傷つけられてしまう。一生を台無しにされるかもしれないのに、刑罰の甘さにはあきれてしまう」と言う。
 ネット上の有害情報の通報を受け付ける「インターネット・ホットラインセンター」(東京都港区)によると、昨年6月の開設以来、児童ポルノと判断した通報は1042件。単なるヌードではなく、DVDを中心に性的行為が7割を占めるとされる。さらに掲示板などへの投稿は「小学生や幼児の画像にまで及んでいる」(同センター)という。
 警察庁によると、児童ポルノ禁止法違反での検挙は06年が616件で前年比31.1%増。うちインターネットを利用したものが250件で4割に上る。警察庁幹部は「画像の削除を民間団体と協力して行っているが、限界がある。警察だけに限らず、単純所持の禁止を求める声は大きくなっている」と語る。
「ポルノグラフィと性暴力」の著書がある中里見博・福島大准教授(憲法)の話。「単純所持の禁止に対し、表現の自由やプライバシー侵害として反対する声はあるが、児童ポルノは麻薬と同様だと考えれば所持の自由が認められる領域ではない。国境を越えるネットで流通している以上、各国が協力して規制するしかない。捜査権乱用を懸念する声もあるが、迷惑メールに添付された画像を削除し忘れた人が裁かれるべきではない、というのは原則。運用のあり方は議論すべきだろうが、大きな萎縮効果があるのは確かだ」
 単純所持の禁止については「捜査権の乱用を生みかねない」などの指摘が国会の一部にあり、判断を先送りしてきた。しかし、それは法律そのものより、運用の仕方にかかっている。米国やスウェーデンでも捜査当局はその点に慎重を期しており、大きな問題にはなっていない。国境を越えて広がる児童の被害をどうくい止めるか。日本も国際社会に足並みをそろえる時期に来ている。】
「規制すべきポルノ」というのがどこまでのもののことを言っているのか、がとりあえず気になるところだねえ。イラストや漫画、小説のたぐいまでもが対象になってしまうのではかえって危険だろう。ガス抜きがまったくできなくては、どんなおとなしい変態であっても心身に変調をきたしてしまう。児童への性的暴行などはもちろん論外であり、厳罰の対象とすべきであろうが、しかし他愛ないショタコンも悪質なペドファイルも十把一からげで「社会悪!」と糾弾してしまうのはあまりに乱暴な、という感じが……。
 とはいえ、イイ歳こいてこういう低レベルなことして喜んでるバカ大人がいると、ますます世間の“良識派”たちによる異分子の締め付けはきびしくなるんだろうなぁ、というニュースも。
【熊谷市職員「将来の夢は放火魔」HP記載に市が注意処分………………熊谷市の男性職員(27)が「将来の夢」として「放火魔」と記したホームページを開設していたことが分かり、市は「実害はないが公務員として不謹慎だ」とHPを閉鎖させるとともに、文書注意処分にした。同市によると、「真夏の放火魔」と題するHPで、職員の実名と写真とともに生年月日などプロフィルを掲載。その中で「将来の夢」として「放火魔、研究者、悪徳経営者、作家、格闘家、どれでも趣味でやれればいいな」と記述があった。また「特技」として「放火魔、はったり」などと記していた。昨年10月に市への投書で分かり、市の調べに職員は大学3年時に「友達とギャグのつもりで作った」と話している。題名は中学時代のあだ名から付けたという。市に採用された04年以降にも本人の新たな書き込みがあり、市は「公務員として問題があるという意識がないまま、そのまま開設されていた」とみている。同市は職員のHPやブログの開設状況は把握していなかったが、問題を受けて今春採用者から、開設の有無を調査するようになった。嶋野正史総務部長は「他の職員のHP開設についてもマニュアル化など対応を早急に検討したい」としている。】
 端的に言ってしまえばバカ。27にもなって「放火魔」なんて名乗って喜んでるヤツというのは、ウンコとか言ってギャハギャハ笑ってる小学校中学年と精神レベルがいっしょなんだろうなぁ。だからといって「職員のブログやHPをチェックせねば」とかいうのも同じくらいにバカ。この市にしてこの市民あり、という感じか。前述の児童ポルノにしてもそうだが、大半の当事者たちが自重しながら活動していても、こうしたごく一部のバカが無分別なことをすれば世間は一気に過剰反応し、「根絶やしにしてしまえ!」とばかりにいきりたつのである。この騒動がきっかけとなり、全職員のネット検閲なんてことにでもなったら、くだんの“放火魔”クンはどう責任をとるつもりなのだろうか。放火魔だけに、サイトが炎上するかも?(笑)。
 原稿書き、11時に「カルトさん」業務終了。いや、オレは罪のない変態なんだってば!
スポンサーサイト
  1. 2007/06/11(月) 20:18:35|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

