本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ガンダム祭りと午前二時

8月19日(金)

 まぁまぁの時刻に起床。本日はBS2で“ガンダム祭り”がある。夜七時半から翌日の五時まで“劇場版機動戦士ガンダム三部作”+“アニメ夜話特別編”をぶっ続けで流し続けるというキ●ガイ企画である。じつを言うと、オレの中での今月イチバンのイベントというのはコレなのだ。先週のパレードやらなんやらも、こっちに比べたら正直かすむ(なんてことを言うから非国民と呼ばれるんだなぁ)。
 昼間はまぁまぁ真面目にオシゴト。丸正に食糧調達に行った以外はずっとパソコンに向かう。しかしなかなか調子が上がらず、能率はきわめて悪し。途中、しばしば読書などに逃避す。
 六時半頃、シャワーを浴びて外出。今夜は仕事帰りのおぐ氏を伴い、“タックスノット”へ『薔薇族』を献本に行くのだ。二丁目界隈で雑用をこなしていると、ケータイに「三〇分後に到達予定」とのメール。その頃合に某所で落ち合い、まだ早いので近くのペローチェで小一時間ほどお茶することに。“白玉抹茶ナンタラ”とかいうデザートを注文。味はまぁまぁだが、いかんせん「小っちゃ!」。メニューの写真だともうちょっと大きく見えたのだが、出された現物を見て思わず笑ってしまった。
 九時頃、“タックスノット”。週末ということでそこそこ混んでいる。いつものごとく、周囲の会話に聞き耳立てて“街の声”を蒐集。多数派のゲイの方々とはほとんど付き合いのない男なんで、こういうときでもないと世間一般の動向というのを知ることができないのだ。
 おぐ氏はいつもの通り、急ピッチで確実にボトルの残量を減らしていく。酔いが進むにつれて説教の度合いも増してくる。「あんたは真性のいじめっ子だ」とか「あんたはすぐに物事を面白いほうへ面白いほうへと持っていこうとする」等々、ガミガミの国からガミガミを広めに来た人みたいなトークを炸裂させる。まぁ、彼の言ってることに間違いはないんだけどね。いじめられっ子体質の人間がオレに対して常軌を逸したような過剰な牽制をしてくるのは、たぶん、オレの中のそういう部分を本能で嗅ぎとっているからに違いない。けど、いじめっ子体質はだいぶおさまってきたとは思うんだが。一〇代の頃はこんなもんじゃなかったぜ、ひひひ。あと、「物事はわかりやすくするだけが全てではない」とも意見されたが、周辺の現状をきっちり見れば「わからない者」を切り捨てる傾向(こんな程度のことも知らないようなヤツらは、自分の話なんか聞かなくていい! という姿勢)というものがいかに強いかがわかるはずだ。大卒者にとっては常識であるものでも、中卒者にとっては異国の経文のようにしか受け取れないようなケースというのはざらにある。金持ちに貧乏人の心理がわからぬように、「持っている者」は「持っていない者」に対してはえてして無神経になりがちだ。生っ粋の後者であるオレは、前者の連中のそういうオゴッた部分につねづね憤りを感じ、ホリエモンではないが“改善”を願い出ているのである。しかし、かんじんの当事者たちにはそれは“悪口”としか聞こえないようであるが。
 午前二時、規定閉店時間になったので出ようと立ち上がると、「先に帰っていいよ」とおぐ氏。ではお言葉に甘えて、とひとり店を出る。彼が何時までねばったのかは不明。徒歩にて二時半頃帰宅。“ガンダム祭り”をつけると、土田晃之がちょうど“ジャブロウの闘い”について熱弁をふるっているところだった。あいつもホントに好きなんだよなぁガンダム。入浴、歯磨き、メールチェックなどをしたあと、三時過ぎ就寝。“ガンダム祭り”、すべて観終われるのはいつになるかなぁオレ。
スポンサーサイト
  1. 2005/08/22(月) 19:46:22|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<クッションとうおや一丁 | ホーム | 刺客と菓子パン>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/129-d876e732
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。