本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ノンケのおっさんと貴重なステップ

7月29日(日)

 本日は参院選投票日。なんだか早く目が醒めてしまって(選挙に興奮してんのか?)7時すぎから仕事開始。『ゲキレンジャー』では、怪人の声に、なんと大御所・広川太一郎さんが登場! これには現場スタッフも大興奮で、なんとアクション監督が自ら着ぐるみに入って演じたんだそうだ。とはいえ広川さん、かつてのハリとかツヤとかパワーとかが失われたような感じがオレにはして、かなり寂しい感じが。この思い、最近のフガフガしたっぽい納谷悟郎さんに感じているものに近いかも。
 正午、外出。尾辻かな子氏に一票投じてから、京王線で八王子入り。外に出ると強い雨。あちゃ?、という感じ。選挙に悪影響が出なければいいんだが。ちょっと暇をつぶしてから、ふたたび駅へ戻る。マイミク・レオさんと待ち合わせて、3時、ゲイバー「STREAM」へ。今日は彼女とともに「ゲイの老後(未来)を考える会」→「恒例お食事会」→「尾辻かな子事務所」というコースをたどる予定なのだ。レオさんはなかなか色々なことを考えている女性で、さまざまな話題を遠慮なくふってくるので、いつになく会が盛り上がった。その後の食事会でもよく働いてくれて、おかげさまでテキパキいきました。
 8時半近くに辞去。京王線で新宿まで戻る。比例区の開票が開始されるという9時半ごろに事務所に到着すると、中は超満員(最終的には取材陣も含めるとじつに70名にも達したらしい!)。しかし、一番前に椅子席をつくってくださったので、なんとか座ることができた。当落がわかるのは未明だろう、ということだったが、やはりみんなじっとしていられないのであろう、かなり早くから詰めかけているらしい。室内のテレビは、こちらの知りたい情報を流してくれる番組を探してザッピング状態。どこかの局で、「今回の参院選は、おごれる自民に対する国民の“お仕置き選挙”です」と言っていたが、あまりに言い得て妙なんで大笑いしてしまった。
 日本テレビの番組出演のため、10時ごろにいったん尾辻さんが登場。島田紳助とのトークを終えると、体力温存のためにふたたび退場。テレビカメラは都合2回はいったが、2回目は尾辻さんは来ず、かわりにTBSの海保千里アナが事務所の様子をリポートしていた。海保さんといえば、唐沢俊一センセイのラジオ番組『ポケット』のアシスタントとして打々発止のやりとりをみせていた才色兼備の人である。ホモのくせして「可愛くて頭のいい女の子」は大好物のオレとしては、すかさず写真を撮ってしまった。あとで近くの人間に得意げに披露したら、「カルトさん、ノンケのおっさんみたい」と呆れられてしまった。ケッ!(笑)
 時間は刻々と経っていくが、当落の発表は遅々として進まず、みなに疲労とあせりの色が見え始める。一部の「終電で帰る」組が後ろ髪ひかれながら(多分)事務所をあとにしたが、大半の面々はそのまま日付変更線を超えていった。1時、2時、3時………………4時の声をきこうかというあたりになって、尾辻さんの敗色が濃厚になってきた。残り議席がわずかになっているのに対して、彼女の名簿順位がどんどん下降しているのだ。ある程度の段階になったところで、スタッフの某氏が「残念ながら……」と、ついに切り出した。事務所中をしめる落胆のオーラ。重苦しい沈黙がその場を支配しはじめたので、オレや年かさの連中が軽口などを叩くがたいしてウケず(たんに面白くなかった、という見方もあるが)。
 選挙特番が「朝のニュース」に切り替わり、参院選が世の中的には「昨日の出来事」になったころ、ついに尾辻さんが登場。かたちとしては“敗戦の辞”を述べる、というものだが、石坂わたるくんのときもそうだったが、当事者にも支援者も不思議とサバサバしている。「ダメだった」という落胆より、「最初はまさかと思っていたが、やってみたらここまで出来た!」という達成感のほうが大きかったからではなかろうか。スピーチのあと、尾辻さんもリベンジを誓った。オレらのようなふてぶてしいおっさんと違い、若い面々には泣いている子たちも多かったが、決して湿った涙ではなかった気がする。湿ってない液体、というのもおかしなものだが、いや、文学的表現としてね。
 去りぎわ、尾辻さんとパートナーの木村真紀さんはボランティアの1人ひとりと熱い握手を交わしていく。オレは一般的日本人であり、だから握手という慣習を持たず、ゆえにこれまで、握手を求められる前にそれとなく(他人に言わせるとかなり露骨らしいが)逃げていたのだが(だって恥ずかしいんだもん。握手するくらいならセックスしたほうがよっぽど恥ずかしくないぞ)、このときばかりは受けて立った。とくに、ある部分で同情したりもしていた木村さんに対しては、求められてもいないのに自分から行ってしまったほどである(笑)。
 2人が去ったあと、事務所内は撤収作業にかかるとかで、一夜をともにした面々(なんかインビだな、この表現)は、とりあえず事務所前の路上に出た。みなすぐには去りがたいのか、立ち話に華を咲かせたり、お互いの健闘をたたえたり。異彩をはなっていた巨大な立て看板があっという間にバラされてしまったのはチト寂しかったが、これはあくまで発展的解消なのだ。
「カルトさんにとって、この選挙はというのどういうものでした?」と顔なじみの大学生の子に訊かれたので、素直にこう答えた。「以前のゲイリブ活動というのは、発起人が心身共に疲弊してしまったり、内側からの突き上げをくらったりしたせいで崩壊してしまうと、まったくの無に帰してしまっていた。だからまた新たにゼロから起こさなくてはならなかった。しかし今年の、石坂くんや尾辻さんの挑戦というのは、たとえ“敗れる”というかたちのものであっても、それは貴重なステップとして後にのこっていくものである。この1段、2段に、3段、4段、5段……という具合にステップを積み上げていけば、きっとオレたちはなんらかの高みに到達できるはずであろう」と──。柄にもない物言いではあるが、しかしその通りなんだから仕方ない。今回は時間がないせいで、「あそこをもっとああすれば結果は違ったかもしれないのに」という部分が多かったが、なに、石坂くんのところと同様、今度はじっくり策を練ってやっていけばいいのだ。必要とあらば、オレはいくらでも力は貸しますぞ。
 すっかり朝になってしまった6時すぎ、2丁目を辞去。今日は9時から出稼ぎ仕事なんだが、ま、たまには完徹というのも悪くはないやな。というわけで、本日の「カルトさん」はいつ終わったんだかわかりません。時間の感覚が狂ってますんで(笑)。
スポンサーサイト
  1. 2007/08/01(水) 09:43:14|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

