本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

化け物父兄と企画書

7月9日(月)

 朝、こんなニュースひとつ。
【保護者の理不尽なクレーム、専門家による支援検討 文科省………………理不尽な要求で学校現場を混乱させる保護者ら、いわゆる「モンスターペアレント」について、文部科学省が来年度から、本格的な学校支援に乗り出す方針を固めた。地域ごとに外部のカウンセラーや弁護士らによる協力体制を確立し、学校にかかる負担を軽減することを検討している。来年度の予算要求に盛り込みたい考えで、各地の教育委員会にも対策強化を求める。文科省が検討している支援策は、保護者から理不尽な要求やクレームが繰り返された際、教育専門家ら外部のカウンセラーが保護者と学校の間に入り、感情的なもつれを解消して問題解決を図るというもの。保護者とのトラブルが法的問題に発展するケースもあるため、学校が地域の弁護士からアドバイスを受けられるような協力体制づくりも進める。地域ごとにカウンセラーや弁護士らの支援チームを結成することも検討する。教育現場では近年、無理難題を押しつける保護者らが急増。こうした保護者らは「モンスターペアレント」と呼ばれ、校長や教員が話し合いや説得に努めてきた。しかし感情的なもつれなどから問題解決がこじれ、学校にとって大きな負担になることが少なくないという。モンスターペアレントについては今月初めの副大臣会議でも取り上げられ、文科省の池坊保子副大臣が早急に対策に取り組む姿勢を示していた。文科省幹部は「学校が一部の保護者らの対応に追われて、子供たちの教育活動に支障が出るようになったら本末転倒。各教委が率先して対応に乗り出す必要がある」としている。】
 ニュースになるのはもっぱら教師のイカレっぷりだが、それと根っこでつながってるのが父兄のコワレっぷりである。学校と家庭が互いを尊重していた時代に少年期をおくったオレでは想像するのにも限界があるが、そっち関係の仕事をしている知人の話によるとずいぶんなものらしいね。両者が連携・連帯できないのであればもはや「PTA」という言葉は死んだんだろうか。
 6時、出稼ぎから戻る。すぐに原稿書き。故・久世光彦さんのお弟子さんである映像ディレクターの友人・神薫さんが間もなく開講する、クィアな講師陣による“イイ女”養成講座『女優塾』(http://www.joyu-juku.com/)に関連した企画のプラン書をカリカリ。ちょっと受講料はお高めだが、そのぶん少数精鋭の濃密なアレコレが学べるので、ステータスをお好みの女性にはよいのでは? 22日の日曜日にはそのプレイベントが恵比寿で開催され、オレも取材がてら覗かせてもらうのだが、ゲストがアノ「岩井志麻子」女史(!)とあって楽しみ々々々。こちらもまだまだ参加者を募集中なので、興味のある方はぜひ。と、PRを少々(笑)。
 10時近くまでやって本日の「カルトさん」は終了。
スポンサーサイト
  1. 2007/07/10(火) 11:48:08|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。