本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

たっぷり睡眠とからくり人

9月28日(水)

 ゆっくり目の起床。時計をみると、午前八時。なんと一〇時間も眠ってしまった! 普段の倍近い時間である。しかし、そのせいか体調がすこぶる良い。いつもは朝起きてまっさきに思うのが「……あ?、疲れた」なのだが、今朝は「あー、すっきりした」であった。私の体調不良の原因、慢性睡眠不足と判明いたしました。
 テレビをつけると、各局こぞって昨日行なわれたタイゾーくんの記者会見。
【杉村太蔵議員、目が充血、神妙に反省会見 党本部で………………「料亭に早く行ってみたい」に始まる数々の“放言”で物議をかもした自民党の新人衆院議員、杉村太蔵氏(26)が27日、「反省の気持ちを示すため」党本部で記者会見した。「国会議員としての自覚が足りないまま幼稚で無責任な発言を繰り返し、心からおわび申し上げます」と神妙な態度で受け答えして、集まったワイドショーのリポーターらを驚かせた。新入社員のような濃紺のスーツ姿で、世耕弘成・党広報本部長代理に付き添われて姿を見せた杉村氏は「品位のある言動を心がけ、政策を死ぬ気で勉強します」と充血した目を時おり用意した紙に走らせた。借りてきた猫のような態度に「ありのままの姿でない」と厳しい質問が飛んだ。しばらく絶句した杉村氏は「私は幅広い人間です」と。連休中に本を読み、自分を見つめ直したという杉村氏。しかし、読んだ本は「1冊」で、書名は「プライベートなこと」と明かさなかった。「しかられた生徒のようでかわいそうですね」と質問されると、「全然かわいそうではありません」ときっぱり。 記者会見は約35分。レポーターやカメラマンら100人以上がごった返す横を通りかかった河野太郎衆院議員は思わず苦笑した。「党三役が出てきても、こんなに報道陣は集まらないな」】
 なんか怖いねー。北朝鮮の言論統制みたいな感じで。当選直後とはまるで別人のように表情というものを失い、誰が聞いても「言わされてる」って感じ。こういうのを観てしまうと勝谷誠彦の“小泉純一郎の金正日化”という一文が脳裏に浮かんでしまう。勝谷氏はタイゾーくんのことを「自民にとっては、見せたくない部分から世間の目をそらさせるのにうってつけの逸材」と評しているが、サテどうなりますことか。
 昨夜買っておいた賞味期限間近プライスの太巻きをかっこみ、さっそく仕事開始。窓をあけて原稿書きするとやたら気持ちいい。午前中はまず、『バディ』の連載原稿である。体調がいいせいか、サクサクと進む。テレビは『必殺からくり人・富嶽百景殺し旅』の再放送。mixiの必殺コミュで“このシリーズの最高傑作”と謳われている第11話「甲州三坂の水面」を観る。これがまたひどい話で、甲州の村の庄屋が代官や商人と組んで年貢米を水増しして取り立て、私服を肥やしているんだわ。規定より二百五〇石からの上乗せをしてるもんだから、百姓たちは当然のごとく払いきれなくなる。するとこの悪徳庄屋は、村に古くから伝わるという“言い伝え”に従い、労働力の衰えた年寄りを身内の手で“口減らし”させる。富士山を水面に映した湖の、頂上のあたりまで息子とかが舟で連れていき、そこでジーサマやバーサマは子や孫たちを生かしていくために入水自殺するのである。これを村では「富士に登る」という隠語で語ってるのであるが、じつは言い伝えというのは庄屋が勝手にデッチ上げたマガイモノ。その企みをからくり人たちが看破するわけだが、まーやり口の汚さに彼らの怒るまいことか。踊子のうさぎ(真行寺君枝。でも四話までは高橋洋子)が取り乱すのは仕方ないとして、つねに沈着冷静な職業殺人者(すごい字ヅラだなぁオイ)であるはずのお艶(山田五十鈴)までもが思わず「殺してやる!」と口走るほどの激昂ぶり。で、代官や商人どもは山田先生や雁之助はんたちの通常の技で殺されるのだが、庄屋だけは沖雅也のこぐ舟に乗せられ、「富士に登らされてしまう」のである。特に巨悪というようなものは出てこない、というより「小悪党が無知な農民をみみっちく騙す」セコい話ではあるのだが、だからこそ虐げられた民の悲哀がひしひしと伝わってきて、ストレートな怒りがふつふつと湧いてくる。なるほどコレは「必見!」と言われるだけのことはある。『必殺仕事人』の「情技・衣替え地獄落とし」に匹敵する切ない話であった。
 一時頃、書き上げ、送信。小休止がてら昼食。月曜に買ったDVDの『UTAKATA』を観る。中村うさぎ氏のカラダの張り方はねとにかくすげぇなぁ。見習わねぇとなぁ。特典映像は次回にまわし、仕事再開。『メゾン・ド・ヒミコ』座談会のテープまとめ。これがなかなかはかどらない。が、きっちり睡眠をとったおかげで、仕事中オチたりすることがないだけ助かる。途中に夕食・入浴をはさんで、十一時半頃まで仕事。零時すぎに就寝。もちっと自分の身体をいとわないとなぁオレ。
スポンサーサイト
  1. 2005/09/30(金) 07:40:15|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<打ち合わせと「おかげでした」 | ホーム | 『anan』への懐疑心と早寝>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/170-13ed0412
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。