本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

念力・雨雲はずしと重たいカバン

8月13日(土)

 やや早めに起床。TLGP当日。雨はとりあえず降っていない。ホッとする。八枚切りのトースト二枚だけかじり、シャワー。『王様のブランチ』の冒頭まで観たところで、コピー誌やらミニコミ誌やらのぎっちり詰まった重いカバンを持って外出。山手線で原宿へ。イベント広場前の横断歩道のところで編集部一同とバッタリ。ブースに荷物を置いたあと、ポップの作成道具を買いに東急ハンズまで。さすがの公園通りも午前中はまだ空いていた。裏道を抜けてスイスイと、イベント広場へ戻ると、もうかなりの人数が参加受け付けのために並んでいた。
 ブースにいると、入れ代わり立ち代わり、色々な皆さんが立ち寄ってくれた。地方在住のため、普段はお目にかかれないような方(作家さんなど)と対面できるのは、パレードならではである。
 心配されていた天候、「限りなく晴れに近い曇り」という感じになってくる。何年か前のパレードのときも、たしか「朝方まで降っていたのに開始する頃になると晴れてきた」というようなことがあったが、やはりこの催しにかける執念のなせる業か?
 来訪者、なんだかんだ途切れず。レズエロ本『カーミラ』編集長・井上メイミー氏の野望に感心させられたり、自宅から高校球児のコスプレで来たという新井敏之くんの筋金入りの●ン●●ぶりに恐れ入ったり、里見満氏がボランティアとしてブースのテントの設営をしていたことなど聞いて驚いたり、櫻田宗久くんにコピー本の裏にサインをお願いしたり。あと、溝口哲也くんが来たので、今日、七時から“全国交流会”というのが 開催されることを知らせておく。
 三時すぎ、パレードは出発するも、早朝からずっとゴタゴタしていたこちらは疲労の色濃く、そちらはパス。まぁ、いらしてくださる方のお相手をするべくテントに張り付いていたせいで、もともとエントリーしていなかったのだが。しばし、人影まばらとなった会場を観察。そのあと、ちょっとウトウトす。
 一時間近く経って先頭のグループが帰還。じょじょに会場に活気が戻ってくる。ソルボンヌK子先生がお友達二人を連れて、顔を出してくださった。売上げにも協力してくださり、感謝。今回は本誌の売上もまあまあで(同人市じゃないんだから、本を買いにくる人なんてそんなにいるわけないのだ)、ひとりで五册もご購入くださった女性もおり、ありがたし。あと外人サンがオレのミニコミを買ってくださったが、果たして読めるのか?
 終了間際、にわかに雲行きが怪しくなってくる。雷も鳴りだし、いつ降ってもおかしくない様子。バンドの練習帰りに楽器をかついで顔を出した祐人をあわてて帰し、撤収作業をはじめる。と、案の定、大量の雨。つうかスコール。その中で、折り畳みの傘をさし、里見氏と次号の原稿(漫画にあらず)についての打ち合わせ。ふと気がつくと、みんなテントの中へ非難しており、傘さして雨に打たれたてるのはオレら二人だけなのであった。打ち合わせを済ませ、オレもテントの中へ。それにしても今日は、まったくもって当事者側に都合のイイ天気なのであった。イベント自体はもうすでに九分九厘おわっているので、被害というようなモノはほとんどない。まさに「天のご祝儀」とでも呼びたくなるような空模様であった。「一日、雨。時には強く」という予報は丸はずれ。良純よ、責任とってストレートパーマでもかけろ。
 スコールなので上がるのも早く、しばし雨宿りしているうちに持ち直した。広場の出口で編集部のご一同様と別れ、“全国交流会”の会場である参宮箸の“国立オリンピック青少年センター”へ徒歩で移動。なのだが、重いカバンを持っての移動は想像以上にしんどい。ふだんは自転車でスイ??っと抜けてしまっているエリアなのだが、今日は勝手が違う。着いた頃にはもう汗だくで、シャツがアウター、インナーともにぐっしょり。ひー。
 会場へ行くと、まだ早いせいか人影はあまりなかった。主催者の永易至文氏に、「狩人さんも何かPRしたいことがあったら、前のホワイトボードにお好きに書いてください」といわれるが、「どんな人がどのくらい集まり、どんなことを話すのか」知りたくて来ただけなので特に告知することもなく、そのまま空いている席につく。と、溝口くんがやって来たのが見えた。この催しのことは、TLGP会場で逢った友人・知人の多くに教えたのだが、実際に来たのは彼だけなのであった。うーむ、そのフットワークの軽さたるや見事!
 この会は、フリードリンク&フリーフード。なので、スナック類をつまんでいたら止まらなくなってしまった。それもそのはず、今日は朝、薄いトースト二枚喰らっただけで、水分以外はなんにも腹に入れていなかったのだ。溝口くんも同様だったらしく、半端に菓子をつまんだせいで本格的に腹が減ってしまったと、別棟の食堂へ食事に行った。しかしオレはあのクソ重たいカバンを持って移動するのはマッピラなので、そのまま菓子だけで我慢しておく。
 定刻になる頃には、人数もだいぶ増えてきた。各人色々な話に花を咲かせているようだが、オレは疲れが出たのかやたらと眠くなり、しばしうたた寝。やがて溝口くんが戻り、赤杉康伸くんもやって来た。赤杉くんとかねてからオファーしていた仕事の話を少々。やがて閉会時間となり、溝口くんと小田急線の参宮箸駅まで歩き、新宿へ。aktaへ行くという彼と駅で別れ、一〇時頃帰宅。ぽつぽつと降り始めた雨、帰り着いた頃に大降りに。傘ナシの溝口くんは大丈夫なんだろうか、とちょっと心配しつつ、入浴。メールチェックなどして、十一時半頃就寝。とにかく今日は疲れましたオレ。
スポンサーサイト
  1. 2005/08/18(木) 23:10:48|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<天ぷら定食と漫画喫茶 | ホーム | 悪天候とコピー本完成>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/123-81526a23
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。