本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

先行き不安と先入観

9月26日(月)

 定刻起床。台風は関東から去り、天気は上々。しかし陽気は秋めいて、外へ出ればひんやりと肌寒い。東京新聞のこんなネットニュースが、さらに背筋をつめたくしてくれた。
【『信条』より『党』重視65% 自民新人議員本紙調査『刺客』は全員忠誠型………………本紙と北海道新聞、西日本新聞は合同で、先の衆院選で初当選した自民党新人議員八十三人を対象にアンケートを行った。党の政策決定と自らの信条が違った場合、「党議決定」に従うとした人が約三分の二の65・3%を占めた。「自らの政治信条」を優先するのは一割に満たず、党への帰属意識が高いことが分かった。「地盤(支持組織)、看板(知名度)、かばん(カネ)」が必須条件とされた従来の自民党の常識が崩れ、まったく新しいタイプの候補が大量に立候補、当選を勝ち取ったこともあらためて浮き彫りになった。「党議決定か自らの信条か」の質問では、郵政民営化反対派への「刺客」として出馬・当選(比例復活も含む)した議員の中では「自らの信条」を挙げた人はいなかった。先の通常国会での民営化法案の採決では、自民党から大量の造反者が出たが、「郵政選挙」を経て、党議を重視する機運が高まったことをうかがわせる。(中略)アンケートは十四日から二十五日にかけて実施。七十五人が回答を寄せた。回収率は90・3%だった。(数字は小数点二位以下を切り捨て)】
 信条にむけてまい進するのが政治家である、とオレらは教えられて育ってきたはずである。なのに、このザマはなんなんだい? 昨日も書いた通り、自民党は優秀(=従順)なロボットの大量生産工場化に成功しているようで、小泉工場長のらつ腕には敬服するしかない。勝谷誠彦という人のことをあまり好きではないオレだが、しかし氏の【自民党の支那共産党化と小泉さんの金正日化】という指摘には「うん、そーだねー」と素直に頷きたくなる。かの国の将軍サマも「民意」によって選出されてるんだったよねぇ確か?  なにはともあれ、この数字を見てもなお自民に票を入れ続けられるような人とは、オレは絶対に友達にはなれないと思う。
 知人の書物系ライター・南陀楼綾繁(なんだろう・あやしげ)氏のブログ日記「ナンダロウアヤシゲな日々」に、かの気骨雑誌『暮しの手帖』の発行元「暮しの手帖社」を訪問したくだりが出てきたのだが、じつは同社がわが家のめちゃめちゃ近所にあるということを初めて知って驚く。『暮しの手帖』自体はちょくちょく読んだりするのだが(母親が愛読していたので、最初に手にしたのはもう三十五年くらいも前だったりする)、奥付とかはあまり注意して見たことがなかった。ていうか、なんか勝手に世田谷あたりにあるのだろうと思い込んでいたのだ。中央線系人間のオレから見ると、『暮しの手帖』はセタガヤ的匂いを発しているのである。先入観にまどわされるな、とか普段エラソーに言ってるくせしてこれだからね。たいした男じゃありやせんよ。
 本日も朝から夕方まで出仕事。帰途、新宿で降り、高島屋内のHMVでドキュメント映画『UTAKATA ?女王★中村うさぎ「愛のショック療法」?』のDVDを購入し、高層ビル街をぬけて徒歩で六時帰宅。夕食、入浴を済ませて仕事。『薔薇族』から送られてきた『メゾン・ド・ヒミコ』座談会の大まかに起こした原稿に手を入れはじめるのだが、これがけっこう時間がかかる(かなりの凝り性なんで)。十二時過ぎまでかかってやっと六分の一くらい。明日も早いので本日はそこで打ち止め。夜はけっこう冷えるようになったので、掛布団を夏用から秋冬用へ交換し、『きらきらアフロ』を観ながら就寝。「自由」「平和」というのが当たり前に享受できるもの、なんて甘い認識をぼちぼち捨てないとトンデモないことになるぞ日本人! と最近とみに思わされてるオレなんである。
スポンサーサイト
  1. 2005/09/27(火) 20:44:51|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<『anan』への懐疑心と早寝 | ホーム | 大間違い発覚とおにぎり三個>>

コメント

こんばんは。
暮しの手帖社は、一年ほど前に
いまの場所に移ったそうですよ。
静かだけど、ちょっと変わった店が
あったりして、おもしろそうなところ
でした。
  1. 2005/10/04(火) 01:38:11 |
  2. URL |
  3. 南陀楼綾繁 #FtLyEuj.
  4. [ 編集]

ナンダロウさん、書き込みありがとうございます。
ホントに我が家の近くなんですよ~。
徒歩で10分とかからないくらい。
そんなところに「暮しの手帖」があるなんて
なにやら不思議で仕方ないです。

しかし西新宿エリアはホントに面白いですよね。
初めて来た人は、高層ビル街との対比に
みんな驚いてます(笑)。
  1. 2005/10/04(火) 18:17:18 |
  2. URL |
  3. 影坂狩人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/168-26ce7e80
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。