本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

じつは御近所さんだった人と出口調査

9月11日(日)

 六時頃起床。体調はそこそこイイ感じ。『はやく起きた朝は…』『マジレンジャー』『響鬼』などを観てから朝食を摂る。雑用などをこなしたあと、一〇時ちょっと前に投票所へ。比例区では「とりあえず結果を残してきた」人間のいるところへ一票を投ず。そして小選挙区では……。「ぜひコイツに入れたい!」ではなく「このヤローよりはまだマシだから」という消極的選択しかできない状況は、今後、改善されることはあるのだろうか。薬局と丸正へ寄ってから、一〇時半過ぎに帰宅。原稿書きをしながら『@サプリ!』を観る。『さくら』で知られる川口恭吾のヒストリーを探る特集では、オレと彼が同時期、どうやら距離にして二〇メートルと離れていないような至近距離(新宿区富久町のおなじ一角。ウチのマンションの裏手のアパート) に住んでいたらしいと知って驚く。それ以上に驚いたのは、假屋崎センセのコーナーに『フラッシュ』ですっかり時の人となった鏡リュウジ氏をゲスト出演させていたことであったが。こんなソドミーな番組を(というかツーショットを)お昼時に流して良いのだろうか、と日テレの剛胆さにある意味、感心する。
 昼食を摂ったあと、午後、原稿書きをしているとやたらと暗くなってくる。天気予報では「午後からにわか雨」とあったが、この様子だと崩れの度合いはけっこうキツそうである。と、ほどなく強い雨が落ちてくる。風邪と気圧の乱れのダブルパンチで意識がモーローとし、そのまま横になる。朝日ニュースター『愛川欽也のパックインジャーナル』の再放送をつけていたのだが落雷の関係か映らなくなる。どうやら事態はかなり悪化しているらしい。あとでニュースを見たら、港区などでは路上が川になっていた模様。二〇年来の友人である下水道局員が言っていたが、都心部の下水道というのはもうずっと前から綱渡り状態であるそうな。亜熱帯気候になり、スコール的大雨が半ば慣例化しつつある今、現状でどこまで持ちこたえられるのかは定かではない(なんて他人事みたいに言ってるオレもやっぱりノンキな現代人だね)。
 四時頃、ようやく起きだし、夕食やら雑用やら。とりあえず身体を休め、風邪を治すことが先決であるということで、夜の作業は中止。ベッドの中で『ペヨトル興亡史』のラスト部分を読む。“ペヨトル工房”という版元は、どちらかと言えば……いや、言うまでもなくオレには縁のない種類の本ばかり出しているところだが(だから『銀星倶楽部』を何冊かしか買ったことがない)、しかしその成り立ちだとか内情というのはとても面白く、興味深い。七時半頃、読了。八時の投票締切にあわせて各局とも一斉に開票速報特番をはじめる(除テレビ東京)。キャスター的にインパクトが強かったのは、筑紫哲也&久米宏というTBSか。各番組ともまずは出口調査の結果からはじめるが、その惨たんたる内容に衝撃を受け、ひどい脱力感に打ちのめされる。mixiを見てまわるといまだに「投票しない」のを「カッコイイこと」「それが自分流の筋目の通し方」がごとく書いてある日記があったりするが、それは「一部の独裁者の命令を唯々諾々と容れる」ことであり、為政者の「家畜と成り下がる」ことであり、「有権者としての誇り」を放棄することに他ならない、と承知のうえで書いているのかね?「べつにいいよ」とか言ったヤツ、どんな理不尽な命令が下ったとしても文句言うなよ!
 日本国民よ、いいのかこんなんで!? という憤りがこみあげてきて気分が悪くなる。なので早々にテレビを消し、寝てしまうことに。日本の行末に不安感ではなく絶望感を抱いてますわオレ。
スポンサーサイト
  1. 2005/09/12(月) 20:44:36|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<文化大革命といつものふてくされ | ホーム | 新連載企画と楽しい計画>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/153-f456a0fa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。