本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

作り手の気概とメールエラー

8月7日(日)
 
 早目の起床。『魔法戦隊マジレンジャー』の時間になる頃にはもうすでに原稿書きを始めていた。『マジレンジャー』は、ついに“魔導騎士ウルザード”と“魔導神官メーミィ”の初対面。両者の反目構図が、今後どのように発展していくか楽しみである。
 朝イチの仕事は、昨夜とらせてもらったインタビューの起こし。ざっと仕上げて櫻田くんにチェックしてもらうために送信。途中、丸正に食糧の調達に行った以外は五時すぎまで仕事。小説をとりあえず完成させる。
 ひさびさにこの日記サイトを覗いたら、先日書いた『百合姉妹』とクリソツな表紙をしたエス雑誌『百合姫』に関して、熱心な信者らしき方(あるいは関係者か?)から抗議のコメントが書き込まれていた。「『──姫』は休刊となった『──姉妹』の正当なる後継者である! 中身もきちんと見ずに“パチモノ”扱いするとは何事か! この開きメ●ラ!」と息巻いているが、シュリンク包装され、中を確かめられない状態で販売されていたから「紛らわしいことはやめてくれ!」と苦情を述べたのだ。最近、都心の書店ではあの手の雑誌は中身を確認できない(させない)状態で売られることが多い。だから、やろうと思えばパチモンで旧来の読者に買わせてしまうこともできるのだ。大昔、「BIGI(ビギ)」のパクりの「GIG1(ビッグワン)」なんてブランドもあったし、ベストセラー『チーズはどこへ行った?』の出版元が便乗本の『バターはどこに溶けた?』を訴えた事件というのは比較的記憶に新しい。そういうセコ商法を封じていくためにも、オリジナルの作り手(それは版元であり、編集者であり)の側が「つねに“これまでに無いようなもの”を出そう!」という高い志を持つ必要があると思う。同業者として言わせてもらえば、たとえ正当なる後継誌であるとしても、おなじ雑誌でないのならば、やっぱり「あえて異なる体裁をとる」くらいの気概を見せてもらいたかった。せっかく版元が変わるんだから、いいチャンスではないか。『KIREI』の後継誌『KAREN』がじきにポシャッたように、こういうやり方をして生き長らえた例はあまりないと思うのだが……。
 夕食後、息抜きにとHDDに録りためてあった番組の編集&ダビングをする。『火垂るの墓』のスタッフロールを観ていたら、『おじゃる丸』などの監督として知られる大地丙太郎氏の名が撮影班の中に。この頃はまだ撮影スタッフだったんだなぁ。
 祐人から「原稿上がりました」とのケータイメールがあったので、さっそく割り付けてみる。その他の原稿ともども零時頃に完成。ちょうどS?2氏から上がりの予定について問い合わせが来ていたので、メールに添付して送ろうとしたのだが、データが大きすぎるのか、圧縮してもエラーになってしまう。仕方なく、「明日、MOでお持ちします」と返信。零時過ぎに就寝。いよいよ一〇月号も大詰めだなぁオレ。
スポンサーサイト
  1. 2005/08/08(月) 22:15:45|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<“人は俗なり”と“ご開チン” | ホーム | 恵比寿三丁目と女優さんの手>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/117-ca5d8bb7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。