本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

風邪気味とスペシャルドラマ

8月29日(月)

 定時起床。起きたときから頭が痛い。風邪かもしれないが、疲れの可能性もあるので、とりあえず服薬せずに様子をみることに。本日も朝から夕方まで出仕事。ネットニュースにこんな記事が。
【「オタクです」で『電車男』割引 藤沢の映画館 自己申告“殺到”で延長………………神奈川県藤沢市の映画館「フジサワ中央」(藤沢映画興行)は、上映中の映画「電車男」で、高校生以上の客が「オタク」と申告すれば料金が安くなる「オタク料金」を設定、反響を呼んでいる。一般千七百円、大学・高校生千四百円に対し、「オタク」は千三百円。証明は要らず、窓口で「オタクです」と、自己申告するだけでOKだ。インターネットや雑誌でも取り上げられて話題になり、来館者の半数以上が利用。「オタク」には程遠いような女性客も「オタク三枚」などと楽しんでいるという。提案した同社営業管理部の新田浩二課長(40)は「内向的な『オタク』青年が勇気を出す映画なので、映画館に来た『オタク』な人たちにも声を上げてほしいと思い、半分しゃれで始めました」と話している。思わぬ反響で、同社は当初八月いっぱいだった上映期間を九月九日まで延ばす。】
 なかなか気の利いた趣向であると思う。配給元とか親会社なんかの仕掛けにただ乗っかるのではなく、現場の判断で独自のフェアやイベントをするというのは意気込みが感じられておおいに結構(これは書店についても同じことが言えるな)。こういう動きが全国的に拡がれば、斜陽と言われる業界もちょっとは活性化していくのではないか。
 五時半すぎ帰宅。頭痛はいっこうにおさまらず、ちょっと熱っぽい気もするので、ついに市販の感冒薬を服む。と、現金なものであっという間に体調が回復してくる。もっと早くにこうすりゃよかった。夕食、入浴を済ませて『バディ』連載の原稿書き。八時頃ようやく書き上げ、送信。続いてビデオレビューに取りかかるが、イマイチ筆がのらない。ドラマ仕立てのAVは最近どんどん難解になってきて、解説を書きづらいのである。苦悶。
 九時からはTBSのスペシャルドラマ『広島・昭和20年8月6日』。かの地で原爆投下の瞬間まで、不自由な状況のなか、懸命に生活を営んでいた姉妹の姿を丹念に描いた力作である。オープンセットとして復元された当時の広島の街並は見事で、とりわけ「産業奨励館」(後に「原爆ドーム」と呼ばれるランドマーク)の見事さには圧倒された。局およびスタッフ(一昨年評判となった『さとうきび畑の唄』も手がけた)の力の入魂ぶりにはひたすら恐れ入った(ラスト近く、国分太一の慟哭の場面には鳥肌が立った)。感想は色々あるのだが、何を言っても結局は「ヌクヌクと育った世代のお気楽な意見」となってしまうと思うので(短絡的に「戦争はいけない」「原爆はひどい」と語るのはとても簡単なことなれど)、あえてここには書きません。独りでじっくり反すうしたいと思う。ただひとつ言えるのは、オレらが子どもの頃には、夏になればそれら向けのメディアでも必ず「戦争」というテーマに対してかなりのページを割いていたなぁ、ということ。作家にしろ編集者にしろ戦中派がまだまだ多かった時代だからであろうが、『少年ジャンプ』は特に顕著で、さまざまな連載漫画、かの『トイレット博士』のなかですら「反戦」を謳うエピソードを登場させていた。そもそもジャンプには「執念の語り部」である中沢啓治先生の『はだしのゲン』も長期連載されていたから、われわれは否応無しに「戦争」という事柄について考えざるをえなかった。いうなれば「刷り込み」であるから、そこに賛否両論はあろうかと思うが、しかし現在のように「ふわふわしたファンタジー」ばかりを供給し続けるよりはマシかと思うのだが。「漫画」というのは視覚と知覚の双方に圧倒的訴求力をもって攻め込んでくる媒体であるから、幼少期にそれを通じて得た情報は、中高年になってからも脳内でしっかりと根を張り、息づいている。オレの「戦争観」は『少年ジャンプ』によって形成されたといっても過言ではないだろう。いかにも「マンガっ子」と呼ばれた世代らしい話である。偏った思想・いびつな正義感の持ち主たちのプロパガンダとして「利用」される懸念はなきにしもあらずだが、しかし様々な媒体でこれからも取り上げていく必要はあるだろう。ムシ並の知能しかないガキどもから「もういいよ」「うぜぇ」とか言われたとしても。あれらのことを「風化」させてしまうのはやはり罪だろうと思う。あの爆撃機の愛称には「ゲイ」という単語が用いられている(B29爆撃機「Enola Gay(エノラゲイ)」)。 まったくのこじつけだが、これも何かの縁だと思って、せめてコチラ側の人間は、あの問題について生き続けるかぎり、思いをはせていてほしいものである。
 零時近くまでパソコンに向かい続けるも原稿は遅々として進まず、ついにタイムアップ。明日も早いし風邪気味でもあるので、寝ることにする。今夜は色々と考えましたオレ。
スポンサーサイト
  1. 2005/08/30(火) 18:52:42|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<笑っちゃう候補者と超早寝 | ホーム | 八王子とホントにあった(?)コワイ話>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/139-4205538c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。