レズビアンカルチャーと萌え

6月9日(土)

 11時から仕事開始。『薔薇族』の表紙レイアウトなど。そこそこのところで切り上げ、1時外出。
 半すぎ、早稲田に到着。今日は当地のパフスペースというところで、民主党公認参院選候補・尾辻かな子氏の『おっつん、レズビアンカルチャー言いたい放題/テーマは「萌えよレズビアン」』なるイベントを観るのだ。これは「レズビアン映画やその他カルチャーに詳しい尾辻さんと自主映画監督iriさん、そしてパフナイトつなの三人が、レズビアンカルチャーとその周辺を熱く、熱くトークします。レズビアン商業誌が一つもない今、“レズビアンは何に萌えなの?”“これってレズビアンものでしょ?”のあたりを探っていきます」というコンセプトのもと、「第1部 レズビアンカルチャー/ここ2、3年のレズビアン映画、音楽、漫画などなど。それぞれの萌え」「第2部 ビアンコード/ストレート作品をビアンコードで読み解くと……それぞれの萌えからど んなビアンコードが見えてくる? ビアン認定作品の発掘現場に請來!」の2部構成のもの。レズビアンカルチャーの概略的な部分ならばネットや雑誌などである程度知ることができるが、もっとふみこんだ部分、要するに今回のテーマ“萌え”のようなものとなると、彼女たちの輪のなかに「男子はあっち行ってなさいヨ!」というヒンシュクを約30年ぶりに買うくらいの覚悟で入りこんでいかないと聞くことすらかなわぬ。だから今日の機会はほんとうに貴重なんである。とはいえ、純粋な観客としての男子は会場内にオレひとりで、ちょっと肩身のせまい気も……(笑)。レズビアンたちのこういう部分(嗜好のツボ)というのに興味のあるゲイとかっていうのはいないのかね? なんだか双方の“萌え”を開陳しあうイベントとかを企画したくなってきたゾ。
 4時すぎにイベントは終了。近くのファミレスで小1時間ほどダラダラしてから6時すぎに帰宅。入浴し、10時ごろまで原稿書きして「カルトさん」の業務終了。あー、やったらめったら眠い????!
  1. 2007/06/11(月) 20:17:52|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

嬉しい悲鳴と7年ぶり

6月8日(金)

