本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

一〇月号と雑誌パワー復興の可能性

8月17日(水)

 たっぷり眠ったせいか、いつになく健やかな起床。本日は朝から夕方まで出仕事。
 五時半、上野・メディアソフト『薔薇族』編集部。TLGPではけきれなかったコピー本やらなんやらを届けるのと、次号の打合せをするためである。それと、届いたばかりの一〇月号の受け取りだ。今月号は京也の関わる(あるいは京也に関する)記事がかなり多い。ヤツも「ライター」の看板を掲げたのだから、今後もっともっと活躍の場を広げていかなければな。ってオレもそうなんだけれど。聞くと、先月号はゲイショップでの売上がなかなか好調だったようだ。あとは一般書店なのだが(というか、メインの販路はあくまでそちらである)、そちらの「コード」のようなものとどの程度折り合いをつけていくのか、それが課題であると思う。あまりにも生臭すぎるエロ(それも男性同性愛、という特殊なジャンルの)の方面に特化しすぎてはカタギの本屋さんは明らかに男色……もとい難色をしめすであろう。そこのところのバランス感覚をとることが、明暗を分かつポイントになるはずであるが、サテどうなっていきますことやら。
 帰社するはずだったS-1氏が薩英現場から直帰となったため、今日するはずだった打合せは翌日に持ち越しに。S-2氏、S-3氏とともに外へ出て、近所の焼肉屋へ。クッパを食す。店内ではサッカー中継をしていたが、ここのテレビもよく見るとやっぱり液晶薄型なのだった。ガード下のモツ煮屋といい、なぜか上野の飲食店は、ナニゲに高価な家電品を使ってるなぁ。そんなに儲かってンのか?
 上野駅でS-2氏と別れ、S-3氏と山手線で帰途に。九時すぎに帰宅。入浴後、メールチェックすると、昨日依頼したばかりの原稿が、石関くんからもう送られてきていた。ありがたし。その後、『ユリイカ』の続きを読む。もはやあの頃のようなパワーを雑誌が持つことはありうるのだろうか? としみじみ思う。ネットも盛り上がって入るが、当時の雑誌のパワフルさとは種類がまったく異なる。「匿名性を強みにのしてきた」分野と、「送り手の顔が明確に見える」分野との違いか? オレ的には「誰が作ってンのかよくわかんない」ようなものには、あまりハマりきれないのだが、それって旧い世代だけの特色なのかな?
 マシュー南のトークを聴きつつ零時頃就寝。昭和は面白かったなぁ……とオトナ帝国チックなことを最近よく考えるなぁオレ。
スポンサーサイト
  1. 2005/08/18(木) 23:13:55|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<刺客と菓子パン | ホーム | 地震と野沢那智>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/127-30e7c3df
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。