本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『青い鳥』と締切日

7月30日(土)

 まあまあの時刻に起床。今日は『バディ』の原稿締切日なのでなにがなんでも上げなくてはいけないのだが、ちょっとだけでも『青い鳥』が観たくて辛抱たまらず、朝食を摂りながら鑑賞。ちょっとだけ、と自分に言い聞かせながら観始めたのだが、“夜の女王”が初登場する「闇の番人・夜の女王」と、その最期を描いた「夜の女王・闇に死す」、そして、巨人の魔力で赤ん坊にされてしまったチルチルミチルを救うべく、おばさん仙女ペリリュンヌ(声・天地総子)が凛々しくも美しい女戦士へと若返って闘う「あべこべ島の巨人」と、結局三本も観てしまった。意志が弱いなぁ我ながら。
 で、久々に観た『青い鳥。』いま見れば失笑ものの「実写映像によるとんでもないオープニング」や「クソ安っぽいビデオ合成」、そしてあの頃のアニメ界全体の粗製濫造傾向を伺わせる「お世辞にも“上質”とは言い難い作画・動画レベル」と、誉められる点は限りなく乏しいのだが、しかしアドレナリンだけはぐんぐん上昇していく。もはや『青い鳥』とはオレの中では物理的欠陥なんてものはまったく気にならぬ「ある種の信仰対象」に近いものへと昇華してしまっているのかもしれない。あまり良いことではないなぁ、とは思いつつ、主題歌“幸せのバビラトラリラ”が流れると無意識のうちに口ずさんでしまうオレがいる。
 とりあえず『青い鳥』鑑賞は三話だけでストップし、『バディ』原稿へ着手。途中、唐沢俊一氏にパレード企画関連の電話をしたり、丸正へ食糧調達に行ったり(本日も鰻モノを購入。スタミナつけねば!)しながらも、四時頃にはなんとかアップ。画像ともども送信し、ホッと一息。今月も肩の荷がまたひとつおりた。
 夕食・入浴のあと、京也から届いた原稿を割り付けたり、昨日からの続き仕事にかかったりしながら十一時過ぎまで仕事。『エンタの神様』が終わったあたりで就寝。『青い鳥』、これからチョコチョコと観ていきますオレ。
スポンサーサイト
  1. 2005/08/01(月) 20:49:31|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<エロビデオレビューとアカデミズム | ホーム | フライングステージと美輪明宏>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/109-63568f25
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。