中国近代化はオタクから? とラスト演説会

7月28日(土)

 8時半から仕事開始。『桃色encount』用コラム一本アップ。終えてから伊藤文学ブログのデータ入力を2本。ネットニュースに、明日の参院選がらみのこんなトピックス。
【2007年参院選・トップは首相、小沢氏5位=7党首では地球2周半………………参院選は28日、最終日を迎えた。主要7党の党首は12日の公示から17日間、有権者の支持を求めて東奔西走。28日夜の「最後のお願い」も含め、7党首の移動距離は合計約10万1900キロに達し、ざっと地球2.5周分にあたる。トップは安倍晋三首相(自民党総裁)の約2万900キロ。民主党の小沢一郎代表は約1万4000キロの5位で、遊説距離では首相に軍配が上がった。】
 首相が“お願い行脚”に血道をあげる、というのはイカニモ昨今の窮状を体現していて笑えるなあ。現政府の閣僚たちの負のキャラクターの濃さといえば、歴代与党のそれのなかでも群を抜いているのでは?
 一方、中国ではこんな気概のあるニュース。
【中国で「クレヨンしんちゃん」模倣アニメ、ファンら批判………………中国中央テレビ(CCTV)で放映中の国産アニメが、同国でも大人気の日本製アニメ「クレヨンしんちゃん」(中国名・蝋筆小新)を模倣しているとして、地元のアニメファンらが痛烈な批判を展開している。香港紙「蘋果日報」などによると、このアニメは、CCTVの子ども向けチャンネルで今年5月から放映されている「大嘴巴●●(ドゥドゥ)」(大きな口の●●)。(●は、口ヘンに「都」、●●で同じ文字が2つ続く)5歳の幼稚園児の男の子「●●」を主人公に、友人や家族との関係を描いたものだが、登場人物の話し方や性格、主人公がお尻を振る動作などが「クレヨンしんちゃん」とそっくりだという。】
 パチモノ天国という認識が世界レベルで広まっているかの国だが、こと“オタク”に関してはその限りではないようである。オタクというのは変なところで律儀というか潔癖性で、オリジナルの作者というものに対する畏敬の念はきわめて高かったりする。あの国では現時点ではないに等しい「知的所有権」という概念だが、意外やオタクパワーの中から生じてくるやもしれんぜ。
 5時、外出。ちょっと買物してから新宿2丁目へ。6時半より8時まで仲通りでひらかれる、尾辻かな子候補の最終演説会を個人的に取材することに。一時間まえから定点観測をはじめ、どのくらいの人数が、どのくらいの時間から集まってくるかを調べはじめる。結果? 直前ですよ直前。やっぱりゲイってノンキだなあ、と(笑)。
 演説会、ほぼ時間通りに開始。しょっぱな、中盤、ラストのご当人演説の合間に、2丁目セレブの皆様の応援演説が挿入される。櫻田宗久くんも壇上に上がったが、いかにも彼らしい、生活感にあふれていて気負わないスピーチである。ああ、オレも彼とおんなじ悩みを抱いてみたいなあ、とフト思ってしまったりして(笑)。あと、若い子が感極まった様子で切々と語ったているのを聞きながら、20年前、30年前のゲイたちが抱いていたような悩みというのは、いまだに受け継がれているのだなあ、としみじみ思った。こういう負の遺産をひきつぐ人間をいなくならせるためにも、同性愛者の可視化(=自分の置かれている状況のみえないLGBTの孤独感・閉塞感の打破)というのは大切なんである。
 候補者がマイクを使って喋れるリミットである8時きっかりにイベントは終了。しかしその後も尾辻氏は零時までひきつづき辻に立ち、お願いを続けるという。
 8時半、ジョナサンにて食事。9時半すぎに辞して、10時すぎ帰宅。何もする気にならず、そのまま「カルトさん」も営業終了。
  1. 2007/08/01(水) 09:42:41|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ありがたやとうまくいきますように