 11時から仕事。今日は精神的に安定しているせいか仕事がはかどる、はかどる。『薔薇族』のレイアウトがスイスイ進み、すでに書き溜めてある原稿をどんどん割り付けていったら、ものすごい数のページが埋まってしまった。うーむ、これはこれでマズイなぁ。まだ入れなければならない記事がいろいろあるというのに、ページが足らなくなってしまった。今度は「どこを削ってページをうかせるか」で悩むことに。これは嬉しい悲鳴なのか?
 嬉しい、といえばこんなことも。
【ノックさんお別れ会、上岡龍太郎“独演会”で戦友送別………………先月3日に中咽頭がんのため亡くなった前大阪府知事でタレント、横山ノックさん=本名・山田勇、享年75=を「天国へ送る会」が7日夜、大阪市内のホテルで行われ、芸能界や政財界、ファンら約1000人が駆けつけた。「漫画トリオ」の同僚だった上岡龍太郎さん(65)も、無言を通した通夜の席とは一転、“独演会”で戦友を送り出した。メンバーの青芝フックさん(68)のあいさつに続き、「横山パンチ」として献杯の指名を受け、壇上へあがった上岡さん。久々の上岡節に、参列者全員が釘付けとなった。「あなたはボクの太陽でした。1960年8月5日に出会ってからの思い出が、宝石のように胸いっぱい詰まっています」と美辞麗句を並べたのも一瞬、「漫才師から参議院議員、府知事から最後は刑事被告人にまでなったノックさん。職業や住む所、乗る車は次々と代わったけど、奥さんと弱い麻雀だけは変わらなかった…」とマジメ顔で茶化す。2000年4月の引退から約7年のブランクを感じさせない約3分の独演に、会場は涙と爆笑に包まれた。約3時間の会が終了すると、珍しく自分から報道陣の前に。「何の努力もしてないのに、あれだけの人になったんだからスゴイ。不世出のお笑い芸人ですよ」と毒を交えるのも、「昨年4月4日に(落語家の桂)ざこば君の出版記念会で会ったのが最後」と、細かな数字までしっかり覚えているのも、現役時代そのままだった。】
 ノックさんには悪いが、単純に「上岡龍太郎が久々に見られて嬉しかった」なぁ。現役時代の勘がうすれ、今回は事前に書いた原稿を暗記して、ということらしいが、それでもあのキレのある語り口は健在で、復活待望論はますます強くなるのではないか?
 お別れ会のニュースにつづいては訃報が。
【能楽師の観世栄夫さん死去………………能や演劇、映画に出演し、新劇の演出も手がけた能楽師の観世栄夫(かんぜ・ひでお)さんが8日午前8時35分、大腸がんのため東京都内の病院で死去した。79歳だった。観世さんは、49年に観世流から移籍。さらに58年に能楽界を出て演出や俳優にも幅を広げた。79年に観世流に復帰し、天才能楽師といわれた兄の寿夫、弟静夫(八世銕之丞)とともに観世三兄弟と呼ばれた。寿夫らとともに展開した「冥の会」では「オイディプース王」「アガメムノーン」などに出演。一般演劇では「子午線の祀り」「なよたけ」などに、映画は「砂の女」「鉄輪」などに出た。最近も新作能や現代演劇にも積極的に取り組んでいた。コーヒーのCMに「違いがわかる男」として出演していたことでも知られた。芸術選奨文部大臣賞など、受賞多数。京都造形芸術大教授。】
 オレにとって観世氏といえばアニメ『ジムボタン』の“魔神ドリンガー”なのだが。伝統芸能の世界の人のなかには「えっ!?」となるような仕事にも積極的に手を出す方が少なくないのだが、アニメの声優というのはその最たるものかもしれんなぁ。ご冥福をお祈りいたします。
 今夜はレイトショーの映画を観にいく予定なので、本日の「カルトさん」は6時半で早じまいであります。すいませんお客さん、今日はもうカンバンなんです。
  1. 2007/06/11(月) 20:17:19|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ウォーキングと女性との交際

6月7日(木)

 7時から仕事開始。9時半、天気は怪しいが、身体がなまらないよう、西荻窪まで資料探し兼用ウォーキングに出る。曇天で「いつ雨がふってもおかしくない」という予報だったがさいわいハズれ、途中からは青空がのぞいた。ああ、オレは晴れ男なり。
 2時半に帰宅。汗になったので洗濯機をまわしながらシャワーを浴びる。3時ごろから仕事再開。メールチェックすると、ソルボンヌK子先生から早々に返信が。文学氏へのエールとして、とノーギャラで図々しくお願いしてしまっているのに「ホモ漫画が描けて嬉しい!」とおっしゃってくださって感謝。現在の『薔薇族』は「薔薇族を残したい!」という人間の“意気”だけで成立しているので、K子先生のみならず、オレにしてもakaboshiくんにしても金銭的な儲けというのは無い。しかしまあ、こうした物好き人間がいない世の中というのはきっと無味乾燥でつまらないものであろう。
 ネットにこんな芸能ニュース。
【桜塚やっくん、女性との交際発覚!?………………CDデビューを果しアーティストとしても活躍するお笑いタレント、桜塚やっくんの初ロマンスが発覚した。スポーツ紙などによると、交際相手はヘアメークを担当する20代後半の女性で、すでに都内のマンションで同居をしていると伝えている。所属事務所は、否定も肯定もせず「プライベートなことはコメントできません」とする。一方、やっくんは、5月31日に行われた新曲「怪僧ラスプーチン/ダメモト?真夏のLOVE LABOクリニック?」のリリース記念イベントで、同日に行われた陣内智則と藤原紀香の結婚披露宴について触れ「そろそろベールを剥ごうかな」「あたいも見習ってダブルウエディングドレスで式を挙げたい」と漏らしていた。】
「女性との交際発覚!?」というワンパターンなタイトルセンスに嘆息。彼の女装がたんなる“業務用ユニフォーム”であることは誰もが知ってることなのにサ、これが「気の利いたユーモア」だと思い込んでいるマスコミのセンスのなさに乾杯! 藤井隆がまだオネエキャラで売ってた頃の「藤井“オカマじゃない!?”疑惑」という記事を思い出してしまったなぁ。
 10時ごろに「カルトさん」業務は終了。ハイまた明日!
  1. 2007/06/11(月) 20:16:29|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ヒーローと捨て身演芸

