本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

エロビデオレビューとアカデミズム

7月31日(日)

 ほどほどの時間に起床。ここ数日、意識して睡眠時間を延長しているので体調はだいぶ復活した。今週は“世界水泳”の中継のせいで『マジレンジャー』も『響鬼』もないので、早々にビデオレビューにかかる。あまり得意ではないジャンルの作品に苦心しながらも、とりあえずやっつける。原稿をまとめながら、『青い鳥』を観る。エロビのデータを書きながら名作アニメ鑑賞するオレって一体……。ちなみに今朝観たのは第一話「陽気な夜の訪問者」と、第二話の「さわがしい妖精たち」。チルチルミチルの旅には様々な“精”たちがお供するのだが、オレが一番好きだったのは“森雪”でお馴染みの麻上洋子演ずる“水の精”だったなぁ。うん、水の精、いま観てもナイスキャラ!
 原稿の送信後、朝食、シャワーを済ませて、正午近くに外出。本日は八王子「Chez Stream」にて月イチ恒例の“ゲイの老後(未来)を考える会”。京王線で一時半頃、八王子着。都心に比べて八王子は涼しいなぁ。いや、もちろん暑いのだが、都心のような粘着質の熱気はなく、あまり汗もかかない。中心部からちょっと歩けば山や川がある郊外都市ならではの強みである。街をぶらつき、買物などをしたあと、三時ちょっと前に会場入り。オーナーの勝山正人氏に、同会の紹介記事を掲載した『薔薇族』九月号を進呈すると、それを読んだ読者からの手紙が届いている、と。おぉ、反響があった。
 本日の会では、参加者の一人からパレードに附随したシンポジウムに関するアンケートの調査依頼があった。その催しは、「同性愛者の加齢と老後」というような問題をテーマに、五〇代のゲイ・レズビアンのゲストたちに様々な質問をするものらしいのだが、そこで使用する “質問条項”を作成するにあたり、老会メンバーの意見を聞きたいというのだ。例によって話は様々な方向へとび、しまいには「性同一性障害(者)に対する現行法の不備」なんて話題になってしまったりした。まぁ老会らしいといやぁ老会らしいのだが、ひとつの問題を取り上げると芋づる式に別の問題が浮上してきてしまう、というのは「我々のおかれている状況がいかに危ういものか」ということの証であるなぁ。ふーむ。
 質問者はオレの苦手なアカデミズム世界の住人であったが、従来のその在り方には少なからず不満を抱いていると言っていた。それが単なるポーズでないことを祈りたい。学者が、共通言語をもった人種(=学者、および準学者)と盛り上がるためだけに存在する「自慰行為的アカデミズム」ではなく、オレのような無学な人間にも理解させ、膝を打たせられるような「庶民も共有できる学問」というのを早く確立させてほしいものである。「難しすぎてよくわかんないから、もっとオレにもわかるように話して」という“リクエスト”に、「誹謗中傷された!」とヒステリックにわめきたてるような被害妄想的体質だけでも、とりあえずなんとかしてもらたいいと切に願う。学問というのは、学者ではない人間にこそ教え広めていくべきものではないのかい? 「一般人不在のアカデミズム」なんぞにいかほどの存在意味(意義)があろうか!?
 恒例の夕食会(本日のメニューは、そうめん&ゴーヤチャンプル)のあと、バータイム。しばし雑談したあと、一〇時半近くに辞去。中央線で帰途に。十一時半頃、帰宅。入浴・メールチェック後、零時過ぎに就寝。まだまだつついていくべき問題は山積しているなぁオレ。
スポンサーサイト
  1. 2005/08/01(月) 20:50:15|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<朝寝坊と久々の散髪 | ホーム | 『青い鳥』と締切日>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/110-ef0a5be7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。