7月27日(金)

 8時半から仕事。某社用『薔薇族』データ作成の続き。ワイドショーはこの話題でワイワイと。
【布袋寅泰、芥川賞作家の町田康さん殴り2週間のけが負わす………………ギタリストの布袋寅泰(45)が芥川賞作家でパンク歌手、町田康さん(45)の顔などを殴り、全治2週間のけがを負わせていたことが分かった。町田さんは、千葉県警君津署に傷害容疑で被害届を提出。関係者によると2人は、6月13日夜から同県富津市内の布袋さんの別荘に数人で行き、翌14日未明に一緒に車で戻る途中、口論となって布袋が町田さんを殴ったという。同18日、町田さん本人が顔や上半身に2週間のけがを負ったという内容の診断書を携え、君津署に被害届を提出。同日付で受理され、同署ではこれまでに双方から事情を聴いている。
 日本を代表するギタリストと、パンク出身の小説家。同学年で、ともに強い個性を持つ2人は、布袋のライブに町田さんがゲスト出演したり、布袋が昨年発売のアルバムで共演するなど、お互いを認め合う存在だった。最近では2人でバンドを組む話が進行。が、その方向性をめぐって事件は起こった。2人を知る関係者によると、連載を多数抱えるなど作家業に重点を置く町田さんは、あくまでバンド活動を趣味と位置づけ、商売にすることをよしとしなかった。だが、布袋はプロのミュージシャン。やるからには、きちんとした作品として世に出す本格的な活動を望んだ。2人は話し合いを重ねたが、その溝は埋まらず、布袋が手を上げてしまったという。
 布袋は後日、暴力行為に対して町田さんに謝罪文を提出したが、町田さんは「自分を正当化する内容で、受け入れがたい」と被害届提出に踏み切った。布袋の所属事務所はマスコミ各社にファクスを送付し、暴力行為を謝罪した上で、「一方的に暴力を振るったように報じられておりますが、それは事実ではありません」と反論し、「警察にお話ししていますので、そこで真実が証されることと思います」としている。町田さんが被害届を取り下げなければ、最悪の場合、布袋が逮捕される可能性も残る。】
 どうでもいいが、いまだに町田康という名には馴染めないなあ。オレらの世代にとってはやっぱり“町田町蔵”のほうがしっくりくる感じである。“パンク歌手”という肩書きもなんというか昭和的で笑える。いまだに使ってんの? そういう名称って。あ、なんか全然事件とは関係のないことばっか言ってるなあオレ。だって興味ないんだもん(笑)。町蔵と布袋が殴り合おうと殺しあおうと、勝手におやんなさい、という感想しかないなあ。
 正午、できあがったデータを先方に送信。2時、外出。3時、新宿西口地下街にてソルボンヌK子先生と諸用で待ち合わせ。K子先生には『薔薇族』に関して、オーバーでなく毎号「足を向けて寝られない」くらいのお世話になっている。こういう方がおられるおかげで、存続していられる今の『薔薇族』なんである。ありがたや、ありがたや。
 4時前に帰宅。相変わらず気合いの入らない原稿書きを8時までやってから資料読書。9時半、伊藤文学氏より電話あり。『なんでも鑑定団』が文学氏の登場コーナーにそこそこ長い時間をかけてくれるらしい、とのこと。あの番組は高齢者にウケのいい番組だから、うまいこと通販方法の告知でもさせてくれればサイコーの宣伝になるんだが……。などと久々に“副編集長”ぽいことを真面目に考えてから、本日の「カルトさん」は終了。
  1. 2007/08/01(水) 09:41:59|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