6月6日(水)

 朝、ネットにこんな芸能ニュース。
【注目の若手俳優集団の舞台公演がスタート………………主演映画『ヒートアイランド』の公開を控える城田優をはじめ、ドラマ『わたしたちの教科書』に出演中の五十嵐隼士、『仮面ライダー電王』桜井侑斗役の中村優一、『獣拳戦隊ゲキレンジャー』の主演・ゲキレッド役の鈴木裕樹、同作品で悪の首領役の荒木宏文などが所属する若手俳優集団D-BOYSのメンバーが総出演(一部日替わり)する舞台D-BOYS STAGEvol.1『完売御礼』の公演が6月3日、初日を迎えた。結成3年目にして、メンバー全員が出演する初めてのオリジナル舞台。チケットは15分で完売するなど、ファンの期待も大きい。物語は大学の演劇部の存続をかけて、『新撰組』公演を成功させようというもの。個々のキャラクターを活かした配役や演技が実際に成長し続けるD-BOYSの姿に重なり、感動を呼ぶステージとなりそうだ。】
 このユニットは渡辺プロの所属なのであるが、特撮ドラマへの積極的露出をつづけてきたことがやはり最大の成功要因であろうなぁ(深夜枠で番組はもっていたが、そうした方向だけでは他社の同種ユニットとの差別化は果たせまい)。以前にも書いたかもしれないが、今年の戦隊は、ナベプロ、スタ?ダスト、ホリプロと業界大手のみで固められているし、これはここ数年つづいている傾向だ(今この流れに乗らないのはジャニーズとバーニングくらいか?)。有名プロダクションが秘蔵っ子をどんどん投入してくれるのはオタク的には嬉しいところだが、しかし一方それは、弱小事務所のタレントにはチャンスがまわってこないということでもある。特撮界という、ながらく冷や飯を食わされてきた世界くらいは、大手資本に呑み込まれぬ職人たちの聖域であってほしい、という気もしてならぬ。アイドル色なんて皆無なムサいオッサンばかりだった頃のヒーロー物がちょっと懐かしくなったりして……(笑)。
 もうひとつ、こんな失笑モノのニュースも。
【和泉元彌金欠?公式ホームページ閉鎖………………狂言師・和泉元彌(33)の公式ホームページが閉鎖されていることが5日、分かった。和泉宗家の「BLUE HEAVEN」で、5月31日を最後にアクセスできなくなっていた。同HPは05年5月に登録され、和泉宗家の紹介、公演スケジュール、元彌のブログなどを掲載していたが、今年4月23日を最後に更新されなくなった。ドメイン「IZUMIMOTOYA.JP」の有効期限が切れていたためで、ネット上の大型掲示板では「ドメインの更新料(3000?4000円)が未納のせいでは」などと憶測が飛び交っていた。ドメイン管理会社によると、理由は不明だが6月に入って廃止届けが出されたという。和泉家では今春、自宅兼事務所のマンションやアパートの家賃や駐車場代金の未納など「金欠」ぶりが報じられ、事務所の電話もつながらない状態が続いている。】
 元彌といえば先週放映の『笑いの金メダル』に“芸人”として登場し、「もしもエレベーターガールが狂言師だったら」といった捨て身のネタ(笑)を演じていて、けっこう面白かった。あのまま見栄などかなぐり捨て、バラエティで日銭を稼ぎつづければ、借金なんかは返せるだろうに、と思うのだが。元彌がこのままくだらんプライドとやらと心中するのか、泥を舐めてでも和泉流の存続をとるのか、オレはちょっと注目している。そして羽野晶紀は女優復帰せよ。
 9時?5時の出稼ぎからもどり、入浴し、6時半から仕事。『バディ』連載の校正、ソルボンヌK子先生の薔薇族用漫画の原作を書いて送信し、あとは原稿書き。11時までやって本日の「カルトさん」の業務は終了でございます。
  1. 2007/06/11(月) 20:15:50|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。