本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

11月20日(火) 記念すべき冷戦解除

【本日の一記】
 昨日、昼飯を食べていたら奥歯の詰め物がぼろりと外れてしまったので、それを詰め直すために午前中、歯医者へ。おわってから、資料用書籍さがしと夕飯の買物をかねて、新宿?早稲田?目白?高田馬場というコースを歩く。この季節はひんやりとした空気が心地よく、ウォーキングにはもってこいのシチュエーションなのだ。いくら歩いても汗という不快なものをかかないですむのが何よりありがたし。
 帰ったら、『バディ』の掲載誌が届いていた。今月の特集は、創刊14周年のスペシャル企画である「ご機嫌いかがですか? ゲイ雑誌さん」。その目玉はやっぱり、“伊藤文学インタビュー”に尽きるだろう。

20071120170131.jpg

 ながらく冷戦関係にあった両誌が、こういった形で接触をもつとは、数年前ではとても考えられないことである。こういうことが可能になったのも、ある程度の時を経て『バディ』編集部の体質改善(新陳代謝)が行なわれたからであり、要するに「『薔薇族』を私情にとらわれて目のカタキにする世代が現場からいなくなった」んである。今回のインタビューは、オレの担当編集者(編集長)が行なったのだが、彼個人にはまったく『薔薇族』や文学氏にたいする敵愾心などはないし、取材現場にオレも立ち会ったのだが、きわめて和やかに、スムーズに執り行われた。
 もともとちっちゃな世界なんだから、いがみあったって仕方ないのだ。利権争いやら既得権の主張やらオーソリティの座やら上位文化ブリッコやら誰が上だの下だのといったクッダラナイことに執着なんかしていたら、いつまで経っても“零細カルト”のまんまである。ゲイコミュニティとやらのなかで権威の、大家の、お歴々のと云われてるような人間だって、よくよく見ればたいしたこたァないのだ。特別スゴイ人間なんて誰もいないのよ。そんななかで誰かを崇拝したり、追随したり、牽制したり、敵対心を燃やしたりしたって時間のムダでしかない。気楽?にやってみようではないか諸君。

【本日の告知】
◎『薔薇族』07年春号、いよいよ残部僅少に! 版元在庫は、たぶん文学氏の手許にある10部のみかと。つぎに増刷するのはいつになるかわからないんで、都内在住の購入希望者は取扱い店へ急げ。遠方の方は文学氏までお早めにご注文されたし。
◎自力復刊『薔薇族』07年秋号、発売中! 直販店、文学氏に申込んでの通販、オレからの直販、お好みのものをご利用ください。

【本日の仕事】
◎『バディ』08年2月号原稿、書き上げて送信。
◎『薔薇族』08年冬号用原稿執筆。内藤ルネ責任編集として出された第二書房まぼろしの雑誌『薔薇の小部屋』について。
スポンサーサイト
  1. 2007/11/20(火) 17:06:24|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

11月19日(月) 惜別

【本日の一記】
 出稼ぎ仕事の昼休み、“本のまち”神田神保町のすずらん通りをぶらぶらしていたら、「書肆アクセス」の店鋪撤収場面にぶつかった。この店は、トーハンや日販といった大手では扱ってくれないような、零細版元や個人出版者などのつくった本を専門に流通させる「地方・小出版流通センター」というところのアンテナショップとして、全国の変・珍・奇なる書物の数々を並べていた貴重なる書店なのだ。オレの出した『HGの呪い』や自力復刊『薔薇族』の初号なども扱っていただいた。
 クセモノ的な本好きの牙城として、30年余にわたって、フツーの書店では飽き足らない読者の心をとらえてきた店であったが、本離れのすすむ昨今の風潮には勝てず、ついに一昨日(11月17日)をもって閉店となったのであった。なお、その“死”を惜しむ面々があつまって、『書肆アクセスという本屋があった――神保町すずらん通り1976-2007』(岡崎武志・柴田信・安倍甲◎編/『書肆アクセスの本』をつくる会◎発行/右文書院◎発売)というメモリアル本が出されたそうなので、関心ある方はぜひご一読ください(http://d.hatena.ne.jp/jinbouac/)。
 このときはうっかりしてちゃんとしたデジカメを持っていなかったため、携帯電話のチャチなカメラでしか撤収という歴史的場面を写真におさめられなかった。残念! こういうところがオレのツメの甘いところなんだよなあ。 でもマアせっかく撮ったんだからと、ピンぼけ写真をアップしときます。

20071120165853.jpg

 それにしても、こういうささやかなる大衆文化の基地すらも存続させられない昨今とは、なんと情けないものであろうか。昔はよかった、というカビの生えたような物云いはしたくないが、今よりはまだよかった、とやっぱり口をついて出てしまうなあ。

【本日の告知】
◎『薔薇族』07年春号、いよいよ残部僅少に! 版元在庫は、たぶん文学氏の手許にある10部のみかと。つぎに増刷するのはいつになるかわからないんで、都内在住の購入希望者は取扱い店へ急げ。遠方の方は文学氏までお早めにご注文されたし。
◎自力復刊『薔薇族』07年秋号、発売中! 直販店、文学氏に申込んでの通販、オレからの直販、お好みのものをご利用ください。

【本日の仕事】
◎『薔薇族』08年冬号用原稿執筆。内藤ルネ責任編集として出された第二書房幻の雑誌『薔薇の小部屋』について。
  1. 2007/11/20(火) 17:00:38|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。