windowsともういい加減にして

7月26日(木)

 9時から仕事開始。10時、外出。近所で雑用をこなしてから11時半帰宅。汗になったのでシャワーを浴び、仕事再開。某社へ送る『薔薇族』データ作成にかかる。3時半、akaboshiチーフが新規プロジェクトに必要なwindowsパソコンを持ってくる。4時すぎまでバタバタと。送り出してからまた仕事。ニュースでは、もういい加減にしてほしいと誰もが思っているようなあの事件の続報。
【「心に入る言葉ない」=弁護側主張は「砂上の楼閣」?母子殺害遺族の本村さん会見………………「心に入ってくる言葉はない」。山口県光市の母子殺害事件差し戻し控訴審の公判終了後、傍聴した遺族の会社員本村洋さんは26日、広島市内で記者会見した。当時少年の被告(26)が改めて犯意を否認、弁護側証人が最高裁の認定事実に疑問を呈したことに「非常に疲れた。じっと歯を食いしばって聞いていた」と述べ、弁護側主張を「砂上の楼閣」と指摘した。会見で本村さんは、被告が「(本村さん一家と)4人で仲の良い家族が作れる」「自分が死刑になると弥生さんと共に先に生まれ変わることになり、そうなると彼女と僕が結婚する可能性が出てきて、本村さんに悪い」と話したとする精神病理学者の証言について、「あきれた。(被告が)本心で言っているなら反省していない証し」と厳しい表情で批判。その上で、被告に対して、「とにかく正直に真実を述べてほしい」と強く求めた。最高裁の認定事実を否定した弁護側証人の法医学者に対しては、「信ぴょう性はない」と言い切った。「事件時に司法解剖した方の見識が正しいと思っている。被告も今まで認めてきた。ここに来て(事実が)ひっくり返ることはあり得ない」と話した。「自分なりの真実を見つけたい」「(被告が)反省している姿を見たい」。その一心で、本村さんと弥生さんの母の2人は、9月以降の公判で意見陳述するつもりという。】
 精神鑑定やらなんやらで「殺害の意志」というものの存在をなんとか否定しようと躍起になっているトンデモ弁護団であるが、世間的にみれば「お前らこそ精神鑑定を受けたらどうだ?」という感じである(笑)。裁判所の心象はあきらかに悪くなっているだろうし、そもそも最高裁に差し戻しされた時点で「死刑にしなさい」と暗に言われてるわけなんだから。これ以上、茶番を続けることは国民の精神衛生的にもよくないし、法曹関係者への信頼度というのも著しく損なわれると思うのだが。少なくともオレは、死刑制度に反対する法律家というもの自体にかなりの疑念を抱きはじめているぞ。
 仕事、8時まで。本日の「カルトさん」も、あまり調子よくないままのカンバンである。
  1. 2007/08/01(水) 09:41:19|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

存亡の危機と打開策

7月25日(水)

 8時半すぎ、仕事開始。『薔薇族』の広告営業用のテキスト作成。いまオレの食い扶持仕事が大打撃をくらい、冗談ではなく窮地に陥っているのである。これまで『薔薇族』をノーギャラの最低限経費のみで作ってこられたのは、別のほうの仕事で生活をまかなえていたからなのだ。その「別のほうの仕事」がピンチになってしまったということは、すなわち『薔薇族』の存亡の危機というわけだ。編集・大半の原稿の執筆・入力・デザイン・DTPを担当しているオレが関れなくなれば、『薔薇族』は今度こそほんとうにこの世から消え去ってしまう。この危機的状況を打開するためには広告をとり、その料金で収入減を補填するしかないんである。というわけで「『薔薇族』をなくすのは惜しい」とおつしゃってくださる皆様、ぜひ広告を出してください。言葉だけの愛なら、今はとりあえず要りません。同情するなら金をくれ、である(笑)。
 午後、『桃色encount』用コラム一本アップ。その他、なんやらかんやらゴチャゴチャやっているうちに9時をまわる。ここからはプライベートタイムとなりますんで、「カルトさん」は営業終了でござる。
  1. 2007/08/01(水) 09:40:29|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

なんでも鑑定団とマンガのような事件

7月24日(火)

 8時すぎから仕事を少々。9時半、外出。ちょっと入り用なものがあって中野、高円寺界隈をウォーキング。帰りがけに中野新橋をまわると、いつも買っていた八百屋がなんと「7月一杯で閉店し、池袋に移転する」とのこと。ちなみにこの地で営業して46年にもなるのだという。オレがうまれる前よりやっているのか。そんなに長いことこの地に根づいているというのに、どうして今さらよそへ移るのか? 謎だ……。
 1時半帰宅。夕方、伊藤文学氏よりちょっと困った声で電話が。テレビ東京の人気長寿番組『開運!なんでも鑑定団』に出ることが決まったのだが、その収録日がなんと邪宗門でのトークライブを予定していた来月4日(土)なんだそうだ。ひゃ?、と思ったが、そちらはまあ『薔薇族』の宣伝になるし、出て損はない。ということで、日程を翌日の5日(日)にずらすことに。ちょうど、LGBT向けメールマガジン「MILK」さんから、邪宗門ライブの告知記事の内容確認メールが届いたので、日程変更の旨をお伝えする。
 5時すぎ、ほっと一息ついたとき、不意にケータイが鳴った。かけてきたのはよ?く知っている人間の電話器なんだが、かけてきた人は全然知らない素朴なオジサン。ここから先は諸々の事情があって詳細はかけないのだが、なんというか長谷川町子のマンガのような出来事が展開するのである(笑)。それに関する対応をすべく、6時すぎ、予定外の外出。新宿2丁目・尾辻かな子事務所へ。7時半すぎになんとか用が足りて辞去。
 8時すぎ帰宅。なんかすっかり気が削げてしまったので、原稿書きはやめて、入浴後、資料本の読みこみにかかることに。11時くらいで本日の「カルトさん」はカンバンです。
  1. 2007/08/01(水) 09:39:49|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ゼイタクは敵だ、と気もそぞろ

7月23日(月)

 出稼ぎ仕事より6時すぎ帰宅。各方面に連絡メールあれこれ。ネットにこんなゼイタクきわまりないニユース。
【假屋崎省吾20億豪邸に不満タラタラ………………華道家の假屋崎省吾(48)が22日、都内で行われたイベントに「ベルばらのオスカル風」コスプレで登場し、都内に完成した新居の詳細を明らかにした。新居は地下2階、地上3階建て。外装はベネチア風で内装はヨーロッパを基調にしたが、それ以上に周囲を仰天させたのが、新居の総費用だ。周辺の地価は坪1500万円。90坪で単純計算すれば13億5000万円で、建物の4億円を加え17億5000万円。諸経費などを加えると、“豪邸”のお値段は推定20億円。假屋崎は「構想から4年。同居人と住みます。1人じゃ寂しいわよ」と昨年6月にTBS系の番組で“結婚宣言”した17歳年下の男性との同居も明らかにした。もっとも、新居の出来には「満足度は半分。日本の建設史上、史上最悪の建築業者が担当しちゃったの。何から何までめちゃくちゃよ。物は知らないし、知識はないし」と不満たらたらだった。】
 一緒に暮らせる好い男(いいひと、と読む)がいるんなら、ちょっとぐらい出来が気に入らなくてもいーじゃねーかよ、と思うぞ。金で済む問題ならばガタガタ言うな、つーの。人間、ゼイタクに慣れてしまうと、ものの有り難みというものを忘れがちである。愛する相手といっしょなら、どんなあばら家だろうが欠陥住宅だろうが“住めば都”ってモンなんじゃねーのか。……いや、欠陥自由宅はさすがに困るか(笑)。
 気の抜けた仕事を10時まで。どうも今週は諸々あって気もそぞろである。そんな感じで、本日の「カルトさん」は営業終了。
  1. 2007/08/01(水) 09:39:12|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。